« ScribeFireの新バージョン来た! | トップページ | 起動ドライブの容量が厳しい。orz »

とりあえず動くようにはなった。

何をしていたかというと。
みくつべ♪の動画エンジンにMPlayerを追加してました。
コマンドラインのオプションで切り替え可能に。

画質的にMPlayerの方が有利なのと、GStreamerで問題がある場合には切り替えて使える方が、何かと便利かな、と。
現状、GStreamerと同程度には動くようになってるんですが、ロードテスト的なものがまだなので、もう少し手元で動かしてから公開しようかと思ってます。

MPlayerにはPythonのバインディングがないので、実は難しいのかと思って見送っていたのですが、MPlayerを別プロセスで動作させるなら、案外面倒なことは少ない、というのを知りまして。
結局VLCよりもラクに実装できることになったわけですが。

詳細は、みつくべ♪のソースを見て貰うとして。(笑)
#まだ未公開だけどな。
簡単に書いてしまうと、-slaveオプションをつけて起動し、-widオプションに、動画を再生したいウィンドウのIDを渡してあげれば、自分のアプリの任意のウィンドウ内で動画再生が可能です。
恐らくは、SMPlayerなんかも同じ手段で実装されているんじゃないかと。

肝心のコントロールですが、これはコマンドが用意されていまして。
-slaveオプションをつけて起動したMPlayerとパイプで接続して、そのパイプにコマンドを書き込んであげると、応答がやはりパイプを通じて帰ってきます。
この辺の仕組みは、ネットを探すと結構転がっているので、使ってみたいひとは探してみてもいいかも。
ライブラリとして公開しているひともいるようですので、それらを使うのも手です。
今回は、基本的にファイルを分割したくなかったので、自前で組み込みましたけど。
まあ、車輪の再発明にならんように、コピペを多用しました。(笑)
もう少し動かしてみないとなんとも言えませんが、もしかしたら、この手のことを行うには、GStreamerの制御を行うよりもラクかも知れませんね。
最初からこれにしときゃよかったよ。(笑)



|

« ScribeFireの新バージョン来た! | トップページ | 起動ドライブの容量が厳しい。orz »

みくつべ♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/47924754

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず動くようにはなった。:

« ScribeFireの新バージョン来た! | トップページ | 起動ドライブの容量が厳しい。orz »