« iPhoneへauから電話帳を移動 | トップページ | tumblrとEvernote »

家族用のPCを10.04にした。

昨日から今日にかけて、家族用の2台のPCを9.10→10.04にアップグレードした。
一台は、アップグレードが正常に行われたため、まあ、問題なく完了し、ちょうどうぶまがVol.4で紹介されていたGW−USMicroNを使って接続していたので、うぶまがの記述にしたがって。150Mbps接続可能なように設定も行ってみた。
んでも。
物理的に1階と2階なので、やはり無線強度は落ちるらしく、アップグレード時の転送レートは500KB/s前後。ひどい時には二桁台まで落ちることもあり、多少はマシになったかな、という程度。んでも、接続切れないからいいか。
まあ、アップグレードなんで、設定等、基本引き継ぎされているので、簡単な動作確認だけして、こちらは完了。
ま、無線LAN設定がちと面倒だっただけ、かな。
ハード的にかなり古いので、ディスプレイドライバとか問題出るかな、とも思ったんですが現時点では特に問題なし。
起動は…、ま、速くはなりましたが、元々遅い端末ですので、劇的に変わったな、という印象はありません。最初のカーネル読み込みとか遅いんですよね。
まあ、10年近く前の端末なので…。
#それでも問題なく動くところがLinuxのすごいところか。

で、問題が起きたのがもう一台。
こちらはCore2Duoの端末で、割と普通の構成。9.04→9.10の時は特に問題らしい問題も起きなかったんですが。
なぜかアップグレードに失敗しました。
ubuntu-desktopが削除できない、とかエラーが出まして。
もしかしたら、GDMテーマとかXubuntuのものに差し替えていたのが悪さをしていたのかな、と今となっては思うのですが、今さら確認のしようもないわけで。(笑)

まあ、ほとんどWebにしか使われてない端末だし、たいした設定も行なってないので、クリーンインストールを敢行。
ところが。
この端末、DVDドライブとか付けてない。(笑)
アスワンとかでDVDドライブ使う都合があって、内蔵ドライブは外しちゃったんですよね。必要なら、USBで接続すればいいや、くらいに思ってまして。

んで。
USBでインストールメディア作ればいいよね、と思いまして。
日本語Remixのisoはダウンロード済みだったので、スタートアップディスクの作成から、LiveUSBを作ることにしました。
無事に作成完了して、USBブートを試みるも、なぜかBOOTエラー。
なんで?
と思って、別のUSBメモリに同様にLiveUSBを作成してもBOOTエラー。
こら、PC本体とUSBの接続が内部で断線しているんかな、と思って、レスキュー用のUSBメモリでブートしてみると、普通にブートしてしまいます。

こら困ったぞ、ってことで。
DVDドライブをUSB接続して、うぶまが付録のインストールCDからインストールすることにしました。
ところが。
LiveCDのメニューは出ても、Live起動も、インストーラ起動もまったく行われません。
面倒になったので、チェックしてないんですが、DVDドライブそのものが壊れている可能性もあるな、と今は思っています。
#ま、付録メディアとの相性って可能性も、もちろんある。
まあ、このドライブ自体、最近不調だったドライブなので、それ以上追求するのはやめて、LiveUSB作成手順を変更することに。
スタートアップディスクの作成がダメなら、UNetBooinでどうだ、ってことでインストール。
こちらも無事にメディアは作成完了。
でも結果に変化なし。orz
そうするうちに、4GBのUSBメディアが、認識はされるものの、フォーマット等を受け付けなくなってしまいました。
なんかの事故で、メディアの管理領域が破壊されたものと思われます。
A-DATAのメディアだったのでメーカーサイトに修復ツールでもないかな、と思ったんですが、ありませんでした。
ま、これは諦めるしかなさそうです。
で、残りの手持ちは2GBのもののみ。
こちらも同様の手順で作成してもブートしなったメディアです。

最後の手段として、WindowsからUBSメディアをフォーマットしてみることにしました。
リムーバブルメディアのHDDのVistaから起動して、2GBのUSBメモリを差し込む。
無事に認識し、フォーマットを行うことが出来ました。
フォーマットは一応FAT32でやってみたわけですが。

その後、Ubuntuに戻って、スタートアップディスクの作成から、再度日本語RemixのISOを焼き込んでみます。

ようやく、本当にようやく、LiveUSBが起動しました。
#今もって、何が原因でブートエラーになっていたのか解りません。なんかUSB-ZIPとして認識されていたみたいなんですが。WindowsでフォーマットしてからはUSB-HDD認識になってました。なんかあるのかなぁ、MBR近辺で。
インストーラを選択し、無事にインストール開始。
インストールが開始してしまえば、あとは何事もなく、進んでいきます。

最後にリブート後、アップデートを掛ける際に、ちと見慣れぬエラーが出ましたが、プロプラドライバの通知がなんか握っていたのかも知れません。
アップデートの前にプロプラドライバを導入し、無事にアップデートも完了しました。

そんでまあ、定番のファイアウォールの設定と、WINSの設定を行なって、その他動画再生のための各種アプリケーションとCODECをインストールし、今は無事に使用可能となっています。

いやぁ、まさかCore2マシンの方に手こずるとは思わなかった。
長い一日でした。(笑)

|

« iPhoneへauから電話帳を移動 | トップページ | tumblrとEvernote »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

どうも、はじめましてです。
同じようにLiveUSB制作時に、USBメモリが使用不可になった事がありまして、ゴミになってしまったメモリを思いつきでXBOX360で認識させてみたところ何でか使用可能になって、復活しました。FAT32で普通に。
今は、10.04のLiveUSBで問題無く使えています。
うまく行くかどうか分かりませんけど、よかったら試してみてください。

投稿: zero | 2010年6月 7日 (月) 20時49分

情報ありがとうございます。でも、残念ながらXBOX360は持ってないのです。
試しにPS3ででもやってみますね。

投稿: かおりん | 2010年6月 7日 (月) 21時08分

なんか私もUSBブートディスクを「スタートアップディスクの作成」でつくったときにUSBメモリの調子がおかしくなってしまったことがありまして。で、似たようなツールのImage Writerでディスクを作成すると、なぜかその後は再度使えるという奇妙な状態を経験したことがあります。このUSBメモリは、その後もあまり信頼できない感じなのですけれど、プログラムによってフォーマットのしかたが違うのかと思ったりもしました。あくまで「感覚」ですが、GpartedでUSBメモリを触ると、トラブルが発生する場合があるような気がしています。

投稿: 松本 | 2010年6月 7日 (月) 21時29分

ダメでした。orz

投稿: かおりん | 2010年6月 7日 (月) 21時45分

あ〜、ディスクユーティリティでフォーマット掛けました。そのせいかなぁ。
まあ、もう680円の安価なUSBメモリを補給してしまったので諦めます。
このUSBメモリ、Windowsでも認識しない状態なので、たぶん管理領域が破壊されているものと思われます。

投稿: かおりん | 2010年6月 7日 (月) 21時54分

PS3はダメでしたか。
運が悪いのかと思ってましたけど、同じような事結構あるみたいですね。
Windowsでは、認識はされて容量不明とかな状態だったと思います、こちらでは。
2本のメモリで同じ目にあって、XBOXに救ってもらったんでレスキュー能力は結構あるのかなと。
2回とも、9.10 LiveCDでの被害だったんで試してみたら再現は出来なく、?です。

投稿: zero | 2010年6月 8日 (火) 12時19分

せっかく情報いただいたんですけどね。
とはいえ、USBメモリ救済のためだけにXBOX買うわけにも。(笑)
…でも現行ゲーム機で持ってないのはXBOX360だけなんだよなぁ…。

投稿: かおりん | 2010年6月 8日 (火) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/48558017

この記事へのトラックバック一覧です: 家族用のPCを10.04にした。:

« iPhoneへauから電話帳を移動 | トップページ | tumblrとEvernote »