« Twitterの使い方 | トップページ | まあ、結構なことじゃないですかね。 »

Twitterの使い方(2)

朝はタイムアップしてしまったので、続きを。(笑)

よく、フォローとかフォロワーってのを聞くと思いますが。
フォローってのは、自分が「聞き耳を立てているひと」のことで、フォロワーってのは、「自分が聞き耳を立てられているひと」ってことですね。
フォローする場合ってのは、興味のある呟きをしているひとをフォローするってことですね。
よくフォロワーの数がどうとかいう話を聞きますが、0ってのはさすがに寂しい気もしますけど、仮にフォロワー0でも、気にすることはないんですよね。
そもそも、呟くためのシステムなので、「聞き耳を立てられている人数」なんてのは、気にしなくてもいいわけです。

むしろ、フォローすること、を考えた方がいいと思うんです。
よくフォローされたら、フォロー返しを、なんてことを聞きますが、これ、あんまし意味ないです。
フォロー返ししても構わないと思いますが、結果的に興味のない呟きしかしないようなひとだった場合、リムーブしてしまった方がいいと思います。
まあ、数日は様子見するのはよいと思いますけどね。

ワタクシの場合は、最初は、フォローとかネット上の知人、ブログにコメントくれる方とかしてなかったんです。
そんで会話とか頻繁にするようになってると、たまにリプライが飛んでくる。
で、リプライくれるようなひとは、そういう話題に興味あるんだろうな、と思って、こっちもフォローしたりしてたんですが。

最近は、いちいちそんなことをするのも面倒になってきたので。(笑)
リプライくれたひとには、基本リプライして、頻繁にやり取りすようになったら、フォローする、って形にしてます。
まあ、先日も書いたんですが、結構、Twitterのゴールデンタイムって23時〜1時くらいだったりするんですよね、ワタクシがフォローしている方々の場合。(^^;
最近は、早めに寝てしまうので、その辺のゴールデンタイムにTLにいないことが多く。
朝、起きてから遡ったりしてるんです。
なので、あんまりフォロー数が多くなってくると、遡れなくなったり、遡るのが大変だったりするので、あまり数を増やさない様にしてるんですよね。

まあ、他の方は「今いるときの呟きしか見ない」なんて方もいるので、その辺は個人の趣味の問題かと思うんですが。
こう、自分が、Twitterというツールをどう使うか、というのを考えながら、フォローするひととか、しないひととか、選択していくといいと思うんですよね。

それと。
Twitterって仕組みは「基本的に応答を期待してはいけない」と思ってるんです。
呟くためのシステムであり、コミュニケーションするツールではない、という前提の元で、使った方が、「疲れない」と思います。
こう、リプライを飛ばしあったり、リツィートなんて仕組みがあるので、ちょっと誤解されてるんじゃないかと思うんですが、基本的には「ポストしっぱなし」の仕組みなわけです。
なので、自分のポストにリプライが来ない、とか、フォロワーが増えないとか、そんなの気にする必要はないというか、むしろ割り切ってしまった方がいいと思うんですよね。
元々、ミニブログと言われてたシステムなわけで、単に「言いたいことを言う」だけのシステムと思ったほうがいいと思うんです。

その上で。
興味のあるポストをしているひとを検索するなり、リプライや、フォロー通知が来たときに、そのひとのポストを見に行って、面白そうだな、と思ったらフォローすればいいと思うんですよ。
こう、誰かの作ったルールに乗っかることはないので、自分で好きなようにシステムを使えば、気軽に、気楽に楽しめると思うんですよね。
別にポストだって、毎日する義務もないし、フォローだって返す義務もないんですよ、元々。
なんか声の大きなひとが、そんなこと言い出してるから、そんな風潮があるのかも知れませんが、こういうのって、義務化してくると、途端に疲れると思うんです。
気が向いたときにやる、でいいと思うんですよ。ポストもフォローも。

フォロワーの数だって、別にステイタスじゃないでしょ、と割り切れば、適当に楽しめると思うんですよね、こういうシステムって。
妙なルールに乗っかるから、息苦しくなるのであって。

自分なりのルールはあってもいいかも知れませんが、自分の中で閉じてしまって、他人に強要しなければ、それはそれで問題ないし。
まあ、一例としてワタクシのフォローするためのマイルールはご紹介しましたが、それをせよ、って話ではないんですよ。
フォロー返しした方が、TLが賑やかになっていいじゃん、ってんなら、そうすればいいと思うんです。
ようは自分のしたいように楽しもうよ、ってことで。

ま、とはいえ。
他人にリプライ飛ばすときは、最低限、マナーは考えましょうか、ってのはありますけどね。
いきなり初見で、エロトークとか、OKな場合もありますが、まあ、どうかな、とか。(笑)
#元々、エロトークにリプライが飛んできたならOKかと思いますけど。(爆)

顔の見えないコミュニケーションは、結構恐ろしいところがあるので、そこは最低限、注意すれば、そんなに肩肘張らずに楽しめるんじゃないのかな、とワタクシは思うんですがね。

まずは、義務感を持たないこと、やりたいようにやること、マナーを守ること、の三つくらいを注意して、とにかくやってみればいいんじゃないかと思います。

Twitter疲れ、なんて言葉もたまに聞きますが、疲れたひとも、改めて、やり直してみては如何でしょうか。

|

« Twitterの使い方 | トップページ | まあ、結構なことじゃないですかね。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/49259776

この記事へのトラックバック一覧です: Twitterの使い方(2):

« Twitterの使い方 | トップページ | まあ、結構なことじゃないですかね。 »