« 環境問題? | トップページ | みくつべ♪Ver1.4公開 »

まあ、あるとは思うけどさ。

Linuxに移植されるべきWindowsアプリケーション10選 - IT業界を生き抜く秘密10箇条 - ZDNet Japan

Windowsアプリケーションには、Linux上でネイティブに動作するようになれば、Linuxユーザーの数を確実に増やせるものがいくつかある。

松本さんからネタが投下されましたので。
まあ、確かにね、ここに挙げられているのは、それなりに需要の高い製品かなぁ、と思ったりします。
PhotoShopなんか、特にこれがないと仕事にならないなんて人も多い製品だったりしますし、Quarkなんかもそうですよね、確かに。
他に変わるものがあるか、ってぇと、まあないでもないんですが、プロ級の用途には耐えられない場合もあるようで。
例えば音楽系のツールなんかもそうでしょうかね。
あんまりLinux系では聞かない分野なので、その辺強化されると、案外普及の原動力にはなるのかも知れません。
#ならないかも知れません。(笑) そういうひとは「音楽を作りたい」のであって、OSで苦労したくないでしょうし。(爆)

個人的に、欲しいなぁ、と思うツールは、実はこの中にはありません。
ていうのも、基本的にubuntuに入ってるツールか、PPAあたりから導入するツールで事足りてしまっているので。
特に、これがないと、ってのはないんですよね。
仕事で使ってないってのも理由かも知れませんし。
写真なんかもRAWデータとか扱いませんしね。
#そもそもそんなカメラを持ってない。HX1で十分高機能。

PhotoShopなんかも、ワタクシの用途ではGIMPですら、使いこなせないような状況で。

アプリどうのこうのってのは、ワタクシの場合はありませんねぇ。
やっぱりハードウェアサポートの方が大きいかな。
何回も書いてますけど。(笑)
地デジどうにかしてくれ。

|

« 環境問題? | トップページ | みくつべ♪Ver1.4公開 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

投下しておいて、結局自分の方でも書いてしまいましたが。
結局、私的には、「金を出してまで買わないだろうな」というのが結論です。決してケチなのではなく(ケチですけれど)、同じ払うなら開発者に直接払ってオープンなものをリリースしてほしいなと(その方が使いやすいので)。ただ、私が小額のカンパしたって、それだけで開発者が私の要望に応えてくれるとは思えませんし。同じような要望がある(そして小額なら出してもいい)ユーザーがあるていどまとまったら、モチベーション上げるだけの金額にもなるんでしょうけどね。そういう仕組みって、難しいですよね。

投稿: 松本 | 2010年3月29日 (月) 15時14分

反応早いな、と思ってしまいましたが。(笑)

まあ、正直、OSSじゃないなら、ってのがホンネですね、同じく。
まあ、少額なら払うかも知れませんが、あくまで仕事で使うのに、それだけの品質のある成果物が作成できるなら、ってところです。
ソフトウェアに掛かる費用をペイできるだけの仕事なら問題ないんですが。(笑)

OSS作者の多くは「頼まれて作る」のではなく、「自分が必要だから作ってる」んだと思うんですよ。いくら技術があっても、自分が必要と思わないものは作らないのではないか、と。
逆に自分が必要なものを作ってるので、機能などは、案外痒いところに手が届く場合があったりするんですが。
#また、その逆に使い方が違う場合、まるで使えない場合もあり。

OSSで何もかもっては難しいようには思うので、Adobeとか商用ソフトが「移植」される分には歓迎なんですけどね。

投稿: かおりん | 2010年3月29日 (月) 15時27分

> 逆に自分が必要なものを作ってるので、機能などは、案外痒いところに手が届く場合があったりするんですが。

なるほど、これは納得です。ちょっと前まではプログラミングのできるDTP関係者って結構いたと思うんですが、そういう人々はこっちにこないんでしょうかねえ。業界の体質か。。。

投稿: 松本 | 2010年3月29日 (月) 16時22分

どうなんでしょう。DTPソフトをまともに作れるだけの技術者なら、なんつぅか、業界に普通に仕事があるので、OSS開発してどうの、って考えになるかどうか。
先にも書きましたが、技術があっても、「すでにある」場合は作りませんし、まあ足りてるのか、自前で作っても公開はしてないのか。
公開できない事情や都合もあるでしょうし。
#社内で作ってれば、社内n資産でしょうし。
DTPに限らず、結構事情まで考えると「アプリケーションレベル」でのOSS開発は、結構困難なのかも知れません。

投稿: かおりん | 2010年3月29日 (月) 16時30分

> 「アプリケーションレベル」でのOSS開発は、結構困難なのかも知れません。

そう思えば、そんななかでもこれだけのアプリが揃ってるのは相当すごいことなのかもしれませんね。実際、贅沢言わなければ何の不自由もないレベルまできてるので。

投稿: 松本 | 2010年3月29日 (月) 17時09分

正直な話、GIMPとかOOoとか、あれを作れと言われても困りますからね。
作れないわけではないと思いますが、その膨大なコード量を想像すると、先が見えなくて、ココロが折れてしまうと思います。
まあ、最初は小さいところから始まって、開発者が増えたんだろうとは思いますが。
そんな形でも、とにかく、「アプリケーション」レベルのプログラムがOSSで開発されている事実は、すごいことだと思うんですよね。
もう少し、日本でもそんな活動が盛り上がると、OSSの世界でも誇れるのかも知れません。
今のところ、メジャーなのって言語のRubyくらいですかね。世界に誇れるOSSって。
わさびーさんとか頑張って欲しいものです。(笑)
#例によって他力本願。

投稿: かおりん | 2010年3月29日 (月) 20時05分

いや、ほんと、若い力に期待ですよ。
#同じく他力本願。

投稿: 松本 | 2010年3月29日 (月) 20時40分

で、無関係にネタです。
http://d.hatena.ne.jp/hummer/20100331/1270060973

私にとっての3つの理由は、ワードカウント、IEのみの銀行サイト、BIOSアップデートでした。去年1年は。

投稿: 松本 | 2010年4月 1日 (木) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/47940807

この記事へのトラックバック一覧です: まあ、あるとは思うけどさ。:

« 環境問題? | トップページ | みくつべ♪Ver1.4公開 »