« 萌えせっとあっぷが登録されたようです。 | トップページ | なんか、あんま変わらなかった。(笑) »

これは割といい記事だと思ったな。

オヤジも楽しいツイッターの世界:記事の芽

なぜこんな話を書いているのかというと、7月24日発売の『日経PC21』9月号で「50歳オヤジ初体験ルポ 意外とカンタン、楽しいぞツイッター」という記事を書いたのですが、そのなかで、ギャグを披露し合うツイッターのハッシュタグ「#atakowa」(アタコワ)に触れているからです。これは「替え歌メロディ」などで、カルト的人気を誇るシンガー、嘉門達夫氏の主宰するもので、アタコワとは彼の曲「あったら怖いセレナーデ」をもじったものです。

まあ、こうあるべき、ってのは、あんましないとは思うんですが。
この記事は、いいと思ったな。
Twitterってシステムを楽しんでる感じがよく出てるというか、伝わってくる。
本来、Twitterってのは、こんな使われ方だよな、という。
勝手気ままに呟いて、気になる呟きには、リプライ入れてみたり、検索して気になることを呟いてるひとをフォローしてみたり。
記事のようにハッシュタグでの検索なんかもいいのかも知れませんが。

この記事なら、読んだひとが、「お、ちとやってみようかな」って気になると思うんですよね。

本来、呟いて、それを「盗み見」することが面白いシステムなんだから、企業アカウントとか、営利利用を考えようとするところが、実は間違ってんじゃねぇの?とか思ったりしましたねぇ。
ちょっと前に取り上げた記事とは対照的で。

お気楽なはずのシステムに「営利」やら、マナーで済むところに「ルール」やら持ち込むから、途端に窮屈に感じちゃうんじゃないのかね。

元記事のように「気軽に呟きたいことを呟く」で、いいんじゃないですかね。
それが面白さだし。
フォローしてみたら、思ったほど面白くなかったら、リムーブも出来るわけだし。
フォローされたらフォロー返しとか、むしろシステム的にはそんなの推奨してないわけで。
#まあ、フォローされたら返してみてもいいとは思いますけどね。義務的にやるのではなく、相手の呟き見てから、興味があるなら。

無断リムーブ禁止とか、何様だ、とか思うわけですよ。
「コミュニティ」を形成するためのシステムじゃないですよね、このシステム。
勝手に出来上がるだけで。
フォロワーの数も一種ステイタスになってるのも、如何なものか、と思ったりしますが、まあ、どんだけ面白いことを呟いてるのか、の目安にはなるのかも知れませんけど、誇るべき話じゃないですよね。
単に、「こいつ自分よりバカな感じがするから、フォローしとくと下には下がいるって思えて安心できる」からフォローされてるのかも知れないし。
フォローされた意図なんて解らないわけで。

まあ、さすがにフォロワー数0は寂しいような気はしますが。(笑)

ホント、元記事のように、気軽に、呟きたいことを、適当に呟く、ってのがTwitterらしい使い方、なんじゃないんですかね。

|

« 萌えせっとあっぷが登録されたようです。 | トップページ | なんか、あんま変わらなかった。(笑) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/49002401

この記事へのトラックバック一覧です: これは割といい記事だと思ったな。:

« 萌えせっとあっぷが登録されたようです。 | トップページ | なんか、あんま変わらなかった。(笑) »