« YouTubeに仕様変更があったらしい-みくつべ♪- | トップページ | 絶対に必要な理由ってなんかあるかなぁ。 »

NetBeansを使ってみる。

IDEとして定評がある(らしい)NetBeansを使ってみた。
そもそもJava環境で動作するので、Java嫌いなワタクシは避けていたわけですけれども。(笑)

6.8から標準でPythonサポートのプラグインもあり、デバッガもIDE上から実行できるらしい、ってことでインストールしてみました。

これ、Synapticとからインストールしちゃダメです。(^^;
フォントがマトモに表示されなくて、ハマりました。

で、今回はインストール手順と行った設定。
まず、JDKが必要ということなので、以下を実行。
$sudo sudo aptitude install sun-java6-jdk sun-java6-fonts

その後、ここから、公式パッケージをダウンロード。
インストールの手順のページに従ってインストール。

基本、こんだけです。
起動後、Pythonプラグインだけ、別途導入しました。

で、これだけだと、Java特有というか、フォントがイマイチなので、起動スクリプトを修正。
起動スクリプトは、何も変更してなければ以下のフォルダにあります。
$HOME/netbeans-6.8/bin
その中に、netbeansという起動用のシェルスクリプトがありますので、これを開いて、末尾の方にある起動コマンドにオプションを追加。
-J-Dawt.useSystemAAFontSettings=on \

これで、メニュー等、各種フォントにアンチエイリアスが掛かってくれて、普通にUbuntu上で他のエディタを使うのと、同様の見た目になります。
まあ、あとはお好みでフォントを調整するって感じで。

ちょっと使ってみた限りでは、まあ悪くないです。
IDEと考えれば、起動が遅いのも、まあ納得できないこともないし。
キーバインドがVisualStudioと異なるので、ちと違和感がありますが、自分で設定出来るので、まずまずかなぁ、とは思いますけど。
もう少し使い込んでみて、常用するかどうかは判断したいかな、と思います。

割とイケてると思うんですがね。
---------- 追記 ----------
最新の6.8を使ったらCPUが100%喰われる現象が発生しましたので、6.7.1にダウングレードしました。
結果、かなり快調に動作します。
アップデートとかしたら、メニューが英語と日本語混在するようになったけど。(笑)
まあ、実害はないので。
なんか、こういうメニュー見てると、古のLinuxアプリってこんなんだったなぁ、なんてことを思い出したりしました。

|

« YouTubeに仕様変更があったらしい-みくつべ♪- | トップページ | 絶対に必要な理由ってなんかあるかなぁ。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/47980580

この記事へのトラックバック一覧です: NetBeansを使ってみる。:

« YouTubeに仕様変更があったらしい-みくつべ♪- | トップページ | 絶対に必要な理由ってなんかあるかなぁ。 »