« Bingってどうなんですかね。 | トップページ | Googleカレンダーでの通知機能 »

Emacs23の「初期化画面最大化問題」の解決策

cametanさんから、Ubuntu9.10のEmacs23での「初期化時、画面が最大化してしまう」件の解決策が提示されましたので、書いときます。

以下、cametanさんから
------------------------------------------------------------

Emacs23はアンチエイリアスフォントが導入されたお陰で、画面は綺麗にはなったんですが、フォントまわりが大きく変わって、それにまつわるトラブルに発展した模様です。

要するに、.emacsに於けるような「初期化設定」が上手く行えない、と。

そんなわけで、.Xresourceなる別の初期化ファイルを$HOME上に作って凌ぎます。

$ gedit .Xresources

等として空ファイルを起動して、Emacs23で使いたいフォントをここで指定する為に記述します。
例えば、アンチエイリアスフォント、VL Gothic-10を使用したい場合は、

Emacs.Font: VL Gothic-10

のように。
保存して閉じます。
実は、.Xresources自体は、今作ったファイルと別にUbuntu内の「どっか」に存在してて(笑)、設定はそっちが反映されてるんですね。
よって、今新規に作成したファイルとそれを「マージ」せんとならんわけです。
このコマンドが次のコマンドです。

$ xrdb -merge ~/.Xresources

これで$HOME上の.XresourcesとUbuntu本体の.Xresourcesの中身がマージされて、全体結果として反映されます。
これで、取りあえず「Emacs23初期状態最大化バグ」は回避されます。

------------------------------------------------------------

ここまで。

Emacsって、相変わらずXresource使ってるんだなぁ、なんて思った次第。(笑)
まあ、それがダメってこともなんですが。
いずれにせよ、お困りの方には朗報かも。

|

« Bingってどうなんですかね。 | トップページ | Googleカレンダーでの通知機能 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おっと。すんません。わざわざ一本の記事にしてもらっちゃって。

>Emacsって、相変わらずXresource使ってるんだなぁ、なんて思った次第。(笑)

多分、マイナーヴァージョンアップがかかれば更正されるとは思うんですけどね。
「暫定的な」解決方法だと思います。僕も.Xresourcesなんてぶったまげましたから(笑)。
本当だったら全て、最低でも.emacsでやれるべきなんでしょうけどね。

今回、アンチエイリアシングフォントだけでなく、Emacs23でPDFも読めるようになってる模様で。
結構な「ヴァージョンアップ」なんですよ。
まあ、それ故にこう言う根本的な(?)不具合も生じたみたいで。
今、PDF読めるようになった、って事はそのうち、infoファイルとかも無くなるのかな。
infoとか古くさい形態なんで、マニュアルとかPDFで検索出来て読めれば嬉しい、とは思うんですけど。

投稿: cametan | 2009年12月14日 (月) 18時16分

PDF対応は、結構嬉しいんじゃないんですかね。
案外ね、x64とか、PDFとか鬼門だったりするので。(笑)
#ブラウザ内で読めない。

まあ、大きく変更があった場合には、OSに限らず、安定するまで少し間が必要ですよ。
この辺、オープンソースの宿命かなぁ、と思ってますけど。
#ま、プログラム開発は、どこまでテストに工数かけられるか、ってのが品質になるからなぁ。

投稿: かおりん | 2009年12月14日 (月) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/47020438

この記事へのトラックバック一覧です: Emacs23の「初期化画面最大化問題」の解決策:

« Bingってどうなんですかね。 | トップページ | Googleカレンダーでの通知機能 »