« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

失って困るようなもんでもないけど。

Ubuntuのある日々 » Blog Archive » 今年も今日が最後

こちらで松本さんがブログのバックアップの記事を書いておられました。
ああ、んじゃワタクシもココログの機能でバックアップでもしてみるかな、と思いたち。

ココログの機能で、ブログを出力する機能があるんで、それを使ってみました。
記事総数は1300件を超えてるんですが、HTMLにしてみると6MB程度しかない。
画像とかは入ってない、単純な文字情報のみのバックアップになるんですが、文字情報って小さいんだな、と改めて思った次第。

一方で、あんだけ書いたつもりでいても、CDメディア1枚分の容量にすらならんのだなぁ、と。

ま、情報量的に、画像や動画には文字というのは到底追いつかないってことの端的な証明でもあるのかな、と。
百聞は一見に如かず、というのが、数字で解ってしまう。(笑)

ま、もう少し頑張って、せめてCD1枚くらいは書いてみたいと思いますけどねぇ。(爆)
#単純計算で20年掛かるけどな。
#間違えてた200年掛かる。orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PS3とChromeOSと液晶TV

今朝方書いたエントリで、来年は一気に液晶TVへの買い替えが進むはず、てなことを書いたんですが。
もしかしたら、もう普及しているかも知れないんですけどね。

ワタクシが、まだTVはブラウン管なもので。(^^;
まあ、来年購入を検討しているわけです。地デジも含めて。

ついでに、HDDレコーダとかも導入すればいいんだと思うんですが、これが録画してTVを見るクセもあまりついてなくて。
むしろ、DVDとか、そういうものの方が見る機会が多い。
#レンタルですけどね。

その他、実はYouTubeなんかも「ほとんど」見ないんですよ。
#最近は、みくつべ♪のために、一日中見てたりするわけですが。

で、ですね。
最近PS3を購入しました。
現行型なんで、USB端末とか少ないんですが、まあゲーム機にそんなのいらんでしょ、と思う一方で。
普通に無線LANとか搭載してて、ネットに繋がるんですよ。
そんで、さらに言えば、アップコンバートがかなり綺麗。DVDを1080pで表示しても、変なジャギとか出ないし。
こう、マルチメディア端末としては、これ一台でいいんじゃね?って感じ。
#YouTubeも見れる。この前はフリーズしたけど。(笑)

HDMIついてるTVとPS3これだけで、一般ご家庭で必要なネットの機能は満足してしまうわけですよ。
理想を言えば、Bluetoothのキーボードは欲しいかも知れないけど、まあ、そこまでで充分。
ゲームもできるしネットもできるし、動画も見れるし。
他に何するんだっけ、みたいな。

こんだけの端末が、なんと27800円なわけです。
#HDDも120GBとかついてるし、これ交換可能なんですよね、自分で。

んで。
同様の位置にChromeOS搭載機も入れるんじゃないかと思うんですよ。
まあ、単にネットが出来ます、だけだとPS3に負けてしまうので、DLNAクライアントの機能くらいは欲しいところなんですけどね。
そうなると実はATOM機では厳しいかも知れないので、CULVとか、その辺を搭載して、ある程度のGPU機能を持った端末である必要はあるかもしれませんけど。
この手の機械って、「パソコン」として売り出すから、Windowsじゃないと問題がある、ってことになると思うんですが、「TVにつないでインターネット」な機械なら、別にWindowsである必要性ないと思うし、そこ期待されないと思うんですよね。
前提がインターネットなんで、インフラが貧弱とか、準備するユーザー側の問題になるし。
TV接続前提だから、移動体通信がまだ不備とか、その辺は気にしなくてよくて、ADSL〜光の環境を期待できる。
もう、ChromeOSでも十分に実用になる環境を前提にできるんですよ。
基本、「TV」をネットにつないでブラウズできればそれでいいんで、Windowsと違う操作性も、「そういうもんだ」と納得させやすいと思うんです。
PCって言わないだけで、ユーザーの意識を「Windows」から引き剥がすことができる。
例えばPS3のネット環境は、もちろんIEじゃないので、ある程度、「IE専用サイト」が見れないことは納得しやすいんですよね。んでもせめてFlashくらいは、ってのはあるんですが。
ChromeOSなら、この辺は完璧じゃあないですか。
なので、日本でChromeOSを売るなら、安価なネットトップに入れて、地デジの波に載せて、販売してしまうのがいいと思うんですよね。
余計な宣伝はいらなくて。
「TVにつないでインターネットができますよ、簡単に」ってのがウリ。
もう、ブラウザしか立ち上がらないので余計な設定も不要でしょ?
最低限、1080pが表示できればそれでいい。
#まあ、ネイティブで720pとか720iも対応の必要はあると思うけど。
マウスの代わりに無線のポインティングデバイスつけてさ。
おじいちゃん、おばあちゃんでも簡単にインターネットが出来ますよ、Skypeできますよ、って宣伝すれば、結構売れるんじゃないのかな、と思ったんですね。
まあ、PS3の価格が、結構尋常じゃないので、これで売ろうと思うなら、19800円じゃないと厳しいと思うけどね。
メモリなんて1GBもあれば十分だし、HDDだって、80GB程度でいいでしょ、ネットしかしないなら。
まあ、あとはChromeOSにログインする手間をどんだけ簡単に出来るか、ってのは肝になりそうだけどね。
んでも、そういう点では来年ってチャンスじゃないのかなぁ。
子供からお年よりまで、「TVで簡単にインターネット」って、実際は、なかなか実現できてないでしょ。
TV買い替え需要が喚起されているんだから、その抱き合わせでネットトップ売っちゃえばいいと思うんだよね。
基本の配線と設置は電気屋さんで請け負えばいいでしょ、手数料とって。5000円とか。
まあ、NTTの光と抱き合わせもアリだよね。その場合、セットアップはNTTがやるのか。
Yahoo!BBでもいいけどさ。
いずれにせよ、ネット回線、液晶TV、ネットトップの3つで抱き合わせ販売、設定は電気屋さんが行います、ってのは、使う側にしてもストレスが少ないと思うんですよ。
日本で、ChromeOSが普及するとすると、来年、そのタイミングしかない、とワタクシは想像するんですけどねぇ。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

MediaTombの設定

MediaTombの設定により、PS3でのISO視聴が可能になったのでメモ。
以下の記事を参考にconfig.xmlを設定。
mediatomb 0.12(1979)

基本こんだけ。
PS3側の操作が解ってなかったから、ISOが見れないとばかり思ってただけ。
PS3側では、Video->DVDという項目にISOが出てくるので、そちらから再生。

ついでに、設定というか再構築する際には、/var/lib/MediaTomb/MediaTomb.dbを削除することで、構築されたDBを削除可能。
再設定する場合には、乱暴だけど、これが手っ取り早い。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

みくつべ♪1.0.0公開〜安定版〜

ダウンロードはここから。

プロジェクトホームとしてGoogleCodeを使ってます。
コミットしたいひとは連絡くれれば、開発メンバーに登録しようかと。

まずは、自分で使っていて、安定したようなので、安定版として公開します。
デバッグログなんかも出ません。
エラー系だけですかね。>ログ

そんでは、ツールのご紹介。

○みくつべ♪の主な機能
・設定キーワードで検索されたYouTube動画を連続再生します。
・キーワードの変更が可能です。複数キーワードは半角空白で区切ってください。
 ※あらかじめYouTubeで検索かけておくと、ほぼそのままのリストになります。
・動画の再生/一時停止/停止が可能です。
 ※シークは出来ません。
・再生動画の次の動画へスキップできます。
・再生動画の前の動画へスキップできます。
・プレイリストを表示できます。
・プレイリストでは、再生対象/非再生対象の設定が出来ます。
・プレイリストでは任意の動画にジャンプできます。
 ※プレイリストの項目ダブルクリック
・再生時のウィンドウの大きさを大中小から選択できます。
 ※任意のサイズにすることもできます。
・終了時にウィンドウ位置を保存し、次回起動時にその位置にウィンドウを表示します。
・終了時にプレイリスト中の再生位置を保存し、次回起動時にその動画を最初から再生します。
・動画再生ウィンドウを常に前面に表示できます。
・動画再生時にOSDに動画タイトルを表示します。
・動画再生時にマウスカーソルを動画ウィンドウに持っていくと動画タイトルがポップアップします。

○インストール
ダウンロードしたdebファイルをダブルクリックしてインストールしてください。

○操作方法
・初回起動時に、初期設定されてキーワードでプレイリストを作成します。
 プレイリストの作成には、少し時間が掛かります。
 ※ネットワークの速度に依存します。
 ※5分程度待っても起動しない場合には、異常が考えられます。
・各種操作は、動画ウィンドウ上で右クリックで表示されるメニューから行います。
・メニューから操作できない隠し機能があります。
 1.動画ウィンドウをアクティブにして、「→」キーで次の動画へ。
 2.動画ウィンドウをアクティブにして、「←」キーで前の動画へ。
 3.動画ウィンドウをアクティブにして、「↑」キーで音量を上げます。
 4.動画ウィンドウをアクティブにして、「↓」キーで音量を下げます。
 5.動画ウィンドウをアクティブにして、「c」キーで現在再生中の動画のURLをクリップボードにコピーします。
 6.動画ウィンドウをアクティブにして、「f」キーで全画面表示となります。
  ※戻す場合にもfキーです。

以上ですかね。
手間掛かった割には、機能的には大したことないですな。(笑)
ま、こんなもんか。

今後の展開は、希望があれば考えますが、ワタクシ的に用途をこれで満たしてしまっているので、例えば、Projectみくんちゅ♪の方で、なんか機能的な要望があれば、付け加えるかも知れない、レベルです。
#例えば、MikuMikuWallとの連携とか。

検索キーワードを吟味すれば、結構プレイリスト編集なんぞせんでも、それなりのリストが出来上がります。
まあ、これでもいいかな、って感じで。

β版のときに特に機能の要望も来なかったので、まあ、こんなもんなのかな、と。
他に似たようなツールがあるのかも知れませんけど、世界が狭いので知りません。(笑)
もっとよいツールがあれば、教えていただければ。

送信者 Blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末だしね。予測かぁ。

Techinsight » 【パソコン快適活用術】2010年のパソコンライフ予測(パーソナル編)
松本さんからネタ投下があったので。

元記事読んだけど、別に予測してないよね。(笑)

予測っちゃ予測なのか。大胆なところがなくて、無難に書いてるから、あまり面白みがない。

(1)Google日本語の普及による文章作成スキルの変化
>年末に登場したGoogle日本語入力システムは、携帯電話の入力ではなじみ深いものであり、いずれPC用にも移植されることは予想されていた。
ああ、これはワタクシ知りませんでした。Google日本語入力って、携帯に実装済みだったんだ。
ホント?
なんとなく、だけど「Google日本語入力システムで採用されている入力(変換)方式は、携帯電話での日本語入力では馴染み深いものであり〜」じゃないのかな、と思うんですが、違いますかね。

Google日本語入力の数文字入力で、予測変換を行う形式の事をこう書いているような気がするんですが。
もしもGoogle日本語入力が、どこかの携帯端末に実装済みならごめんなさい。(^^;

>パソコン世代と呼ばれる40代以上との間で、文章作成スキルの微妙な違いが見られるようになる。
文章作成スキルってのが、イマイチ解らないけど、文章作成スキルっていうと、ワタクシの考えでは語彙と構成力かと思うんですが、IMEや日本語変換の部分で、こういうところに差が出るんでしたっけね。
出るのか。
語彙の部分で、日本語変換が適切な候補を出してくれるなら、まあ、スキルに影響することもあるかも。
なんとなく、ですが、ここも言いたいのは「文飾作成時の効率に微妙な変化が見られるようになる」んじゃないかと思うんですが、違いますかね。
ツールの使いこなし、予測変換を想定した入力ってのがスキルだってんなら、まあ、この文章通りかも知れませんが。

まあ、ただ、多くの人は使わないでしょ。>Google日本語入力
特にWindowsユーザー。一部だよね、まず使うのは。口コミで広がれば解らないけど、来年いきなりヒットはしないんじゃないかと思うんですよね。
もちろん、Macユーザーは使うと思いますし、Linuxに移植されれば、Google日本語入力に塗り潰されると思います。それはなんでか、というと、問題意識が高いからであって、Windows使ってるユーザーの大半は、使いにくいなぁ、と思ってても、それを変えようという動きは、なかなか出てこないと思います。
PC雑誌を読むような人だけがWindowsユーザーではない、ってことですかね。


(2)USB3.0とSATA3による足回りの改善
これは元記事に賛同。
ま、変わるでしょ。IOデータとBUFFALOが参入したし、国内でも普及は進むと思うね。
特にUSBメモリとUSB-HDDに代表されるストレージ系がこれに置き換わるんじゃないかと。
大容量HDDの性能をUSB2.0では使いきれないから、高速規格はありがたいし。
まあ、自作系ユーザーは、内蔵するからあんまし関係ないけど、特にノートPCへの実装が進むことで、USBストレージの買い替えは進む可能性はあるかな。


(3)Google ChromeOS端末の登場
まあ、概ね同意だけど。
地デジ移行ってのが、たぶん主に来年行われると思うんですよね。
で、フルHDの液晶TVが売れる、と。
この時、例えばDLNAクライアントとしてのネットトップとかあるといいと思うんですよ。
まあ、ChromeOSそのものにDLNAクライアントの機能はないので、アレですけど。
その他、居間で気軽に使える端末としてのネットトップですかね。
で、こういう使い方を想定すると、Windowsは大げさなんですね。
別にPS3でいい。
PS3も安価になってきたので、まあ、対抗するとなると厳しいものがあるんですが。(^^;
で、その価格帯で、ATOM搭載のネットトップにWindows乗っけると、コスト的にも厳しいですよね。
機能的にも多げさだし。
そういう用途でのChromeOSってのはあるんじゃないかな、と思ったりしました。
別にノートPCに搭載して、外で使う、とか、メインマシンに入れて、メインで使うって用途には、いまんとこ、来年は無理でしょ、と思うわけで。

なので、安価なネットトップ端末が、地デジ対応TVと連携して居間での使用、という流れを考えると、起動高速、基本的にブラウザ、というChromeOSって、結構合うと思うんですよ。
まあ、そういう製品をPS3並の価格で提供できるか、ってのがポイントっぽいですが。
操作とか簡単ですよね、ブラウザなんだから。あとは理想を言えば、Wiiリモコンっぽいマウス操作ができればなおいいか。
居間の端末に普通のマウスは辛いよね。

というわけで、地デジのせいで、液晶TVへの買い替えが進む来年は、ネットトップ普及のための下地は出来上がるってことなので、そこにどうやってChromeOSを組み込むかってのは宣伝というか、マーケティングだと思うんですけどね。
別に「パソコン」を売る必要はないわけで。
「TVでインターネット」を売ればいいんでしょ。
そうすれば、Windowsと違うことは問題にならないし。
というわけで、ここは元記事とは意見が異なるかな。


(4)Android採用スマートフォン
携帯ユーザーにとっては、OSってどうでもいいと思うんですよ。
なので、Androidがどうとか、たぶん、気にしているのは一部のギークだけじゃないかと。
お店でも、そんなこと意識して売ってないし。
単に魅力的な端末が、魅力的なサービスを伴って発売できるか、ってだけでしょ。これは。
そういう点では来年後半にならないと、出てこないかな。
誰も、「これAndroidだから買い」とか言わないと思う。
同様に「WindowsMobileだから買い」ともならないと思うし。
まあ、この辺はハードの機能と組み込むソフトの問題なので、各キャリアの頑張り次第。
Androidが開発者に受け入れられやすい環境を提供できるなら、爆発的普及もありえるでしょ。


元記事でも結んでたけど、携帯端末もPCも、もはやギークのおもちゃではなくなっているので、適切なマーケティングが、販売台数を左右するってのは間違いないと思うけどね。
機能的な面で、ほんのわずか抜けることがあっても、たぶん、意味がない。
画期的な機能の提供ができれば解らないけど。
んでも、やっぱり、マーケティングじゃないのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラックマウントサーバ(笑)

衝撃の動画を紹介されましたので。
自作ラックマウントサーバ(YouTube)
自作ラックマウントサーバ(ニコニコ動画)

昔から、ダンボールケースとか、机の抽出しに内蔵とか、いくつかのアイディアは見てきましたが、そもそもPCケースのアイデンティティを根底から揺るがす、この発想はなかった。

これ、綺麗に作れば、このまま本当にラックとして使用可能なところがポイントだと思う。
例えば、ワタクシのPCの後ろにはガンプラが鎮座していますが、その後ろにマザボがあっても困らないし。
ガンプラに紛れて、HDDがあっても多分、問題ない。

それらの省スペースという観点で有効なアイディアではないかと思う。
ただ、このレイアウトでは稼働中に地震があるとHDDに物理的なダメージがありそうなことが気がかり。
まあ、それもSSDがもう少し安価になれば解決する問題ではあるけど。

なにより、このレイアウトであれば、エアフローは完璧、冬場なら暖房器具として活用も可能なことは有効ではなかろうか。
さらにオーバークロッカーであれば、この筐体をそのままエアコンの前に置けば冷却に困ることもないだろうし。
んでも通常運用だとファンレス必至だろうなぁ。
デカいヒートシンクがくっついてたんでは省スペースの有効性が疑問になるしね。

面白いとは思うけど、真似する気にはならんな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

起動スプラッシュ作成。〜みくんちゅ♪〜

独学Linux:Blenderで作るXsplashアニメーション《Ubuntu 9.10 対応》 - livedoor Blog(ブログ)
こちらを参考に、起動スプラッシュ作成。
素材は後ほど。

とりあえず、スプラッシュのみ。

送信者 Blog


ちょっと前に作成したロゴとはちゅねのアニメGIFを使用し作成。
背景画像は、任意のものを使うといいと思いますが。
ワタクシ的には白バックを推奨。

はちゅねがネギを振ります。(爆)

---------- 追記 ----------
ダウンロードはここから。
サンプルとして背景画像も付けていますが、これはお好みで。
展開したファイルを管理者権限で以下のフォルダにコピーしてください。
/usr/share/images/xsplash

なお、元に戻すには
Ubuntuの場合、以下のパッケージを再インストールで元に戻るはずです。
ubuntu-artwork
ubuntu-xsplash-artwork

ubuntu-gdm-themes

コマンドだと以下の通り。
$ sudo aptitude reinstall ubuntu-artwork ubuntu-xsplash-artwork ubuntu-gdm-themes


もしかしたら余計なのも含まれているかも。(^^;

deb化しようと思ったんですが、依存関係があるので、出来ませんでした。(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

感染

予言を見たので、感染も。

こちらもキャストは豪華。
見応えもあるし、怖い。これ、結構怖いよ。
できれば、音は大きめで観るといいかも。音の効果が結構ある。

怖いって意味では「予言」より怖いかもしれません。

ただ、ストーリーとか、設定とか、納得行かない度もこちらが上。(笑)
まあ、読み取ることが難しいってだけかも知れないけど、設定とか結構見えない。
落ちた感じがないんだよね。
そこだけ残念かな。
特にラストシーン。
結構意味が解らないというか。いるのかな、あのシーン。

単に怖いのが見たいならお勧めですが、予言の方が解り易いんじゃないか、とは思います。
ま、両方見るのがいいのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3で録画動画を見る。

みくんちゅ♪もだいぶ進んでるようで。
#本当か?

ワタクシは、ぼちぼち開発は終了としようかな、とか。
#ま、もう少しコードは整理すると思うけど。

そんな中、MediaTombとか使ってるわけですが。
普通にメインマシンで録画した動画をDLNAクライアントであるPS3から参照可能です。
なぜか自動起動になってないので、毎回起動しているんですが、これは設定の方法を調べてないだけなので、すぐにでも解決しそうなんですが。(笑)

別にPCで録画したんならPCで見ればいいじゃん、って話もあるとは思いますけど。

PCのモニタにHDMIで接続しているので、フルHDで見ることが出来ます。
その時の、アップスケーリングが、PCより綺麗なんですよ。>PS3

まあ、単にメディアサーバを使ってみたかっただけ、って話はもちろんあります。
それから、みくつべ♪のロードテスト中で、落としたくなかった、ってのも一因。

他にメディアサーバから見れる機械もないので、まあ、仕方なく試してたんですが、意外にも、って感じ。
これ、PS3持ってて、HDMI接続しているなら、下手にPCで見るより絶対に綺麗だと思います。
お勧め。
ぜひ試してみてください。

さて、PS3でISOは再生できないのかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こっそりとdeb修正〜みつくべ♪〜

ダウンロードはこちらから。

ちまちまと修正を続けていますが。
今のところ、0.8.3以降であれば、データ(プレイリスト)の修正はありません。
たぶん、今のバージョン(0.8.9)が一番安定するんじゃないか、と思ってますが。
問題が発生したら、/tmp/mikutube.logを拝見させていただけると助かりますな。
まだ、デバッグモードでログが出てますので。
特に書くこともないので、tminさん作MikuDanceとのコラボスクリーンショット。

送信者 Blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうにかKDE環境復帰

しばらく、9.10クリーンインストールする前後から、KDEアプリがまともに動かない状態が続いていたんですが。
そもそも、クリーンインストールの理由のひとつがそれだったので。

先日、ようやく環境を見直して、動作するようになりました。(笑)

やったことというのが。
・$HOME/.kdeの削除
これだけです。
ただ、これ注意が必要なのが、.kde以下には、シンボリックリンクがありまして、その先の中身を削除しないとダメってことですかね。
これに気がつかずに、ずいぶん悩みました。なんで、削除しても挙動が変わらないんだろう、みたいな。

まあ、結果としてはそういうことのようです。
コマンドラインなら、リンクたどって削除するオプションがあった気がしますが。
ノーチラスからでは、そこまではやらないようで。
#ま、デフォルト動作としては、そちらが正しいように思います。

いずれにせよ、KDEアプリが動かないと、DVD関連が辛いので、これでなんとかなります。
環境まわりでこんなに困ったのは久しぶりだ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予言

結構昔に、感染/予言の二本立てで宣伝してたやつ。
別のDVD見たら宣伝入ってたんで見てみた。

恐怖新聞。(笑)
原作がつのだじろうの恐怖新聞ってことなんですが、原作ってよりは原案って感じ。
漫画とは全然関係ないし。
ヒロインがちょっと前に話題の酒井法子だったり。(爆)

恐怖新聞そのものを知ってれば、それなりに面白いかも。
知らなくても楽しめますけどね。
結構、怖さのツボを押さえた演出がされているので、良作かも知れません。
リングとか呪怨とか好きならイケそうです。

ま、面白かったと思いますよ。
この手の作品のわりにはオチもついてたし。
わりと見終わったあと、納得できるところがあるかな。

まあ、恐怖新聞そのものは理不尽なものなので、そこには理由付けはないんですけどね。
なので、恐怖新聞を知ってた方が、納得しやすいかも知れません。

それほど話題にならなかったような気がしますが、もう少し話題になってもよかった映画ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XP?Linux?

Ylmf OS-雨林木风Linux操作系统

松本さんからのネタ振りで。
読めないんですが。(爆)

画面見る限り、XPと見紛うようですが、Linuxみたいですね。
母体は読めないんで、不明なんですが、テーマのページとか見るとUbuntuっぽいです。

基本的に、Ubuntuにテーマを適用して、アプリケーションをインストールしてあり、wineを調整してあるディストリビューションのように見えますが。

これ、面白いですよね。
見た目XPになってれば、少なくともXPに慣れてる人なら、初動の操作には困らない、はず。
まあ、似てるけど違うってのが一番混乱するので、ある意味、ここまで似せてしまうと混乱の元かも知れませんけど。
ワタクシ的にはこれアリですけどね。
日本語対応は、Ubuntuベースなら、問題なさそうだし、どっかで日本語記事で紹介してないですかね。
操作性とか、どこまでXPに近いのか見てみたい気もする。
#自力で仮想マシンを作ればいいのか。(^^;

もいっちょ来てて。
BrowserLinux 355

こちらは、ChromeOSのFireFox版という感じ。
ChromeOSよりも、こちらの方が先だった、なんて記事も何かで見たかも。
こちらも、徹底的にFireFoxのみの起動を考えたLinuxみたいで、基本、他の事はなんも考えずに、ばっさり切り捨てたOSみたいです。
まあ、持ち歩き用ならこんなのもありかな、と思いますけど。
これも基本はクラウドというか、Webサービスを主体に使用することを考えてるんでしょうね。
全部で70MBくらいってことなので、ホントちっちゃくまとまってるので、軽量は軽量なんでしょう。
このサイズだとダウンロードも気にならないかなぁ。
んでも。
たぶん、こっちは日本語化が難しそう。
元のディストリとか書いてないから、こちらも不明なんですが、たぶん、これに日本語環境組み込むのはしんどいんじゃないのかなぁ。
素直にChromeOS待った方がよいかも。あちらにはきっとGoogle日本語入力が搭載されるし。

というわけで、実際に使いもしないで、写真だけ見て書いてますけどね。

こうして、ChromeOS含め、各種ディストリ見てると、Linuxって、ホント自由度高いよな、と思います。
問題は、その自由度の高さが足を引っ張って、ディストリ乱立しているのと、なんでもやれすぎて、結構環境を壊しやすいってことですかね。
自由なのは結構なんだけど、ユーザーにはある程度手かせ足かせつけないと、訳わかんなくなるユーザーもいるんじゃないのかな、と思わないでもないです。(笑)

ただ、XPクローンのテーマは面白いなぁ。
休み中に試してみるかな。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

みくつべ♪deb版0.8.6を公開

ダウンロードはこちらから。

長時間のロードテストでメモリリークが発覚したので修正。
それ以外では8時間ロードテストでも、連続再生が可能でした。

機能的には、ひとまずこれでフリーズのつもりですが…。

○懸案
・動画再生時にウィンドウが再描画されると黒枠が白くなる

○仕様(笑)
・YouTubeが混雑してたりして、ダウンロードに失敗すると、次の動画を再生
・時々GStreamerから現在の再生時間を取得できない。その場合、次の動画を再生

○次バージョン構想
・MikuMikuWallと連携して壁紙変更
・複数のプレイリストの切り替え
・再生中のタイトルをタイトルバーでスクロール

このくらいかな。
人柱版から比較すると、かなり動作は安定したように思いますので、人柱版で絶望したひとは、こちらを試してみてください。

なお、本ツールは、「Project Mikunchu♪(プロジェクトみくんちゅ♪)」の成果物なので、tminさんは、宣伝をよろしくお願いします。(爆)
#嘘ですよ。宣伝は別にしなくてもいいです。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とりあえずSCIMに戻った。

日本語セットアップヘルパから導入可能だったかな。
scim-anthyとscim-bridge-client-gtkを導入、だったはず。
最初からいれていたんで、導入手順は忘れしまいました。(^^;

im-switch -c
で、scim-bridgeを選択。

これでログインし直せばSCIMが有効になります。

まあ、iBusがなんだか不調になってきたので、仕方なくSCIMに。
まあ、SCIMでも、何とかならないことはないので、FireFoxの安定性には変えられず。
メインマシンは先日からSCIMだけど、アスワンは、本日から。
やはりレスポンス的には、iBus、uimに劣るけど…。
仕方ないなぁ。
以前ほど酷くないから、9.04のころからFireFoxが正式版になって、マシになったのかも知れませんけど。
結局uimに乗り換え決意したのは、SCIMだと、FireFoxが起動時に、必ず一度は起動に失敗する、ってのが問題だったので。
ま、使ってみましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まあ、言語はなんでもいいでしょ。

Twitterから。

プログラム開発に使う言語は、まあいろいろとありますが。
正直、ワタクシは言語なんてなんでもいいでしょ、と思うわけで。
最終的に「やりたいこと」が実現できるのであれば、処理系なんてなんでもいいんですよ。
結局のところ、プログラム言語なんて手段に過ぎないので、それで何を実現しますか、ってのが重要でしょう、と思うワケです。

とはいえ。
あらかじめ用意されているライブラリとか、そういうのが使えないのも、困る話なので。
例えば、GTKを使おうと思うと、昔はC言語から使うしかなかった。
#今でこそ、python初めrubyなんかでもラッパーが用意されていて、取り扱いに困ることもなくなったけど。
なので、そのライブラリを使って、ラクしようとか思うと、言語選択の幅に制約が出てくる。
ま、それを制約と考えるのか、選択の幅が狭まって不自由な自由を教授できる、と考えるのかはひとそれぞれかも知れませんが。

例えば、ワタクシの場合、DAとしてScreenletsを使用しています。
この場合、Screenletsのライブラリを使用しないとならないし、その流儀に乗るのが楽なので、使用言語はpythonとなります。
その他、GoogleGadgetなら、JavaScriptですね。
使いたいライブラリや環境によって、ラクに使用可能な言語には差があるわけです。

まあ、最初からスクラッチビルドで全部作るなら、そんな制約も少ないかもしれませんが、Linuxの場合、たぶん、その手のことをやろうとすると、どこかにC言語が噛んでくるんじゃないのかな、と思います。
ライブラリとのラッパ部分ですかね。

して考えてみると、C言語を習得しとくのがいいような気もしますが、実はLinux環境だと、案外簡単に使えるIDEがない。
なので、総合的にC言語だとプログラミングの敷居が高くなるんですね。

まあ、GUIを使わない前提だと、使用可能言語の幅はいきなり広がりますけど。(笑)

仮に、これからプログラミングを学びたいってんなら、注意すべきは「プログラミング言語を習得したい」のか「プログラミングを習得したい」のか、きちんと考えを分けるべき、ってところですかね。
言語習得の近道は、その言語でアプリケーションを書くことです。
それが一番早い。
プログラミングを習得したいなら、その言語で書いたコードが、どうしてそういう結果を引き起こすのかを考えることです。
これは結構難しい。(笑)

ま、たぶん、「プログラミングの習得」ってのが実は、結構敷居が高いので、「言語を習得」した時点でプログラムも解った気になるんでしょうね。
言語の習得だけ、ならIDEの優秀なのが手に入れば2週間程度で基礎は学べると思いますよ。
問題はその先です。
これは年単位で時間がかかる。(笑)

なので、ワタクシは、言語はなんでもいいでしょ、と思うんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ新作で作られるんですねぇ。

フィギュアレビューサイトで「尻肉がエロい」と評判の初音ミク - アキバBlog

SEGAがProjectDIVAなんぞ出した影響なんでしょうか。
まだ新作で出るんですね。

なんとなく、最近初音ミクづいているので、ご紹介。(爆)
8800円もすんのかっ!たけぇ!!
1TBのHDD買えるじゃん。
32GBのSSDも安価なモデルなら買えてしまう。
…価値観の違いですな。(^^;

だが、初音ミク5体でネットブックが買える事実を考えると…。
ま、価値観の違いですな。
#でも、こっそりこれが欲しかったのは秘密だ。(高くて買えん。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ubuntu道場の新しいのが出てましたな。

ASCII.jp:~師範! Ubuntuってどんな風に開発されてるんですか?~|行っとけ! Ubuntu道場!
まあ、ネタとして拾ってたので、一応。
今回は割とためになるなぁって感じですかね。

逆に言えば、それほど突っ込み処がない。

Ubuntuが萌えオタ専用ディストリなんて都市伝説があるのは知らなかったけど。(爆)
#tminさんも一役買ってるんじゃあないんですかね。

もう少しLTSの役割とか掘り下げた話題として取り上げて欲しい気もしますが。
CEOが変わって、この辺、影響出たりしないのかな。
逆にマークさんがUbuntu開発をメインに据えるから、また違うかも。

だんだん記事と関係ない話題になってきましたが。

まあ、Ubuntuファンなら、Ubuntu道場は目を通しときましょうか。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

UIとしてはちょっと面白い。

Computer Humanoid Interface
about読んだだけで、導入はしてないんですが。(^^;

アイディアというか、通知にTwitter使うってのが面白いな、と。
考えてみれば、Twitterってのは、単なる通知のシステムなんで、システムのつぶやきを関係者がフォローしてれば、無駄にメールが流れることもないわけで。
まあ、会社のシステムなんかで、ダウンがクリティカルなものだとTwitterでは通知が遅いかも知れませんが、個人用途であれば、メールでばんばん通知されるよりも、Twitterで流れてくる方が、ラクかも知れません。

PC/サーバが呟くというのも面白いですけど、まずはそのTwitterの性質に着目して、UIとして利用するってアイディアが秀逸だな、と。

常時稼働サーバとかないんで、まあ、ここまでの用途はワタクシはないので、人柱的に利用する以外には、たぶん目的が合わないのですけど。
ちょっとだけ導入しようかって気持ちになりました。(笑)

今後プラグインの増強とか、カスタムプラグインの導入が可能になるなら、例えば録画サーバとか、その辺のサーバを運用するときに、録画開始/終了を呟いてもらう、とか用途はいろいろとありそうですよね。
まずは仕組みだけ、ってことなので、用途はこれから考えると面白そうです。

通知ですからね。いろんな通知ができる可能性があるわけで。
#停電再起動の通知とかな。

Twitterの常時接続環境を持ってるなら、これはこれで有用ではないかと思います。
面白そうだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みくつべ♪deb出来ました。

ダウンロードはこちらから。
※今回は前回迄とはサイトが異なります。

ようやくdeb化出来ました。
メモのために参考サイトを残しておきます。
ただ、これ、署名とかされてないけど、いいのかな。
配布にはどうなんだろう、と思ったり。
まあ、野良debだからよいのか?
#いいのかなぁ。

いずれにせよ、これで依存関係までまとめてインストール可能なうえに、いつでもアンインストール可能に!
…orz

できれば使ってください。(^^;

送信者 Blog


---------- 追記 ----------
deb版0.8.1を公開。ダウンロードサイトは同じです。
FireFoxで直接debインストーラが起動しない場合には、指定するアプリをgdebi-gtkにしていただくか、ダウンロード後にダブルクリックでインストール可能になると思います。
・ダイアログのタイトルが未設定だった点を修正
・再生開始時にエラーが発生することがあるようなで、エラートラップを追加
※救済できるものではなく、エラー報告のネタになるような修正となります。

---------- 追記2 ----------
deb版0.8.2を公開。
連続再生しているとセグフォする件に対策を打ってみた。
また、プレイリストのタイトルに「,」が入っていると、リストの順番が不正になる(タイトルが分割されてしまう)件に対応。
結果として、プレイリストを作成し直しになるので、設定ファイルを削除してから、起動してください。
設定ファイルの削除は以下の通り。
$rm $HOME/.config/MikuTube.xml
または、ノーチラスの「隠しファイルを表示する」を行い、.configフォルダから、該当ファイルの削除。
β版なのに、プレイリストの再作成が入るハメになるとは…。

---------- 追記3 ----------
deb版0.8.3を公開。
Hardyにインストールすると、依存関係では問題無しとでるのに、実際には、YouTubeAPIがないため、動作できません。
依存関係のバージョンを修正しました。
Hardyで動作させるためには、自力でpython-gdata1.2.4以降をインストールする必要があります。
#Ubuntu9.04以降は大丈夫なはず。

---------- 追記4 ----------
toshi_aさんからの情報により、以下のパッケージを導入することによりHardy(8.04LTS)でも動作するようです。
パッケージ: python-gdata (1.2.4-0ubuntu1)
パッケージ: youtube-dl (2008.03.22-1) [universe]
依存関係が微妙ですが、どちらもライブラリみたいなもんなんで、大丈夫じゃないかなぁ、と無責任に書いてますが、導入は自己責任でお願いします。(^^;




| | コメント (0) | トラックバック (0)

みくんちゅ♪もうまく行くといいですなぁ。

リーナス・トーバルズ氏×まつもとゆきひろ氏 動画メッセージ「プログラミングは楽しい創造」:ITpro

この中でリーナス氏が、「すべてのベストなプロジェクトは、ホビーとして始まると思います。すべてのメンバーが、好きだからエキサイトして活動することで優れたプロジェクトが育っていく。」と語ってます。

まあ、仕事もそうですけど、楽しくなければ仕事じゃない、というか。
楽しいから、続けられると思うんですよね。

そういう意味では、Linuxなんかは、そうして始まって、そのまま続いているんでしょう。
オープンソース開発というか、この手のプロジェクトは、基本的に報酬はないわけで、モチベーションを維持していくのは、「楽しいから」以外にないんですよ。
まあ、楽しいの感じ方はひとそれぞれなので、例えばプログラムを組む中で新しい知識を得ていくのが楽しいひともいるでしょうし、プロジェクトそのものが徐々にカタチになっていく、その進行を見ていくのがワクワクする人もいるかも知れません。

とはいえ、楽しくするのには、たぶんちょっとだけ努力が必要で。
自分の知ってることだけ、できることだけ、たんにやっていても、いずれは飽きてしまうんです。
なので、ちょっとだけ背伸びして、「今は難しい」ことをやる。
#「今は出来ない」ことを目指すと挫折するので。(爆)

その結果、難しかったことが出来た、達成感も生まれるし、実際に、スキルも上がる。
こういう積み重ねが、結果として「楽しい」を生むと思うんですよ。

仕事は、報酬を得られるので、まあ、これがモチベーションになるんですが、オープンソース開発やディストリビューション開発って、多くの場合、このカタチでのモチベーション維持は難しいと思うんで。

まあ、リーナス氏のインタビューを見る限り、「プロジェクトみくんちゅ♪」は、わりといいカタチで始まってるように見えますけどね。

頑張ってください。>tminさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロゴを作ってみた。(笑)

GIMPでちょいちょいと。
ま、これも悪ノリ。(笑)

送信者 Blog


絵師が欲しいな。(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みくつべ♪Ver0.7公開(β版)

ダウンロードはこちらから。

YouTubeからの検索結果取得にバグがありました。
500件取得するんですが、そのほとんどが重複しています。orz
また、今回から、検索結果のオーダーを変更しています。
ViewCountでオーダーするようにしたので、比較的人気の高い動画から再生されるようになると思います。

というわけで、プレイリストは再取得してください。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こらぼ。(笑)

tminさんが、非公式にMaCoPiXのマスコットを作成されてまして。
入手できたので、みつくべ♪とコラボってみました。

そんだけです。(笑)

送信者 Blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながら。

もうすっかりブームその物は下火になっていると思われるけど。
今更ながら初音ミクと、その周辺のパワーに驚かされる。

今回、みくつべ♪とか作ってて、初音ミクでYouTubeをキーワード検索すると、実に500件は軽く超えてヒットしてしまうわけで。
で、動作確認のために連続再生するんですけど。
これがまあ、いろんな初音ミクがあるわけです。
単なる絵のものもあれば、ごく普通のアニメ、3Dアニメまで。
中にはプロの作品と思われるものもあり、こりゃあ、なんて思うんですよね。

初音ミク、というアイテムを中心に多岐に渡る才能が集約されて、それでYouTube、ニコニコ動画という作品発表の場があって。
まあ、タイミング、だったのかも知れません。
初音ミクだけ、でもダメだったんでしょうし、3Dのデザイナや、2Dの絵描きさん、だけでもダメでしょうし。
動きやら振り付けやら。

どんだけの時間が、この3分の中に集約されてますか、なんて作品も目にするわけで。
歌そのものは、同じでも、動画が異なるものも多数あり、それらを見比べるだけでも面白いんですよね。
ああ、この歌にこう解釈して、こんな絵を付けたか、とか。

こういうのを、普通に公開できる環境がなければ、ここまで発展もしなかったんでしょうし。
そうして考えるとYouTubeとかスゴいんだなぁ、なんてあまりにも当たり前のことを再認識してたりします。

タイミングがよかった、とは言えるのかも知れません。
たまたま、ハマった。
そんでも。
初音ミクにまつわる浪費された才能と、使われた時間って、かなりのモノがあるんじゃないんですかね。

いやはや。
ひとのパワーってのは。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みくつべ♪人柱版Ver0.5

ダウンロードはこちらから。

・0.4で設定ファイルを削除の必要がありましたが、削除すると起動しない。orz
 →設定の初期化処理が漏れている。
・プレイリスト機能を暫定的に作成
・プレイリストから再生動画の設定が可能
・プレイリストから再生動画へのジャンプが可能
 →プレイリストで再生指定してなくてもプレイリストダブルクリックの場合には再生します。

テスト不足が露呈したカタチの緊急リリースです。
プレイリスト関連は、もう少し手を加えてからリリースしたかったんですが…。
まあ、動かないのでは仕方ない。

現在の懸案(バグ)
・テンポラリファイルをダウンロード中にウィンドウをつつくとセグフォ。
 →原因不明

今後の予定
・バグ対策

一応機能的には、これで全部の予定です。

なんか欲しい、orこうして欲しい要望は伺いますのでコメントをお願いします。
#対応を約束するものではありません。(爆)

引き続き、人柱&要望&バグ報告をお願いします。

あんまし、このページのアクセスもないから、注目もされてないんだろうなぁ。(笑)

一方で、ネタでここまでやってしまう悪ノリも如何なものか、と思わないでもないですが。
もう少しお付き合いください。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みくつべ♪人柱版Ver0.4

ダウンロードはこちらから。

・0.3の修正ではまだ再生開始処理に問題が残っていたのを見直し。
・ダウンロードに再生が追いついてしまうと再生終了になる問題を修正。

現在明らかな問題としては。
・次の動画を連続して実行したり、前の動画を再生しようとするとセグフォする場合がある。
 →ワタクシの環境では1度しか見たことないんですよね。
・たまに画面の縁が素の色になる。
 →方法を模索中。塗り潰せばよさげなんですが~

tminさんからの報告では、FireFoxとの関連が報告されていましたが、多分関係ないと思います。(^^;
仮にあるとすると、なんか重い処理というか、ダウンロードとかしていて、みくつべ♪でダウンロードが進まなくなった結果、テンポラリファイルのハンドリングの問題で、セグフォしてたかも、程度ですかね。
たぶん、関係なくて、0.3までのテンポラリファイルのハンドリングの問題ではないかと思ってますけど。

ただ、セグフォはたぶんGStreamerで発生してるので、なんか設定漏れとか可能性もあるんですけどね。
特に、ファイル再生中断時の処理がマズい可能性は残されているかな、と。
#ファイル遷移で発生しているので。

今後の予定機能
・プレイリスト
・楽曲のジャンプ
これは、両方ともプレイリスト機能で実現する予定です。

しばらくお預け
・お気に入り動画(マイリスト)

プレイリストの機能の中に検索キーワードとか、検索を実行する機能を設けてしまって、そこから選択されたものをお気に入り動画として、マイリストを作成する機能を考えています。
検索キーワードでのリスト再生と、マイリスト再生の2段構えって感じで。
オプションで起動時の自動再生をどちらにするのかの選択が必要になりそうですけど。
その他、deb化とか。
まあ、まだ課題は残ってそうですけどね。
まずはバグっぽいものから消化の予定です。

引き続き、人柱、要望、バグ報告をお願いします。(^^;
#結構自環境では問題起きないんだよなぁ。

書き忘れてた。
今回のアーカイブにはアイコン用のPNGファイル同梱してます。
ランチャ作る場合などにご利用ください。(笑)
#適当な動画から切り抜いたから、配布は問題あるかもなぁ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

みくつべ♪人柱版Ver0.3

ダウンロードはこちら
#ちなみに、どの記事から落としても同じものです。

アスワンとイー・モバイルで、試していて、どうにも再生開始でエラーが多発するので、テンポラリファイルの監視方法を変更しました。

これで一応、正常に再生される率が上がってます。
まあ、連続試験してないんで、それは、また夜にでも。

再生してみた感じ、アスワンでも、どうにかなるかなぁ、ってところでしょうか。
ダウンロードと再生が別のプロセスで動作するので、特定スレッドだけが負荷が上がることがないようで。
ネットブックでも動作するなら、まだ使いでがあるかも。
イー・モバイルの速度じゃ厳しいかなぁ、とか思っていたので。
ま、そんでも通信状態依存なのは変わらないですがね。
モバイル向けツールではないかも。(^^;

---------- 追記 ----------
再生始まって、すぐに終了するパターンが懸案として残っているんですが、恐らく、回線速度の問題で、ダウンロードが再生に追いつかれてしまって、再生終了しているものと思われます。
対策手段はあるので、修正しますが、今は出先なので修正できません。(^^;

帰ってから対応します。
人柱版0.4ですかね。
これで、あとはtminさんとこで発生していた問題が解消されるか、環境個別の問題であることが明かになれば、基本機能はOKかな、ってところなんですが。
プレイリスト編集は、使ってるうちに欲しくなったので、たぶん、つけます。
ただ、時間をとれるのがいつになるか。
年末には確実ですが~。
さて。
もう少しお待ちください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

たぶん、ジョークなんだろうなぁ。

Linux、Windows、Macの熱狂的な各ユーザーがお互いをどのように見ているのかを表した図 - GIGAZINE

松本さんからネタ投下。わさびーさんとこが、元ネタ?なのかな。

う~ん、って感じですけどね。
ワタクシにはMacやWindowsは、こういう風には見えないので、まだまだ熱狂的なLinuxファンではないってことなのかも知れません。

・Macファンの視点
Macが先進的に「見える」のは、その通りかと思いますが。
まあ、これは基本的に「Appleに踊らされている」ので、そこのところを自覚した方がいいのかも知れません。
それと、Windowsが不安定に見える、ということですが、これは往年のMacファンなら、むしろ「Macこそが不安定である」ことから目を背けたい思いが、そう思わせているのではないか、と勘ぐってしまいます。
同様に、Linuxが古くさく見えるのも、同じ感覚であり「Linuxが先進的であることを認めてしまうとMacの古くささに気がついてしまう」ために、そのように思い込んでいるのではないか、と下衆の勘ぐりをしたくなりますね。
熱狂的であるが故に、視野も心も狭くなっていることを、熱狂的なMacファンは自覚した方が、世界平和のためになるかも知れません。

・Windowsファンの視点
熱狂的な、という観点で考えた場合なのかも知れませんが、ワタクシの感じるイメージは異なるように思います。
Windowsがコンピューターの代表として捉えられているのは、まあ、その通りかも知れませんが、Windowsファンにとって、Linuxは、難しい文字が画面に並んでいる印象ではなく、「路地裏の野良犬」程度のものでしかないんではないでしょうか。
その野良犬が、どれほど素晴らしい力を持っていようと、世界の裏側で自分と無関係のところで力を振るっていても、自分にはまったく関係も影響もないわけで、我関せず、というのが正しい認識ではないか、と想像するんですけどね。
Macに関しては、子供のおもちゃと捉えられているのであれば、まだ好意的な見方かもなぁ、なんて思います。
むしろ「軽薄なファッションの一貫」と捉えられていてもおかしくないのではないか、と思うんですが、これはワタクシの偏見なんでしょうね。(笑)

・Linuxファンの視点
Linuxが光り輝いていると思っているLinuxユーザーはいないんじゃないの?と思わないでもないんですがね。
なんつぅか、もう少し自虐的な観点で見ているんじゃないと思うんですよ。
自動車でいうと、マツダファンな感じ?
#マツダファンの方、ごめんなさい。
マイナーゆえの面白さ、誇らしさ、そして、認められなさ。orz
それらを持ってるんじゃないかな、と思うんですけどね。
それと、これMSへの思いとAppleへの思いが書かれていますが、それぞれWindowsへの印象と、Macへの印象じゃないですよね。(笑)
本当のところはどうおもってるんだか。

まあ、熱狂的になればなるほど排他的になるのは仕方ないんですが。
なんとなく、ですが、一番しっくりくるのは、Macユーザーの視点のみ、ですかね。
もしかして、この記事書いたのMacユーザーですかね?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

みくつべ♪人柱版更新(v0.2)

【Project】みくつべ♪人柱版公開&GSTCreator Ver0.1【Mikunchu♪】
こちらでも紹介いただいてますが。

tminさんから指摘いただいたので、修正したのですが、実はワタクシの環境では現象が発生しません。(^^;
とはいえ、ちょっと心当たりもあったので、その辺を修正してみました。
#恐らくダウンロードしているテンポラリファイルの扱いの問題ではないかと…。

ついでに。
・ボリュームを変更可能にした。
 上下のカーソルキーでボリュームが変更可能です。
・現在再生中の動画タイトルを表示。
 ウィンドウにカーソルを持っていくとツールチップで、動画タイトルと現在の曲番号、音量を表示します。
・ウィンドウ表示の場合にはタスクバーに表示しない。
 なんか出てるとイヤだったので、出ないようにしました。
 最小化するとタスクバーに出ます。でないと戻せないので。
#最初戻せなくなって焦ったのは秘密だ。

まだいくつか気になるところはあるんですが。
まずは、これで公開とします。

ダウンロードはここから。
前回の人柱版を使ってた人は、実行前に設定ファイルを削除してください。
#申し訳ありませんが、リストも初期化されます。
削除方法は以下のコマンドを実行、またはノーチラスから、隠しファイルを表示して削除してください。
$ rm $HOME/.config/MikuTube.xml

保存項目とか変更したので、データが不正になる場合が考えられるので、初期化をお願いします。
#たぶん、タイトルが出ない。

再生リストは、今のところは実装の予定はありません。(^^;
時間があれば、ってところですかね。
てか、そんなに必要ですか?
#まあ、出来るに越したことはないと思うけど。流しっ放し前提だと必要なのかな、とか。

引き続き、人柱&要望を募集します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みくつべ♪人柱版の公開

みくつべ♪の人柱版を公開します。
ダウンロードはこちらから。
機能は、これから増えるかもしれませんし、減るかもしれません。
β版ですらないです。(^^;

簡単にテストをして、動作することは確認していますが、開発環境での確認なので、当てになりません。(爆)

また、現時点ではdebパッケージになってないので、依存関係は自分でインストールする必要があります。
アーカイブにReadmeを入れてますので、そちらを参照願います。

なお、起動時にいきなり、「初音ミク」でYouTubeに検索しにいき、最大500件までの動画リストを作成します。
※キーワードによっては、もっと少ない場合もあります。
その取得動画を順次再生していくためのツールです。
また、アプリケーション終了時に、現在の再生動画番号を記録しておいて、次回起動時には再生中の動画を、最初から再生します。
※当然のことながら、最後まで行けば最初に戻ります。

現在の懸案事項というか既知の問題は以下の通り。
・YouTubeが混んでたりして、再生動画が取得できない場合には最悪エラーになる。
 →一応リトライはするんですけどね。
・なぜか動画と音声の同期が取れずに、いきなり終了する動画がある。
 なお、その場合、一度次の動画を再生して、前に戻ると正常に再生される場合が多い。
 →原因不明です。GStreamerの問題なのかなぁ。

それ以外にも問題点は含まれているかもしれませんし、なによりソースプログラムが、まだ未整理です。(爆)
もう少しデバッグコードとか削除してから公開の予定です。(^^;
この時点のソースコードを眺めると、ワタクシの苦労のアトが見えるかもしれません。(爆)
#まあ、そんなのは普通は見えなくていいんですけどね。

結構、大きな機能の漏れとしては。
・ボリュームの調整ができない。
・再生中の動画のタイトルが解らない。

基本、右クリックメニューだけの制御で、画面にコントロールを持たないので、調整するためのコントロールを置く場所がなく。(^^;
んでも調整はしたいよなぁ。
懸案。
動画タイトルは、動画ウィンドウにマウスカーソル持っていくとツールチップが出るとカッコいいよな、と思ってますが、実装は調べていません。
これはやりたいけどなぁ。
#投稿者とか、投稿時コメントとかも合わせて表示できるとなおよい。

もしも希望があれば、こんなことをして欲しい、とかコメントくれれば考えます。
#考えるだけです。実装を約束するものではありません。

さあ、人柱になってください!(笑)
#すんません、マジで誰かお願いします。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

プロジェクト名が変わったらしい。(笑)

【Project】サウンドテーマクリエイターRCらしきもの【Mikunchu♪】 - Winux/Lindows

「みくんちゅ♪」で決定したようですな。>プロジェクト名
ま、解る人にしか解らん名前なので、クレームはつかないでしょ。(^^;
アイコン作成とか、かなり大変な作業に着手されるようで。
ご健闘をお祈りいたします。(爆)

え~、こちらの作業は、基本機能は一通り。
一応、動くって感じでしょうか。
今、ウィンドウのリサイズまわりの対応を。
なんか面倒なんだよなぁ。

とりあえず、名前は「MikuTube」とつけています。
ひらがなで「みくつべ♪」とでもしときますかね。プロジェクトに合わせて。(笑)

今回は、なんも代わり映えがないので、スナップはつけませんが。(笑)
うまく行けば、来週くらいにはリリース可能かも。
#ま、大体正味二日か。そんなもんですかね。この規模ならポリシーにも反しないな。(爆)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

サウンドテーマ編集ツールを作ってもらった。(笑)

はっぴーじむなすと@Linux - 例のサウンドテーマのやつがほぼ完成

というわけで、名前はまだ未定っぽいですけど、サウンドテーマの編集ツールをわさびーさんが作ってます。
要望は別途出すことにしますけど。

とりあえず動作確認OKで、追加イベントのところも動作するのを確認してます。
結構イベントごとに音を鳴らせるのね。

初音ミクの「私の時間」から「ネギ~♪」を切り出して(Audacity使用)ウィンドウが開くたんびに鳴るようにしてみましたが、かなりウザいですね。(爆)
これなら、きちんとテーマを作成すれば、tminさんの考える、ウザさが実現できるのではないか、と思います。

ワタクシの用途としては、ログイン、ログアウト時のサウンドが設定できればそれでよいので、現在の機能でほぼ十分かと思いますが。

サウンドテーマの読み込み機能がない。orz
まだついてないだけなのか、仕様がそうなっているのか。
再編集が出来ないのは、仕様としてはちと厳しい。

まあ、これはあっちで別途。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

起動時スプラッシュとGDMテーマだけはXubuntuのを入れている

いや、そんだけ、なんですけどね。(笑)

どうにもUbuntuのスプラッシュと標準のGDMテーマが気に入らないって話は何度も。(爆)>9.10
なので、起動スプラッシュとGDMテーマだけ、Xubuntuのものにしています。
特にGDMテーマがお勧め。

$ sudo aptitude install xubuntu-artwork-usplash
$ sudo aptitude install xubuntu-gdm-theme

でインストール可能です。

気にならない方は気にならないんでしょうけど。
まあ、お好みに合わせて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとだけ進展。

なんもしてないと思われてもアレなので。(爆)

ちょっとだけ進展しました。
現時点で、「固定の文字列(初音ミク)」でYouTubeを検索し、取得した一覧の連続再生、スキップ等の操作が可能になってます。

まあ、言ってしまえば、それだけ、なのでまだ公開できる段階ではないんですけどね。
欲しい人はあげますけど。それは別途ご連絡いただければ。
#まだ使い物にはならないから、なんかのネタにする、とかならね。

で、一応、代わり映えのないスクリーンショットを載せときますけど。

送信者 Blog


近日公開予定ですが、まずは人柱erな方優先で使っていただきたいと。(笑)
なんか、いきなり落ちたりすると思うので。

公開までのステップというか残作業としては以下を考えています。
・表示位置の保存と復帰
・取得一覧の保持
・キーワードの設定
 →キーワード変更時に一覧更新

サイズ変更とか、そういうのはその後かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ubuntuには影響ないのかね。

Ubuntuプロジェクトを創始したシャトルワース氏、CEO職を退任へ - 企業情報 - ZDNet Japan

松本さんからもネタが投下されていたんですが、こちらの記事の方が、より詳しいのかな。
シャトルワース氏がCEOを退任することにより、Ubuntuへの影響がどう出るのか気になるところ。
基本、経営からは退くイメージですが、UbuntuそのものがCanonicalの経営を圧迫しているのは間違いないと思われるので、その辺の折り合いをどうつけていくのかな、ってのが興味のあるところですね。

まあ、ある程度、今度のLTSで区切りを付けるイメージなのかもしれません。
さて、この人事が我々にとって吉と出るのか、凶と出るのか。
どうなんですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロジェクト名が変わってますな。(笑)

【Project】システムサウンドを変えるぞ。そして配布はアリなのか?【Mikuntu?】 - Winux/Lindows
暫定ちゃんから、ツッコミが入ったらしいんですが。
本格的に配布まで考えた活動するなら、まずいでしょうね。>~buntu
ま、仮に本気で配布まで考えるなら、次の10.04LTS母体の方がいいんじゃないかと思いますけどね。
まずは、9.10ベースで、いろいろと試してみる、って感じでしょうか。

MintOSなんかも基本一人で作業されているようなので、頑張れば出来ないこともないんでしょう。>配布
この手を継続的に行っていくのは、かなり大変で、モチベーションを下げない活動が必須になりますけど。
単なるノリだけでは、継続は厳しかろうな、と。(^^;

それはそれとして。
作りかけの例のものは、YouTubeの仕様変更の結果、参考にしていたサイトの手順が使えず、メゲてやさぐれ中です。(爆)
手がないわけでもないんで、腰据えて掛からないとダメってだけなので、ちと時間が取れるタイミングを見計らわないと成果物として完成しなさそうな気配。
ま、まともな成果物を作ってないので、せめてこれくらいは作って、プロジェクトに貢献しとこうか、と思ってますけど。(^^;

年末、かな。年始の休みはかなり短いからなぁ。
#仕事がトラブれば、年末の休みもなくなるけどな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ubuntuでDLNAサーバを動かしてみる。

PlayStation3を買いました。
ええ、FFXIIIをするためですとも。
ものすごく久しぶりにゲームソフトを発売日に買いました。(笑)
#まあ、ハードと同時購入なわけですが。
そもそも近年、ゲームはFFしかしないワタクシにとっては、ほぼ間違いなく、FF発売→ハード購入の流れになるのですけれども。
その結果として、今回はPlayStation3ということになりました。

で、このPS3、メディアサーバに接続、なんて機能を持ってたりします。
そもそも、無線LAN接続が可能なんて、購入して初めて知りました。(爆)
#ゲーム機だとばかり思ってたからなぁ。

そも、メディアサーバ接続とは何ぞや、と思って調べてみると、DLNAという規格あるようで。
第86回 UbuntuをWindows 7のサーバとして使う(2)DLNAサーバ編
Ubuntu Tips/サーバー環境/DLNAサーバで、動画、音楽を家電で再生
[Ubuntu]MediaTombでPS3からサーバーの動画ファイルを再生

というように、Ubuntu上でDLNAサーバを構築する手段も提供されているようです。
PS3をDLNAクライアントとして利用するってことのようですね。
記事は古めのUbuntu対応ですが、9.10でも手順通りでイケました。

ハマったのが。(笑)
FireWallを設定していて、LAN内からメディアサーバが参照できなくなっていたこと。(爆)
クリーンインストールしてたのを忘れてました。(^^;

ufwの設定を変更し、メインマシンの各種データフォルダをDLNA用に開放すれば、TVで撮り貯めたデジカメ写真のスライドショーや、溜め込んだ動画、それから録画データ、mp3などなど。
マルチメディアなデータを家庭用のTVでも楽しめるようになります。
まあ、無線LAN接続を考えると、結構、どこでもイケる感じになるのがいいですねぇ。
こうなると、DNLAサーバ用に、電源を喰わない小型PCを一台、なんて気分にもなります。(笑)
#んで居間のTVはDLNA対応のTVにする、と。
案外ね、こういう使い方でもしないと、溜め込んだ画像や動画なんて、活用する機会もないと思うんで、こんな使い方も可能なんだなぁ、と改めて思った次第。
#情報弱者なことを全開で露呈。(爆)

ついでに。
PS3をPCのモニタのLG電子W2600VにHDMIで接続しているんですが、これの設定でオーバスキャンをONにしてると、1080pでの表示が出来ません。
最初なんでかなぁ、と思っていろいろといじっているうちに、この項目に行き当たりました。
オーバースキャンONだと1080iは可能なんですが~。ま、やっぱり1080pの方が綺麗ですね。

さらに。
PlayStation3で、ネット接続をして、YouTubeを開くと、YouTubeXLが開きます。
これ、元々TV用のYouTubeってことで、大きな文字、大きな画面で見ることを想定されたYouTubeらしく。
それなりに快適につかえます。
#なぜか初音ミク動画再生中にPS3がフリーズしたけどな。

その他、普通に検索とかできるし、結構一般ご家庭だと、PS3だけでもネット環境は困らないかも知れないなぁ、なんて思ったりしました。
#USBキーボード、マウスなんかも接続可能みたいだしな。>未検証


| | コメント (0) | トラックバック (1)

作りかけ。(^^;

え~、YouTubeから、初音ミク関連の動画を連続再生しようと思っている、ってのは以前にも書いてますが。
とりあえず、こんなん作ってますってご紹介だけ。(^^;
#完成するかどうかも解らんけどな。

送信者 Blog


中央付近の赤丸で囲ったところが、一応動いているところ。
YouTubeにアクセスして、指定サイズで動画が再生されています。
これは、メルトかな。

まだなんも出来てないのも同然なので、こんだけで失礼。
完成すると、Project miKubuntuに取り込まれるんじゃないかと思います。

今のところ、第一段階としては、「自分で作ったYouTubeのURLリストを喰わせると連続再生する」というものです。
これは、定義ファイルをテキストエディタで編集するという非常に原始的なもの。(笑)
次の段階が、「指定したキーワードでYouTubeからリストを作成し、連続再生する」というものです。
さらに進むと、「自分のお気に入りリストを連続再生する」まで発展する可能性はありますが、ワタクシ的に第2段階までの用途で充分なので、リクエストがあれば、考える、程度でしょうか。
UIは、最低限しか作らない予定です。(^^;
そもそもタイトルバーすら出したくないんですが。
サイズは…固定で考えてますけどね。可変の方がいいですかねぇ。
あと、せめて表示位置は覚えておくくらいのことはしたいと思ってますが。さて。

期待しないで待っててください。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

TotemのTouTubeプラグインの怪

Totem、動画プレイヤーのことですが。
これ、標準でYouTubeプラグイン入ってるんですが。

うまく動きます?

ワタクシの環境はamd64なんですが、ブラウザ、FireFoxを起動していると、検索がエラーになるんですよね。
なんか、gvfsのエラーとか出て。
FireFoxを落とすとうまくいくんですが。
さらに、日本語で検索にいくと帰ってこない。orz
なんか設定あるのかと思って、調べてみたんですが、プラグインの設定はないし。
なんだろうなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ああ、いちいちごもっともで。(笑)

そして今度は--Linuxが取り入れるべきWindowsの美点10選 - IT業界を生き抜く秘密10箇条 - ZDNet Japan

Linux陣営に不足する要素としてあげられていると思われる10の項目ですが。
いちいち頷けます。
まあ、そうだろうな、と。
一方で、ほとんどの項目は、Linux陣営には満足させることがないだろうな、とも。

まあ、ないものねだり、かも知れないな、と。
ちょっと面白いな、と思ったのが、「Windowsが取り入れるべきLinuxの美点10選」の方で触れられているのは、おもにWindowsのシステム的な弱さに関してなのに、Linuxが取り入れるべき、Windows上で優れたシステム的観点ってのがほとんどないこと。
まあ、ワークグループの採用とかあるけど、これは、単にやってないだけ、って感じでシステムとして不足があるから実装できない項目じゃないし。

唯一システム的観点で、Linuxに不足していると元記事が感じているのがDirectXだけ、ってのが非常に面白いな、と。
これ、筆者のひとって、Ubuntu使ってるんだろうな。

というわけで、たぶんLinuxがマーケティングに敏感なOSになることはないと思うんですよね。
なので、いつまで経っても、普及の波は押し寄せてこないんじゃないかな、とは思ってます。(^^;

いまよりもちょっとだけ普及して、これにあげられている問題のハード認識とDirectX関連だけ、改善されれば、まあワタクシとしては満足ですし、なんとなく、元記事の筆者もその程度のことしか期待してないんじゃないんじゃないですかね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとクリーンインストールを。

最近、ごちゃごちゃとツールのインストールを行っていたので、ちょっと起動ドライブを圧迫してきていて。
細々と削除するのもいいんですが、依存関係とか面倒だったので、クリーンインストールを敢行。

インストール自体は30分程度で終わるんですが。
そこから、使うツールの再インストールが結構手間。
ついでに言えば、カーネルを再構築しないとTVが見れないので、その対応も。
#これが一番時間がかかる。

ほとんどの設定はバックアップしていたのでmeldで差分を取り込んで、ほぼ完了。
バージョンまたがりがないから、この手の設定移行は楽ですな。

結果として3時間弱でほぼ環境復帰。
不足しているモノは、また随時インストールでなんとかなるでしょ。
たぶん、過去に一度しか使ったことないようなアプリもインストールされていたと思うし。

まあ、まずはこれで環境もクリーンナップされたので、動作は様子見かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有名な人がこれ書いちゃあ。(^^;

ネットウォーカーが沈黙:三遊亭白鳥/林家彦いち「噺家のITな日々」

松本さんからネタの投下が。

単に失敗談として読む分には面白いんだけど。
そういや、パネル全削除の際の復旧方法なんて知らんなぁ、などと思いつつ。

パネルなくてもF2は効くんだったかね。

これ、有名人が書いてる記事だと思うんですが、PC素人にはUbuntuは難しかろう、という印象になってしまっているのが残念で。
たぶん、すごく正直に書いてあるんだと思うんですよ。
画面狭いから、要らんモノ、消せるモノは消してしまえ、っていう。
正直な欲求ですよね。
まあ、消すってことが乱暴っていえば乱暴なんですが。
警告も出てますし。
#警告無視して、ハマったんだから、自業自得といえば自業自得。

んで。
結果、こういう状態になってしまうと、もうどうしようもない。
まあ、NetWalkerが一台目ってひとはいないと思うので、最悪の事態にはならないと思うんですが、回復のためには、ネットで調べる以外にないのに、ネットにはつなげない。
#というか、このひとの知識ではブラウザを起動できない。

知ってれば、なんてことないのかも知れないんです。
こうしてパネル復帰するのね、とか。
何もない場合には、こうすればプログラムが起動できるのね、とか。

知らないからどうしようもない。

初めてUbuntu触った人に、「そんなことも知らないのか」は通用しませんし、そもそも売ってる状態で、それが入ってるんだから、買っちゃった人に、それは言えないでしょ。

まあ、事故ちゃあ事故なんだけど、こういう記事みると、改めて、まだUbuntuというかデスクトップLinuxは素人には厳しいのかなぁ、と思っちゃいますね。(^^;
#いきなり突貫しなければまだ…。(笑)

まあ、MSのWindowsは、タスクバーはかくすことができても、消すことは出来ませんからねぇ。
この辺、MSの方がユーザーの不用意な操作に対して安全とは言えるのかも知れません。

長くデスクトップOS作ってるだけあって、こういう「ユーザーってのは何をするか解らない」って部分のノウハウは豊富でしょうから。

まあ、ね。
この記事見て、Ubuntuは使えない、とか、NetWalkerって難しいんだ、って思われるのも、ちょっとなぁ、とは思いますけど。
んでも、やっちゃうひとがいるんだから、仕方ないよな。
多少の不便を感じさせることになっても、最低一枚パネルは残ってないとNGってことにしとかないと、こういうひとが次々現れるのかも知れませんねぇ。
#ま、これはUbuntuってよりもGNOMEの仕様だけどな。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

ScreenletsでiGoogleガジェットを使う~Project miKubuntu 第3弾?~

自力で作成するのは諦めて、既製品を有効活用することにしました。(笑)

今回使ったのは、FmTubeというYouTube動画を連続再生するGoogleガジェットです。
すなおに、GoogleGadgetをインストールして使え、って話もあると思いますが。
以前にインストールして痛い目を見ているので、あんまし使いたくないんです。>Googleガジェット

幸い、Screenletsと結構互換があるので、変換して使うって事が可能なので、今回は変換して使います。

1.使いたいガジェットを見つけたら、「自分のウェブページに追加」ボタンをクリックして、設定の画面を開きます。
2.適当に設定して、「コードを取得」ボタンを押すと、JavaScriptが表示されますので、それを全部コピーします。
3.Screenletsマネージャを起動します。
4.InstallからConvert Web Wigedを選択します。
5.今回はGoogleGadgetなので、GoogleGadgetsを選択し、下のボックスに2.で取得したスクリプトをペーストします。
6.適当に名前を付けて保存すると、Screenletsで使えるようになります。

まあ、全てが使用可能かというと、そんなこともないようで、結構、ダメな場合もありますので、良さげなものを見つけてください。(笑)

今回の目的としては、Project miKubuntu向けにデスクトップでYouTubeの初音ミク動画を連続再生すること、なので、FmTubeという連続再生ガジェットを選択しました。
これは、一画面で基本的な設定が可能なこと、アーティストを設定して検索可能なことから選択しています。
一応画面スナップを置いときますけど。
画面サイズの選択なんかも可能なようで、デフォルトだとMサイズがちょうど良いようです。
この辺、プログラムから初期設定が可能かどうか等、結構不明です。(笑)

その他、自分で設定したプレイリストを再生可能なガジェットなんかもあるようなので、好みに応じてチョイスするといいと思います。

探せば、結構いろいろなガジェットがあるみたいなので、うまくハマるのがあれば、Screenletsも結構使えるのではないかと思います。
そこそこメモリは喰いますので、リソースの小さいPCでの使用は厳しいかもしれませんが。(^^;

送信者 Blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Googleカレンダーでの通知機能

googleカレンダーで、前日に通知メールが来る件について - Tech2 memo
個人的な予定の管理には、Googleカレンダーを使ってたんですが。

終日に設定した予定の通知が、前々日の夕方に届いているような。
で、ちと調べてみたら上記エントリに。
Googleカレンダーの仕様みたい。

きちんと予定時間を指定して使うしかなさそうですね。
ま、仕様じゃ仕方ないけど、なんでそんな仕様なんだろ。
終日、なんて指定をするな、ってことなのかも知れませんけどね。(^^;

いずれにせよ、これでもやもやが解消しました。
#ヘルプ見ろよ、って話はおいといて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Emacs23の「初期化画面最大化問題」の解決策

cametanさんから、Ubuntu9.10のEmacs23での「初期化時、画面が最大化してしまう」件の解決策が提示されましたので、書いときます。

以下、cametanさんから
------------------------------------------------------------

Emacs23はアンチエイリアスフォントが導入されたお陰で、画面は綺麗にはなったんですが、フォントまわりが大きく変わって、それにまつわるトラブルに発展した模様です。

要するに、.emacsに於けるような「初期化設定」が上手く行えない、と。

そんなわけで、.Xresourceなる別の初期化ファイルを$HOME上に作って凌ぎます。

$ gedit .Xresources

等として空ファイルを起動して、Emacs23で使いたいフォントをここで指定する為に記述します。
例えば、アンチエイリアスフォント、VL Gothic-10を使用したい場合は、

Emacs.Font: VL Gothic-10

のように。
保存して閉じます。
実は、.Xresources自体は、今作ったファイルと別にUbuntu内の「どっか」に存在してて(笑)、設定はそっちが反映されてるんですね。
よって、今新規に作成したファイルとそれを「マージ」せんとならんわけです。
このコマンドが次のコマンドです。

$ xrdb -merge ~/.Xresources

これで$HOME上の.XresourcesとUbuntu本体の.Xresourcesの中身がマージされて、全体結果として反映されます。
これで、取りあえず「Emacs23初期状態最大化バグ」は回避されます。

------------------------------------------------------------

ここまで。

Emacsって、相変わらずXresource使ってるんだなぁ、なんて思った次第。(笑)
まあ、それがダメってこともなんですが。
いずれにせよ、お困りの方には朗報かも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Bingってどうなんですかね。

FirefoxユーザーはGoogleよりもBingを——Mozilla幹部が呼び掛け - ITmedia エンタープライズ

検索エンジンは性能がすべて、のような気もしますが、まあ、プライバシーポリシーってのが、問題になるのなら、Googleではダメってこともあるような気がします。

まあ、基本的には、Googleの言う「そんなことはすべきではない」ってのが、建前上は必要なんでしょうけど。
この場合のプライバシーって、例えば、iGoogleにログインしてる際、そのアカウントがどんなキーワードを検索したか、とかってことですかね。
そもそも、これらの傾向分析して、Googleって広告入れているんじゃなかったでしたっけ?
これを保持/分析しないなら、Googleは収入の道を断たれるんじゃないのかな?
ちと、この辺はよく知りませんので、うかつなことも書けませんが。(笑)

ワタクシ自身のことでいえば、まあ、Google検索時のキーワードなんぞ、保持されていても問題ないし、万一、なんらかの事情で当局に提示されても、たぶん、困らないと思います。
むしろ、身近なひとに公開されると困るかも。(爆)
#あんなキーワードや、こんなキーワードが家族に知れたら…。

例えば、犯罪捜査の一環として、そういう情報の開示が必要になった場合、Googleから開示される分には構いません。
そういうのも正規の手続きを経て行われるんでしょうし。
ただ、それらの情報を入手した当局側には、プライバシーの保護をきちんとお願いしたいもんですね。そこから流出とかシャレにならないと思うので。

とまあ、そんな事情を加味して、 Bingの方がプライバシーポリシー的に優れているなら、そして、検索エンジンとしての性能、能力がGoogleに優とも劣らないものなら、FireFoxのデフォルト検索エンジンがBingになることも、ワタクシとしては文句がありません。

別にGoogleだけが検索エンジンではない、ってのは、たぶん、みんな思ってることだと思いますけどね。
いずれにせよ、使う上でサービスが低下するのは困りますが、それがないなら、ね。
なんでも一緒かと思います。

ってか。
Bingって使ったことないなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ココログトラブってる?

なんか、アクセス解析見に行ったら、今日の16時以降、まるでアクセスがないことになってるな。
マジで?
なんか、世間の逆鱗に触れて、ワタクシのブログ、抹殺されていますか?

さて。何が起きていることやら。

-------- 追記 --------

トラブってました。>ココログ
ブログが抹殺されてたんじゃなくて、ちょっとホッとしました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祭りのあと。(笑)

Project miKubuntuが、壮大なネタとして開始して、早二日。
楽しい2日間でした。

もはやワタクシの中では、miKubuntuに協力できるとことは終わったかも、と思っています。
あとは、tminさんに任せて、ワタクシは高みの見物を決め込もうかと。(爆)
#ま、そんなわけにも行かないのかもね。(笑)

少なくとも、ワタクシは自分で使うUbuntuにおいては、必要ならプログラムを書くことも辞さない覚悟がありますが、それはあくまで自分のためであって、それ以外の目的でプログラムを書くことはありません。しかも、たぶん、初動まで二日以上掛かるものには手を染めないと思います。
#土日しか作業できないしな。
今回は、面白かったから、協力しましたけど。(笑)
頼まれたら、たぶん、やらなかったんだろうなぁ、と思います。(^^;

今回、萌え☆彡OSで、暫定ちゃんが、ninixとか、MoCoPiX対応をしたい、なんて話がサイトに上がっていたとき、危うく手を上げそうになりましたが、前述の理由で無理だな、とすぐに考え直しました。(笑)
#二日じゃ終わらんでしょ。

とまあ、相変わらず、萌え☆彡OSは(生)暖かく見守ることにしたわけですが。

まあ、暫定ちゃんからも応援されているらしいので、tminさんには頑張って欲しいものです。(爆)

さて、明日からは通常モードに戻るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Project miKubuntu 第2弾!!(爆)

え~、悪ノリのが続いています。(爆)

ミク時計、というブログパーツを作成された方がいらっしゃいましたので、それをscreenlets化しました。
ただし、作者の方が再配布を禁止されておりますので、自分でブログパーツを入手、インストールの必要があります。

例によって、ワタクシが作成したのは入れ物のみ、ということになりますね。(^^;

インストールの方法ですが。

1.【ミク時計screenlets】をダウンロードし、screenletsマネージャーからインストールしてください。
2.【ミク時計】ブログパーツをダウンロードし、1.でインストールしたscreenletsと同じフォルダにコピーしてください。
特に何も設定等の変更がなければ、/homeの下に.screenletsフォルダがあり、その下に出来ているはずです。

例:
/home/xxx/.screenlets/MikuClock
※xxxはユーザー名

これでインストールは完了なので、Screenletsマネージャから起動してください。

基本、ブログパーツで可能な操作は全て可能なはずです。
普段は寝てますが、つつくと現在時刻を教えてくれます。
音符をクリックすると、なんだか歌うみたいです。

送信者 Blog

| | コメント (3) | トラックバック (0)

萌え☆彡OSに名前が出てる。orz

わたしもmocopixのマスコットになりたいわ

萌え☆彡OSのサイトに、ワタクシの名前が。orz
アクセスログみたら、萌え☆彡OSのサイトからくる人がいたから不思議に思ったら。
#u-bonさんの仕業か…。

最近、Ubuntu Blog Networkからのアクセスが非常に多いのですが。
ま、それはそれとして。
実は。
tminさんところから誘導されてくるのが、かなりの数あったりします。
いつもご紹介ありがとうございます。(笑)

その他、たまにtwitterとか、そういうので参照されている場合もあるようで。
何を呟かれているんだろう、と気になったり。(^^;
見えないのは、もう仕方ないので、好意的な評価であることを祈ってますけどね。

9.10特需が終わって、しばらくアクセス数も落ちてたんですが、昨日、今日増えているのは、あれですか、miKubuntuに期待されているひとが多いんですか?(爆)
なんか、そっちから流れてくる人、フルみっく伝染歌プレイヤーscreenletsのアクセス多いから。
なんか期待している人は、tminさんとこでコメントしましょう。(笑)
きっとなんかやってくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Project miKubuntu 第一弾!(笑)

初音ミクブログパーツ【フルみっく伝染歌プレーヤー】をScreenletsで使う: たわごと

てなわけで、tminさんが「じゃあProject Mikubuntuとかどうよ?」とか始めてしまったので、上記リンクで作成していたscreenlets版のフルみっく伝染歌プレーヤーがKDE環境だと表示がおかしい件を修正しました。

ま、シンプルにバグでした。(爆)
ええ、すべてワタクシの責任ですとも。

GNOMEでは何の問題もなく見えていたので、座標計算とか、サイズ計算とか適当にやっていたのが徒になりました。(爆)

これで、少なくとも表示は正しくなると思います。

NOWLOADINGが延々と続く件は、おそらくは元のフラッシュの問題じゃなかろうかとは思うんですが、こちらは参照しているだけなので、直せません。(^^;

てか、元が古いみたいだからなぁ。もしかしたら新しいのが出ているのかも知れません。

しってたら、そっちで作り直すので、誰か教えてください。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

Project Mikubuntu勃発!

じゃあProject Mikubuntuとかどうよ? - Winux/Lindows
あ、あれ?やるんですか。(^^;

んじゃ、なんかしないとならんなぁ。

わさびーさん、混ざりません?(笑)
#面倒なプログラムは若い力に頼ろうとするワタクシ。(爆)

まあ、ディストリビュートする所までは行かないと思うので、まずはScreenletsを追い込んでみますけど。
#著作権からむのは、公開できないからなぁ…。
Screenletsのは、単に参照しているだけだから問題無いとは思いますけど。
#作者からクレーム来たら、公開やめないと。(^^;

まあ、萌えOSに倣うなら、壁紙とフォント、サウンドってところなんですが、サウンドがねぇ。
なんかパクれるのがあれば、サウンドテーマにしてしまえば、それらしくなると思うんですがね。
たしか、あれはXMLで記述するんだったか。
ま、この辺も調べてなんとかするか。
#最悪、ツール書くことになりそうだけど。わさびーさんに依頼出してたんだけどなぁ…。

んじゃまあ、適当に。(笑)
---------- 追記 ----------
たぶん、ネタだと思うので、真面目に反応すると、アレかも知れません。(笑)
tminさんの真意は解りませんが。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賛同できるところもあり、賛同できないところもあり。(笑)

Windowsが取り入れるべきLinuxの美点10選 - IT業界を生き抜く秘密10箇条 - ZDNet Japan
へぇ、と思ったり。(笑)
まあ、ね。
rootユーザーって考え方は、Windowsにあってもいいかもね。
ログインするユーザーは、システムに触れないってのが基本ってのは、アリだと思います。
だから安全って論法は乱暴にしても、脅威は減るよね。

ログファイルに関しては、まあ、管理者が見れればいいのかな、と思いますけど。
あれ、と思ったのがcron。
Windowsにも標準でATコマンドがあって、cronみたいなことができたんじゃなかったかな、と。
スケジューラーだったかな?
Windows7とかではなくなったんですかね?
XPまではあったような…。
サーバ系OSと勘違いしている可能性もあります。(^^;

定期的なリリースサイクルは、果たして真似るべきなのかな、と思わないでもない。
結果、厳しいスケジュールになって、OSそのもの品質を落とす場合があることを、たぶん、筆者は解ってて触れてないと思うんだけど。
まあ、Ubuntuがよい例かな。(笑)

だからと言って、今のWindowsの3年は確かに長くて。
例えば、ドライバの提供とか、その手をリポジトリなんかの仕組みを使って提供するようになるなら、ハードウェアの進歩に合わせた機能の改修はせめて1年くらいで行って欲しい、ってのは本音ですね。
まあ、そうなると価格も今のままでは、当然納得されないので、年毎に、例えば5000円とか、そういう年次の契約になるような仕組みが必要になるかも知れません。
まあ、ライセンスに関しては、価格の見直しは、ぜひとも行って欲しいと思いますけど。

とまあ、こうして両者の機能の歩み寄りが行われれば、なるほど、OS間の差異はほとんどなくなって来て、できること、にも差がないし、それにまつわる操作性ってのも、差がなくなってくるのかもしれません。
まあ、どこまで行っても、細かな差は残ると思いますけど。
逆に、そういう細かな「手に馴染む感覚」ってのがOS選択の重要なファクターになるのかもしれませんね。
そこまで進化すれば、面白いとは思うんですけどねぇ。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮想環境でGoogle日本語入力を試す。

そういやってことで、仮想環境のWindowsでも、Google日本語入力を試してみることにしました。

何を試そうとしているかというと、単純に性能の落ちる仮想環境で、Google日本語入力の性能はどんなもんかな、というのを試そうかと。

で、今まさに、その状態でこれを書いてますけど。

案外落ちないもんですねぇ。

変換効率も悪くないのは当然として、こんだけウィンドウがちらちらとチラつくのに、表示周りにストレスがないのは、素晴らしいな、と。

もともとの性能がいいってこともあるんだと思うんですが。

それと、意外に、TABキーで変換ってのも感覚的に悪くないんですよ。

いや、意外。

やっぱりいいネ、コレ。(笑)

早いとこUbuntuにも来ないもんですかねぇ。

まだ、お試しになられていない方、ぜひ一度。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるといえばあるし、ないといえばない。

tminさんが、またなんか始めたみたいなんで。
ネタでも提供しようかと、デスクトップアクセサリとやらを探してみたんですが。

ええ、miKubuntuへの協力を強力に推し進めようかと。
壁紙とスキンだけでは寂しかろうと思いましてね。
まあ、可能なら移植も視野に入れてなんかしようかと思ったんですが。

面倒なので諦めました。(爆)

で、調べた結果。

MaCoPiXというのと、ninix-ayaという2種を発見。
どちらも、不思議な事にリポジトリに入ってます。
$sudo aptitude install macopix-gtk2
$sudo aptitude install ninix-aya
$sudo aptitude install kawari8

とすることでインストール可能です。

MaCoPiXの方は、そのまま起動で、右クリックからキャラクタを選択するようです。
ninixの方が、ちと設定があって、Viva!Ubuntuさんで、解説されていました。
#u-bonさん、昔からこの路線が得意だったのね。(^^;
解説の通りにインストールすると動きますが、一点注意。
ninix-balloon-v13.zipのリンク先が移転しているようで、検索しないと落とせませんでした。
ググればすぐに見つかります。

で、これで初音ミクのスキンを探せばよさそうなもんなんですが。
著作権の壁があるらしく。(笑)
ほとんど公開されていません。

まあ、この辺、公開されてるデータから、なんとか捏造することも可能だとは思うのですが、苦労して作っても、公開不可では無意味なので、諦めた次第です。(爆)
#本当は「面倒だったから」というのは秘密だ。

というわけで、とりあえず、両者を動かした画面スナップだけ、記載しておきます。
正直、常用する気にはまったくなりません。(爆)
まあ、画面は華やかになるのかも知れませんが、一種虚しい気分になるのも事実ではないかと思います。
ninixの方は、技術的にはちと面白いというか、いわゆる人工無能の流れを汲むモノなので、一度は動かしてみることをお勧めしたりしますが、まあ、常用できるという強者は常用してもいいでしょう。

ワタクシとしては、MaCoPiXの方が、より煩わしいです。(爆)
端末の上に座ってる彼女がMaCoPiX、画面中央の猫(っぽいもの)と左側のメイドさんが、ninixですな。
解り難いかも知れませんが。

送信者 Blog

| | コメント (3) | トラックバック (0)

グラフのOSは全部使ったことあるな。

使ったことのあるOSは?:そこが知りたいアンケート

松本さんからのネタ。
確かに、回答者の声が興味深い。

まあ、チョイスが編者なんだろうから、なんか恣意的なモノは感じるけど。(笑)
求められているのは、シンプルで解りやすいOSってことなんだけど。

本当か、お前ら。(笑)
本当に、本気でそう思ってるのか?

シンプルは、嘘だろ。
求めているのは「多機能だけど、やりたいことを実現するのに『シンプルな手順』で『解りやすい』OS」だろ。

シンプルで解りやすいOSってぇと、ワタクシなんぞは、ChromeOSのような、「機能がシンプル」で「(結果として)解りやすいOS」をイメージしてしまうけど。

求められているのって、たぶん、違うよね。違うだろ。
シンプルなOSってグラフのOSだとMS-DOSとかシンプルだけど、イマサラMS-DOSを使いたいんですか?
もう、操作も簡単でですよ。
コマンドプロンプトから、コマンドを入力するだけ。それ以外の操作はありませんから。
シンプルですよねぇ。
#もちろん、できることもシンプルですよ。(笑)
もう、誰もこんなの求めてないでしょ。

たぶん、シンプルで解りやすいOSとか、そういうので求められているのって、極論すれば「自分のやりたいことをコンピューターが勝手に読み取ってくれて、マウスのボタンをクリックするだけで実現できる」OSでしょ。

ないよ。ないな。

低価格で安定したOS。
MS-DOSは、低価格だったし、少なくとも今のWindowsなんかよりずっと安定してましたよ。OSとしては。
#機能が貧弱だから、OSレベルで落ちることがほとんどない。

違うだろ、これも。
「できることは今と全然変わらないか、むしろ多機能で『低価格で安定した』OS」が欲しいんでしょ。
無茶言うな。
普通に考えれば、技術が枯れて無価値(出来て当然の意)になるまでは、機能が増えれば価格に跳ね返るし、新規の機能なんて技術が枯れるまでは安定なんてしないよ。
寝言は寝ていえ。

サポート期間を長くして欲しい。
長くしてどうすんの?
例えば10年サポートしますよ、っていえば、何が満足なの?
「お金を払ってバージョンアップしたくないから新しい機械を買っても今までの機械同様にきちんと動作するように『サポート期間を長くして』欲しい」
んだよね、きっと。
例えばXPはSP2で新機能の盛り込みと、新規ハードウェア対応を一応「無償で」MSが行ったけど、それをいつまでもやって欲しいって言ってるんでしょ?
もう、Ubuntu使えよ。(爆)

新しいOSになることで何がどうよくなるか、解りやすく説明してほしい。
だから、説明するとどうなるの?
説明されると何が嬉しいわけ?
っていうから、そういうのが知りたいなら、ホワイトペーパー読むとか、MSサイトの新機能の説明読もうよ。
MSのサイトの説明は丁寧で解りやすいよ?
それが解り難いって言われちゃうと、たぶん、どんな風に説明しても、OSの機能の説明なんて無理だよ。
「わたしが解らないところは、懇切丁寧に手取り足取り教えてくれるひとを専門につけてもらって『新しいOSになることで何がどうよくなるか、解りやすく説明してほしい。』」
んだよね。
無理だよ。
そういうのは、PCに詳しい彼氏にしてもらってくれよ。
てか。ぶっちゃけ、OSの新機能なんて、説明してもらえないと使えないような新機能なら使わないって。
もう、間違いなく。
そんな深いところにある新機能なんて無視してOK。
知らないまま使ってても、確実に恩恵受けているから。あとから、どうしても仕組みを知りたくなったら、知識をつけて出直せばいいでしょ。
表面的に、ここが便利になります、なんて説明されたって解らないから。
説明されて解らない機能は、使えないし。
そんなの便利じゃないでしょ。

#途中からエントリの方針が変わってしまいましたが。

まあ、多種多様なOS使ってみれば、それなりにOSの違いが解るかもしれませんが。
それ以上に、OSを意識しなければならないことが、どんだけバカらしいことか、これらの回答を見るだけで解りますよねぇ。

まあ、言ってしまえば。
OSなんて、意識されるもんじゃないので、本来なら、どんなOS使っても同様の操作で同様の結果が得られないとおかしいんですね。
そういう観点ではPCというもの、OSというものが、まだ発展途上なのかも知れません。
まあ、そんな中でも、自分の手にぴったり合うのはどれか、模索することはユーザーの権利としてあってもいいんでしょうね。
今のところ、MSのプリインストールの存在が、そんなユーザーの権利を奪っているような気がしてなりません。
ま、だからこそのUbuntuのバグ#1なんでしょうけど。


とまあ、もしかしたら期待された結果とは違うかも知れませんが、こんなところで如何でしょうか。(笑)>松本さん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またFFベンチが動かなくなった。orz

この前、wineが新しくなったんですが、結果、またFFベンチが動作しなくなりました。orz
もう、何が何やら。
設定がバージョンによって異なるのかも知れません。

で、昨晩は、その辺で格闘していたんですが。

結果、こんなサイトを見つけました。

レジストリ設定でwine上のDirect3Dの細かな設定を行えるようです。
"DirectDrawRenderer"="opengl"
とすることで、ゆめりあベンチは、若干ですが数値の向上が見られました。
#58000→60000
なので、FFベンチでも試したいと思ったんですが~。
動きません。
これは、設定いじっても動かず。
なんかDLL関連でセットアップ不足があるのかも。
泣ける。

また、たいむりーぷブートベンチですが。
"OffscreenRenderingMode"="pbuffer"
とすることで、起動までは漕ぎ着けます。
が。
肝心の3D画面がでねぇ。orz
それ以外は、普通にテキストも表示されますし、メニューなんかも出ます。
歌も流れますしね。
んでも、画面が黒いor白い。orz

動いたとは言えませんねぇ。

とまあ、設定変更することで、動くようになるものもあったんですが、基本は従来動いていたものは動くが、それ以外は相変わらずってところです。
FFベンチが動かなくなったのは泣ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacOSに先越されそうですねぇ。(笑)

ネットジャパン、WindowsゲームをインテルMac上で動作させる「CrossOver Games 8」 - SourceForge.JP Magazine

ネットジャパン、WindowsゲームをインテルMac上で動作させる「CrossOver Games 8」

こんなの出たんじゃ、Macに流れるひとも出てくるかもね。(^^;
まあ、オープンソースじゃないところがあるいは、ってところはあるけど。
MacOSがかなりいいんだとすれば、Windowsから流れるユーザーが出ても不思議はないわけで、そうすると、ネックになるのは例によってゲームだから、この手があるなら移行をためらわないユーザーもいるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一方でこんな記事もあるようで。

2009年に出荷されたネットブックの3分の1がGNU/Linuxを搭載--米調査 - Editor’s FYI - ZDNet Japan

別の統計では、Dellの通販を勘定してなかったとか。
Dellのネットブックの出荷は、Linux搭載が1/3を占める、と記事中にありました。

まあ、これ、以前に松本さんが指摘してたように、OSライセンスをすでに持っているユーザーが、XP Homeではなく、Professinalを使いたいので、安価なUbuntu搭載のネットブックを購入し、XPに載せ替えている場合も、多々ある、らしい、との話もあり。

出荷数、すなわち稼働数ってこともないんだろうな、と思います。
その前のエントリ「年末だからか?」の元記事の方で参照しているグラフは、稼働数を現しているので、まあ、こっちの数字、すなわち1%程度って方が、リアルな数字なんでしょうね。

とはいえ。
数字として出荷数があれば、数字のマジックで、一般ユーザーは、Linuxって普及しつつあるのかな、と興味を持つ可能性もあり。
そうなれば、いずれは、Ubuntuを潰してXPに載せ替えるとしても、その前にちょっと触ってみよう、とか思う人も増えてくるのかも知れません。

いずれにせよ、「Ubuntuに触る」機会が、これまでは圧倒的に少なかったのが、Dellのおかげで、ネットブックとは言え、触れることができる機会が増えたのは、Ubuntuユーザーにとっては喜ばしいことではないかな、と思います。

まあ、ね、それがそのまま普及の足がかりになるとは思いませんけど。
来年は、例えば、0.5%くらい伸びるといいよね。(笑)

| | コメント (43) | トラックバック (0)

期待が高まりますなぁ。

Google日本語入力の謎が解けた - いくやの斬鉄日記

という記事が。
iBus-Googleとかできれば、ChromeOS日本語版がリリース後にはLinuxでも使えるようになる可能性が大ってことですよね。
うう、早くリリースされないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末だからか?

Linuxデスクトップは市場に受け入れられていない--その現実を直視してみる - builder by ZDNet Japan

某掲示板を見てたら、こんな記事が紹介されていて。
まあ、そうかも知れないねぇ、なんて思いながら。(笑)

1%もあるだけ、たいしたもんだと思うんですが。
それと。MacOS Xってそんなによいんですかね?
ちょっとだけ使ってみたくなりました。(笑)
#ま、そんな金ないけどな。

別に、記事中でも書かれているけど、Linuxがダメなわけじゃないんでしょ。
単にマーケティングの問題と、責任の持ってき先の問題だけで。
これ、企業をおもにターゲットとした場合が書かれてるけど、企業がLinuxをデスクトップOSとして導入することは、この先もないと思うんですよね、ワタクシ的に。

まあ、なんかの間違いでWindowsが終焉を迎えれば解りませんが。この先数年はないでしょ。

理由としては、少なくともハードメーカーがプリインストールモデルとしてLinuxをサポートしてないってのが大きいし。
IT部門が導入したPC一台一台にOSインストールなんて有り得ないから。
そんなことやってたら大量導入なんてできないし。
企業に浸透することがあるとしたら、メーカーがプリインストール始めたら、だろうねぇ。
#ま、しばらく先でしょ。

なので、来年はLinuxの年になる、とかUbuntuの年になる、なんてことは思わないんですけど。

個人ユーザーのメリットも、たぶん、ほとんどない。
少しはあると思うけど、そのメリットと、かかる手間とかのデメリットを比較すると、やっぱり、デメリットの方が大きいと思うんですよね。
趣味じゃなきゃ使わないと思うんですよ。
まあ、自作とかやってて、OSのライセンスもバカにならないので、ワタクシなんぞは、Ubuntuのおかげで大変助かっていますが。(爆)

例えば。
Ubuntuが有料だとすると、そしてWindowsとの価格差が5000円だったとすると、たぶんワタクシはWindowsを選択していると思います。
何度もバージョンアップに費用がかかるのがバカらしくてLinuxに移ってきたので。
基本的に、初期費用が抑えられること、運用管理の手間は趣味の範囲だから自分の中では許せること。
これらがあるのでワタクシはコスト面も含めてUbuntuを選択しているのです。
これらの観点で考えた場合、現時点のUbuntuを企業が採用することは、まずない、と思います。
それは元記事の指摘する通りでもあり、IT部門が自身の責任においてLinuxを採用することはないと思うんですよね。
#てか、ワタクシが担当なら、まず採用しない。(爆)

安定性とか、互換性とか、セキュアであるとか、そんな問題じゃないんですよ。
単に責任の持ってき先があるかどうか、ってところが重要で。

なので、個人で導入する場合、そこがあまり問題にならない。
どこまで行っても、トラブるのは自分だし、責任も自分で追わなくてはならないし。
それなら、初期費用がかからないLinuxでもいいんじゃね?ってことになるわけで。
個人でMSに文句言おうと思うと、結構な額を支払って有料サポート受けることになるしね。
#ま、その前に購入ハードのメーカーか。

まあ、世界的にUbuntuやLinuxがデスクトップを席巻することはない、と今のところは思いますが、それでも5年前よりは、あるいは10年前よりは、確実にLinuxの知名度は上がってますし、モノも良くなってます。
シェアが上がらないことを、元記事では触れていますが、逆を言えば、下がってもいないんです。
なので、爆発的に普及することはないかも知れませんが、じわじわ~っと普及することはあるかも知れませんよ?
特になんらかのキラーアプリの登場によって。
#地デジとかな。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

ケーブルが傷んでいたらしい。orz

なんか、例によってSTATのリムーバブルケースが不調だったんですが。
チェックして見たところ、不調なドライブ側のSATAケーブルに不審な圧迫痕が。
なんか、ケースの蓋か何かで挟んだような痕。
これ、内部で断線しているんじゃないかな、と思われたので、新品ケーブル買ってきました。

交換してみたら、今までの不調が嘘のように。orz
断線ですか。
どうりで、ケーブルいじると認識したりするはずだよなぁ。
まさか、PCの内部ケーブルで断線なんて。
今まで経験なかったから気がつきませんでした。
不調なドライブがあったら、ケーブルチェックを忘れずに、ってところでしょうかね。

ついでに。
適当にネジ止めしていた2.5インチSSD用に、3.5インチ変換アダプタを買ってきて、きちんとマウント。
まあ、適当なネジ止めでも、SSD自体駆動するところないし、そもそも軽量なので、問題はないといえばないんですけど、一応、ね。

というわけで、今度こそ、これで完成、かな。
#蓋開けるとき、いちいち上のもの(ガンプラとか)移動しないとならないから面倒なんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Chromeも拡張機能が使えるようになりましたね。

グーグル、MacおよびLinux対応「Google Chrome」ベータ版をリリース - インターネット - ZDNet Japan

というわけで、Chromeでも拡張機能が使えるようになったみたい。
ざっと見てみましたが、まだ海のものとも山のものともつかないのが多いので、ぼちぼちと紹介記事なんかを探しながら、有用なのを入れていこうかな、と。

今のところブックマーク共有をしたいので、XmarksとAdblockだけ入れてます。
ただAdblockの設定が使用できないので、効いているかどうかは微妙。(^^;
日本対応のを入れたいんですけどね。

ま、この辺ももう少しすれば、どれが有用なのか、情報が出てくるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いや、ワープロ関係ないし。

ASCII.jp:萌え☆彡OSで日本を征服するにはエロいワープロだぞ!

萌え☆彡OSで日本を征服するにはエロいワープロだぞ!


頑張ってはいるようで。(笑)
tminさんとこでも紹介されてたみたいですが。
売るんでしょうねぇ。
問題は2000円の価値をどこに見出すか、なんですが、例えばジャケットとか、綺麗に盤面印刷されたDVDとか、その辺に魅力を感じるなら、まあ、アリかも知れません。

んでも、これ、中身は完全にUbuntuでしょ?
LiveDVDとして使う場合、入ってるアプリが少し多い、ってだけですよね。
なんかの用途に特化しているわけでもなく、まあ、いわゆるネタに2000円かぁとも思うワケですが。

正直、これ、発売するとは思ってませんでした。(^^;
なんつぅか、Ubuntuマガジンの一貫で、シャレで作って配布するもんだと。
元記事で、コストが赤字とかなってましたけど、そらそうでしょ。
人件費まで考えたら、OSのディストリビューションなんて、無料配布なんてやってらんないでしょ。
そこを無償配布とかしているから、Linuxディストリビューションってスゴい、と思えるし、言えるわけで。

一方で、無償だから我慢できることも多いわけですよ。
#まあ、ディストリビューター側がそれを言い訳にしちゃいけませんけどね。

「販売」しちゃったら、その「代価」分のものを要求されると思うんですよね。
まあ、壁紙やら、ジャケットにそれだけの価値があると認めるなら、中身はどうでもいいわけでしょうけど。
サポートも含め「2000円」払った価値を要求されちゃうんじゃないかな、と思うんだけど、そういう意識でやってるんですよね、これ。
まあねぇ。OSのサポートは2000円では買えないから、そこのところは理解してくれる「大人」が多いとは思いますけどね。
無償配布なら、仮想環境で試そうかとも思いましたけど、有償なら、まあいらんかなぁ。(^^;
だってこれ、Ubuntuなんでしょ?

先にも書きましたけど、例えば、これがwineがきちんとセットアップされていて、まあ環境依存はあっても、この環境なら「たいむりーぷブートベンチ」が動作しますよ、とか、ある意味、「エロゲ」セットアップがなされたディストリビューションです、ってんなら買うかも知れません。(爆)

素のままのUbuntuにテーマだけ適用したような、軟弱なものなら、Ubuntuで充分ってことです。
壁紙とテーマ、サウンド、フォント等突っ込んで、はい「萌OS」です、とか言われてもね。
ディストリビュートするなら、それなりのポイントを押さえて欲しいもんだと思いますね。

一応、アスキーの看板背負ってやってるんでしょうし、時間がないからって理由でお手軽なもんにして欲しくなかったなぁ、というのが印象。
とはいえ。
インストールされているアプリケーション群は、一応、ポリシー持ってる感じはするのかな。
動画関連を強烈に推し進めるラインナップになってるし。
#んでもmplayer系がなかったような。一応、チョイスしたのかね。VLCは入ってたかな。
ま、ワタクシの環境にインストールされているのも似たようなもんです。(笑)

まあ、どうなるもんかは解りませんが、もう少し(生)暖かい目で見守ろうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まあ、言えてるかもしれません。

Ubuntuは変わってしまった - 記者の眼:ITpro

cametanさんから、ネタ投下。

一読して思ったのが、なるほどな、って印象。
LTSの情報が少ない、ってのは納得。
一方で、新機能を詰め込みすぎ、ってのは、まあ、そうなのかも知れないけど、じゃあ、どのタイミングで新機能を入れればいいんだろう、と思ったのも事実。

まあ、これ、タイミング的な話で難しいところもあるんだけど。
アップグレードがバージョンを飛ばせないのが、ひとつ、問題点かな、と思った次第。
例えば。
x.10は、新機能を試す意欲的なバージョンですよ、と、銘打って入れば、安全な道をたどりたいひとは、それを入れることはないわけで。
一方で。

LTSは、安定版なわけだけど、あまりにアプリの対応が悪すぎる、と。
例えば、LTSでも、カーネルと、ポイントとなるアプリは、現行バージョンと同じバージョンが提供されますよ、となれば、LTSユーザーも増えると思うんですよね。
カーネルの新バージョン対応、あるいはドライバのバックポートは、新ハードに対応するために必要だし、新規にインストールするユーザーが、LTSを選択できないのも悲しいと思うんですよ。
まずは互換モードで動作するけど、アップデートして、バックポートされたカーネルを使えば、きちんと動作しますよ、という保証は欲しいよね、と思うんです。
同様に、OOoとFireFoxは、できる限り最新版を使いたい。
これはセキュリティ的な側面も大きいし、何より、Flashを含めた、最新Web環境ってのは、年々重くなってるわけで、高速化された最新ブラウザが使いたくなるわけですよ。
その他、GIMPや、オーディオプレイヤーなど、小物はともかく、よく使われるであろう、アプリは、バックポートして貰いたいな、と。
そうすれば、デスクトップのLTSとしての意味もあると思うし、結構使う人も増えるんじゃないかな、と思うわけで。
今のままのLTSだと、さて、なんのためのデスクトップ向けのLTSなのだろう、なんて思うひともいるんじゃないのかな、と。
まあ、アプリのバックポートは、PPAでもいいかも知れません。
でも、その代わり、きちんとLTSをサポートして欲しい。
そうじゃないと、LTSを使う人も増えないだろうし。

不安定版があってもいいと思うんですね。
そう銘打って入れば。そして、その前のバージョンから、次のLTSへアップグレードできれば。
これは不安定版なので、人柱erだけが入れてよね、と言えばいいんじゃないかと思うんですよ。
そんで、不安定だ、って文句言う方が問題あるよね、という形に宣言してしまえばいい。
暗黙の了解的に「LTSの直前版は人柱版だ」となっているから、文句を言われる。

半年ごとのリリースは大変だし、時には不安定さを残したままリリースされる場合もあると思います。
特にカーネルなんかも、その時の最新を入れているわけだし。
まあ、Ubuntuを使う人の多くは、「最新のLinux」を求めてないんだとは思うんですよね。
そういうひとはFedoraを使うんでしょうし。

たぶん、求められているのは、記事通りの「誰もが使い易いLinux」なんだと思います。
んでも。
その「誰もが使い易い」を求めるためには、市場テストも必要なんだろうな、と思うわけです。
ただ、それを安定版でやられるから、文句が出るんでしょ、と思うんです。
なら、最初から断りをつければいいんじゃん?と思うんですけどねぇ。

ま、確かに、9.10の評判はひどいもんです。(笑)
ワタクシも、それなりに地雷を踏みましたし。(^^;

んでも、やっぱりよくなってる点も多いんですよ。
起動の高速化は、一度9.10に慣れてから、9.04を起動してみるとよく解ります。
もう全然違いますしね。
大きく変更のあった場合には、問題が残るのも、不安定さが出るのもある程度は仕方のないことなんだと思うんですね。

なので、文句がこないように、LTSに関して、もう少し手厚くできないのか、ってのと、情報をもっと出そうよ、ってこの記事の主旨には賛同できるかな、とそう思いました。

まあ、なんとなく、ですけど、次の10.04は、かなりよいものになるんじゃあないのかな、と勝手に思っています。(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ごめん、ダメだわ。〜すっかりUbuntuなワタクシ〜

Google日本語入力を使いたくて、アスワンをXP化しようとしてました。
っても、まあHDDにはXPが残っているので、SSDとHDDを換装しようとしただけなんですが。
ついでにMBRもWindowsのものに戻して。

で、WindowsUpdateもかけないとなぁ、とか、ウィルスチェッカも更新しないと、とか色々考えてたんですが。
遅い。orz
なんつぅか、何をするのにもいちいち遅い。
XPってこんなんだっけ?って感じ。
ウィルスチェッカも入ってるし、Googleガジェットも起動しているし、ってところで、余計なもんもたくさん入ってるのは事実なんですが。
たぶん、XPからだと思うんですが、サービスの類が起動完了する前に、GUIだけは操作可能にして、見掛け上の起動速度を上げてるんですよね。
なので、操作は可能になっても、いつまでもHDDアクセスが続くんですよ。
並列処理やってて立派って話はないでもないんですが、結果として重い。orz
まずは、その辺の初期化が完了する前には、まともな操作ができないと思って間違いないんですよ。
で、その状態で考えると、遅い。
もう重いし、遅いし。
よくもまあ、みんなこんな状態で使ってるなぁ、って感じ。
ネットブック全般、性能的には大差ないはずなので、ほとんどのひとがこれで満足しているってことでしょ?
ワタクシ的にはないな。ないよ。
遅すぎだよ、XP。

それと比較して。
Ubuntu、軽いわ。
9.10になって、なおさら起動とか早くなってるから、その差が目につくんだと思うんです。
HDDに入ってた9.04も、あれ、こんなだっけかな、ってくらい起動遅かったし。
慣れてくると解らないんですよね。
で、速い環境から、遅い環境に移ると、これが覿面に体感できるという。(笑)

体感的に、XP<9.04<9.10ですね、起動速度は。
全然違うと言っていいと思います。

まあ、完全に起動してからの操作感は、たぶん、そこまで差がないんだと思うんですが。
手軽に使いたいネットブックってことを考えると、起動性能は重要で。

まあ、サスペンドすればいいんじゃん?って意見もあるかも知れませんが。
出勤時の電車で使って、次は夜まで使わないんです。バッテリーの持ちを考えると、やっぱり電源落としておきたいところじゃあないですか。
起動が高速なら、再起動も気にならないんですよ。

ま、この辺、ChromeOSあたりも考え方は同じかも。

というわけで。
ちょっと我慢して、XP環境でGoogle日本語入力を使おうと思いましたけど。
諦めました。(笑)

ダメ。XPじゃもう我慢できないわ。
まだ、Anthyに我慢してた方がマシ。(爆)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

wineの新しいのがきたけど。

たいむりーぷブートベンチは動作せず。orz
もしかして、と思ってCompizを切ってみたけど、やっぱりNG。
どうしようもねぇ。

劇的な変化がないと、厳しいのかもしれないなぁ。

なんか設定あるんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これで完成、かな。

箱のケースファンをようやくファンコントローラーに結線。
背面のファンはPWMファンに変更したので、マザーボードから制御するけど、結局取り付けた上面のファンは、3段階にしかコントロールできない上に、スイッチがケースの中。
なので、全面に取り付けたファンコントローラーから、制御可能なように結線を。
組み立てたときには、変換コネクタが不足して出来なかったんですよね。(^^;

これで、季節毎に回転数を制御可能になるので、まあ、冬の間は、若干静かにできるかな。

ケース交換によるエアフローの変化により、CPU温度は劇的に下がりました。
たぶん、5度くらい下がった感じ。
GPUも8度くらい下がったし。
ケース内の余裕って大事なのね、ってことですかねぇ。

ふぅ。
それから。
Google日本語入力、って名前だったんですね。(^^;
「入力」を見落としてまして。つい先日まで、「Google日本語」って名前のIMEだと思ってました。(爆)

まあ、次からは正しく記載しますかね。

しかし。
学習結果が破棄されないのかも知れないんですが、なかなかAnthyは難しい。(笑)
早いとこ、Google日本語入力がLinuxで使えるようにならないもんですかねぇ。

wimeというプロジェクトで、ATOKのWindows版をLinuxで使えるようにするプロジェクトがあるみたいですが、これがGoogle日本語入力にも対応してくれると、ちょっと面白いことになりそうな気がします。
ま、今後オープンソース化する可能性もあるようだし、そうなると、もしかしたら…。

って思ったけど、オープンソース化したら、たぶん、そのままLinuxで動くようになるよな、きっと。

いずれにせよ、今後に期待か。
待つしかないんでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ChromeOSを実機で試す。

先日仮想環境で試したChromeOSですが、本日、USBにイメージを展開して、実機で試してみました。

手順は簡単で、先日作成したイメージを仮想環境にする際のコマンド、image_to_vmwareの代わりにimage_to_usbを使用します。
--fromはvmwareと同じ、--toオプションには、USBデバイス名を指定します。

image_to_usbe --from=src/build/image/hoge/ --to=/dev/sdb

てな感じになりますかね。
#むろん、イメージファイルのパスとUSBストレージのデバイス名は自環境に読み替える必要があります。

で、ちょっとだけ試してみました。
#メインマシンで。

起動は高速ですが、おそらくUSBメモリのため、若干は速度が落ちているんじゃないかと思います。
これなら、仮想環境の方が早く起動するかも。(^^;
#AHCI BIOSとかなければねぇ。

まあ、それでも普通にWindowsとかUbuntu起動するよりは速いかも。
#感覚値なんで、なんともいえないけどねぇ。

起動すれば、画面が広い分、普通に使えるのは、まあ先日も書いたところ。
日本語の入力は出来ませんが、日本語の表示は行えますし、YouTubeも困らない程度には再生されていました。
ただ、YouTubeに関しては、ドライバの問題があるのか、Ubuntuで再生した場合と比較すると、性能的な劣化がありそうです。
これ、そもそもどんなドライバが組み込まれているか解らないので、なんともいえない話なんですけどね。

普通に、直接ブラウザが起動するので、ブラウザだけでルーチンが行えるひとなら、なんも困りません。(笑)
ワタクシのサブマシンのOSとしてなら充分ありですかね。
まあ、そんでもマンガ読んだり、動画見たりってのは、従来の環境には一歩譲るんじゃないんでしょうか。
そもそもアプリのインストールが可能かどうかも、現時点では解りませんし。

アーキテクチャのレイヤから考えると、出来ても不思議はなさそうです。
その場合は、左上のメニューに追加になるんだと思うんですが。
この辺は想像するしかないですかね。

ChromeOSの場合、完全なクラウドとも言い難いのかな、と思ったり。
基本、OSはブラウザを起動して、ブラウザの中で各種サービスを実行するわけで、ものすごい性能は不要ですが、それでもクライアント性能に依存するところは残るわけです。
さきのFlash再生とかですね。
#もしかしたら、と思う部分もありますが。おそらくはクライアント再生でしょう。
ネットブック程度のスペックでは、もたつくことも十分に考えられます。
それと、ドライバのチューニングにも、疑問が残ります。
Googleがハードと一緒に配布、としているのもここが理由かな、と。
多種多様のハードに適応するための下地はなくて、基本、ハード決め打ちだから高速起動が可能なのではないか、と思うんですよ。
ドライバは決まったものだけ組み込んである、そういうイメージですかね。
なので、デスクトップには向かないし、まあ、ギリギリノートPC、やっぱりネットブック系に合うんだろうな、と。
現時点ではLinuxカーネル使ってるし、そういう意味では多種多様なドライバをカーネルに組み込んでるんだと思うんですが、グラフィックまわりをXに依存していると、そこでも多種多様なドライバが必要になり。
ドライバ選択で、若干に起動レスポンスの低下を招く可能性があるのかな、とかね。
まあ、この辺は、実際に本物が出てくれば明かになるんでしょうけど。

使い方、そういう構成から考えると、例えばWindowsのライバルではあるのかも知れませんが、デスクトップLinuxとはライバルになり得ないのかな、とそう思います。
Windowsのライバルっていうのも、機能とかそういう点ではなく、「プリインストールされているOS」という点に於てのみ、という気がするんですね。
デスクトップOSは、相変わらずWindowsでしょ、と。
ノートPCとか、ネットブック、スマートフォン、あるいはスマートブックといった、携帯端末、および、それにまつわる情報端末としての側面が強いハードウェアへの組み込みがマッチするような気がします。
#クラウドであることも含め。

基本的に、ChromeOSを起動すれば、メインマシンで日常的に使用しているGoogle関連のサービスはそのまま設定を生かしたままで使用可能です。
#そもそも、アカウントをそれで使ってるんだから、それは当然。
メールの共有、ドキュメントの共有ってのは、完全にサーバ側で管理されているのでそれでOK、見たいときに、見たい場所で見れますよ、と。
ドキュメントの編集は、例えばデスクトップPCのUbuntuなりWindowsから行って、予定の確認とか、あるいはプレゼンテーションを情報端末で行う、そんな運用が可能になりますよね。

なので、従来のOSと併用して使うのが、今時点では旨味かも、と思います。
結構ね、この前USB-UbuntuをホテルのPCで使ったんですが、普段の設定じゃないGoogleとか、ログインアカウントを覚えてないので、ニコニコ動画が見れない、とか、ブラウザの設定が共有されてないと困る場面があったんですよ。
なので、そういう場面では、ChromeOSなら、管理は全てサーバで行われているので、どの端末からでも、それらの状態が代わることはないわけで。
まさにクラウドの恩恵だと思いますが、それが可能になるんですね。

今、例えば今後一年は、インフラの都合も含め、これが主流、主力になることはないと思うんですが、クライアントPCの小型化と、インフラ整備が進んで、もう少し自由にクライアントにアプリケーションを置けるようになると、デスクトップPCでもChromeOSなんてこともありうるかも知れません。
便利は便利なんです。
ただ、できることの幅が、今は狭い。
今後どうなるのかは解りませんが、今はまだ、単に見守る時期、ではないかな、と思いますね。

実機で使用してみて、なおさら思います。
サブマシンなら困らないかも、でも、だからと言って、積極的にChromeOSを今から使用する意味も、たぶんありませんね。
ブラウザで、例えばXmarksなんかで共有していれば、それで同じような事は可能なので。

それと。
GoogleDocsでドキュメント見てたら固まりました。(笑)
まだ、環境によっては、動作が不安定なこともあるようです。

まずは、半年様子を見る、って感じですかねぇ。

それよりも。
Google日本語を早く!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ChromeOSを試す。

Chromium OSをビルドしてVirtualBoxで実行する方法

松本さんからのネタ。元はcametanさんからだったかな。

いろいろとマヌケな手違いをやって、午後から始めて、先ほど環境が完成。(^^;
それというのも、この手順、i386環境が前提になっており、amd64環境では実行できないんですね。
なので、もともとクロスコンパイル用に用意していた環境に、ChromeOS用のビルド環境を構築して、チャレンジしました。
手順その物は、上記リンク記事通りに「間違いなく」やれば、VMイメージが作成できます。
ポイントは「間違いなく」手順通りにやること。
特にコマンド実行には、かなり時間がかかる上、最後にならないと間違っていることに気がつかなかったりするので、なんどもコマンドを確かめるなり、コピペするなりして確実に手順通りに実行する必要があります。
ワタクシは、ブラウザイメージとやらのダウンロード時、コピーするファイル名を間違えていて、なんども繰り返しビルドを行っていたため、無駄に時間を費やしました。
#おそらく4時間は捨てている。orz

ビルドにかなりの時間がかかりますが、いまどきのCore2マシンなら、1時間程度でビルドできるのではないかと思います。
ワタクシの仮想環境だと、ビルドに2時間弱かかってしまいました。
結構シャレにならないことになるので、Atomでのビルドは止めといた方がいいと思います。(笑)
#以前カーネルビルドに4時間かかったことがある。Atomをナメてました。orz

で、完成したVMイメージをマウントして、VirtualBoxで起動するわけですが。

起動は、ものすごく速いです。
これ、実機なら3秒とか、そんな次元で起動するんじゃないのかな。
終了も一瞬。
まあ、実際には、ネットにつなぐためのログイン画面と、最低限のカーネル機能しか持ってないはずなんで、起動が速いのも頷けるんですけどね。
ちなみに、VirtualBoxでは、GuestAdditionsのインストールが出来ないので、解像度が800x600になります。
なので、画面は狭いかな。
この辺、実機で試せば何の問題もないのかも知れませんけど。
USBイメージ作って、USBメモリで試すと、より実機イメージになるでしょうか。
まあ、今のところそこまでして使うつもりがないのでアレですけど。
#Google日本語が動くようになったら考えるけど。

機能は、もうあちこちで紹介済みなので、今更触れるようなもんでもないんですが。
まあ、普通にブラウザでGoogleのサービスにアクセスするのと何ら違いはない感じですかね。
仮想環境なんで、性能の差はあるかも知れませんが、レスポンスその物は悪くないと思います。
試したければ、Chrome使えば、大体そんな性能になるんだと思います。
他にもいくつかサービス登録されていましたけど、チェスとか出来ないし。(笑)

正直、今の時点では、これをメインにするのはナンセンスかな、と思います。
でも、サブマシンがこれってのは変じゃないかも、とも思います。
まあ、サブマシンで何するのって話かと思いますが、ワタクシの場合にはアスワンがその位置にいますので、基本ネット、になりますかね。
その程度の用途であれば、十分使えそうな感じはします。
それにクラウドっても、ブラウザ上で動いているサービスなので、従来から使ってたようなものでもあるし、違和感はありませんよね。

10年先は解りませんが、近い将来、この方式が主流になるのはないかな、とは思います。
むしろ、携帯とネットブックの間のネット端末とかに導入されて、タッチパネルなんかと併用すると違和感なく使えるOSなのかなぁ、なんて思いました。

今後の拡張に期待、って感じですねぇ。

ちなみに。
操作感とか、全然違和感ありませんよ。
普通にタブブラウザなので。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

びすたんフェニックス

びすたん、復活です。
不死鳥のように蘇りました。

化物語風のタイトルなら、「びすたんフェニックス」です。
#怪異ではありませんが。

先のエントリでも書きましたが、DVDから機能で修復可能でした。
こういう部分はUbuntuはWindowsに一歩譲る感じでしょうか。
まあ、それだけトラブルも多いって証拠ではあるような気がします。

びすたんトラブルを機に、HDD構成を見直しまして、ALL Ext4構成としました。
Windows起動時は、従来のVista HDDをリムーバブルとして接続し、そこから起動って感じです。
年に何度もないので、まあ、それはそれでOKかな、と。

今回、トラブルになったのは、そのリムーバブル用のオプションで。(笑)
これを買った。で書いてる5インチベイに、3.5インチHDDと2.5インチHDDを増設可能なリムーバブルケースなんですが。
ちと電源ケーブルの構成を見直した際、ケーブル形状のためかl、接触不良が発生し。orz
結果、なかなかドライブを認識しない、認識してもエラー発生で読めない、なんてことが頻発し、加えてびすたんトラブルのため、なかなか難儀しました。(^^;

まあ、HDDが死んだわけではなかったので、それだけが救いでしょうか。
#というか、時間持ってかれた以外では実質被害はないけど。

で。
なんでAll Ext4にしたかと言えば。
従来、SBackupでバックアップをとる領域に、NTFSを使用してたんですが、以前に、Ext4でコピー比較をした際、およそ4倍近い差がありまして。
なので、結構、毎回毎回時間がかかっているのは、NTFSのせいもあるんじゃないのかな、と思いまして。
#もしかして、gzipとtarのせいかも知れませんが。
今回構成見直しの要として、バックアップ先もext4にしとこう、とそう思ったわけです。

ちなみに。
なんでNTFSにしてたかというと。
当時は、まだUSB-Ubuntuとかレスキューの手段も多くなく、最悪、データファイルなんかはWindowsからアクセスして取り出せればいいかな、と思って、NTFSにしてたんですね。
Windowsからext3とか扱える保証もなかったし。

今なら、LiveCD、LiveUSB、USB-Ubuntuと、レスキューの手段には事欠きませんし、ハード環境もだいぶ揃ってきて、最悪ドライブ取り出して、USB接続してアスワンからアクセス、なんてことも加能です。
ハード的にクラッシュしてたらNGですけど、まあ、それはどの場合でも同じなので。

というわけで、箱交換から、すったもんだでトラブル起こしつつ、どうにか環境の入れ替えも済んだ、って感じではあります。

ふう。
しかし。
Anthyもよくなったけど、こうして使い比べてみると、いかにGoogle日本語がよく出来てるかが解るなぁ。
まあ、あちらはあちらで、まだ問題も多かろうけれども。
ちょっと触って比較した限りでは、あちらの方が変換時のストレスは少ないかな。
性能比較はなんとも言えないけど。

今後に期待。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google日本語を試してみる。

どうにかWindowsも復帰しまして。
結局DVDから起動して、Windowsの修復から、復元ポイントを選択して復元しました。
まあ、こういう機能はUbuntuにはないので、その点、Windowsの方が優秀なところでしょうか。

ちと話が逸れました。(^^;

松本さんからのネタふりでGoogle日本語を試すわけですが、そもそもwineでは起動できなかった、どころかインストールも走らなかったらしいので、そのままWindowsで試しているわけですが。

正直、日本語変換エンジンとか、仮にwineで動いたとしても、たぶん実用的な速度にならないんじゃないかと思ってるんですが。
なので、そちらはLinuxネイティブが出てくるまで待ちかな、と。
先行でWindows版があるなら、そちらを試そうか、って感じです。

で。
今、まさにWindows上でGoogle日本語を使って書いてるんですが。

まあ、優秀だと思います。変換に関しては、基本ストレスが無い。
これで、ネットに繋がなくても使えるなら、悪くないんじゃないかな。

ただ、ネット上の言葉を拾ってくるシステムだと思われるので、例えば流行の言葉を書くなら結構イケると思うんですが、逆に、とんでもない単語が変換候補に上がってくることもあるわけで。
その点、Anthyの不思議変換並の変な候補が出る場合があります。

これ、ブログ書くなら結構重宝するかもしれないけど、仕事で使ったら逆にストレスになるんだろうなぁ。
ぶっちゃけ仕様書書くには向かないんじゃないかと思います。(笑)

一応、ローカルにユーザー辞書も持てるみたいなので、そんなに極端に困ることはなさそうですが…。

たしかATOKでもこんな変換が可能だったので、ある意味、ATOK慣れしている人、携帯での変換が気にならないひとは、むしろ便利に使えるかもしれません。
TABキーでどんどん変換候補を切り替えていく方式というのに、慣れが必要そうですが、Linux版でも、この変換精度で来るなら、Anthyの時代は終わるかも知れませんね。(笑)

できれば、半年以内にLinux版もリリースしてくれると、Linuxでの日本語環境が、劇的に改善される可能性はあります。

てか。
これ、携帯に載らないかなぁ。
結構ね、携帯に向いてると思うんです。
常時接続だし。
ローカルに持つ辞書は大きくなくていいでしょ。
学習結果と、まあ、キャッシュだけ保持していれば、かなり使えると思うんです。
でも、あれか、通信量がハンパじゃなくなるから、パケット無制限コースじゃないと、メール書くだけで、悲しい結果になる可能性もあるのか。(^^;

同様のことは、今の日本のインフラから考えると、持ち出して使うネットブックとかでも言えるかも知れなくて。
変換のたびに通信待ちなんてことになると、かなり萎えることが予想されますね。

問題はそのくらいで、普通に使う分には、これMS-IMEよりもいいんじゃないのかな。
まあ、用途/目的はそれぞれなので、少なくともワタクシの用途には向いているかも、ってことですけどね。

ああ、あと。
グラフィック遅いと結構効くかも。
その点でもネットブックではちと心配。
というのも、変換候補を切り替えていくたびに変換候補のウィンドウがポップアップするので、この描画がもたつくようだと、気持ち的にかなりイラッとくるんだと思うんです。

まあ、ワタクシのびすたんは、「無駄に」ハイパワーなので、全然問題ないんですが、アスワンの場合は、ちと厳しいかも知れませんね。

しかし。
ヤバイな、これ。(^^;
かなり快適。
もうGoogle日本語使うためだけにWindowsに乗り換えそう。(爆)

ぜひ、奥さんのPCで試してみてください。>松本さん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vistaが死んだ。orz

比喩的表現とかではなく。orz
#Windows7によるVista終焉とかそういう話ではありません。
ワタクシのメインマシンで、ごくたまにしか起動されないVistaがお亡くなりに。

さようなら、びすたん、君の事は忘れない。
そしてびすたんは星になった…。

ってわけにもいかず。orz

まあ、失って困るようなデータは、すべて仮想環境のXPに移してあるし、困ることは何もないんですが、復帰が面倒。orz

とりあえず、Vistaのドライブは外してしまって、データ用の1.5TBドライブと入れ替え。

Google日本語をインストールして、試そうと思った矢先だったので、ショックはショック。
仕方ないので、あれは、Linux版が出てからのんびり試すのでもいいかな、とか。
少し後ろ向きな気持ちになってますが。

まあ、あちこちでもう評判上がってるし、そのうち評価も固まるでしょう、と。
もちろん、環境復旧したら、試してみるんですけどね。
基本、予測変換イメージなんだろうな、と。
携帯の入力イメージってんですか?
ワタクシ的には、それって微妙なんですけど。

ChromeOSの日本語版には、それが載るんでしょうし、使ってみて感触いいならAnthyから乗り換えもありでしょうけどね。
ま、実用的になるのは早くても1年後、だと踏んでますが。
使ってもないうちに評価するのは早計なので、近日中に試す見込みです。(^^;

まずはVista復帰させないと。
修復の手立てを探しますが〜

ちなみに、何が起きたかというと。

原因は不明ですが、Google日本語インストールしながら、Windowsアップデートをかけ、アンチウィルスのバージョンアップをしつつ、サイドバーのガジェットをインストールしてたら、ブルーバックになって。
その後再起動したら、「変更の適用ができませんでした。元の環境に復元しています」で再起動がかかるようになり。
そのループ。orz
復元ポイントからの復帰ができれば、再インストールは避けられそうな状況なんですけどね。
ま、ちといろいろと試してみます。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱換装完了。

くたびれた。orz
とりあえず箱の換装終了。
基本的な動作確認も完了し、今は、その状態で起動したメインマシンでこれ書いてます。
USB接続関連で間違いもないようで、きちんとUSBメモリを認識しました。

まあ、この箱を買った最大の理由が、内蔵できるドライブ数の上限だったので、それ以外はあまり期待もしてないんですが、自己満足的な理由では、ケーブルが結構整理可能で、思ったより内部はすっきり構築できます。
#結構ファン関係とか、ケーブルが大変なことになりがちだけど。

なので、たぶんエアフローは改善されているんじゃないのかなぁ。
少なくとも、GeForceの温度は下がってますな。

とはいえ、実はCPUクーラーの都合で、上面のファンを外してしまっているので、もしかしたら、想定されているほど冷えてない可能性もあります。
ま、以前と大差ない水準なら気になりませんが。(笑)

ケースの背面のファンをPWMタイプに換装したんですが、ちと回転数の制御が期待通りになってないので、ちと調整が必要そうです。
これはファンコントロールでぼちぼちと。

さて、ネタ対応を進めるかな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルでUbuntu(11)

シリーズホテルでUbuntuも、11回目を迎えました。(笑)
#いつのまにシリーズになったんだ?

今回は、ホテルの部屋据え付けのPCでUSB-Ubuntuを起動しています。
実は、ホテルのPCのくせにGeForceとか入ってまして、プロプラドライバ入れないと高解像度にならなかったりするんですが、まあ、その程度のことはね。
標準のnvドライバで認識してくれればよかったんですが、なぜかVESAドライバで認識しまして。(^^;

仕方ないので導入しました。
まあ、自宅のPCもGeForceなので、さほど困りませんが、他の環境に持って行ったときに、忘れていると慌てるかも知れません。(笑)

とまあ、意外にね、USB-Ubuntuの対応範囲は広いのかも知れません。
結構、一度環境作ってしまえば、便利に使えるのかも、なんて思ったりします。

が。
遅い。orz
とてもじゃないけど、日常的に使おうとは考えられない速度ですな。(^^;

出張なんで、ギリギリ使えるかな、くらい。
ま、我慢して使うなら、使えないこともない、って程度です。

そんでも、ないよりはマシ、なんですけどねぇ。>出張

出張多いなら、暇つぶし用に、一本作っとく、ってのはアリな運用かも知れませんよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GoLangというらしい。

第1回 Google Go登場の背景
なんて連載が始まったところを見ると、結構注目されているのかな。
記事中の記載で、Goの文法を見た感じ、確かに違和感がある部分もあるな、と。
加えて。
継承がないってのは、ちと驚いた。
最近の言語のわりに、その機能がないってのは、どういうことなのかな、と想像してみる。

まあ、継承の乱用は、結局コードの見通しを悪くするし、熟練したプログラマじゃないと、継承を綺麗に使ったオブジェクトの設計が非常に困難であることを考えると、生産性を高めることを目的としたGoでは、継承を排したのも解らないでもない。

んでも。

慣れの問題かも知れないけど、結構画面関係でライブラリ組むときに継承使えないのは痛いんじゃないのかな。
まあ、それに代わる仕組みがあるなら構わないけど。
#ま、ワタクシが組むワケじゃないから、いいか。(笑)

実際、そんな頻繁に継承使うか、といわれれば、あんまし、アプリケーション開発その物では使わなかったりするけど。
基盤機能なら、まあ、ね。継承されることを前提とした基底オブジェクトを作って、その型を基本とした関連ライブラリを作ったりすることもあるけどさ。
なので、Goのライブラリが充実してくると、あまり継承は使わないのかも知れなくて。

そこを目指しているんですかね。

なんとなく、この連載を注目してると、その辺も見えてくるのかも知れないですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

箱到着

初見の印象は。
「でかい」
でしたが。
実際Inspironの箱からすると、かなりデカい。
まあ、ミドルタワーケースとしては小さい方なんだと思うんですが。
中身も、結構余裕がありそうで、今の箱からの移植は楽にできそうです。
問題は、机の上に乗るかな、ってところで、ガンプラ置き場を考えないとならなさそうで…。
さて。

3.5インチベイに収まっているファンコントローラの5インチベイへの変換ケースも買ってきたので、あとは組み立てるだけ、ですかね。
とはいえ、このままだと、ファン回転数は固定なので、ちと物足りない。
ケースファンは回転制御可能なやつに交換したいところですかねぇ。
ま、しばらくノーマルで使ってみて、気になるようなら交換って感じでしょうか。
ケース内部へのアクセスは悪くなさそうなんですが、いかんせんデカいので、弄くるときはちと面倒かも。
高さも、26インチのディスプレイとほぼ同じ高さになるから、見た目のバランスは悪くないんですけどね。

いずれにせよ、今週は平日弄くってる暇がない。orz
#ずっと出張。(^^;

土曜日、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »