« Linuxってそんないいのか? | トップページ | debianベースMintにリベンジ。 »

さて、ちと悩ましい。

Linux Daily Topics:2010年10月27日 Ubuntu,GNOMEに別れを告げる!? Natty NarwhalではUnityがデフォルトUIに|gihyo.jp … 技術評論社

Ubuntuといえば,Debianベース,そしてGNOMEベースと決まっている。ところが,その"決まりごと"がどうやらガチの決まりではなくなってきたらしい。米オーランドで開催されているUbuntu Developer Summitにおいて,Mark Shuttleworth氏は「Natty Narwhal(Ubuntu 11.04)ではデフォルトUIをGNOME ShellではなくUnityベースにする」と発言した。

ということで、デスクトップにもUnityになるようですが。
ちと悩ましい。GNOME3.0でGNOME Shellもずいぶん操作性変わるなーとは思ってたんですが、まあ、GNOMEだし、仕方ないかーくらいのつもりでいたんですが。

んで、このUnityって、Canonical開発だったんですね。
#知らんかった。(笑)
まあ、それなら前面に押し立てるのは仕方ないか、とも思うんですが。

実際、自社開発のものを使用するほうが、色々と融通も効くでしょうし。

んで、元記事で思ったのが、マークしのこの発言。

Linux Daily Topics:2010年10月27日 Ubuntu,GNOMEに別れを告げる!? Natty NarwhalではUnityがデフォルトUIに|gihyo.jp … 技術評論社

もっとも何か新しいことを起こそうとすれば,反対勢力が現れるのは当然,とShuttleworth氏はいたって冷静だ。「UnityとGNOME Shellが競合関係になるのは良いことだ」と,むしろより活発な議論を望んでいるようだ。


これは、Ubuntuの主張なのだな、と。
押し付けではない、とワタクシは思いましたね。
おそらく、ですが、Unityがデフォルトなだけで、GNOME Shellに変更することも簡単なんだと思うんですよ。
その上で、UnityとGNOME Shellと使い比べて、どちらがいいか、判断はユーザーがすればいいじゃない、と。
これまでも、LXDEやらKDEやら、なんでも好きなDEを選択できたUbuntuだし、ここで、Unityしか認めない的なスタンスを取るはずはないな、ってのは思ってたんですけど。

まあ、最初のうちはUnityも使いにくいかも知れませんけど、GNOME Shellとの比較や、従来のGNOMEとの比較で活発な議論がなされれば、また新しいGUIの選択肢となる可能性は高いわけで、これはこれで実はいいのかなー、とか、この記事見て思いましたね。

反発が強いのも解りますが、その反発に対して、自分の主張を曲げずに受け止めているマーク氏の意志は強いよなぁ、と改めて感心した次第です。

別のディストリに移ることも考えてたけど、実際にモノ見てから考えても遅くないような気がしてきました。(笑)

|

« Linuxってそんないいのか? | トップページ | debianベースMintにリベンジ。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事を読んでUnityに興味をもちました。で、試してみようと思って、なにも調べずにSynapticでインストール。Unityにログインしたら、はまりました。これって、デフォルトで3Dドライバを要求するんですね。で、私のマシンは、いろいろあって3Dドライバは無効になっているわけです。なので、まともに動作せず、そしてわるいことに、ログアウトができないんですね。どうにか再起動しても、gdmの設定でUnityにログインすることになっているので抜け出せないんですよ。往生しました。
結局、セーフモードでコンソールに落ちて、そこからstartxで起動、Unity関連のパッケージを全て削除して復帰しました。終わってみれば笑い話ですが、後先考えずに突っ込んではいかんという教訓でした。ふつう、仮想環境か、潰してもいいサブマシンでこういう実験はしますよね。メインマシンでやるとは無茶でした。まったく。

投稿: 松本 | 2010年10月28日 (木) 09時52分

コメント読んでつい吹き出してしまいました。(笑)

いや、そういや、まだ動作が不安定とか、Unityそのものには、なんも触れてなかったな、とか。(^^;

とりあえず、デスクトップは、現状のネットブックエディションとは異なり、Compiz+Unityで行くらしいですけどね。

まあ、詳細は年末にα版が出てくるそうなので、それからかなぁ、と思ってますけど。

さて、どうなりますか。

投稿: かおりん | 2010年10月28日 (木) 18時02分

いやあ、あんなに焦ったのは久しぶりでした(笑)。けど、思い起こせばUbuntuを使い始めの頃には、何回かこんな冷や汗体験がありましたよ。そう思うと、Ubuntuは安定するようになったもんですね。
ま、たまにこういうこともないと。

投稿: 松本 | 2010年10月28日 (木) 20時22分

正直安定しましたね。
特に何もすることがいないほどに。
ネタも、本当に地雷踏んだとか、そんなのしかなくなってきてしまってます。
まあ、それでも新規ユーザーには、やはりインストールで躓くとかあるようですから、我々が「慣れた」というのが正しいのかも知れませんが。(笑)

投稿: かおりん | 2010年10月28日 (木) 21時11分

そうですね。慣れたんですね。
考えてみたら、初めてPC98使ったときも、初めてMac使ったときも、初めてまともにWindows使ったときも、つまらないことでパソコンの前で頭抱えてましたから。ただ、いま気がついたんですけど、比較でいったら、あとになるほど頭抱えた頻度と時間は大きいですね。それって、できることが増えて、選択肢が増えた分だけ地雷が増えたってことのような気がします。これもなんだかなあ、という感じですね。

投稿: 松本 | 2010年10月29日 (金) 08時43分

地雷が増えたというか。
「慣れた」分だけ、怖くなったんじゃないですかね、チャレンジすることが。(笑)

最初、慣れがないと、何をするにもおっかなびっくりだと思うんですよ。
これしても大丈夫かな、あれしても大丈夫かな、みたいな。

でも、今みたいに「慣れて」しまうと、「まあ、なんとかなるでしょ」が先に来るじゃないですか。
そんで、「ちょっと試してみよう」が気軽になるんですよね。
で、地雷を踏む。(爆)

まあ、それはそれで、面白さのひとつ、経験値を積んだってことではあると思うんですが。

「慣れすぎ」もツマラナクなるものではありますが、まだまだ感もありますしね、もうしばらくは楽しめそうな気もしますが。(笑)

投稿: かおりん | 2010年10月30日 (土) 00時05分

それもあるような気がしますね。
気がついたんですけど、最近、「めんどくさいからコマンドを貼りつけよう」みたいなことをたまにするようになってきました。以前は、怖くてこれができなかったんですよ。それで、いちいちGUIで操作するようにしてました。GUIでやってる分には、同じ操作を逆戻りすればトラブっても復帰できるだろうという感覚があるからですね。GUIでの操作がわからないときは、「コマンドアレルギーなんでできません」と、あきらめてましたね。
それが最近、面倒で、「いいや、このコマンド、端末に貼りつけてしまえ」と。コマンドを読んでだいたい何が実行されるのかの推測がつくようになってきたからかもしれません。こういう「慣れ」が、地雷への近道かもと。

投稿: 松本 | 2010年10月30日 (土) 17時14分

まあ、いつまでも「慣れない」のも困りものなので。(笑)
結局我々はユーザーであり、管理者じゃないですか。
いつまでもおっかなびっくりではねぇ。(爆)

まあ、それが地雷の近道と言われれば、そうなんですが。
ま、なるべく地雷は踏みたくないもんです。

投稿: かおりん | 2010年10月30日 (土) 21時59分

特定にアプリにかかりきりなら、別にどのようなインターフェースでも構わないのですが
何かをしながら、別のことをするときに。gnomeに比べると1〜2ステップやることが
増えたような気がします。

なれの問題といえば、おしまいですが。

投稿: とおりすがりのもの | 2011年3月20日 (日) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/49866443

この記事へのトラックバック一覧です: さて、ちと悩ましい。:

« Linuxってそんないいのか? | トップページ | debianベースMintにリベンジ。 »