« 萌えせっとあっぷ改修 | トップページ | ホームポジションとキーバインド »

価格も含め、大変魅力的ではあるが…。

ASCII.jp:TDPが4コアCPUと並んだ95W版「Phenom II X6 1055T」|最新パーツ性能チェック

4月29日にリリースされ、低価格6コアCPUとして自作ユーザーに認知されている「Phenom II X6」シリーズだが、下位モデルの「Phenom II X6 1055T」(2.8GHz)に早くも改良版が登場した。変更点は125WだったTDPが、95Wへ引き下げられたことである。

さて、C2Qとの性能差がどのくらいあるものか、ってところが気になるとこか。
ミッドレンジのCPUクーラーでも十分に冷えるTDPの低さは魅力的だし、まあ、サンプルだからアテにならんとしても、多少のOC性能は期待できるとすると、少なくとも、今のC2Qより性能が劣化する、ってことはなさそうだ。

が、しかし。
メモリを含め、マザボ、CPU買い替えとなると、やはり6万近い、あるいは6万円を超えてしまう。
これは、まあ、Core iにしても同じだけど、さほど性能差が出ない、例えば5割程度の性能アップのために、そこまで投資できるか、というのが問題ではあるな。
ぶっちゃけ、6万超だすなら、CULVのノートPC、しかもi5搭載のものが視野に入ってしまう。
ちょっとアスワンに力不足を感じている今としては、メインマシンのリプレースよりも、そちらを優先したい気もしているし。

まあ、新規に一台組むなら、大変魅力的であるし、オススメなCPUな気はするが、今の環境からのリプレースには、もうひと押し性能差が欲しいところ。
やはり、倍、倍は欲しいな、性能差が。

4倍高速になるなら、間違いなく買い、ではあるが…。

年内にPCリプレースを考えてたけど、来年まで待ちの方がいいような気がしてきたな。

|

« 萌えせっとあっぷ改修 | トップページ | ホームポジションとキーバインド »

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/48852519

この記事へのトラックバック一覧です: 価格も含め、大変魅力的ではあるが…。:

« 萌えせっとあっぷ改修 | トップページ | ホームポジションとキーバインド »