« なんじゃこら? | トップページ | 電子ブック »

ツールの「使い方」と「正しい使い方」

ツールなんてのは、まあ、用途次第でどうとでも使えるもので。
とはいえ、例えばドライバーで、「穴を開けようとする」のは、効率が悪いわけです。
でも、実際には開けてるひともいたりして。(笑)

シンプルであればあるほど、ツールってのは、幅広い用途に使えるのも事実です。
前述のドライバーであれば、サイズさえあれば、組立家具を作るのから、自動車のメンテナンス、果ては工作機械の組立まで、様々な用途に使えるわけです。
#っても、目的はただひとつ、ねじを締める、緩める、だけ、ですけどね。

一方で、専用ツールというのも存在し、これは「用途が限定」されているツールなわけですね。
それ専用に作られていて、それをするのに、すごく効率がよい。
#ちと一般的な例が思い浮かびませんが、治具と呼ばれる類のものがそれにあたりますかね。

という辺りが前置きで。(笑)

Twitterの話だったりしますけど。
まあ、これもツールなわけです。
捉え方は色々ありそうな気もしますが、ツールであることには間違いない。

で、ツールなので、使い方がある。
もちろん、用途も、目的もある。

でも、Twitterってのは「シンプルなツール」なわけですよ。
用途は幅広い。汎用的なツールといえるでしょう、ドライバーのように。
情報交換に使えるでしょうし、単なる雑談にも使えるでしょうし、ホントに「つぶやき」にも使えるでしょうし。
単に、用途としては、140字以内の「言葉」をポストするツールに過ぎないわけです。

で、これの使い方はどういう使い方をすればいいか、というと。
「目的」から考えれば、別になんでもいいんですよね。140文字という制限の中で、適当にポストする。
これが「正しい」使い方です。
ツールの目的がそれしかないので。

それ以外のフォローがどうとか、リプライがどうとか、RTとか。
この辺は、ツールの機能としては、おまけ、なんですよね。
目的からすれば。

ツールが作られた目的と「使う人の目的」を混同すると、話はややこしくなる、とワタクシは考えています。
ツールの作られた目的は前述の通り。
ただ、ユーザーの目的は様々だったりします。
そのツールを使いたい用途が異なるので。

汎用ツールなのに、「ドライバーでカラーボックスを作るのは間違っている、それは車のメンテナンス用に使うべきだ」とか言われても困るわけですね。
だって、カラーボックスだって、作れてしまうのですから。
ただ、穴を開けるのには向きませんけどね。(笑)

まあ、なんの話かというと、Twitterのような「汎用ツール」は、使う人の目的によって「正しい使い方」が異なるわけです。
ただ、ツールの性格とか目的から、140字以内という制約があるので、それを守っていれば、使い方としては「正しい」んですよね。
なので、用途の違うひとに対して、「その使い方は間違っている」って主張するのは、単なる押し付けに過ぎないわけです。なので、齟齬が生まれたり、軋轢が発生したりする。
幸いTwitterには、そういう「同じ目的のひと」を探すための機能も備わってるし、そうじゃないと解ったときには、切り離すための機能も備わってるわけで、声高にそれを叫ぶよりも、黙ってリムーブ、が穏当なやり方なんじゃないですかね。

まあ、別に主張に使ってもいいので、主張するな、とはいいませんが。
名指しでやる場合には、ちょっと注意が必要かも知れません。

こと、Twitterに関しては「こうあるべき」は、本当にひとによって異なると思います。
なので、目的や用途が異なるツィートに出会ったときは、「まあ、そういう使い方もあるか」程度に考えて、スルーするのがいいんじゃないのかな、とワタクシなんぞは思いますがね。

|

« なんじゃこら? | トップページ | 電子ブック »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

基本的にはそうだと思うの。でも、ツイートした内容は外部に公開されてしまうから、社外秘とか個人情報とかは、ツイートしないように心掛けるべきと思うの。

投稿: | 2010年9月30日 (木) 16時53分

それは、Twitterだけじゃなく、社外では注意が必要な話なので、当然心掛けるべきとは思いますが。
まあ、結果責任を取るのが自分であるなら、覚悟を決めてやる分には止めませんが、って感じですかねー

投稿: かおりん | 2010年9月30日 (木) 18時44分

Twitterは結局やってないんでなんとも言えないんですけどね。私はよく間違った道具の使い方をしますね。
> 例えばドライバーで、「穴を開けようとする」
とか。
で、いちばんいけないのが、あれですね。プライヤでナットを締め上げるの。あれは、クロムメッキが剥がれてサビが出る原因になるし、角が破損していくしで、間違った使い方ですね。でも、きちんと合ったレンチを探すのが面倒で、よくやってしまいます。
やっぱり「正しい使い方」はあると思いますね。プライヤの場合、損をみるのは自分ですけど、コミュニケーションツールの場合はほかの人に影響するんじゃないでしょうか。たとえばメールでやるべきところを面倒だからといってTwitterで代用するとか。

ただ、仕様で誤っているとされているんじゃなければ、そこは各個人の好みみたいなことでしょうかねえ。よくわかりません。やっぱり使ってないですから。

投稿: 松本 | 2010年9月30日 (木) 20時06分

プライヤで、ナットを締めてはいけません。(笑)
きちんとレンチを使いましょう。
メガネレンチか、ソケットレンチがオススメです。(笑)

まあ、なんか相互フォロー推進とか、本名じゃない名前で登録してるひとは、とかまあ、いろいろあるようで。
システムで認められている以上、それは使い方としては間違ってないでしょう、という話で。
無論、守るべきマナーはあるでしょうが、それは個人の規律とか、「個人的なルール」で済ませておくべきではないかな、と思うわけです。
まあ、よく自治厨とか、そんな話もあるわけですが、押し付けではなく、提案ならば、それほど波風立つこともなかろうに、と思っただけなんですけどね。

でも、プライヤでナットを締めるのは頂けません。(笑)

投稿: かおりん | 2010年9月30日 (木) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/49603911

この記事へのトラックバック一覧です: ツールの「使い方」と「正しい使い方」:

« なんじゃこら? | トップページ | 電子ブック »