« iPhoneのATOK導入 | トップページ | んなことたぁねーよ。 »

KDEなんでスルーしようと思ったんですが、感想だけ。(笑)

「KDE 4.5」をデスクトップとして選択する10の理由 - IT業界を生き抜く秘密10箇条 - ZDNet Japan

最新バージョンであるKDE 4.5のリリースに至るまで、KDEはユーザーフレンドリーかつ、最も優れた設計のデスクトップを目指して着々と歩を進めていたのだった。そんなことは信じられないという方も、デスクトップとしてKDE 4.5を選択すべき以下の理由に目を通してもらいたい。

KDEそのものは、触ったことがないなら、一度は触った方がいいと思ってるDEであるのは間違いないです。
不安定さから、嫌われていたり、昔からLinux使ってたひとにはQtのライセンスで嫌われていたり、という時代背景もありますが、Qtのライセンスは解決しているはずだし、巷の噂を聞く限りでは4.5は安定しているらしいので。

まあ、このヒトの記事なので、100%鵜呑みには出来ないんですが、以前に触ったことのある印象、および、Twitterなどで聞く評判とかけ離れてないので、本当によいリリースになっているのであろう、と思います。

ワタクシ自身はGNOME派なので、KDEを常用することはないのですが、それでもDVDライターにはK3bを使ってますし、K9Copyも愛用しています。
ツールそのものは、KDEのツールは、使いやすいのです。

それというのも、KDEの思想なのだと思うのですが、操作ガイドが徹底していて、GUIにツールチップによるヘルプは必ず付いてますし、アニメーションカーソルによる直感的な操作ガイド、Prismoidの柔軟性など、ユーザビリティに関しては、明らかにGNOMEより上だとワタクシは考えております。

ウィンドウのタイリングなどは、GNOMEのWMにはない機能ですし、Windowsでは当たり前に使える機能なので、ちょっとしたUIのカスタマイズで、Windowsからの移行組には、KDEの方がとっつきやすいかも知れません。

まあ、ワタクシはGNOME派なので使いませんが。

ただ、これだけ持ち上げられているということは、たぶん、本当に安定性は上がったんだと思われます。

これまで一度もKDEを使ったことのない方は、10.10辺りをめどに、一度触ってみることをお勧めします。
案外、GNOMEでの不満が一気に解消される可能性もありますし、LinuxというOSの柔軟性に改めて驚くことになると思います。
ここまでUIが激変しても、同じLinuxなのか、と。(笑)

また、Linuxの不満だと思っていたことが実はDEであるGNOMEへの不満だった、とかの可能性もありますしね。

正直、GNOMEは、それほど親切なDEではありません。(^^;

Ubuntuでも、ちょっと使いにくいなー、と思ってる方は、本当に一度KDEを試してみるとよいと思いますよ。

|

« iPhoneのATOK導入 | トップページ | んなことたぁねーよ。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/49535429

この記事へのトラックバック一覧です: KDEなんでスルーしようと思ったんですが、感想だけ。(笑):

« iPhoneのATOK導入 | トップページ | んなことたぁねーよ。 »