« みくつべ♪Ver1.5.0.1公開 | トップページ | みくつべ♪Ver1.5.0.2公開 »

起動ドライブをHDDへ。

購入してしまったので、起動ドライブを予定通りHDD化。
SSDの容量不足を嘆いていましたが。
実は、容量が不足していた訳じゃなかった。orz
rootで作業してたときのファイルが、/rootのゴミ箱の中に大量に残っていまして。
これが7GB近く喰っていたという。orz

その7GBがあれば、実際には空き容量は15GB近くなわけで、全然容量なんて不足しません。
ええ、ワタクシが超マヌケなだけでした。
LinuxというかUbuntuの場合、32GBのROOTパーティションで十分です。問題ありません。
前言を撤回します。くそぅ。

とはいえ。
買ってしまった物は仕方ないので、いずれSSDに戻すとしても、まずは試しに使ってみましょうか、ってことで。
ドライブそのものはかなり静かでケースファンの方がうるさいくらいです。
書き込み時に少し音がしますが、ワタクシは気に障るレベルではありませんね。

性能的にはBootChartでグラフを取ると、Max130MB/s出てるようです。
まあ、SSDには若干及ばないけど、十分高速かなぁ。

今時の高速HDDと比較すれば、速くはないんですが、これで遅いって文句は出ないレベルじゃないかな、と思います。

安価であることを考えると、容量が欲しい向きにはお勧めできるドライブじゃないですかね。WDの2TB。
WD20EARSってモデルですが。11700円で購入。
ま、安くなったもんです。

以降の手順は、ちょっと冗長ではありますが、一度、UbuntuのLiveCDから、適当なパーティションを切って、9.10をインストールしてしまいます。
これで、MBRとかインストーラーに書き込んで貰う、と。
その次に、インストールしたドライブからの起動確認をして、従来の起動ドライブも接続し、再びLiveCDを起動します。
LiveCDで、Grsyncをインストールして(標準だと見つからないのでリポジトリ追加が必要)、新しい起動ドライブと古い起動ドライブを両方マウントして、ファイルをコピー。
所有者、パーミッション、シンボリックリンク等は、そのままコピーするように設定します。
結構コピーには時間がかかりました。(笑)
まあ、無駄ファイルも含めて20GBですからね、それなりに掛かります。
#5分で終わると思っていたのは秘密だ。(笑)

で、ここからが面倒なところ。
新しい起動ドライブの/etc/fstabを開いて、従来の起動ドライブのUUIDを新しいパーティションのものに書き換えます。
UUIDは、sudo blkidで確認できますので、端末から確認して、geditでコピペ。
#もちろん管理者権限がないと書き換えられません。

さらに。
実は、これがハマったところなんですが。(^^;
新起動ドライブの/boot/grub/grub.cfgに従来の起動ドライブのUUIDが設定されています。
これも書き換えないとならないんですが、読み込み専用属性になっていますので、これに書き込み可能な属性を追加してあげないとなりません。
コマンドでやるなら以下。
$sudo chdmod +w /media/新起動ドライブ/boot/grub/grub.cfg
これで書き込み可能になるので、古い起動ドライブのUUIDを新しい起動ドライブのUUIDで置換して保存します。
その後、もう一度コマンドを。今度は書き込み可能属性を外します。
#不要かも。
$sudo chdmod -w /media/新起動ドライブ/boot/grub/grub.cfg


これでブートすれば、無事に新起動ドライブからブートが可能になります。

現時点では、特に問題も発生してないように思われますが・・・。
ま、全機能を使ってるわけじゃないのでね。これからなんか出る可能性はありますけど。
ま、ぼちぼちチェックしながらって感じでしょうか。

しかし。
容量が不足しないことが明らかになったので、10.04のリリース後には、またSSDに戻すかも知れません。正直、起動ドライブにする以外、SSDの使い途がないので。
2TBドライブの方は、まだバックアップ用にするとか、次のPC組んだときとか、使い途は色々と考えられるので、余らせておくなら、2TBドライブの方が現実的かなぁ、などと思っていたり。
ああ、今のHOMEに使ってる、1.5TBと置き換えるのもありだな。
ファイルコピーの手間ばかりかかるけど。(^^;

|

« みくつべ♪Ver1.5.0.1公開 | トップページ | みくつべ♪Ver1.5.0.2公開 »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

rootのゴミ箱、曲者ですよね。私も「捨てたはずなのに何でゴミ箱にないの?」と悩んだことがあります。ユーザーごとにゴミ箱というのは正しいのでしょうけれど、rootがユーザーだというのがなかなか理解できませんでした。ちなみに、Gnomeのゴミ箱とXfceのゴミ箱も場所が違うみたいですね。ゴミ箱を空にしたつもりが、デスクトップ環境を変えて起動すると空になっていなかったりと。

投稿: 松本 | 2010年4月 8日 (木) 22時10分

まさか、7GB近くも溜まってるとは思いませんでしたよ。
ROOTユーザーのゴミ箱だから、他のユーザーがカラにしたときにカラにならないってのは、まあ解るんですが、sudoでノーチラス起動しても、カラに出来ないんですよね、ROOTのゴミ箱って。どうすればいいのか、と。
まあ、削除するときに、意識してSHIFTキー押せばいいのかも知れませんが。
やられました、今回は。
これが事前に解ってれば、HDDなんて買わなかったのに。orz

投稿: かおりん | 2010年4月 8日 (木) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/48030770

この記事へのトラックバック一覧です: 起動ドライブをHDDへ。:

« みくつべ♪Ver1.5.0.1公開 | トップページ | みくつべ♪Ver1.5.0.2公開 »