« アスワンが酷いことになっていた。(笑) | トップページ | さて、ちと悩ましい。 »

Linuxってそんないいのか?

Twitterにて。
そんなポストを見かけた、というだけの話。

まあ、実際、JarisというOpenSolarisの派生を仮想環境にインストールした感じでは、別に大差ないよなぁ、というのが正直な印象でしたが。
ただ、まあ、ハードウェアドライバの対応状況とか、その辺に関しては解りません。
最近のLinuxは、かなり改善されているので、Windowsほどではないにせよ、その辺に差はあるのかもなぁ、などと思ってたりします。
ただ、これも十分に枯れたハードを使ってる分には差にはならず、同様のことは*BSDでも同じなんだろうな、と想像はできますが。

これらのOS間で相互にドライバが共有出来るのであれば、色々と環境的な面では改善もされるだろうし、選択の幅が広がるとは思うんですがね。

最新ハード、となると、もはやWindows一択でしょう。
これはハードベンダーが、必ずWindowsのドライバは提供するので、もはや何を言わんか、ってところですよね。

Macに関しては、Appleがハードごと製造しているメーカーなので、あとはサードパーティがどれだけ対応してくれてるか、ってことなんですが、プリンタくらいなら対応しているメーカーも多く、やはりLinux、Solaris、*BSDよりも有利ではないか、と。

あくまでデスクトップ用途に限って話をしてますが。

なので、PCヲタ的には、実は一番いいのはWindowsなわけですが。(笑)
他のOSに関しては、やはりハード対応状況があまりよろしくないように思われます。
それでもNVIDIAなどでは、*BSD辺りのドライバも提供し始まっているようなので、その辺十分にハードの選定が行えるなら、という前提であれば、OSとして差がそんなにあろうとは思ってませんが。

結局、OSってのは、アプリケーションの土台に過ぎないわけで、あくまで「その上で何をするのか」でしかないわけです。
なので、ハードの選定が出来て、やることが明確で、かつ、選択したOSで、目的が実現可能なのであれば、OSなんてなんでもいいことになります。
そこから先は、好みの問題、例えば熱心な布教活動をしているひとが周りにいるかどうか、それらの環境を選択するための要素があるかどうか、程度ではないか、と思うわけで。

よく、「Ubuntuが一番日本語での情報を入手しやすい」なんて話がありますが、まあ、事実です。
でも、他のOSでも、入手できない訳でもなく。
それなりにユーザーがいる、Solaris、*BSDに関しては、熱心にブログで情報を提供してくれてる方もいたりして、それらの方々のスキルが十分に高い場合も多く、ぶっちゃけ、有象無象の不確かな検索結果で得られる情報よりも、ある程度信頼のおけるひとつのブログの方が役に立つ場合も多いわけです。

で、最初の質問に立ち返ると。
まあ、別にそんなに大差はないでしょう、と。他のOSと比べて。
Linuxが特別にいい、ということはなかろう、と。

デスクトップOSとして考えるなら、ワタクシは、ベストはWindowsだと思ってますしね。
個人用途では、Linuxの方が長くなってしまったので、今更他のOSに移るのも、新たな学習コストが発生することを考えると、あまり好ましくないな、と思っているので、Linuxを使い続けていますが。
それらの学習コストを超えて、より目的が容易に達成できるのであれば、また、金銭的なコストもLinux以下に抑えられるのであれば、たぶん、そのOSに乗り換えてしまうんじゃないかと思います。

この辺は個々人の判断の部分が大きいと思いますね。
逆に、*BSDとか、Solarisとか熱心にやってる方に「それらのOSって、そんなにいいの?」と尋ねたい気分ではあります。(笑)
自分の、乗り換え先として、ってことですけどね。

|

« アスワンが酷いことになっていた。(笑) | トップページ | さて、ちと悩ましい。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/49857728

この記事へのトラックバック一覧です: Linuxってそんないいのか?:

« アスワンが酷いことになっていた。(笑) | トップページ | さて、ちと悩ましい。 »