« まあ、需要はあるのかも知れませんが。 | トップページ | これ、ちょっと期待。 »

確かに困りもんではあるんです。

Linux Daily Topics:2010年3月11日 使わなくなったPCをジュークボックスサーバに! VortexBox 1.2リリース |gihyo.jp … 技術評論社

使わなくなったPCというのは案外,扱いに困るものである。動かなくなったのであれば廃棄するしかないが,まだ動くモノの場合,捨てるにはなんとなく忍びない。
確かにね。
まだきちんと動作しているPCを、新しいのを買ったから、って理由で廃棄するのは忍びない、ってのは大変よく解ります。
まあ、こういう使い方もいいな、と思いますし、Ubuntu道場でやってたように自宅サーバとして使うのも一案かな、と思ってみたり。
特にノートPCとか、ディスプレイの電源を落としておけるタイプであれば、そこそこ省電力で、かつ無停電電源付き(笑)なので、自宅サーバには最適なハードと言えるんじゃないでしょうかね。
ハードディスクも最近ではUSB接続で1TBのものも普通にありますし。
例えばファイルサーバにするにしても、「普通の使い方」なら、1TBあれば、事足りると思います。
USB2.0接続であれば、転送速度も十分に確保できるので、ギガビットイーサだと不満が出るかも知れませんが、そこまで巨大なファイルのやり取りとかしない、とか、無線LANでの接続なら十分な速度が稼げます。
#無線LANの転送速度の方が圧倒的に遅い。(笑)

他にも、Windowsにして、USBの地デジチューナーとかつけて、TVサーバにしたり、とか、メインマシンじゃないハードがあれば、そこそこ便利な使い方も考えられる、とは思うんですよ。

とはいえ。
これ、複数台PCがあること前提だったりしますけどね。(笑)>自宅サーバ
結局、普通に使うのは1台だけってことだと、基本的に外付けHDDとか、それを直接使う、ってことでも全然問題ないので、自宅サーバにどれほどの意味があるのか、ってことはあるかと思います。(爆)
#やってみたい、ってのは置いとくとして。

まあ、家庭内ジュークボックスが、自宅サーバよりマシか、というと疑問な気もしますが。(笑)
いずれにせよ、せっかく購入したPCとか、壊れて廃棄するしかないまで、使いたいもんですよね。
ワタクシのところにも、10年選手のPCが一台残ってます。
#家族用におろしてしまいましたが。
案外、そのくらいのPCでもUbuntuで、何とか動いてしまうもんなんですね。
USB接続のペンタブとか接続して、お絵かきとかに使ってるみたいですが。

ムリに使うこともないんでしょうが、なんか使い途がありそうなら、考えてみてもいいんじゃないでしょうかね。

|

« まあ、需要はあるのかも知れませんが。 | トップページ | これ、ちょっと期待。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

コメント

今日は、家でも一台「ネトラジプレーヤー」兼「ファイルサーバー」として活躍してます。
正直ファイルサーバーは外付けHDDでまかなえますので存在意義が薄い(家族への説得力も)のですが、ネトラジプレーヤーはその点ストリームな点が存在意義を高めてくれます。きっと..おかげで調理中、掃除中、仕事中、ながらリスニングに最適です。
私の一押しは「sky.fm」のpianojazzです。

投稿: tori_3 | 2010年3月13日 (土) 14時43分

ほほう。なるほど。単にファイルサーバだと、説得力が薄いので、他の機能も合わせて提供するってことですな。これは賢いやり方かも知れませんね。
特に、こう、家族に対してお金の使い途を認めて貰うためには、必要な考えかも知れません。(笑)

投稿: かおりん | 2010年3月13日 (土) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/47796600

この記事へのトラックバック一覧です: 確かに困りもんではあるんです。:

« まあ、需要はあるのかも知れませんが。 | トップページ | これ、ちょっと期待。 »