« 価格も含め、大変魅力的ではあるが…。 | トップページ | まあ、さらっと流す感じで。(笑) »

ホームポジションとキーバインド

まあ、例によって、というか。
Twitterからネタを拾った話で。
例えば、Emacsとかvi系とか使ってるひとって、基本マウス触りたくない、とかいう話があり、まあ、そういうもんかなぁ、と思ってたんですが。

その手の、エディタ、だと、例えば行頭に飛ぶ、行末に飛ぶ、カーソル移動なんかも、ショートカットキーとして、定義されていることが多く、CTRL+xな操作で可能だったりします。
なので、CTRLキーがよい位置にあると、本当にホームポジションから手を離さずに入力が可能なわけで。

んでも。
そん時に、ちと思ったのが。
ホームポジションって、そもそも英文タイプから来てるんじゃないかな、と思ったんですが。
あれって、配列はいろいろあるみたいですが、たぶん、QWERTYじゃないかと思うんですけど。
#実物知らんし、調べんで書いてますけど。(^^;

まあ、英文タイプライターってのは、例えば議事録作るときにも使われただろうし、効率よく入力するためのキー配列と、「ホームポジション」なんだと思うんですよ。
もう、本当に「話す速さで打つ」「考える速さで打つ」ために編み出された配列ってんですかね。

で。
まあ、ホームポジションの意義とか、意味ってのが、その「考える速さで打つ」ためのものだとして。

その為の機能として、カーソル移動って考え方ないよな、と思ったわけです。
まあ、そもそも英文タイプにそういう機能があるとも思えないし、自分でプログラム書くときとか、カーソル移動ってどんな時に使うかな、と考えたとき、主にプログラムを「修正や変更」する時に使うんですよね。

実際、文章書くときに、あんまりカーソル移動なんてしないし。
推敲したり、誤字脱字を修正するときくらいしか、カーソル移動なんてしない。
行頭に飛んだり、行末に飛んだり、ってのは、追記したりするときだけ、なんですよ。

んで。
何がいいたいか、ってぇと。
別にカーソル移動とか、「考える速さで打つ」もんじゃないよね、ってことなんです。
修正したり、追記したりする場合、その前にどう直すか、考えるわけで、その間、ホームポジションから手が離れてても、入力の速度に影響ないんじゃないの?と。
まあ、一方で。
その考えている間も、片時もキーボードから手を離さずに、ホームポジションに指があるのなら、カーソル移動や、行頭行末へのジャンプ、または、カット&ペーストが、ホームポジションから手を離さずに行える、ってことは重要なのかもな、とも思いますが。
これ、単に癖の問題なんじゃないのかな、と思ったわけです。
ワタクシは、わりと考えてる時は、キーボードには手を置いてないので、極論、どこかに文字を挿入とか、そういう場合は、マウスでも困らないんですよね。
なので、「常にキーボードに手を置きながらものを考える癖」のあるひとには、ショートカットキーって重要なんだろうし、そもそも、マウス操作とか考えられない、ってのは、そうだろうな、と思いました。
てか。

まあ、単なる個人的な思い込みかも知れませんが、「どう直そうか」って考える時にも、終始キーボードに手を置いてて、ある意味肩が凝らないのかな、と思ったり。(笑)
まあ、癖とか人それぞれなんで、逆に「なんでキーボードに手を置かずに、どう修正するか考えられるんだ」なんて聞かれるのかも知れませんが。

いずれにせよ、「速くタイプする」ために必要な機能ではないですよね。>ショートカットキー
「人それぞれの癖」に応じて「手早く修正する」ための操作なんじゃないの?と思ったわけです。
してみると、プログラムとか、最初から一字一句間違えずに入力出来て、バグなんか、0ですよ、なんて超人がいるのなら、エディタなんて、なんでもいいのかも知れませんねぇ。(笑)

だって、そこそこの機能持ってるエディタなら、自動インデントは付いてるし。インデント減らすのも、ショートカットキー使ってもいいし、BS使ってもいいし、まあ、手はいくつかありそうですが、カーソル移動なんてしないし。

まあ、とはいえ。
ひとは間違うもんなので、その辺の「効率を上げたい」から、ショートカットキーとかにこだわりが出るのかも知れません。

まあ、ワタクシの場合は、本当に入力するとき以外は、キーボードから手は離れているし、ブラインドタッチも適当で、そもそもホームポジションって何だっけ?ってひとなので、「ホームポジションから指が離れるなんて信じられない!」って方々とは、ことごとく意見が対立したりするわけですけどね。(笑)

まあ、ただ。
文章を書くならともかく、プログラムを書く場合には「考える時間」を短くしたり、「調べる時間」を短くする方が、効率は上がるので、ある意味、エディタにこだわるのは、意味ないよ、という気もします。(笑)
んでも、コピペは、結構使うんで、こればっかりはWindowsの操作と違うと、結構悩むんですけどね。>エディタ
#とか、敵を増やすようなことを書いてみたり。(笑)

|

« 価格も含め、大変魅力的ではあるが…。 | トップページ | まあ、さらっと流す感じで。(笑) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(手動)タイプライタの配列は、打ちやすさよりも、絡みにくさが優先されています。
よって、文字をたたき出す必要の無い、今のPCではもっと適切な配列があったりします。

投稿: u1p | 2010年7月14日 (水) 11時53分

ははぁ、そういうものですか。
タイプライターのことなど、解らんし、調べんで書いたもんですので。(^^;
いや、絡みにくさ、なんてのが要素としてあるとは知りませんでした。

投稿: かおりん | 2010年7月14日 (水) 14時15分

私もよく知らないんですが、なんか、機械的な都合らしいですよ。使用頻度の多いキーが近くにあるとメカニカルなトラブルが発生しやすいんだとか。

で、まったく本文関係なく、こういうのを見かけたんですが、ネタになりますか?

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100713/184171/

投稿: 松本 | 2010年7月14日 (水) 16時22分

なんか、そういう都合とかあるんですね。
まあ、機械だからなぁ。>タイプライター

んで。
ネタURLは会員にならないと見れないみたいですね。
まあ、他のサイトで同じネタのは押さえてるんで、ちと見てみます。>Android

投稿: かおりん | 2010年7月14日 (水) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/48861205

この記事へのトラックバック一覧です: ホームポジションとキーバインド:

« 価格も含め、大変魅力的ではあるが…。 | トップページ | まあ、さらっと流す感じで。(笑) »