« TotemのTouTubeプラグインの怪 | トップページ | ubuntuでDLNAサーバを動かしてみる。 »

作りかけ。(^^;

え~、YouTubeから、初音ミク関連の動画を連続再生しようと思っている、ってのは以前にも書いてますが。
とりあえず、こんなん作ってますってご紹介だけ。(^^;
#完成するかどうかも解らんけどな。

送信者 Blog


中央付近の赤丸で囲ったところが、一応動いているところ。
YouTubeにアクセスして、指定サイズで動画が再生されています。
これは、メルトかな。

まだなんも出来てないのも同然なので、こんだけで失礼。
完成すると、Project miKubuntuに取り込まれるんじゃないかと思います。

今のところ、第一段階としては、「自分で作ったYouTubeのURLリストを喰わせると連続再生する」というものです。
これは、定義ファイルをテキストエディタで編集するという非常に原始的なもの。(笑)
次の段階が、「指定したキーワードでYouTubeからリストを作成し、連続再生する」というものです。
さらに進むと、「自分のお気に入りリストを連続再生する」まで発展する可能性はありますが、ワタクシ的に第2段階までの用途で充分なので、リクエストがあれば、考える、程度でしょうか。
UIは、最低限しか作らない予定です。(^^;
そもそもタイトルバーすら出したくないんですが。
サイズは…固定で考えてますけどね。可変の方がいいですかねぇ。
あと、せめて表示位置は覚えておくくらいのことはしたいと思ってますが。さて。

期待しないで待っててください。

|

« TotemのTouTubeプラグインの怪 | トップページ | ubuntuでDLNAサーバを動かしてみる。 »

Projectみくんちゅ♪」カテゴリの記事

みくつべ♪」カテゴリの記事

コメント

これちょっと良く分かんなくってスルーしてたんですが(笑)。

改めて思うわ。

「プロって凄い」

当たり前ですが(笑)。尊敬します。

何か、ツールも見慣れないモノ使ってますね。へえ。
確かに見た目Emacsなんかより全然良い(笑)。
ちょっとEclipseっぽいのかな。

投稿: cametan | 2009年12月19日 (土) 14時45分

ああ。そう言えば。

途中のヤツででもいいから、それこそYouTubeで動画でも上げれば反響来そうですよね。
Pythonだったら「俺にもソースくれ」「協力させてくれ」って人も出てきそうですし。
Google Code辺りにでも上げちゃってSVNで開発やっても面白そうですよね。

投稿: cametan | 2009年12月19日 (土) 14時47分

褒められると恐縮してしまうようなお粗末なモノが出来上がりそうな気配ですが。(^^;
いろいろと試行錯誤中で。
もう少しでコア部分がカタチになりそうですが、基本、ネットから見つけてきたものの改変と組み合わせばかりで。

依存関係出そうだから、今回はインストーラがいるかなぁ、って気配です。

で、ツールですが。
エディタがGeanyです。以前から何度か触れていますが。
Pythonの場合、ワタクシはこれを使っています。
キーバインドはMS風に変えてますけど。(笑)
他の場合は相変わらずgEditですけど。

F5で簡易実行できるから、結構便利ですよ。
デバッガ使わない開発なら、これでIDEって言っちゃってもいいくらい。

さらにその裏にあるのはGladeです。
pyGTK使ってるので、GUIをGlade使って開発してます。
まあ、定番ですね。


>Google Code辺りにでも上げちゃって

ちとやり方調べてないんですが、いろんな都合でGoogleCodeのアカウントは取ろうかと思ってます。
今後なんか作るにしても、Googleのガジェットが都合がいい場合があるかな、と思って。
それやこれやも含めて、今回の作りもんで、いろいろと試してみようかと。

投稿: かおりん | 2009年12月19日 (土) 17時28分

>褒められると恐縮してしまうようなお粗末なモノが出来上がりそうな気配ですが。(^^;

いやいや、とんでもないです。
さすがプロって違うな、とか思ってます。

僕も似たような事Schemeで出来るのか?とかちょっと調べてはみたんですが・・・。
無理です(爆)。
そもそも、フォーマルなCSなんて習ってないんで、プロトコルとか全然分かんないんですよね。
YouTubeの仕様見てこうやって組み上げられる、ってさすがだと思いました。

>基本、ネットから見つけてきたものの改変と組み合わせばかりで。

ああ~~。いいんじゃないんですか?
さすが目の付け所が違う。

以前紹介した本ですけど「UNIXという考え方」と言う本があって。
それにこう言うエピソードがあるんですよ。
あるUNIX系の会社で凄く会社に重宝されているプログラマの人がいて。
でも、実際は彼はソートアルゴリズムも書けないような人だったらしいんです。
(断っておきますが、かおりんさんがどうだ、と言う比較の話じゃないですよ。念のため)。
会社から仕様書が渡されるわけでしょう。彼はどうしていたか、と言うと、まず仕様書見て、UNIXのツールの中から「使えそうなものを選んできて」シェルスクリプトで纏めるなり、あるいはソースからコピペしちゃって目的の物を作り上げちゃう達人だったようです。
当然、「完成」までの時間が短いんで、ものすごく重宝されて、結局出世街道まっしぐら、だったそうです(笑)。

いや、これは教訓的な話で、要するに「車輪の再発明を避けろ」って事でしょう。かつ「Windows」じゃやれないやり方ですし、ある意味UNIXプログラミングの「王道」ですよね。

もう、ソースがフリーで入手出来るのなら、労力は最小限に抑えて、コピペで済むべきものは済ませちゃえ、ってのは正解ですよね。その為の「フリーソフトウェア」ですし(リチャード・ストールマンが狙ってたのはまさにそれ)ソースコードさえ公開していればお互いパクリまくりで構わない、と言うか(笑)。至極UNIX的だと思います。「オリジナルのコード"だけ"にこだわって」組み上げるのはUNIX的じゃないですしね。

もう一つ教訓的な話があって。「なぜHTMLがこれだけ浸透したのか?」ってのも、一種プログラミング言語とすれば異常な普及率なんだそうです。かなりの確率で一般人も入り込める。
ただ、これも秘訣があって。結局ブラウザが「ソースを表示出来る」ってのが大きかった模様です。要するに、他人のページだろうと、「気に入ったデザイン」だったらコピペででっち上げる事が出来る(笑)。これが普及に拍車かけたそうです(笑)。
まあ、最近だとCSSに関しては「スタイルシートの著作権」的なモノがちょっとうるさいんですけどね。
いずれにせよ、やっぱコードが「オープン」ってのは良い事ですよ。GNU関係だったらコピーしても、「プロプライエタリとして配布する」のが一番問題なわけですし。ハックして製作、ってえのなら、コピー出来るトコはしまくっちゃって、オープンソースで公開しちゃうのが一番労力がかからないですよね。

>依存関係出そうだから、今回はインストーラがいるかなぁ、って気配です。

ああ、debパッケージかmakefileですか。
確かにその辺の作成が一番メンド臭そうですね(笑)。
Pythonだったら、例のSConsが一番メンド臭くないのかなあ。

>エディタがGeanyです。以前から何度か触れていますが。
>Pythonの場合、ワタクシはこれを使っています。

なんかそれ良さそうですね。ふ~~む。

>他の場合は相変わらずgEditですけど。

ああ、そう言えばgeditに付いての記事を書きました。

gedit TextMate化計画:
http://beta-reduction.blogspot.com/2009/12/gedit-textmate.html

>さらにその裏にあるのはGladeです。
>pyGTK使ってるので、GUIをGlade使って開発してます。

ああ、wxGladeの元ネタなのかな?
なるへそ。

>それやこれやも含めて、今回の作りもんで、いろいろと試してみようかと。

いよいよオープンソース作家誕生ですね(笑)。

投稿: cametan | 2009年12月19日 (土) 22時53分

>さすがプロって違うな、とか思ってます。

え~と。(笑)
まあ、確かにワタクシ、プログラムとか組んで飯喰ってますけど、いわゆる業界では3流の人間なので。
プロの代表的に捉えられちゃうと困りますけどね。(^^;
全然大したことないですし。
そもそも、今作ってるようなのは、プロとしてのスタンスではやってないですからね。(^^;
以前にお話のあった、引退後の手慰み?みたいな感じで。
#tminさんには申し訳ありませんが。(^^;


>そもそも、フォーマルなCSなんて習ってないんで、プロトコルとか全然分かんないんですよね。
>YouTubeの仕様見てこうやって組み上げられる、ってさすがだと思いました。

てかですね。YouTubeのDataAPIってのが公開されていまして。
Ubuntuにもpython-gdataってライブラリが入ってるんですね。
それを使ってます。
基本、値設定してコールするだけ、ですよ。


>当然、「完成」までの時間が短いんで、ものすごく重宝されて、結局出世街道まっしぐら、だったそうです(笑)。

ああ、ある意味プロの鑑。(笑)
結果が出せれば、実は中身がどうであっても構わないんですよね。
美しいプログラムなんて、誰も求めていない。
生産性が高くて、再利用性が高くて、難解じゃない。
ある意味、教科書的なソースコードを一番求められています。
この言語なら、こう書くだろ、的なハッカーらしい、言語に特化したトリッキーなコードが一番嫌われる。(笑)
#再利用性が低くなるから。


>もう、ソースがフリーで入手出来るのなら、労力は最小限に抑えて、コピペで済むべきものは済ませちゃえ、ってのは正解ですよね。その為の「フリーソフトウェア」ですし(リチャード・ストールマンが狙ってたのはまさにそれ)ソースコードさえ公開していればお互いパクリまくりで構わない、と言うか (笑)。至極UNIX的だと思います。「オリジナルのコード"だけ"にこだわって」組み上げるのはUNIX的じゃないですしね。

これが、そもそもオープンソースの利点だと思ってます。
pythonだと、基本スクリプトなんで、ソースの隠蔽できないし。
車輪の再発明は避けたいですからねぇ。
これがWindowsだとライブラリとして仕様公開してくれないと使えない、とかになるので、面倒なんですよね。
こういう点ではオープンソース万歳なんですが。

てか。
ぶっちゃけ、もうツールはオープンソースでいいんじゃね?とか思いますけどね。
ソース公開してくれれば、ブランチするのも自由にできるし、バグがあっても、直せる人は直せますしね。
急いでる時なんかは、自分で直しちゃった方が早いし。


>ああ、debパッケージかmakefileですか。
>確かにその辺の作成が一番メンド臭そうですね(笑)。
>Pythonだったら、例のSConsが一番メンド臭くないのかなあ。

debでやろうと思ってます。依存関係のあるパッケージも一緒にインストールしてくれるので。
SConsですか?ちと調べてみますけど。


>ああ、そう言えばgeditに付いての記事を書きました。

>gedit TextMate化計画:

発見してました。(笑)
なんかMacOSのいいエディタがあるそうで。


>ああ、wxGladeの元ネタなのかな?

Gladeが本家でしょうね。GTK対応のものをwx対応にしたものがwxGladeでしょう。
最初wxGlade使ってましたが、pyGTKの存在知ってからは、pyGTKの方が手軽です。

簡単なツール用のテンプレート作って、そこから書き起こすってことを今はしてます。(笑)
本格アプリには向かないかも知れませんが、DAとか、その手には便利ですね。


>いよいよオープンソース作家誕生ですね(笑)。

ってほど大げさなもんじゃないんですが、ココログとか、DropBoxで公開していると容量とか心配で。
ま、Googleがコケることはないでしょ、って思いの方が強いんですが。
#そこに領域持っとけば安心でしょ、みたいな。(笑)


投稿: かおりん | 2009年12月20日 (日) 00時27分

>まあ、確かにワタクシ、プログラムとか組んで飯喰ってますけど、いわゆる業界では3流の人間なので。
>プロの代表的に捉えられちゃうと困りますけどね。

そーなんですか(笑)?
またまたご謙遜を(笑)。
まあ、僕は自分の直感信じますけどね(笑)。多分、かおりんさんは熟練ハッカーだろう、とは思っています(笑)。

あのう、たまに気になるんですよ。
プログラマの人って「脊髄反射的な人」って正直多くないですか(笑)?関わると割と疲れる事が多くって(笑)。「一般的平衡感覚」ってのがちょっと欠けてるんじゃないか、って事がままあって。
そう言うのがかおりんさんには感じないんですよね。んで、良く思い返してみると、「脊髄反射的な人」って圧倒的にUNIXとかLinuxの人に多いわけですよ(笑)。
もちろん、「真のハッカー」レベルになると、かなり突き抜けて、「本当に頭いいんだな」とか感心するわけですが、「その他大勢」はそーでもない(笑)。
んで、かおりんさん書く事見てて、

「あれ?Windowsのプログラマの人の方がひょっとして平衡感覚って優れてる?」

とか思ったんです。これって誤解なのかしら(笑)。

つまりですね。「平衡感覚が欠けてて」「脊髄反射的な人間が」作ったプログラムって「人が使いやすいものになる」って全く保証が無いわけでしょう(笑)。その辺、WindowsってのはUI辺りからユーザーの「感じ方」が分からなければ商売にならないわけですから。つまり、「平衡感覚」がマトモじゃないとやってられないんじゃないか、ってのが仮説です。
圧倒的にUNIX/Linuxのプログラマの方が「変人」なんですよね(笑)。変人でも天才だったら許されますが、そうじゃなかったら結構迷惑だけの存在だったりします(笑)。この辺の自己撞着が「Linuxを使い辛いものにしている」真の原因なのでは、とかちょっと思うんですよ。何せ「人の言ってる事が分からない」以上、「人が使いやすいモノ」がデザインできるわけないんですから(笑)。
だから、かおりんさんが「Windows系プログラマ」の代表だったら嬉しいよな、ってのがちょっとあって。もっと大勢Windowsプログラミングの熟練者がLinuxの方に流れ込んできて、「古来の形式/人々」を引っ掻き回してくれれば(笑)、もうちょっと風通しが良くなるかも、とか期待してるんですよ。

>この言語なら、こう書くだろ、的なハッカーらしい、言語に特化したトリッキーなコードが一番嫌われる。(笑)

何か、Cだと90年代半ばにRISC技術が降りてくるまで「ヘンにトリッキーなコードを書く」のが神業だ、とか言われてたみたいですね。#defineマクロ使いまくりのアセンブリ忍び込ませたりして(笑)。
まあ、PCの性能が上昇したのが大きいんでしょうね。そんなにトリッキーな事やんなくても「綺麗なコードベースのままで」それなりに動くようになった。

ああ、そう言えば。FFで思い出したんですけど。
ナージャ・ジベリって知ってます?伝説的Apple IIプログラマで、その後初期のFFのメインプログラマや聖剣伝説2でのメインプログラマ務めた人。何か超天才的なハッカーだったらしいんですけど。
ファミコンでバグギリギリの離れ業でトリッキーなプログラミングやってのけた人で。殆ど職人芸で芸術的なハッキングしてたらしいんですけど、そのせいで、非常に難解なプログラムになっちゃってて。最高傑作はFF IIIらしいんですが、あまりに複雑怪奇なプログラムな為に、のちのもっと良いプラットフォームに移植したくても移植出来なくなっちゃった、みたいな。
まあ、確かにこう言う「技術」って憧れますけどね。また、「他に移植出来ないような技」だと、大昔は一種コピープロテクトの役目も果たしたし、また、「名人芸」って事で技術力を賞賛される「ワザ」だったようですがね。
いずれにせよ、こう言うのはもう、過去のお話なんでしょう。

>これがWindowsだとライブラリとして仕様公開してくれないと使えない、とかになるので、面倒なんですよね。
>こういう点ではオープンソース万歳なんですが。

そうそう。
でも、反面、誰もが多様なラッパー書きたがるので、今度はツールが乱立して大変になる、ってのも事実なんですけどね(笑)。かおりんさんが仰ってた通り(笑)。
実際問題、UNIX系では(標準のMac OS Xを除き)、全部ルーツはX Windowのラッパーでしょう。でもそのラッパーが百花繚乱だ、と言う(笑)。
X WindowにGTK被せて、その上にwxとか(笑)。それだけならまだしも、X WindowにQTってのもあるわけですし(笑)。

あ、また思い出したんですけど。
やっぱ9.10ってSDL回りとかおかしくないですか?またApple II エミュレータとかビルドしてたんですけど、どーも音とか、あるいは画像がおかしな具合になってて。「どっか」がヘンなんです。
しかし、その「どっか」を突き止めるのもラクじゃないですしねえ(笑)。これだけ「被せ」に「被せ」やってたら問題が表面化してる前の「どこ」に真の問題があるか探すのが難しくなりそうですし。
上野クリニックの出番かな(謎)。

>SConsですか?ちと調べてみますけど。

何か、Googleはこれ良く使ってるようですよ。

>pyGTKの存在知ってからは、pyGTKの方が手軽です。

GTK自体が怖いんだよな(笑)。一応、古本で入門書入手してはいますが。
Common Lisp/Scheme弄ってるとホントこの手の話が疎くなりがちです。

>#そこに領域持っとけば安心でしょ、みたいな。(笑)

そうですね。
あと、ベタなトコでSorceForgeとか。あんま日本人が「使ってる」ってのは諸外国の盛り上がりと違って聞かないんですが、一応ここが定番のホスティングサービスでしょ。これもSVNで管理出来んのかな?
あとは、Tracってのがあるけど・・・これは自前のサーバーにインストールなのかしら?
GitHubってのも最近良く見かけますね。

GitHub:
http://github.com/

これはヴァージョン管理システムにGitっての使ってんのかな?良く分からんのですけど、それこそLinux Tovalds氏が開発したヤツですか?
ChromeOSの開発はSVNじゃなくってこっちでやってんじゃなかったのかしら?
あとはSavanah。

Savannah:
http://savannah.gnu.org/

これはGNUっつか、FSFがやってるヤツですよね。フリーソフトウェア開発の為のホスティングサービス?良く知りませんが(笑)。でも、たま~~~に見かけます。

投稿: cametan | 2009年12月20日 (日) 01時25分

>プログラマの人って「脊髄反射的な人」って正直多くないですか(笑)?関わると割と疲れる事が多くって(笑)。「一般的平衡感覚」ってのがちょっと欠けてるんじゃないか、って事がままあって。

逆に、Unix系の職業プログラマの方に会ったことがないので、正直解りません。(^^;
Windows系は、まあ、本当に人口多いので、種々雑多だと思いますけどね。

ただ、作るモノ、って話であれば、我々の作るモノは、個人の考えだけでOKになることがほとんどないので、それなりの人数のレビューを経てからでなくては、実際に製造開始にならない。
なので、ある人物が、「これは画期的なUIだ!」なんて思っても実際には精査してみると、そんなの個人の思い込みだった、なんてこともないではないです。
平衡感覚に優れているかどうかは、この場合は個人の資質ではなく、結果として、多数の人間の目と感覚を経ているので、平均化される、ってのはあるかも知れません。


>「あれ?Windowsのプログラマの人の方がひょっとして平衡感覚って優れてる?」

なので、長く職業プログラマを続けていると、そういう感覚になってるかも知れませんね。


>何か、Cだと90年代半ばにRISC技術が降りてくるまで「ヘンにトリッキーなコードを書く」のが神業だ、とか言われてたみたいですね。#defineマクロ使いまくりのアセンブリ忍び込ませたりして(笑)。

その通りでした。(爆)


>やっぱ9.10ってSDL回りとかおかしくないですか?またApple II エミュレータとかビルドしてたんですけど、どーも音とか、あるいは画像がおかしな具合になってて。「どっか」がヘンなんです。

PPAのXが、かなり頻繁に更新されているんですよね。
なのでSDLってよりも、Mesa関連かも知れませんよ?


>Common Lisp/Scheme弄ってるとホントこの手の話が疎くなりがちです。

そっちの言語はアルゴリズムメインだから。(笑)


>あと、ベタなトコでSorceForgeとか。あんま日本人が「使ってる」ってのは諸外国の盛り上がりと違って聞かないんですが、一応ここが定番のホスティングサービスでしょ。これもSVNで管理出来んのかな?

どこでもいいんですけどね。
いずれにせよ、ローカルに近いカタチのところでは問題かも、と思ってるだけなので。
ついでに、GoogleCodeなら、そのままガジェット公開にも使えるみたいなので。

ソース管理するなら、今はクライアントにSVN入ってるから、SVNかなぁ。

投稿: かおりん | 2009年12月20日 (日) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/47038702

この記事へのトラックバック一覧です: 作りかけ。(^^;:

« TotemのTouTubeプラグインの怪 | トップページ | ubuntuでDLNAサーバを動かしてみる。 »