« まあ、そんなもんだろうよ。 | トップページ | これは買いだろう。 »

でっかいiPhoneなんでしょ?

ASCII.jp:ジョブズが語ったiPad 発表会を総力レポート!(後編)

米国時間の27日、アップルは新型のタブレット端末「iPad」を発表した(ニュース、実機速報)。iPadの本体についてまとめた前編に引き続き、後編では主に電子書籍を買って読むアプリ「iBookstore」や、iPadで使えるオフィススイート「iWork」を取り上げる。

なんかRSSでやたらと取り上げられているんですが。
これって、でっかいiPhoneなんだよね?ね?違うの?

まあ、本を読もうと思うなら、あのくらいのサイズがないと厳しいとは思うけど…。
読むの?あれで本を。本当に?

作ってみたけど、使い道ないから、本でも読めるようにしようよって感じじゃないの?
まあ、動画とか見るのに、iPhoneじゃ確かに小さい。
画面が広い方がいいってのは解るけど。
んでも、その分、こう持ち運びが不便になるし、そもそも消費電力も増えるよね?
あの使い方考えるなら、バッテリーで運用しないと使いにくいでしょ。ACアダプタ接続とかナンセンスだし。
まあ、詳細解らないからあれだけれども、仮に8時間持つとして、重量は如何ほど?
液晶サイズが約10インチってのは解ったけど。
ちなみに、アスワンでマンガ読もうと思うと見開きだと辛いです。(笑)
まあ、立てて読むってことをすれば、片側ずつになるのでイケるかも知れませんが。
問題は重量だよ。例えば、500gならOK。イケる。買うかも。(笑)
300gなら、もう一択。これだけ。これを買えって感じ。
携帯電話が大体150gなんですよ。その倍の重さでこのサイズなら買いでしょう。
んでも、仮に1Kg弱の重さがあるとすると。
疑問だよね。片手で保持しながら読むことが多いと思うんです、こういう形態だと。
それを1Kgのものをずっと片手で持ちながら使うんですか?
ないよね。(笑)

スペック見てきた。約0.7Kg。び、微妙。頑張ってる数字だとは思うけど。
それを片手保持ですか?う〜ん、数分ならなんてことないけど、本読む間ずっとってのは厳しくないですか。
まあ、腕力付くからいいのかも知れないけど。

ってことで、ハード的に、これはワタクシは疑問があるハードですな。
使い方って点でも。タッチパネルなんで、基本片手保持で、もう片方の手で操作するんだと思うんですよね。
それで、この重量は微妙だな、と。
iPhoneで充分じゃあないんですかね?

|

« まあ、そんなもんだろうよ。 | トップページ | これは買いだろう。 »

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぶっちゃけ、これ見たとき、

「ああ、やっちゃったよ。Apple凋落の音が聞こえてきた。」

とか思いました(笑)。

そうなんですよね。Appleは歴史的にこう言う「市場啓蒙型」商品の開発が得意で。
んで、成功例より失敗例の方が遥に多い企業なんです。

JobsがCEOに戻った時、当時あったAppleの生産ラインを絞れるだけ絞りました。
キャッシュフローが悪かったんで当然の選択です。
そして、AppleはPC製造メーカと言うよりiPodの成功以降、新たな家電屋さんになったんですよね。
それはそれで良かった。iPhoneもiPodの延長で成功した。
今Appleがやんなきゃなんないのは、この路線だけに集中すれば良い。ハッカーのMacへの評価は上がりましたが、依然として主力はPCではなく、こっちのPDA系デバイスです。
もうPCに見切り付けても良いくらいですし、iPod/iPhoneが主力で良いんですよ。

その先にこのiPad登場・・・・・・。
これはかおりんさんが仰有る通り、不安要素一杯の製品ですよ。僕も直観的に「ああ、こりゃ失敗するな」と思いました(笑)。
だから、Appleシンパがどーゆーか知りませんけど、Appleって体質的にこうなんですよね。確かに「市場啓蒙」が上手くハマれば先行者利益が叩き出せます。が、Appleはいっつもそれで「調子に乗る」んです。誰も求めてない辺りで製品作って投入して大失敗。
「Appleまたしても」って感じが拭いきれませんね。

投稿: cametan | 2010年1月29日 (金) 00時35分

まあ、なんというか。
「使い道が解らないハード」に見えるんですよね、これ。
iPhoneでは使いにくい用途があって、それを補う形で新しいハードがあるならいいんですが。
ノートPCとiPhoneの間を補完しないでしょ、これは。(笑)

なんにつかうのかなぁ。

投稿: かおりん | 2010年1月29日 (金) 01時15分

こう言う意見もあるんですけどね。

「手作り」 - Apple iPad:
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51389114.html

ただねえ~~~(笑)。
Appleの製品の評価が難しいのは「Appleだから」ってのが良いも悪いも評価を変えちゃうんですよね。
それで一回でも製品買うと信奉者にならざるを得ない(笑)。と言うか、そう言う確率が高いですし。
これは難しいですよ。普通の(Appleシンパじゃない)ユーザーはどの道、事の成り行きを静観するしかないのかなあ。

いずれにせよ、iPhone好調の矢先にこう言う「おかしげな」(笑)製品投入する辺り、全然台数出てないけど、AppleとしてはGoogleのAndroidを極めて危ない商売上の警戒対象として見てるのかもしれません。安穏と出来ないぞ、と言う経営判断があるのかもしれませんね。

投稿: cametan | 2010年1月29日 (金) 01時32分

いや、そのブログでも「使い道」については触れられてないですよね?
「何にでもつかえる」ってことは、結局は「何にもつかえない」と同義ですよ?(笑)
黒縁は、最初から、「ああ、手で持つからね」ってのは気がつきましたけど。
それ以上に、「で、これで何するの?」なんですよ。
邪魔なサイズだと思いますがね。ワタクシは。
この2/3のサイズなら適正かな。重さも500g切れるし。
少なくとも、ご紹介の記事には感銘は受けませんでした。(笑)

投稿: かおりん | 2010年1月29日 (金) 01時59分

この手の製品は、最初に「こう使います」を提示しないとダメだと思うんです。
だから、「本も読める」なんだと思ってますけど。
たぶん、読まないでしょ、本。(笑)

ある程度、数がハケて、そこから商売が始まると思うんですが、そのためには「最初に数をはく仕掛け」が必要だと思うんですよね。
Kindleでしたっけ?あれがUSでハケてるなら、これもハケるかも知れません。
日本じゃどうかな。ノートPCですら電車で開かない国民が、あのサイズのガジェットを電車で使うとも思えませんけど。
PSPとかDS並の値段なら解らなかったな。
子供が買える値段じゃないし、大人には使い道が解らないとくれば、買わないでしょ。(笑)

投稿: かおりん | 2010年1月29日 (金) 02時02分

重いって、絶対。(笑)

投稿: かおりん | 2010年1月29日 (金) 02時03分

>「何にでもつかえる」ってことは、結局は「何にもつかえない」と同義ですよ?(笑)

そうそう(笑)。個人的には全く同意見で。
再三繰り返しますが、これは死んだ

マルチメディア機器

です。
CDTVですCD-iです3DOですFM-TOWNS MARTYですPippinです。

一体どこの誰がこれらを覚えているのやら。

「何にでもつかえる」では何にもならない、って家電業界は学んだんですが、Appleはちっとも分かってない。
こうなると、Jobsはスカリーの遺産だったからNewtonを切った、とまで思えますね(笑)。Appleは「学ばない」会社です。
まあ、暗黒時代に戻るんでしょう。

ぶっちゃけ、本当の事を言うと、Appleファンは反論しますが、Jobsってビジネスで成功を継続させた事は「一回も」無いんです。80年代はスカリーに追われ、事実上NeXTも失敗した。3度目の正直が「今」なんで、今後はこの路線は正直「未知数」なんですよね。

>Kindleでしたっけ?あれがUSでハケてるなら、これもハケるかも知れません。

いやあ、テクノロジー系のニュースは購読してるんで、「売れに売れてる」んだったらアンテナに引っかかってくる、とは思うんですけどね。そんな動きは全く聞いた事が無い。
そもそも、著作権の縛りが特にキツい音楽/動画関係のコンテンツはさておき、ネットは「文字の」世界ですし。つまり、ベースとなる「世界」との差別化がそもそも難しいんじゃないか、って思います。PCでフツーは事足りるんですよ。
ぶっちゃけ、PDFで公開されてる資料も多いんで、わざわざ「有料で」電子ブックを買う、ってあり得ないと思います。唯一可能性があるとすれば、それは日本の漫画産業くらいでしょう。

何でモニタで本を読みたがるのか、全く理解出来ません。
僕みたいに「寝て読む派」はどーすればいい、っちゅーねん(笑)。

どうもコンピュータの連中は本まで「ペーパーレス」にしたがるんですが、立ち上がりを待って、起動して、アクセスして、さあ本を読む、よりも手元に本があって開いた方が速い、って事認めたがらないんですよね。
何度失敗してもそれが分からないのです。

投稿: cametan | 2010年1月29日 (金) 07時29分

なんか、書いてる人はあんまりいないみたいなんで奇妙に思うんですが、今回のこのマシンの最大の注目点はApple A4っていうチップセットだと思うんですよね。早くて省電力ってことで、Atomよりいいんじゃないかと。どういう素性かってのは諸説あってまだ不明なんで、それだけ記事も書けないんだと思いますが。マルチタスクに対応していないってのがどういうことかよくわからないんですが、これでUbuntu走ったらおもしろいだろうなあとか。私としては、これに外付けのキーボードつけたら昔懐かしい縦型モニタのワープロになるので、魅力を感じますね。まあ、想定されている使い方とは違うんでしょうけれど。

投稿: 松本 | 2010年1月29日 (金) 08時02分

なんか、こんな記事もあったり、百家争鳴ですね。
http://nippondanji.blogspot.com/2010/01/ipad.html

投稿: 松本 | 2010年1月29日 (金) 08時21分

例えば、松本さんの意見のように、速いLinuxマシンとして、据え置きで使う、ってんなら、まあ種々ある選択肢のなかのひとつとして意味はあると思うんですね。
縦型が標準のモニタを持つものってあんましないので、ブルートゥースのキーボードとマウスを使って、スマートに使いましょう、とか。
必要に応じてタッチパネルでも使えますよ、的な。
これなら、「持ち出せるPC」です。まあ、用途はPCなので、ある程度ライフスタイルに応じた使い道が見えますよね。

でも、これはPCじゃないという。
やっぱりでっかいiPhoneなんですよ、どの記事見ても。
iPhoneで出来ることは全部できます、なんですね。
なので、iPhoneじゃ小さいってひとは、こっちを使ってね、なんだと思うんです。
でも。
iPhoneで問題ある場面って、むしろ少ないと思うんですよ。
逆にそんな場合こそ、PCでいいじゃん、と。
持ち歩いて、外で何かを見るって場合に、画面小さいと困るよね、ってことが多いか、ってことなんですが。
たぶん、困らないし、逆にiPadだと大きさを持て余すんじゃないかと。

繰り返しになりますが、700gって重いと思います。
1Lのペットボトルを少し飲んで、同じような重さにしてみればいいと思うんですが。
それを例えば、1時間持ちっぱなしってどうなの?とか。
iPhoneは、片手で持てて、操作可能だからいいんですよね。重量的にも負担がない。
iPadを使おうと思ったら、つり革に捕まったままでは操作できないし、椅子で使うならノートPCでもいいでしょ。
だから、iPadならでは、って使い道がないと、ヒットにならないと思うんです。
松本さんの示した記事ではポメラが例に挙げられてましたが、あれは「ポメラならでは」の利点があった。
軽量で、文章入力に特化していて、使いやすいキーボード。
他に変わるガジェットがない。
これだけ独自性を打ち出したハードで、この「これでしかできない」を打ち出せないと、やはり売れないと思うんですけどね。

ネットブックにも独自性なんてないじゃん、ってことかも知れませんが。
発売当時のネットブックには「安価」って独自性があったんですよ。(笑)
他に変わるモノがない、値段って強みが。
ノートPCは他にもある、コンパクトなものだってそう。
でも、5万円で買える「小さいPC」はネットブックしかなかった。

iPadは、価格的にはいいせん行ってると思います。
なので、あとは「これで何をするのか」だけだとは思うんですね。
そこで「これじゃないとできない」を打ち出せないと、この端末に意味はないように思っちゃうんですけどね。

投稿: かおりん | 2010年1月29日 (金) 10時38分

> そこで「これじゃないとできない」を打ち出せないと、この端末に意味はないように思っちゃうんですけどね。

そのとおりなんですよね。
ただ、iPhoneのときも、「ただの電話で、ちょっとオシャレで高機能なだけじゃない」と私は思ったわけですが、見事に「iPhoneじゃなければ」って世界があっというまに出来上がってしまいました。なので、見えてないけどそういうものがある(あるいは現れる)のかなあという気はします。もっとも、それは電子書籍じゃないだろうとは思いますが。

投稿: 松本 | 2010年1月29日 (金) 14時35分

久しぶりにコメントが盛り上がってるなあ。(笑)

iPhoneはサイズがちょうどいいんですよ。なので受け入れられたと思うんです。
ポケットに入るって重要だと思いますよ。同時に気軽に取り出せる。
アレはサイズ的にそういう運用にならないと思うんです。
手帳はすぐに取り出すけど、A4ノートは直ぐに出せないですよね?
持って歩く前提にはでかいと思います。
なので、使い道が想定出来ない。
小さくて軽いガジェットはそれだけで夢も膨らみますけど。
気軽さが足りないと思うんです。iPadは。

投稿: かおりん | 2010年1月29日 (金) 15時22分

ベッドサイドに置いて、普段はフォトフレーム、たまに寝モバ、なら使い道あるか。
んでも、そんなに多くのひとがそんなの欲しがるかなあ。
ガジェットは日常的に使うから欲しくなるもんだと思うけど。

投稿: かおりん | 2010年1月29日 (金) 15時26分

>「ただの電話で、ちょっとオシャレで高機能なだけじゃない」

いや、実はこれが結構重要だったんじゃないのかな、とは思うんですよ。
実は、松本さんがご指摘している通り、「それだけ」だったんです。つまり、Appleは「新市場を作ろう」としたわけじゃない。実は市場そのものは熟成していて、かつ飽和状態にあった。
そこにiPhoneってツールを放り込んだんです。それもPC企業らしい切り口で。

iPodもそうですよね。人々は既に、SONYのWalkman時代から「携帯音楽プレーヤー」自体には慣れていた。そこに(当時は持ち運びには無茶と言われた)HDを突っ込んだ携帯音楽プレーヤーを新しい切り口で放り込んだ。
だから、この二つには真に革新的な事って実は無いんですよ。「全く新しい市場」を作り出したわけじゃあない、んです。これ、多分あんま指摘している人がいるとは思わないんですが、この二つの製品は、実はAppleでは「異様に保守的な」製品です。逆に言うと「だから成功した」とも言えます(笑)。
もちろん、その後続いたAppleのビジネスモデルには「なるほど」って思わせる部分がありますが、それはテクノロジー的な観点とはちょっと違うんですよねえ。

※:例えば、iPhoneは、聞いた話によると「iPhone上でSkypeを使う」ユーザーが異様に多いようで、多分、「それを許す」のは電話会社としては避けたい事態でしょうが、Appleは「それを許す」ようにした、ってのは慧眼だと思います。この辺、電話会社じゃないApple独自の「思い切りの良さ」だと思いますし、電話会社が提供すべきなのは、あくまで「インフラ」であって、「会話での料金徴収であってはならない」と言うのはPC会社らしい発想だと思います。

既存の飽和状態にある市場に新規参入試みる以上、他よりも「かなり変わった事」をやらなければならないのは宿命でしょうし、思い切りの良さ、あとはケータイの発達の先にはどーしてもPDAっぽいものが登場せざるを得ない、ってのは誰もが予想していたでしょうし(多分)。タイミングの良さとしては、Appleが電光石火で事を起こした、ってトコは素直に評価していいとは思います。
ただし、繰り返しますが、決して「Appleが革新的な(誰も思いつかないような)製品を作って新規市場を作り出した」わけじゃあないんですよね。この二つはどっちかと言うと「既存市場の乗っ取り/制圧」です。言い方は悪いけど、任天堂がゲーム機市場にファミコン放り込んだのと同じような現象になってますし、それは戦略的には正しいとしか言いようがないです。

iPadの場合は、かおりんさんが言ってたように、「Kindle」自体がどーなってんだか分かんないトコ、つまり、「現在の市場が存在してないトコ」でこーゆー製品を投入するのはどうなのか、って部分だと思います。明らかに失敗した「市場啓蒙型」の商品であるMacintosh TVと極めて近いんですよね(笑)。AppleはPCをテレビにしようとした(笑)。LivingにPCを置いて家族でテレビを見てもらおうとした。でも誰もそんなのは望んでいませんでした(笑)。iPadはそう言う「無茶な」製品に見える。
今、PCはテレビを受信出来るんで、「アレはAppleの先見の明だった」とか言われそうですが、全然逆です。今のは「PCがテレビを取り込んだ」んです。Appleが過去失敗したのは「PCをテレビにしようとした」。全然ベクトルが違うし、こう言うトンチンカンをAppleは過去何回もやってきています。

今回のiPadは、基本的には「極めて」Appleらしい野心的な製品ですよね。iPhoneやiPodみたいな保守的な製品じゃない、って事は認めます。だからこそ「意味が無いのでは」と言う畏れがあるんですよねえ。

>Apple A4

うん、実は僕もそれが一番気になってました(笑)。誰もそれに付いて書いてない(笑)。
もし、iPadに技術的な長があるんだとしたら、それくらいだろ、と。タッチパネルなんて技術自体は70年代後半からありましたし、今更どーの、って話でもないですしね。
何で誰も書かないのか、その方が不思議です(笑)。

投稿: cametan | 2010年1月29日 (金) 17時58分

> 何で誰も書かないのか、その方が不思議です(笑)。

そうなんですよ。こないだから気になって検索かけてるんですが、日本語ではARMだ、PowerPCだって憶測がわずかにいくつか出てる程度で、だれも書いてないですね。せいぜい、ビジネスモデルがどうって方の話にもってってるのがいくつかあるぐらいか名。英語の方はノイズが多すぎてチェックできてないんですが。

投稿: 松本 | 2010年1月29日 (金) 20時18分

まだ全貌が見えてないから話題にしにくいんでしょうね。>A4
まあ、ぼちぼち実機が出てくれば、話も出てくるとは思いますけど。

投稿: かおりん | 2010年1月29日 (金) 21時07分

あと、アメリカではカーナビとしての需要は一定数見込めるんでしょうね。iPhoneのカーナビとしての利用はけっこう一般的らしいし(車載型のカーナビは盗難の危険があるため取り外しのできるiPhoneが人気らしいです)、画面が広い分、地図が見やすいと思うし。車載用のドックやリモコンのオプションが出れば、従来型カーナビよりは魅力的かもしれません。

投稿: 松本 | 2010年1月30日 (土) 07時23分

カーナビってことなら需要は高いかも知れませんね。USに限らず。
今は、新車で買えばカーナビないってことはないかも知れませんが、うちのように複数台あると、メインの車以外にはつけてない、なんてこともあるでしょうし。
携帯型のカーナビになるなら、5万円台ってのは十分に勝負になる値段ですね。
ただ、通信モジュールつけると、もう少し値段上がるのか。う〜ん。
カーナビとしてなら欲しい気もするなあ。(笑)

投稿: かおりん | 2010年1月30日 (土) 07時37分

このネタで引っ張りますが、こんなこと言ってる人とか、
http://d.hatena.ne.jp/amarui/20100129/1264754079

こんなこと言ってる人とか、
http://blogs.computerworld.com/15487/anything_the_ipad_can_do_linux_can_do_better

ま、話題には事欠きませんね。

投稿: 松本 | 2010年1月31日 (日) 12時36分

投稿: 松本 | 2010年1月31日 (日) 12時50分

iPadでChromeOSが動けば確かに面白いかも知れませんねぇ。
単なるプラットフォームである、と考えるなら、iPadの可能性も、まあ、解りませんけど。

ただ、先にハードが普及して、後からソフトって、たぶんないんですよね。
まず、そのハードでやりたいことがあるから、それを買う。その後、いろんなサービスが充実してきて、結果手放せなくなる、ならあると思うんですが。
現状、「本を読む」ためのデバイスとして捉えて、それが一定数確保できるなら、「今後」も考えられますけど。
iPhoneの成功は、「電話もできるiPod」だったからですよね?携帯とiPodの二つ持ち歩かなくていいんだ、みたいな。
まず、目的がそこにあった。だからハードを買った人がたくさんいた。
なので、仮に、そのハードがいくら現時点で優れたものだとしても、無目的に買うのは、ギークなひとだけ、だと思います。
で、そんなひとは数は多くないんです。(笑)

まあ、実際に発売になってみないとなんとも言えないところはありますが、なぜ、誰も否定的な見方をしてないのか不思議です。(笑)

投稿: かおりん | 2010年1月31日 (日) 12時57分

TEGRAが乗ってるなら、動画再生とかは期待が持てますね。
ARMとして、その素性が気になるとこですけど。
マルチタスク非対応って、考えにくいんですけど仮想アドレス空間もてないCPUってことかも知れませんからね。
#そうなると既存OSの対応は絶望的だなぁ。

投稿: かおりん | 2010年1月31日 (日) 12時59分

マルチタスクは対応するのかもしれません。
http://www.gizmodo.jp/2010/02/ipadiphone_os_32.html

投稿: 松本 | 2010年2月 1日 (月) 14時19分

てえとCPUは普通のARMな可能性が。ブルートゥース対応なら、ハードとしては見るべき点が出てくる、かな。
んでもアップルだからなあ。他OSインストールは敷居が高そうな気配。

投稿: かおりん | 2010年2月 1日 (月) 14時59分

さらにさらに引っ張ります。
こういう方面に用途が広がるというのは...。ありそうでしょうかねえ?

http://japan.cnet.com/blog/shiroto/2010/02/02/entry_27037038/

投稿: 松本 | 2010年2月 2日 (火) 15時57分

いいんじゃないでしょうか。まあ、これはお寺がネタだから、ちとどうかな、って印象になってますが、例えば、なんかの販売員とか、営業が持ち歩くデバイスとして考えるなら、アリじゃないかと思います。
これまで、プライベートな用途でしか考えてなかったので、iPadの使い道が思いつきませんでしたが、ある意味、商品のプレゼンテーションとかに使用する、ってんなら、このサイズは重要です。
商品のビデオを見せるとか、3Dモデルを見せる、とか。
車のディーラーなんかでもいいですよね。電子カタログを見せながら、お客さんにオプションをタッチパネルで選んで貰うと、簡単に見積もりが出せる、とか。

そういう営業デバイスとして考えるとiPadは、かなり強いかも知れません。
基本ネットワークでDB情報を共有できて、一部はローカルデバイスにダウンロードできるわけで。
持ち出し可能な営業デバイスとしての側面は、他のハードにはなかったものです。
そういう意味では非常にスマートで可能性の高いデバイスでしょう。
ソフトがあれば。(笑)

投稿: かおりん | 2010年2月 3日 (水) 04時03分

紙のよさというのは、対面で使えるということですよね。平面ですから。パソコンのモニタだと、同じ側に座らなきゃいけない。iPadは紙と同様に使えるわけです。
ただ、余談でいえば、営業の秘訣として「対面に座らない」というのはあるそうで。パソコンは期せずして顧客と同じ側に座るというメリットはあったのかもしれません。

> ソフトがあれば。(笑)

スレートタイプのパソコンがiPadの後追いで出てきたとき、Linux参入がおもしろくなってくるのはこの辺じゃないでしょうか。先に引っ張ってきた引用のどっかにも、「ソフトが自由になることが重要」みたいな記述があったように思いますし。

投稿: 松本 | 2010年2月 3日 (水) 07時17分

別エントリにしちゃいました。(^^;

投稿: かおりん | 2010年2月 3日 (水) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/47416380

この記事へのトラックバック一覧です: でっかいiPhoneなんでしょ?:

« まあ、そんなもんだろうよ。 | トップページ | これは買いだろう。 »