« 疲れたよ、ママン… - TwinViewとの闘い | トップページ | ま、このブログ向けのネタじゃないんだけどさ。 »

リムーバブルケースでトラブる。

まあ、トラブルというのは、続けてやってくるもので。(笑)
ビデオカード交換で蓋を開けたせいもあるんですが。

元々、あまり調子の良くなかったリムーバブルケースが、絶不調になりまして。
思えば、購入当時から、電源の接触不良とかあって、分解して、その辺改善したことを思い出したり。
#初期不良交換というのは、まったく頭になかった。(笑)

で、今回も似たような話で。
ドライブとコネクタ側の接触は問題ないんですが、基板側に埋めこまれているSATAのオス側が、通常のマザーボードについているような、外周まであるタイプではなく、単なるオス型なんですよね。
なので、ちょっとしたケーブルのテンションの掛かり具合で簡単に接触不良になるようで。

接触不良になると、HDDの認識不良は当然のこと、正常認識出来たと思っても、データ転送エラーが頻発します。
#ま、当然なんですが。

で、ワタクシは考えました。
接触不良ならば、接触をよくしてやればよい。

入念に観察してみると、やはり製品誤差というか、精度の甘さというか、オス型の部分がわずかに薄いようで、本来メス型のケーブルときちんと接触できるはずが、その僅かな薄さのせいで、接触不良になっているようす。

まあ、本来なら、ここでこのリムーバブルケースをはずして、分解し、基盤の該当部分に瞬間接着剤か何かでコーティングを施し、厚みを増してやれば解決、というところなんですが、午前中に別な工作をしていたので、疲れていまして。(笑)

今回は、「短冊型に切った紙を接点の反対側に挟みこむ」という対策を行いました。
まあ、オス型の厚みを補う、という点では考え方は同じです。ただ、耐久性の点では、瞬間接着剤によるコーティングよりはもちが悪かろう、という程度のもので。
あまり厚すぎる紙ではメス型が入らない。

手元のメモ紙を短冊に切って挟んでみたら、微妙にユルさは残るものの、ほぼジャストフィットでしたので、それでいいことにしました。
おそらく、あと0.05mmほど、紙の厚みがあればベストだったのではないかと思われます。
結果としては、無事にHDDも認識するようになり、特に問題は発生しなくなりました。

まあ、ハードの問題に、この手の工作で対応するというのは、ワタクシ的には如何なものか、と思うのですが、購入後すでに一年を経過しているし、これに代わる便利なリムーバブルケースも見たことがないので、代わりがないのも事実なのです。
同じものを買い直すのは、かなり癪ですし。
#機能アップしているなら、話は別ですがー

ま、とにかくこれでしばらく運用して、問題ないようなら、これで通してしまおうと思ってます。
仮にケーブルの抜き差しをする必要があれば、また紙を短冊に切ればいいだけですし、もしかしたら、今後ケースを分解する場面が来るかも知れません。
その場合には、瞬間接着剤でコーティングを施し、根本解決をはかればよいわけで。

まあ、できればそんな工作をする前に、もっと使い勝手のよさげなリムーバブルケースを見つけたいものだとは思います。(笑)

|

« 疲れたよ、ママン… - TwinViewとの闘い | トップページ | ま、このブログ向けのネタじゃないんだけどさ。 »

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/50026173

この記事へのトラックバック一覧です: リムーバブルケースでトラブる。:

« 疲れたよ、ママン… - TwinViewとの闘い | トップページ | ま、このブログ向けのネタじゃないんだけどさ。 »