« 10.04でflashが文字化けしていた。 | トップページ | ubuntu10.04用起動画面第2弾 »

Ubuntu10.04:起動画面を変更-PlyMouthとの戦いの記録(笑)

これまで、何度もPlyMouthと戦ってきたわけですが。(笑)
まずは成果物。
みくんちゅ♪のプリマステーマ

上記をダウンロードして、管理者権限で以下のフォルダにコピーします。
/lib/plymouth/themes

コマンドなら以下。

$ sudo cp -r mikunchu /lib/plymouth/themes/mikunchu/

その後、テーマをインストールします。
$ sudo update-alternatives --install /lib/plymouth/themes/default.plymouth default.plymouth /lib/plymouth/themes/mikunchu/mikunchu.plymouth 1000

次に、インストールしたテーマを選択します。
$ sudo update-alternatives --config default.plymouth

一覧が出てくるので、みくんちゅ♪テーマを選択してください。
最後に、以下のコマンドで更新。
$ sudo update-initramfs -u -k all

んで、こっから。
NVIDIAのひと(ATIも同じかも)の場合には、標準だと、大変寂しい状態の起動画面になるので、PlyMouthで使用されるドライバを変更します。
ちなみに、これやると問題発生する場合があるので「ぷりますがみっくみくじゃないと許せない!」ってひと以外は、やらない方が無難かも知れません。
また、設定ファイルを変更するので、元に戻せるようにバックアップしながら作業してください。

編集するファイルは以下の通り。
/etc/default/grub
/etc/modprobe.d/blacklist-framebuffer.conf

○/etc/default/grubの編集
$ sudo gedit /etc/default/grub

として管理者権限でファイルを開きます。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash”
となっている行に以下を追加します。
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash video=vesafb vga=0x318
※追加するのは赤字の部分
vga=0x318の部分は、色数と解像度を表してますので、お好みで。
参考サイト
保存して終了。
$ sudo update-grub

でgrubを更新します。

○/etc/modprobe.d/blacklist-framebuffer.confの編集
$ sudo gedit /etc/modprobe.d/blacklist-framebuffer.conf

としてファイルを開きます。
blacklist vesafb
という行がありますので、以下のようにコメントアウトします。
#blacklist vesafb
そして端末から以下を実行(追記しました。)
$ echo FRAMEBUFFER=y | sudo tee /etc/initramfs-tools/conf.d/splash

全部終わったら以下のコマンドで更新。
$ sudo update-initramfs -u -k all

これで以下のような起動画面になります。
送信者 Blog


ちなみに。
これ、仮想環境ではうまく行きませんでした。
vesafbが起動できずに、テキストモードで表示されます。
なので、画面スナップもデジカメ写真という。(^^;

おそらく、この設定であれば、テーマフォルダ内のbg.pngが多色でも問題ないはずなので、任意の画像にすることができると思います。

元のテーマに戻す場合には、こちらに解説がありました。

Ubuntu 10.04 の Plymouth 4/23 時点 « Kawaji's Weblog

内容に新しい情報は特にないんですが、デフォルトの ubuntu-logo テーマに戻すには以下のコマンドでオーケーと。

$ sudo update-alternatives --auto defalut.plymouth

$ sudo update-initramfs -u



上記サイトには、他にもubuntu関連のプリマス情報がありますので、目を通して置いた方がいいかも知れません。

というわけで、プリマスとの戦いは、いったんこの辺で。(笑)
---------- 追記 ----------
VirtualBoxでも動きました。(^^;
手順を間違えてたみたい。
update-grubをかけてあげれば正しく動作します。
で、これがVirtualBox起動時の画面スナップ。
送信者 Blog

次のが、背景画像を差し替えたもの。
タイトルロゴが白のみなので、ネギと同様見えなくなってますが。(笑)
画像差し替えた後は、以下のコマンド実行が必要になります。
$ sudo update-initramfs -u -k all


送信者 Blog

|

« 10.04でflashが文字化けしていた。 | トップページ | ubuntu10.04用起動画面第2弾 »

Projectみくんちゅ♪」カテゴリの記事

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、moebuntuを運営しているTOYです。
有益な情報ありがとうございます。
わたしの環境(ATI)でも仮想環境で16色表示だったのですが、
おかげさまでフルカラー表示ができました。
ただ、$ update-grubにsudoをつける必要があるようですので一応お知らせしておきます。
「ルートにしないといけないよ」というメッセージがあって最初理解しないで、失敗しました。
$ sudo update-grubだと気づいて再度やり直してうまくいきました。

投稿: TOY | 2010年5月 5日 (水) 23時32分

ご指摘ありがとうございます。
修正しておきました。

moebuntuに負けてられん、と、うちの大将(tminさん)がいつも言ってますので、頑張ってみました。(笑)
この手の情報は共有してけるといいですね。

投稿: かおりん | 2010年5月 6日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/48272831

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu10.04:起動画面を変更-PlyMouthとの戦いの記録(笑):

« 10.04でflashが文字化けしていた。 | トップページ | ubuntu10.04用起動画面第2弾 »