« Ubuntu 10.04LTS α3を仮想環境で試す。 | トップページ | だんだん何やりたいのか解らなくなってきたな。 »

アスワンでもDockBarXを試す。

導入手順は、まったく同じなので。
アスワンにもDockBarXを導入し、パネルを自動的に隠すのをやめて、Cairo-Dockを使わなくしてみた。
まあ、困らないかな。
結果的には、パネルの役をCairo-Dockにやらせていたので、パネルを常に表示しているなら、それほど困ることはないし。
結局、パネルを自動的に隠していると、メインメニューへのアクセスが困るので、Cairo-Dockが必須になってたところがあり。
メインメニューへのアクセスが困らないなら、Cairo-Dockがなくてもなんとかなるし、よく使うアプリは、(みくつべ♪以外は)DockBarXに登録しておけばいいわけで。
シェルスクリプト系のランチャも登録してたんだけど、そういうのは、もうデスクトップに置いてしまいました。(笑)

まあ、必要なときはデスクトップを表示してしまえば、全然困らないという。
なんか、Windowsみたいなデスクトップに成りはててしまいましたが。(爆)

まあ、そんでも、タスクバーというか、その機能までDockBarXで賄えてしまうので、狭いアスワンの画面でも、かなりの数のアプリケーションを起動しても、パネルを圧迫することはなくなりました。
ま、パネルのせいで一行取られるのは相変わらず痛いけど。
つくづく。
Chrome風の外観にするアドオンが動かなくなったのが残念でならない。
タイトルバーにタブを移動できるなら、それだけで一行分は余裕でかせげたのになぁ。

|

« Ubuntu 10.04LTS α3を仮想環境で試す。 | トップページ | だんだん何やりたいのか解らなくなってきたな。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

ネットブック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

私の環境(OpenBox + Thunar)だと、タイトルバーは右クリック一発で隠せるので(ウィンドウマネージャの機能として「非装飾」というのがあります)、画面を広く使いたいときに重宝しています。こういうのがnautilusであれば解決しそうな気がしますけど。あれ? Metacityの機能でしたっけ、タイトルバーって。

投稿: 松本 | 2010年3月10日 (水) 22時20分

ワタクシの環境だとCompizになりますね。>タイトルバー
正確にはEmeraldか。
残念ながらワタクシの使用しているWMには、そんな洒落た機能はないようです。
出来ればいいのに。
まあFireFoxなら、F11で全画面化出来るんですが、イマイチ使い勝手がよくないので、タブをタイトルバーに追い出したいんですよね。
なんとからなんものかなぁ。

投稿: かおりん | 2010年3月10日 (水) 22時33分

F11の最大化は、あれはあれで使いにくいですよね。たまに必要にはなるけれど。タイトルバーを設定で極限まで薄くするとか、できないんでしょうか。

投稿: 松本 | 2010年3月10日 (水) 23時06分

なるほど、と思って、タイトルバーの高さを8ピクセルまで縮めてみました。(笑)
かなり違和感ありますが、慣れればイケるかも。(爆)

投稿: かおりん | 2010年3月11日 (木) 19時29分

8ピクセルは...私もやったことがありません。読めませんよね、何も

投稿: 松本 | 2010年3月11日 (木) 20時55分

いや、これが意外に。(笑)
タイトルくらいは読めます。
アイコンというか、操作用のボタンも、シンプルなせいで、どうにか操作できるんですね、これ。(笑)

ただ、タイトルバーと間違えて、パネルをクリックしてしまうようになりました。(爆)

投稿: かおりん | 2010年3月11日 (木) 21時30分

> ただ、タイトルバーと間違えて、パネルをクリックしてしまうようになりました。

となると、ショートカットでの操作を多用するようにすればいいような感じですね。そのうち、WMなんて不要に思えてきたりして...

投稿: 松本 | 2010年3月12日 (金) 05時47分

まあ、あんましキーボードショートカットの癖がないので。
それほどマウスでも困りませんよ。>8ドットタイトル

投稿: かおりん | 2010年3月13日 (土) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/47776888

この記事へのトラックバック一覧です: アスワンでもDockBarXを試す。:

« Ubuntu 10.04LTS α3を仮想環境で試す。 | トップページ | だんだん何やりたいのか解らなくなってきたな。 »