« Emacsサイコー?(Twittering-mode) | トップページ | エンターティメントの可能性も否定はしないけど。 »

P3なるTwitterクライアントを試す。

P3:PeraPeraPrvについて (P3:PeraPeraPrv)

P3:PeraPeraPrv(以降P3)は、Pure Java Twitterクライアントです。
JavaSE5以降に対応し、MacOSX(Tiger以降)/WindowsXP以降/linux(Ubuntu)/Solaris/FreeBSDでの動作を確認しています(作者自身で確認しているのは最初の3つだけです)。

もう先日から彷徨い続けてる感じなんですが。
ワタクシ基本的にJavaアプリがキライです。(爆)
#言い切っちゃったよ。

もう単なる偏見です。
なので、技評で紹介されていた、このクライアントを試すのが最後になるのも仕方ないのないところ。
インストールは、技評サイトでは軽くしか触れられていませんが、起動時にエラーが出るなど、問題があるので調べてみたら、Ubuntu9.04でP3を使うを見つけたので、この手順に従えば問題ないと思われます。

問題点として、ALSAロックされて、他のアプリの音が鳴らない、とありますが、少なくとも、みくつべ♪とは共存できているので、ワタクシ的になんの問題もありません。(笑)

ちなみに、Java嫌いの理由のひとつに、某社のブログエディタが、どうやってもフォントにアンチエイリアシングが掛からなかったとか、もう10年も前に開発に使ったJavaで無意味な苦労をさせられたとか、単純に苦い思い出による偏見でしかないので、少なくともアプリケーションの評価にはまったく関係ない、ってことは明記しておきます。

繰り返しになりますが、単純に「感情で」ワタクシがJavaが嫌いなだけです。なんの根拠も、例えば技術的に劣ってるとか、全然ありません。単に嫌いなだけです。

少なくとも、ワタクシのメインマシンに於いては、技評の例のサイトで触れられていたような、動作の重さは感じません。これが重いっていうんならもう、IIIMFとかどうよ?とか思っちゃうくらいの重さでしかないと思います。
まあ、アスワンなんかのネットブックだと、Javaそのものの重さ(JavaVMの起動時間)が効いてくるかも知れませんが、ワタクシに限って言えば、おそらくSSDの恩恵で気にならないのではないか、と想定しています。
ま、試しますが。(笑)

機能的には、最後に試しているので、もう、見るべきポイントは解ってるつもりでいますが、まあ、不足はないと思います。
一応メニューからすべての操作が可能になっていますし、RTの機能もあります。
右クリックメニューから選択も可能です。
ちょっと独特なUIである気もしますが、どうせ繋ぎと考えれば、気になりません。
欲を言えば、URL短縮機能とか組み込みであると良かったかな、とは思いますが、そもそもURL呟くなよ、という指摘もありそうなので、よいことにしましょう。
ただ、別アプリで起動するので、この辺のハンドリングがよくないとWebと比較してどうなの、ってことになりかねないかな、と思います。
ま、もしかしたら、機能としては組み込んであって、ワタクシが見つけられていない可能性もあるので、その辺は、ちと気にして使ってみようかと思います。

ただ、今使ってて思いましたが、機能が多すぎて、メニューが煩雑ってことは言えるかも知れません。
この辺、アプリ設計に於いて難しいところですね。
機能は複雑で多機能な方がいいんですが、操作は直感的でシンプルってのが求められるアプリケーションだとは思うんですが。
バランスが難しいところで。
ま、いずれにせよ、コレが最後の光明です。

ああ、使えるといいなぁ。
---------- 追記 ----------
URL短縮機能は、装備されていました。入力エリアで右クリックメニューにあります。
まあ、いい感じ。
通知機能もあるんだけど、これはJavaだからしかたないか。OSDではないんですよね。
まあ、残念なところだけど・・・。
これはむしろJavaのUbuntu側の実装が悪い。きちんとOSD使ってくれればいいのに。

アスワンで使うとさすがに起動は重い感じがありますが、スプラッシュスクリーンが緩和してくれるし、起動してしまえば、さほど重さは気になりません。
結局アスワンのストレージの遅さとjarの展開が遅いんだろうな、と。
ただ。
Javaだからかも知れませんが、メモリ食いですね。
ギリギリで使ってるようなひとは厳しいかも知れません。
ワタクシの場合、2GB搭載なので全然余裕です。(爆)
安定性は〜まあ、これから確認ですかねぇ。
今時点ではATOKとも相性悪くなさそうだし、よさげ。
GTK使ってるみたいだから、当然といえば当然なんですけどね。
---------- 追記2 ----------
結局運用の結果、P3では、みくつべ♪と競合することが明らかに。orz
なんかメモリも大量に消費して、メインマシンでは大変なことになってたので、使用を中止しました。
#700MB消費って・・・。
まあ、これはJavaVMの設定等の問題の可能性があり、アプリのせいではないと思われるのですが、まあ、ね。
実害があるのは事実なので、とりあえず、使用中止の方向で。
機能的には表示のカスタマイズが細かく出来るとことか、かなり良い点はあったのですが、ちと常用は厳しいかな、ってところです。

で、現在はEmacsのtwittering-modeに戻っています。
まあ、慣れればどうにか、ってところですか。
URL短縮の機能もついてましたし。
#カーソルURLに持って行ってF4だそうな。
いずれにせよ、みくった〜が提供されるまでの一月強くらいと想定していますが。さて?

|

« Emacsサイコー?(Twittering-mode) | トップページ | エンターティメントの可能性も否定はしないけど。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/47474509

この記事へのトラックバック一覧です: P3なるTwitterクライアントを試す。:

« Emacsサイコー?(Twittering-mode) | トップページ | エンターティメントの可能性も否定はしないけど。 »