« プログラムを組みたい? | トップページ | まあ、取り立て不満はないんですが。 »

さて、本当のところはどうなんでしょうか。

ASCII.jp:狙うはテレビとパソコンの「間」 GyaO! の勝算を聞く|動画サイトってどうなの? 儲かるの?

テレビはインターネットの利用の増加に伴って視聴者数を減らしましたが、テレビの「コンテンツ」の質が下がったのが理由ではありません。テレビという時間の制約を受ける「デバイス」が、今のコンテンツ消費のスタイルにそぐわなくなってきたのが本質だと考えています。

GyaO!のインタビューなんですけどね。
まあ、元々TVみないたちなんで、せいぜいニュースくらいしか。
なのでTVコンテンツの質が下がったかどうか、ってのは解らないんですが、ある意味「向上しなかった」のは言えるんじゃないのかな、と思うんですよ。
まあ、メディアの質もあると思うんです。
#後半に記述されてますけどね。
そんでも、それを超えて視聴者を確保できてないのは、TVコンテンツの魅力が、他のメディアの利便性を上回れなかったってことでもあり、結局は、コンテンツの質が、メディアの性質を超えてない、ってことなんだと思うんですよ。

で、これ、TV制作者達の責任もあるのかも知れませんけど。
ネットというメディアの存在に危機感を感じながらも、それを超える努力をしてない、とかですね。
まあ、実際には、メディアの世界の住人は、そんなところには敏感なはずなので、何もしてきてないとは思わないんですが。
地デジのダビング10とか、ある意味TVメディアには不利な要素がいろんな風聞とともに広まってしまってるのも事実で。
#ま、確かに面倒なんだけど。
ユーザーの利便性が下がってしまった、と思われても仕方ないのかな、ってところはあると思うんです。
なので、TV離れが進んでしまった。
同様に書籍、雑誌も危機に瀕しているらしいんですが。
こちらは、完全にメディアの性質の問題なので、また別の問題かも知れません。

「時間の制約を受けるデバイスが〜」ってことなんですが、まあ、これ確かにある側面ではあると思います。
んでも、HDDレコーダとか、そういう制約を打ち破るハードウェアも普及しているのに、TV離れが進んでるのは、それだけじゃなく、やはり、ネット上のコミュニケーション等を含めたメディアに対して、TVコンテンツが魅力を失ってるんじゃないのかな、と思うんですよ。
インタラクティブである必要はないと思うんですが、TVならでは、ってのがない、ってのが残念なのかな。
「これはTVで見ないと」がない。
ネットで置き換え可能なコンテンツなら、ネットには勝てないと思うんです。

なので、コンテンツの低下はなかったのかも知れませんが、それ以上に従来の質から向上もしてないのが、TV離れの原因なのではないのかな、と思うんですよね。

まあ、その辺、どのような都合でこういう回答になってるか解りませんが、その辺睨んでコンテンツを考えないと、GyaO!も結局TVと同じ道を辿ることになりかねないよな、と思うわけです。

ま、どうでもいいけど、Linuxに対応しろ。>GyaO!

|

« プログラムを組みたい? | トップページ | まあ、取り立て不満はないんですが。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あ、ここにも同姓同名が。
次から次へと「松本淳」さん、増殖中です。←元記事の筆者。

本題と無関係ですみません。

投稿: 松本 | 2010年1月20日 (水) 07時25分

微妙にコメントつけ辛い、コメントですな。(笑)

投稿: かおりん | 2010年1月21日 (木) 01時16分

いや、こういうこと、しょっちゅうなんで。すみません。ちなみに、私は攻殻機動隊の演出者でも元チューリップのドラマーでも東大の教授でも、その他十数名いるさまざまな本の著者でもありません。スカッシュプレーヤーとか、高校野球の選手とか、数え上げればキリがない松本淳さんが...。個人的な話ですみません。でも、どうしようもないほどに、ネタなんで。

投稿: 松本 | 2010年1月21日 (木) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/47337851

この記事へのトラックバック一覧です: さて、本当のところはどうなんでしょうか。:

« プログラムを組みたい? | トップページ | まあ、取り立て不満はないんですが。 »