« Skypeを導入してみた。 | トップページ | MSが脅威と認めたんですかねぇ。 »

Linuxは安くはないでしょ。

Linuxは本当に「安く」て「安心」なのか - 記者の眼:ITpro

オープンソースなのだからもっと「安い」はずだと考え、システムインテグレーション費を買い叩き、エンジニアを粗末に扱うようであれば、エンタープライズ分野は見限られるかもしれない。

記事は企業のエンタープライズ分野なので、ちと解らんことも多いんですが。
松本さんからのネタ投下。

正直、WindowsやUnixに比較して、Linuxが安いってことはないと思うんですよ。
運用コストまで含めて。
まあ、UnixサーバよりはIAサーバの方がハード的に安価ってのはあると思います。これは元記事でも触れられているところで。
でも、実際の運用や、アプリケーション開発、およびカスタマイズということになると、エンジニアに払う金額(てかベンダーやSIerに払う金額)は変わらないし、保守契約に関しても変わらないと思うんですよね。

OSSが安いってのは、都市伝説だと思います。
Windowsがエンタープライズ用途に使えるまで機能強化されれば、もしかしたら全体的なコストダウンも可能かも知れませんが、今のところ24時間365日って条件を満たすのはWindowsサーバは厳しいですし。
#クラスタリングしてもなお。(笑)

ライブパッチに関しては、Linuxの場合はカーネルパッチ以外はおそらく問題なかろうと思うのですが(ドライバレベルであれば)、カーネルのセキュリティパッチの場合には、まだ対応できてないでしょうね。
この辺、Unixの方が強いということでしょうか。
#Windowsは、この辺、遠く及ばない。

でまあ、結論としては、エンタープライズ用途という話であれば、やはり「安心」なのはUnixではないのかな、というのがワタクシの見解ですし、安心を多少犠牲にして、安価に、ということでも、決して「Linuxだから」安いということはないと思います。

これはデスクトップ用途でも変わらんと思うんですね。
デスクトップで個人運用の場合には、個人でLinuxを運用するためのスキルが要求されるわけで、これを学習するコストがWindowsに比べると遥かに高い。
また、UnixをMacOSXとするならば、学習コストはMacOSXの方が低いでしょう。
書籍も出てますし、Web上に「日本語のHowTo」が多数存在する。

日本のLinuxerも頑張って色んなHowToを出していますが、OS使用者の絶対数が少ないため、色々と辿っていくと、最後は英語のHowToに行き当たる、なんてことも少なくありませんし。(笑)

「安心」に関しては、個人利用デスクトップの場合には、あまり関係ないですけどね。365日24時間運用なんて、どんなマニアな運用なんだよ、って世界だし。(笑)

お金と時間、どっちのコストを掛けるのか、掛けられるのか、でLinuxの価値は変わるような気がします。デスクトップの場合。
企業の場合は、ある意味Unix一択かなぁ、とも思うんですが。
#サーバは。

個人向けのデスクトップOSとして見た場合の、この手の見解を識者の記事として見てみたい気もしますね。
ワタクシは、「安くて安心」なら、Windowsじゃないの?と思ったりしますが。
Linux、Ubuntuですら、やはり学習コストや敷居は高いと思います。
まず、インストールから、ですから。
#ある意味MacOSが一番安価で安心かも。(笑)

|

« Skypeを導入してみた。 | トップページ | MSが脅威と認めたんですかねぇ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Linuxは安くはないでしょ。:

« Skypeを導入してみた。 | トップページ | MSが脅威と認めたんですかねぇ。 »