« 原因はメモリだった。orz | トップページ | dmraidでハマる。(笑) »

dmraidでRAIDを組み直した。

まあ、いろいろと、mdadmでは不満足なところもあり。
元々キャビア緑なんて、安価な大容量ドライブなんか使ってたせいもあるんですが。
10.04の時にブートドライブにするに失敗して以来、チャレンジする気を無くしてたんですが、まあ、最近ストレージにハマってるし、起動ドライブはSSDだし、HOMEは、きちんと週次でバックアップ取ってるし、ってことで、再度ICH9RのFakeRAIDにチャレンジしてみました。

まずはfstabをバックアップパーティションのHOMEに変更して、dmraidをインストール。
その後、リブートして、BIOSからRAID有効にして、RAID0を組む。
こんだけ。(笑)

これで、ディスクユーティリティできちんと認識して、フォーマットが可能になります。
フォーマット前に、R/Wのベンチを取ってみたんですが、mdadmよりも高速。特にWriteが高速になってまして。
まあ、ランダムライトは、おそらくHDD本来の性能が問題になりそうなんでアレですが。
いずれにせよ、mdadmでは、なんか引っ掛かる感じがあったのと、でかいファイルをコピーしている時に、SATAのバスを占有しているような動きになってたので、その辺が解消されてくれればOKですかね。

とはいえ、まだ構築後の復元中なので、もう少し使い込んでみないと、この辺はなんともいえないところではありますが。

ま、もう少し経過を見守って、本格運用はどっちにするか決めましょうかね。

|

« 原因はメモリだった。orz | トップページ | dmraidでハマる。(笑) »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/49945480

この記事へのトラックバック一覧です: dmraidでRAIDを組み直した。:

« 原因はメモリだった。orz | トップページ | dmraidでハマる。(笑) »