« GUIでGUIGUI。 | トップページ | 直るもんなんだ、ドット抜け。 »

アピールはしてもいいと思うんだけどね。

HOW to 就職 実はやってはいけないアピール | nanapi[ナナピ]

アピールしてはいけないこと

してはいけないところは複数あります。以下にご紹介します。
その1 「専門学校行きました。」

よく勘違いされるんですが、専門学校や何かしらのスクーリングというのはあまり評価されない傾向、業界によっては悪評価になる時があります。

というのも、専門知識があるということで鼻にかけがちな学生が案外多いんです。

もう一つ付け加えれば、実は専門学校の知識が現場では無用の知識が多いんです。専門知識を持っているよりも、はじめから叩き込む方が使いやすい社員になると考えられています。


Twitterから拾ってきたネタ。(笑)

まあ、就職は困難な時代になってるってのは、転職も困難なので、よく解るんですが。
#もっと給料のいいところに移りたい…。

ITの中小企業を対象なら、即戦力に近いレベルが求められてる場合が多いので、この辺はアピールポイントにはなると思うんですがね。
ただ、「鼻にかける」のは、よろしくない、と。(笑)

以前にTwitterでポストしたことがあるんですが、中途半端な知識は、会社に入ってからの業務には、まるで役に立たないことも多いのも事実で、まあ、「ほどほどに」アピールすること、柔軟な対応が可能であること、も合わせてアピールして置けばOKかと。

ただまあ、学校で教えてくれるような基礎知識が、まるで役に立たない業務なんかもあるわけで、そういう会社の場合には、逆効果ってのは確かにあるようで。
それと、ひとによって、だとは思うんですが、そういう「専門知識を持った新人」を扱いにくい、と感じるひともいるようです。

まあ、これ、結局は「今時の若いものは」って話(笑)なので、年寄りのヤッカミと思ってもいいとは思うんですが、本当に技術に自信があるならば、どんどんアピールした方が、IT業界の場合にはいいような気がします。
本当の大手は、そこはどうせ見ないので。(^^;
#あって当然と思ってるフシがある。

一方で、注意すべきは入社してからの方で、「技術を鼻にかけてる」と疎ましがられる傾向があるのは事実です。
そういう部分は「さりげなく」アピールするか、「業務の実績」として出した方がよい結果、つまり上司ウケがよいと思われます。(笑)

ま、ここまでは、元ネタからの解釈の話で。

結構、ワタクシは新人教育が好きなんですよ。
というのも、まあ、新しもの好きってのもあるんですが、やはり、新しい若い感性に触れるというのは、自分にとっても刺激になるし、まあ、面白いわけです。
また、そういう新人に対して指導や、教育を行うこと、つまり整理して教えることで、自分の中で曖昧だったことが、きちんと整理されることも多く、「これってどういうことですか?」に対しての回答を行っていくうちに、未整理だったものが整理されていくんですね。
これは、自分にとっても、大きなメリットで、整理されるということは、以後、効率よくその情報を使えるということにもつながるのです。
新人教育というと、自分の時間を喰われることも多いのですが、それ以上のメリットもある、ということを、教える立場になったときには意識してみるといいかも知れませんよ、という話で。

新人がかわいい女の子だったら、教える方にも張り合いが出るしね。(笑)

|

« GUIでGUIGUI。 | トップページ | 直るもんなんだ、ドット抜け。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/49501844

この記事へのトラックバック一覧です: アピールはしてもいいと思うんだけどね。:

« GUIでGUIGUI。 | トップページ | 直るもんなんだ、ドット抜け。 »