« みくつべ♪Ver.1.6.1.1公開 | トップページ | みくつべ♪Ver.1.6.1.2公開 »

結局dmraid+LVMを試してみた。

GUIでやろうとすると、ボリュームグループを認識しない、てか、普通にdmraidが見えない。orz
まあ、仕方ないのでそこはコマンドで。

lvmコマンドを実行して、中で。
vgcreate vg00 /dev/mapper/isw_〜
として、ボリュームグループを作成。

ボリュームグループを作成してしまえば、GUIから出来るはずです。
まあ、コマンドからやっちゃった後、GUIでサイズ確認して、リサイズとか出来たんで多分大丈夫だろう、くらいのところですが。

性能的には、転送レートに関しては影響はないようです。
まあ、0ってことはないんでしょうが無視出来る範囲ってところですかね。
起動時間はLVMのドライバロード時間が入った分だけ遅くなってそうですが…
ちと計測してないので、ここはなんとも。

ただ、極端に遅くなるってこともないようなので、実運用上は問題なさげ、でしょうかね。

んで、これまでRAID0と格闘してきましたが、ブートドライブにしない前提で考えると、如何の順番でお手軽かな、と思われます。

  1. mdadm
  2. dmraidのみ(シングルパーティションまたはdmraidでドライブを分割)
  3. dmrai+LVM(パーティションを分けるなら)

3番目が敷居が高いのは、GUIのみで完結しないから、って程度で、さほど困難な話ではありませんが、やはりCLIに慣れてないと、ストレージ周りは怖いと思われるので、コマンド叩く方の難易度を高めに設定してみました。(笑)

とは言ってもですね。
BIOSでFakeRAID設定出来るくらいのレベルの人なら、どれ使っても大差ないです。設定の手間は。
性能的には、Intelチップだとdmraid使った方が、いい数字が出ているので、オススメです。
まあ、それプラス、将来的にパーティション分割とか、リサイズしたくなる可能性も否めないので、LVMで構築しといたほうが、融通が効きますよ、くらいの話でしょうかね。

とりあえず、考えられるパターン、および自分ではベストと考えてる構成で構築出来たので、しばらくはこれで運用するつもりですが。

んでまあ、またデータのリストアに2時間とか掛かるわけですよ。(爆)

|

« みくつべ♪Ver.1.6.1.1公開 | トップページ | みくつべ♪Ver.1.6.1.2公開 »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/50150848

この記事へのトラックバック一覧です: 結局dmraid+LVMを試してみた。:

« みくつべ♪Ver.1.6.1.1公開 | トップページ | みくつべ♪Ver.1.6.1.2公開 »