« Ubuntu10.10βに触ってみた。 | トップページ | MiniDLNAとPS3で、動画環境構築すべし。 »

おっさんにも解るPython 第一部完(笑)

おっさんにも解るPythonですが、第一部を書き終わりました。
まあ、これで「なんとなく」PythonでGUIは作れるはずです。

あくまで、あれを母体として、なら。

スクラッチで自分で一から組み立てるとなると、また話は変ってくるかも知れませんが、必ずしもそうしなければならい、なんてルールはないし、OSSなので、利用可能なソースはライセンスの範囲で自由に利用すればいいと思いますし。

とりあえず、第二部の案も考えてはいますが、まあ、着手は未定です。

第二部の構成は、まず、自分が何をしたいのか、を考えてみよう、から始めることになると思います。
まず、手を動かしてしまったので、じゃあ、プログラミングに着手するまでの過程として、どんなことを考えていけばいいのか、実際にプログラミングするまでに、しなければならないこと、理解しておいた方がいいこと、が主体になるかな、と。
その上で、どうして、こういうプログラムになるのか、というプログラム構成や、関数化、メソッド化、オブジェクト化するための道筋というのを示したい、と思ってたりします。

まあ、こうなると言語入門というよりは「プログラミング入門」の側面が強くなってしまうので、タイトルとそぐわなくなるので、さて、という課題はありますが。

まあ、Pythonという言語を前提としたプログラム構成というのはあるので、そんなに大外しでもないかも知れません。

第一部では、ネタは決まっていました。
もう「これを作ろう、こういう形で作ろう」が決まってる前提から始まっていたわけです。
なので、いきなり手を付けることが可能だったわけですが、その前段階、じゃあ何を作ろう、から、それを作るためには、どう考えればいいの、は端折られています。
決まっていたので。

第二部は、その辺を中心に据えたいんですが、これ、たぶんツマラナイんですよね。(笑)

まあ、ちと着手してみないと、ってとこもありますし、もう少し汎用的なGUIフロントエンド母体を作ってみる、って手もあるのかな、と思ったりもしているので、今構想中の第二部は、第三部まで引っ張るかも知れませんが。

プログラムの構造をどう考えるのか、の視点が今の「おっさんにも解るPython」には抜けているので、そこをどう埋めるのか、が課題ではあるな、と思ってますけどね。

さて、まあ、少し期間を開けて、現在の内容をリファインしながら、次に着手しようかと思ってます。

ま、まずはtminさんが、きちんとみくんちゅ♪セットアップヘルパを完成させるまでは、生暖かく見守りたいと思ってますけどね。(笑)

|

« Ubuntu10.10βに触ってみた。 | トップページ | MiniDLNAとPS3で、動画環境構築すべし。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。そしてありがとうございまっす。
なんだかビミョーについていけてないとこがあるような感じだけど、まぁボチボチと試行錯誤してみますね。

やっぱ初めていじるってーと、インデントがどうとか、文法がどうとか、そういうのに苦難。。。え?これズレただけでエラーなの?とか。
まぁやってみて初めて分かること多すぎなので、消化しながら。
お世話になりまっす。

投稿: tmin | 2010年9月13日 (月) 22時37分

初めてなので、仕方ないんですが、実はある識者の方に、無理やりコメント求めたら、まだドキュメント自体が初学者目線まで落ちきってないとろこがあるようなのも問題だという話で、ワタクシも、そういう認識でいます。
なので、ここがワカラン、は素直に出して貰ったほうが、ドキュメントの質は上がりそうな気配ですな。
Twitterのやりとりはぼちぼちと反映してるんだけど。

投稿: かおりん | 2010年9月13日 (月) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/49425082

この記事へのトラックバック一覧です: おっさんにも解るPython 第一部完(笑):

« Ubuntu10.10βに触ってみた。 | トップページ | MiniDLNAとPS3で、動画環境構築すべし。 »