« エンターティメントの可能性も否定はしないけど。 | トップページ | いや実は微妙に困ってたんですよ。(笑) »

もしかしてEmacsってさ。

え〜、最近、ようやくTwitterクライアントを決定したわけですが。
EmacsのTwittering-modeってのを使っております。
元がエディタだけあり、比較的軽快に動くのがミソですかね。

んでも。
Emacsって元々のキーバインドがいわゆるWindowsのキーバインドとは違いすぎるわけで。
そもそもコピペのキーが解らなかったりするわけです。
まあ、これはEmacsの方にCUAモードなるものがあり、それを有効にすることで回避可能です。

んで。
もう少しそのCUAモードを強化できないかってことで調べてたり教えて貰ったりして、今格闘中なわけですが。

その仮定で、Emacsのキーバインドのカスタマイズを調べると、でるわでるわ。
ふつーのキーバインドのアプリケーションをEmacsのキーバインドにするためのカスタマイズが。(笑)
そんだけEmacsのキーバインドが求められているのだな、と思う反面。

Emacsの方をCUAにするのが難しいんじゃないのか?と思ってしまいました。(笑)
だってさ、Windowsに慣れているひとの方が圧倒的に多いと思うんですよ。
そういうひとが、まあ、便利なエディタとしてのEmacsを使おうと思ったら、CUAモードにしたいと思うのが普通じゃないですか?
んでも、そんなのはほとんど引っかからない。

これは、そうしたくても出来ないんじゃないか、と思ってるんですが。
そもそもEmacsのキーバインドって2ストロークキーという、割と特殊な操作になります。
CTRL+x HOGEみたいな。
かならず、なんかのメタキーと2個キーを押すんです。
これって、いわゆるWindowsのショートカットではありませんよね?
その2ストロークキー前提になってるアプリケーションの設計だから、実はCUAモードとは親和性が低いんじゃないか、と思ったんですよ。
まあ、そんでもなんとかする方法はありそうなので、ちと調べて試してみるつもりではいますけど。

EasyMacsってプロジェクトがあって、結構簡単に導入できたんですが、Emacs23とは相性が悪いのは、そのままでは適用できませんでした。
あれを解析する手もありますが・・・。
まあ、少し識者の知恵を借りたいと思います。(笑)

んでも、そこまでして使う意味があるか、ってぇとまあ、どうかな。(爆)

|

« エンターティメントの可能性も否定はしないけど。 | トップページ | いや実は微妙に困ってたんですよ。(笑) »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。twittering-modeの情報を求めてさまよっている、通りすがりのEmacs常用者です。

Emacsのキー操作は確かに独特なので、最初は戸惑うかもしれません。チュートリアルが付属しているので、それを一読すると良いと思います。

C-h T(コントロールhの後に大文字のTです)で日本語チュートリアルが表示されるはずです。

参考になれば・・・。

@alaskan_neko

投稿: アラスカ猫 | 2010年2月 7日 (日) 10時34分

コメントありがとうございます。
ワタクシ的に「最初にとまどう」のが問題だと思ってまして。
CUAモードなら、それもないのに、ってところです。(笑)

Emacsに慣れたひとがEmacsのキーバインドを求めるのは当然なのですが、同様にWindowsのキーバインドに慣れたひとがそれを求めるのも当然でしょう、と。
まあ、それをしようと思ったときに、Emacsの実装仕様では困難があるのかな、ってのが主旨の記事ですけどね。
色々と識者に教わりながら、頑張ってる最中です。選択肢は多い方がいいですよね。

投稿: かおりん | 2010年2月 7日 (日) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/47496451

この記事へのトラックバック一覧です: もしかしてEmacsってさ。:

« エンターティメントの可能性も否定はしないけど。 | トップページ | いや実は微妙に困ってたんですよ。(笑) »