« ScreenletsでiGoogleガジェットを使う~Project miKubuntu 第3弾?~ | トップページ | ちょっとクリーンインストールを。 »

有名な人がこれ書いちゃあ。(^^;

ネットウォーカーが沈黙:三遊亭白鳥/林家彦いち「噺家のITな日々」

松本さんからネタの投下が。

単に失敗談として読む分には面白いんだけど。
そういや、パネル全削除の際の復旧方法なんて知らんなぁ、などと思いつつ。

パネルなくてもF2は効くんだったかね。

これ、有名人が書いてる記事だと思うんですが、PC素人にはUbuntuは難しかろう、という印象になってしまっているのが残念で。
たぶん、すごく正直に書いてあるんだと思うんですよ。
画面狭いから、要らんモノ、消せるモノは消してしまえ、っていう。
正直な欲求ですよね。
まあ、消すってことが乱暴っていえば乱暴なんですが。
警告も出てますし。
#警告無視して、ハマったんだから、自業自得といえば自業自得。

んで。
結果、こういう状態になってしまうと、もうどうしようもない。
まあ、NetWalkerが一台目ってひとはいないと思うので、最悪の事態にはならないと思うんですが、回復のためには、ネットで調べる以外にないのに、ネットにはつなげない。
#というか、このひとの知識ではブラウザを起動できない。

知ってれば、なんてことないのかも知れないんです。
こうしてパネル復帰するのね、とか。
何もない場合には、こうすればプログラムが起動できるのね、とか。

知らないからどうしようもない。

初めてUbuntu触った人に、「そんなことも知らないのか」は通用しませんし、そもそも売ってる状態で、それが入ってるんだから、買っちゃった人に、それは言えないでしょ。

まあ、事故ちゃあ事故なんだけど、こういう記事みると、改めて、まだUbuntuというかデスクトップLinuxは素人には厳しいのかなぁ、と思っちゃいますね。(^^;
#いきなり突貫しなければまだ…。(笑)

まあ、MSのWindowsは、タスクバーはかくすことができても、消すことは出来ませんからねぇ。
この辺、MSの方がユーザーの不用意な操作に対して安全とは言えるのかも知れません。

長くデスクトップOS作ってるだけあって、こういう「ユーザーってのは何をするか解らない」って部分のノウハウは豊富でしょうから。

まあ、ね。
この記事見て、Ubuntuは使えない、とか、NetWalkerって難しいんだ、って思われるのも、ちょっとなぁ、とは思いますけど。
んでも、やっちゃうひとがいるんだから、仕方ないよな。
多少の不便を感じさせることになっても、最低一枚パネルは残ってないとNGってことにしとかないと、こういうひとが次々現れるのかも知れませんねぇ。
#ま、これはUbuntuってよりもGNOMEの仕様だけどな。

|

« ScreenletsでiGoogleガジェットを使う~Project miKubuntu 第3弾?~ | トップページ | ちょっとクリーンインストールを。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パネルの消えたGnomeは悪夢ですね。XfceやLXDEなんかでは(私の使ってるOpenBoxでも)デスクトップの右クリックでアプリケーションを呼び出せるんでどうにかなるもんなんですけど。F2でしょうかね。でも、コマンドがたぶんわからないだろうし。ショートカットのログアウトも9.04から無効になってますよね。あ、電源ボタンを押せば終了ダイアログが出てくるかな。そこからログアウトして、フェイルセーフの端末でログインして。でもやっぱりコマンドですか。

この記事読んだとき、そんな感じのアドバイスでも送りたくなったんですね。でも、ブログならコメントするけど、これってブログじゃないので。しょうがないので、こちらにネタ投下と。なにやってんでしょうね。

投稿: 松本 | 2009年12月16日 (水) 16時03分

いや、こちらにネタ投下されても、元記事の筆者の方は確実に見てくれないと思いますよ。(爆)
むしろ松本さんのとこの方を見てそうじゃないですか。

閑話休題。

初心者にありがちなミスらしいことはUbuntuの日本語フォーラムなんかでも、たまに見かける質問なので、想像できるんですが。
Linuxの自由度って、ある意味、初心者には強い足かせになるというか、「これもできる、あれもできる。でもやったらどうなるの?」が見えないと、なかなか手を出せないか、元記事の師匠のように、突貫して自爆ってことになるんじゃないかと思うんですね。
まあ、かと言って、制約ばかりになるのも、また詰まらないので、この辺なんか折衷案があればいいんですけどね。
#まいど管理者パスワードってのはちょっと。
ユーザーの意識の問題でしょ、って切り捨てるのは簡単ですが、これからは本当の一般ユーザーも使うことになるんだし、その辺視野に入れたDE開発をしないと、結局は、難しいギークのOSってことになっちゃうのかも知れません。

そういや、この前電器屋でMacOSに、ほんの少しだけ触ってきたんですが、GUIは以前のMacを基本的に踏襲しているんですね。1ボタンマウスなのも同じで。
使い易いとも使いにくいとも解らん時間しか触れなかったので、評価はできないんですが、Macユーザーには、従来からのUI踏襲されている点で高評価だったんですかね。
使い勝手は変わらない、安定したMacOSが手に入ったってことなんでしょうから。
もう少し、価格が安くなれば、MacBookってのも使ってみたい気もしますけどねぇ。
#まだ10万越えるんじゃなかったかな。

投稿: かおりん | 2009年12月16日 (水) 16時16分

あぁ、ありがち、と思いつつ、そういやパネル全部削除ってやったことないなぁ、と思いつつ。
最後の一つのパネルは削除できなくなってますね。9.10。9.04以前は消せましたっけ?

パネルが消えたものと仮定して、とりあえずデスクトップで右クリック→外観の設定→ヘルプを今初めて起動してみたり。
そしてそこには「パネルの使い方」なんて項目もあったり。(でも復旧方法は書いてないですね・・・

以前に解像度だかパネル自体だかがおかしくなって、メニュー起動のランチャが使えず(画面の外に行ってしまったか実際の表示と起動するのがズレてたか、だったかな?)、ScreenletsのMainmenuをその辺に表示して乗りきったこともあったなぁ、なんて思い出しました。

依存関係でパネルが消えたとか、そんな話もあったような。
こういうのを見るたびに「復元ポイント」的なものが必要なんじゃないかと思いますね。
これで離れちゃうのはもったいないなぁ、と。
あ、でもこの場合は/homeの設定ファイルもバックアップしておく設定じゃないといけないのかな?

投稿: tmin | 2009年12月16日 (水) 19時39分

試したことないんで、なんとも。(^^;
やっちゃってるんだから、9.04では消せるってことでしょうかね。

まあ、GUIでのツール起動の道が残されていれば、まだどうにかなるんだと思いますが。
端末が起動できれば、我々は困りませんが、初心者には、何をどうしたもんか、ってことになると思うんですよね。
っても、いきなりやるもんでもないから、そんなFAQもないですし。

ある意味、素人の恐ろしさを垣間見た気がします。(^^;

投稿: かおりん | 2009年12月16日 (水) 20時00分

元記事面白かったですね。なるほどな、とか思って。

元々、UNIX自体が「警告出さない」システムですからね。
今だと笑い話ですが、rm /ってやっても「認めちゃう」システムですしね。
UNIXと言うOSの仮定は

「ユーザーはコンピュータのエキスパートであり、自分が何をやろうとしてるか十分分かっている」

と言う前提で設計されてるんで。
プログラミング言語で言うとアレか。全く予約語を持たないプログラミング言語と同じですよね。ユーザーがどんな名前使って関数/プロシージャ定義しても構わん、的な(笑)。いつの間にかコアの関数/プロシージャ再定義しちゃってて困った事になる、みたいな(笑)。
これ考え合わせてみると、Ubuntuってある意味

「UNIX系としては無理な設計目標を持ってる」

とも言えると思います。GNOMEだけの問題じゃないんですよね。

ただ、これ読んでヌかったな、ってのはむしろSHARPと言う企業の歴史的な体質ですよね。体質、って言うとアレか。むしろユーザーベースの特徴と言うか。
元々、SHARPのPCって、Mebiusはまあともかくとして、どっちかと言うとコアでマニアックなユーザー層に支えられてきてるじゃないですか?伝説のX68000とか。すっごいハッカーを生み出して、かつハッカーに支えられてるようなユーザーベースなんですよね。
元々、日本のPCでGNU系のツールが真っ先に移植されたの、ってX68000系でしょ?FSFのPC-UNIX系のツールがX68000には、有志の手によってわんさか移植されている。NECのPC98系のユーザーとは「熟練度」が桁違いだったわけです。
そしてこう言う社風っつーかユーザーベースっつーか、とにかくそう言うのがZaurus(LinuxベースOS使用)なんかにも受け継がれてるんですよね。決してヒット商品出す企業じゃないんですけど、こう言う血脈が延々と受け継がれていて。
今回、SHARPは「Ubuntu」使って、敷居を下げよう、って目論んだんでしょうが、社風でしょうね(笑)。ここまで「何も知らない」人がどうやってツールを使うか、それを想像出来なかったんだろうな、と。SHARPの「PC素人」の知識が足りなかった、と思えますね。

投稿: cametan | 2009年12月16日 (水) 23時29分

まあ、シャープが迂闊だったんだろうな、とは思うんですが。(^^;
そんでも、一応多少の改変は行ってると思われるので、その辺なんとか出来なかったのかなぁ、とも思うんですよね。
ARMだからWindowsが載らんのは仕方ないとして。

んでも。
これARM使った端末、全般に言える話になるのかも。
そういう意味では、fool proofって、Windowsって優れているのかも。(笑)

投稿: かおりん | 2009年12月16日 (水) 23時42分

>シャープが迂闊だったんだろうな、とは思うんですが。

明らかにそうですよね(笑)。逆に言うとSHARPらしい話なんですけど(笑)。

日本じゃ(あるいは世界的にも)「SONYは進取の気概があってCool」って印象なんでしょうが、なかなかどうして。ある意味SHARPの方が凄いんですよね(笑)。
「取りあえず商売なるかどうか分からんけどやってみっか」ってのはSHARPの特徴だと思いますし、それで金脈当てる場合もありますし。電撃で「他の企業がやってない」間隙を突く、ってのは、いかにもSHARP「らしい」と思います。
黎明期のパソコンしかり、ポケコンしかり、ファミコンのディスクシステムしかり、液晶しかり。今回のNetWalkerなんかも「SHARPらしい」と言うか。
多分、こーゆー商品ってSONYだったら「やらない」と思うんですよね。Linux搭載小型端末。いや、SONYはSONYで、過去、ワークステーションNewsで「FreeBSDデフォルトで搭載」して大失敗してて、痛い目見たんでこのテのOSには懐疑的なのかもしれませんけどね。

そー言えば、記憶が確かなら、当初、結果として孫正義に多額の資金を渡してソフトバンク設立のチャンス与えたのってSHARPじゃなかったですかね?多分。
何か、孫正義が開発した「自動翻訳機」だっけ?1億円か何かで買い取って販売して「元を取った」とか(笑)。あれ、確かSHARPだったんじゃねえのかな。如何にもSHARPがやりそうな話ですし(笑)。
まあ、いずれにしても、今回のNetWalkerみたいな「適正な一般的ユーザーベースが無い」辺りでの判断ミスとかもやるんでしょうが、SHARPって日本ではかなり珍しい「ベンチャー気質を持った」企業なんじゃないか、って思います。

投稿: cametan | 2009年12月17日 (木) 02時31分

結構、過去の経緯は知らないんですが。(^^;
X68000とか、テレパソ(X1Turboでしたっけ)とか、チャレンジャーな会社ではありましたよね。
なんかとなんかを組み合わせるのが得意というか。
懐かしのツインファミコンもシャープでした。
SONYとは違った意味で、気を吐いてる会社だとは思うんですけどね。

まあ、これにメゲずに、NetWalkerはバリエーションを増やして欲しいものです。
わさびーさんが、9.10のUNRをべた褒めしてるんで、この際だから、それで出し直すとかですね。(笑)
不評のキーボードも改変してもらって。
#バージョンアップはリポジトリから可能だろうし。この際、ねぇ。

投稿: かおりん | 2009年12月17日 (木) 11時26分

>X68000とか、テレパソ(X1Turboでしたっけ)とか、チャレンジャーな会社ではありましたよね。

そうですね。パソコンテレビX1とか、懐かしいなあ(笑)。

多分、SHARPって日本で「パソコンを作った企業」としてはNECより古いと思うんですよ。まだNEC自体が零細ベンチャー企業で、パソコンってのが「商品として通用するかどうか」分からない時期にパソコン作って売ってるんですよね。
恐らく、電卓作ってた経緯で、CPUの扱いに長けてた、と思うんですけど。
(元々、CPU自体が電卓用に開発された経緯がある)

MZ80:
http://www.inetmie.or.jp/~okm/natupcmz80.htm

当時流行ってた漫画、例えば「ゲームセンターあらし」であるとか、あるいはパソコンで人形操って戦わせる今考えるとアレな漫画(笑)である「プラレス三四郎」とか、で登場する「パソコン」のモデルは、恐らくこのMZ80なんです。
モニタ、キーボードが一体化している機種ばっか登場してるんで、かなりの確率でこのMZ80意識して描かれてますよね。ある意味パソコンの代名詞でした。
(当時は「パソコン」じゃなくって、「マイコン」っつってましたけどね)
時期前後してNECがPC-6001とか出してるんですけど、単なる「キーボードだけ」でしたし(と言うか、MSXみたいな感じ?)、当時の子供の印象だと「安っぽかった」んですよね(笑)。反面、見た目ではMZ80って凄く風格があって。漫画で使うギミックとしてはとても良かったんです。
この後ですよね。X-1が出て。まだ「マルチメディア」って単語が無かった時代からSHARPはマルチメディアを意識していて。それを経由して、(当時の)「化け物マシン」X68000に繋がって行くんですよね。

>懐かしのツインファミコンもシャープでした。

それと、「スーファミ+テレビ」なんてのもやってましたよね(笑)。

シャープと任天堂、って昔から業務で絡んでたんですよね。両方ともパナソニックみたいに「デカい会社」じゃないんで(笑)。結構つるんでる(笑)。
ファミコンの開発主任だった上村さん、ってのが元々SHARPの技術者だったんです。任天堂に転職してきた、んですよね。それくらい任天堂とSHARPって密接な関係があったんです。
ファミコンで磁気メディア探してる、ってんで、クイックディスクを製造したミツミ電機を紹介したのもSHARPのツテじゃなかったかな?SHARPは当初クイックディスクにテコ入れしてたんですが、これがご存知の通り大失敗だったんで(笑)、まあ、ある種在庫処分的尻拭いを任天堂に頼んだ、って事も考えられるんですけど(笑)。まあ、その経緯での「ツインファミコン誕生」だったんですよね。

>SONYとは違った意味で、気を吐いてる会社だとは思うんですけどね。

吐いてます吐いてます(笑)。
がんがん、SHARPには頑張って欲しいな(笑)。

>これにメゲずに、NetWalkerはバリエーションを増やして欲しいものです。

そうですね。NetWalkerは可能性あるんで、この辺のトラブルをキチンと把握して次回に繋げて欲しいな。
GNU系ツールとの付き合いとか、その辺からSHARPは歴史的に「良く分かってた」(と言うか、「分からざるを得なかった」・笑)会社ですし、Linuxとも付き合い長い会社ですからね。SHARPが上手いことやれば、他の会社が追従してくる可能性もありますし。
まあ、今回に限って言うと、ホント、SHARPのユーザーベースが歴史的に「エキスパートばっか」って辺りでツボが分からなかった、って事でしょうね。フツーのFAQみたいなのも無い可能性がありますし。その辺、パナソニックみたいな「フツーのユーザーだらけ」のユーザーベースを持つ会社の「ノウハウ」知らなかった、ってトコなんじゃないかしら。
(その辺が、SHARPの「メジャーになりきれない部分」なんでしょうけど・笑)

投稿: cametan | 2009年12月18日 (金) 02時06分

うわぁ、MZ80とか懐かしいのが出てきちゃったな。(^^;
平安京エイリアンとかね、友人がMZ80K2を持ってまして、時々やりに行きました。
その後、彼からプログラムの基礎を教えてもらうことになるワケですが。(笑)

確かに当時は、MZ80のスタイルは画期的だったと思います。
ディスプレイもテープも一体型だったし。

そういう意味では、シャープって「形を作るのがうまい」会社かも知れません。
#失敗も多いワケですが。

今回のNetWalkerも、ある意味、日本人向けのネット端末の形を作り上げていますよね。
まあ、元々は電子辞書という、「カタチ」が最初にあったわけですが、持ち歩ける限界のカタチ、最低限の大きさとか、ノウハウを溜め込んでたものを、NetWalkerというカタチにした。
そういう点では、かなり評価されていい会社だと思うんですが。
なぜか液晶テレビだけですしねぇ。>評価
#電子レンジもか。

投稿: かおりん | 2009年12月18日 (金) 06時05分

>うわぁ、MZ80とか懐かしいのが出てきちゃったな。(^^;

懐かしいでしょ(笑)?
僕が小学生くらいの時の機械だったんですよね。憧れました。
他のNECとかのメーカーだと、データレコーダ別売りだし、確かテレビに接続出来なかったか何かで、「専用モニタ買ってくれ」って形式だったんじゃないかしら?しかもそれら「周辺機器」がまたバカ高かったんです。
その点、MZ80だと「オールインワン」でしたし。すっごい憧れて欲しかったんですよ。カッコ良かったし。当然叶わぬ夢だったんですが。
小学校2年~4年生くらいの話かな?

この憧れも当然叶わず、小学校6年生くらいにTOMYのぴゅう太とかが出て。この辺で、第二次「テレビゲームブーム」ってのが出てきたんですよね。
ぴゅう太も欲しかったんですけど、やっぱり高嶺の花でした(笑)。

>その後、彼からプログラムの基礎を教えてもらうことになるワケですが。(笑)

おお、良い友人がいましたね(笑)。
そんな金持ちの友人、田舎じゃ滅多にいなかったからなあ(苦笑)。

>#失敗も多いワケですが。

そう(笑)。
でもメゲないですよね、SHARP。

>そういう点では、かなり評価されていい会社だと思うんですが。
>なぜか液晶テレビだけですしねぇ。>評価

うん。僕ももっと評価されて良いと思うんです。
もしも。Linux専用端末出して成功する、ってばSHARPが一番可能性あると思いますしね。
もう「壊れやすい」SONYとか、「あまりパソコン事業自体を信用していない」Panasonicとかと話するより、日本のオープンソース界はもっとSHARPに声かけて行った方が得策だと思うんですよ。
ぶっちゃけた話、MSXとかにも参加してなかったわけでしょう。少なくとも当初は。Panasonicも東芝もSONYも「どっかが立ち上げた」フォーマットに則ってるだけですし。それ以外って特にパソコンに関しては何もしてないんですよね。
(SONYはプレステはやってますけど)
自力で「オリジナルの」PC作った(と言うか、作って、かつ残ってる)会社は日本ではSHARPしか無いんですよ。CPU選びからはじめて(NECや富士通は海外の動向に合わせていただけ)、OSも自社で作って(NECや富士通は・・・っていいかもう、この話は・笑)製品まで持っていった会社ってSHARPしか「残ってない」のです。
(SORDってメーカーもありましたが消えちゃいましたし・笑)
PC関係で「進取の気概」持ってたのは日本じゃSHARP「だけ」ですよね。

ちなみにまめきちは、SHARPのケータイ端末のファンです(笑)。

投稿: cametan | 2009年12月18日 (金) 14時33分

ああそう言えば。

これ紹介した事ありましたっけ?

xalien:
http://www2d.biglobe.ne.jp/~oga/pc/linux/ltool.html#linux_alien

懐かしさに涙ちょちょきれますよ(笑)。
ひょっとしたらVine辺りで経験してるかもしれませんが。

投稿: cametan | 2009年12月18日 (金) 14時46分

いやぁ、古いなぁ。(笑)
さすがに今の高解像度では遊べないでしょう。(^^;
昔のBASICだと、平安京エイリアンくらいの処理でも、かなり重かったしなぁ。
懐かしすぎる。

投稿: かおりん | 2009年12月18日 (金) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/47035928

この記事へのトラックバック一覧です: 有名な人がこれ書いちゃあ。(^^;:

« ScreenletsでiGoogleガジェットを使う~Project miKubuntu 第3弾?~ | トップページ | ちょっとクリーンインストールを。 »