« ぼちぼち方向転換が必要かもなぁ。 | トップページ | ちと毛色を変えて。 »

あたってることもあるし、外してるとこもあると思う。

Linuxに関する10の誤解--コマンドラインが必須、難しくて使いにくいは本当か - IT業界を生き抜く秘密10箇条 - ZDNet Japan

「Linuxにはこれができない」「あれができない」といった話や、「Linuxでは簡単な作業をひとつやるのにも、大量の壁を乗り越える必要がある」という話を聞く。悪いうわさや俗説の多さは、Bill Gates氏の財力にも匹敵するほどだ。

なんか久しぶりにツッコミ甲斐のあるネタ記事が。(笑)

1.自分でデバイスドライバを書かなくてはならない

どこの誰がそんなことを言ってるのか知りませんが。(笑)
もう10年も前からそんなことはありませんでしたなぁ。
USでは事情が違ったんでしょうか。
なけりゃ書くしかありませんが、デバドラ書けるプログラマはかなり少ないと思いますよ、正直。


2.Linuxを使うにはコマンドラインを知っている必要がある
いや、知ってるに越したことはありませんが、知らんでも使えるとこまでは来ましたな。
んでも、「これも笑ってしまう。Linuxユーザーがコマンドラインを使わずに、どれだけ日常的な作業を続けられるか、ためしにやらせてみればいい。」と言い切れるほど、コマンドラインから逃げられるわけでもないのも事実かな、と思ってみたり。
コマンドライン、CLIの方が効率がいいのは元記事も認めてるところですが、実際に、「完全にGUIのみで」の運用は、ちとまだ厳しいとこはあるかな、ってのが正直なところ。
Ubuntuですらそうなんだから、他のディストリだと、結構コマンド使う場面も多いのも事実。(Fedoraとかな。)


3.ゲームがないのでLinuxは成功しない

エロゲ動くんで、問題ないと思います。
まあ、最悪VMでって手もあるし〜(笑)

つかまあ、ゲームするならWindowsとかじゃなくて、ゲーム機でやれよ、ふつうに。

まあ、一方で、こんだけプログラムが開発しやすい環境があるのに、同人エロゲすらないってのは、やはり問題はあるのかな、って気もしますな。
タマゴが先か、ニワトリが先か、って話はあるけど、魅力的なゲームがないから、普及しないってのは、間違いなくあると思うんですね。
まあ、だからみんな、エロ同人ゲーム作ろうず。w


4.オープンソースだからといって、そのソースが安全だとは限らない

これは実は、ある真実を言い当てていまして。
Linuxカーネルや、OOoくらいの規模になれば問題もないでしょうが、個人でほそぼそとやってるようなプロジェクトは、必ずしも安全とは言えない、って事実はあると思います。
まさしく、OSSだからと言って安全とは限らない、わけですね。
大きなプロジェクトで、参加人数も多いような有名なもの(GIMPとか)であれば、バグはともなく、ウィルスやトロイの木馬などが入り込む余地は少ないと思いますが、今流行りのTwitterクライアントとか、定番がないなかで、小規模な開発をしているツールレベルのモノの場合、「必ずしも安全」とは言えないと思うんです。
開発者に悪意があれば。
小規模のものである場合、多くの人のレビューを受けている訳でもないし。
「OSSだから安全」も、また真実ではないんですね。
元記事では意図的に隠蔽しているように思えますけど。


5.LinuxではMicrosoftの文書は開けない

あー、これは元記事に全面的に同意。今更、この辺で問題になることは確かに少ない。
最終的にMS-Officeで整形すればOK。
OOoでやると崩れる場合あるけど。


6.Linuxのデスクトップは難しくて使いにくい

Windowsに慣れてりゃそうだろうねぇ。
逆にLinuxのKDEやGNOMEに慣れているとWindowsやMacOSXが使いにくいのとこの辺は変わらないと思う、けども。
やっぱりWindowsは良く出来てるんですよ。
それから比較するなら、Linuxのデスクトップは使いにくいです、はい。
Windowsは熟練度に合わせて、操作法を変化させていけるけど、GNOMEは、案外そうも行かない。最初から用意されているショートカットがあるわけでなく、自分で設定していかないと行けない。
それが自由度じゃないか?っていうひともいるかも知れないけど「設定済みのものを変更できる」のと「そもそも設定されていない」のでは、「使いやすさ」という観点では、どちらがよいか、というのは自明だと思うんですけど、如何でしょうか。
ちなみに、GNOMEやKDEがWindows並の操作性や、ショートカットを使えないってことではないんですよ。
単に初期設定が「Windowsと違う」から使いにくく感じるってだけで。
まあ、もしかして特許絡みとかで同じに出来ない、とかあるなら仕方ないけど。
いずれにせよ、GNOMEもKDEも、Windowsほどには「気が利いてない」のは間違いないと思うんだよね。
#端末は圧倒的にLinuxの方が使い易いが。
5年後は解らんけど、「今」は、Windowsの方が使いやすいよね。


7.Linuxは他のOSと相性が悪い

あー、まあこれも元記事に同意かなぁ。
ネットワーク越しって前提なら、別に他のOSとの接続に困ることはないかと思うんだけど。
ドライブのフォーマットが違うのは、仕方ないし、これはむしろLinuxの方が柔軟性あるしね。


8.Linuxにはアプリケーションが少ない

アプリケーションそのものは少ないと思うけど、活用するための情報は少ないと思うね、Windowsとかと比較するなら。
書籍も、ネット上の情報も。
まあ、日本の問題かも知れないけど。
結構、インストールや、OSの使い方的なのは探せばぽろぽろ出てくるけど、「何かをするために、このツールとこのツールを組み合わせ使う」的なエントリは、あまり見かけない。
この辺がLinuxの結構弱いとかだとは思うんですよ。u-bonさんとか頑張ってるけど。
OSはインストール出来た。デスクトップもある程度使い易いカスタマイズは覚えた。で?ってなるわけで。
その先の「活用」のためのTipsがLinuxは少ない。
例えば、「家族旅行のビデオをDVDに焼こう!」とか、こういう目的に対応したTipsがまとまったサイトって案外ないんですよね、探してみると。
なので、アプリの数はたくさんあっても、「どのアプリを使えば、何が出来るの?」が非常に見えにくい。
まあ、これは我々ユーザー側の努力の問題でもあるので、頑張ってブログとかエントリ書けばいいのかな、とも思いますけどね。(^^;
…頑張りましょうかね。


9.Windowsは世界で他のどのOSよりもPCで使われている
それどこ情報?どこ情報よー?
的な書かれ方してますけど、疑いようもない事実かと思うんですがね。
証明してみせろって、その辺の会社にでも訪問して、OSに何使ってますか、って聞いてみれば、簡単に解るんじゃないですか?


10.Linuxにはハードウェアサポートがない

ないよね。(笑)
まあ、昔よりは大分マシになったけど、マシになったってだけで、下調べなしでハード買って来れる程、充実してるわけじゃない。
むしろ、「しまった!」なんて場合の方が多いし。
無線LANアダプタだって、「動く」けど11nでつながらないものも多いでしょ。
きちんと性能を発揮できるドライバがないなら、それは「ハードウェアサポートがある」とは言い切れないと思うんだ。


俗説か、真実か

で結んでますけどね、元記事は。
まあ、半分は真実だと思いますよ、ワタクシは。
「慣れているひと」には解らない「壁」がLinuxには間違いなくあります。
まあ、これはLinux→Windowsでも同じかも知れませんが、逆よりは確実に壁は低いですよね。

いずれにせよ、買ってきて最初から入ってるOSと「インストールしないと使えないOS」では、最初から勝負にならんのではないか、とは思いますけどねぇ。

さて、元記事の意見と、ワタクシの意見、どちらを支持しますか?(笑)

|

« ぼちぼち方向転換が必要かもなぁ。 | トップページ | ちと毛色を変えて。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

やっぱり

> オープンソースだからといって、そのソースが安全だとは限らない

ここかなあと思うんですよね。どっちみち100%の安全性なんてないですよね。人気のあるプログラムは多くの人の目に触れるから「比較的」安全で、人気のないプログラムはあえて悪意をもった人たちが狙わないから「比較的」安全なんだと思います。そういう意味で、かおりんさんが取り上げておられるようなTwitterクライアントなんてのは、急速に広まった分だけ、多くの人のチェックがかからないままに標的になりやすいかもしれません。ま、しょせんLinux相手にマルウェア仕込むような暇人はそれほど多くないだろうっていってしまえばそれまでなんですが。

「オープンソースだからといって、そのソースが安全だとは限らない」。これは誤解というより真実だと思いますね。それがシステム全体の安全性にどの程度影響するのかは、別の話、程度の問題で、「だからオープンソースは危険だ」ってことにはならないというだけの話で。

あと、

> Windowsは世界で他のどのOSよりもPCで使われている

元記事のこれに対する「それどこ情報?どこ情報よー?」は笑いました。何年か前に、私自身がLinuxの宣伝のために「東欧ではかなり普及してるらしい」とか書いた記憶があるので。それとか、「英語圏では日本より普及してるんだろ」とかですね。元記事はアジアで普及してるなんて書いてますけど、少なくともアジアのこの辺じゃ普及してないですね。中国の場合、Linuxマシンとして販売されているのは、単に「海賊版Windowsはご自分でどうぞ」という意味らしいですし。

ま、自分ところにないものをよそにあるように信じるのは古代から人間の性なわけですよね。

投稿: 松本 | 2010年12月18日 (土) 08時57分

まあ、久しぶりにジャックのジャックらしい思い込みエントリだったのでツッコミがいがありました。(笑)
USだと事情が違うのかも知れませんけど。
日本ではまだまだですよね。>Linux
安全性に関しては、まさにご指摘の通り。「OSSだから安全」も「OSSだから品質が高い」も都市伝説に過ぎません。
十分な数の開発者が集まらなければ、クローズドソースに比べて、OSSの方が不安で、安定性も低いのです。
OSSの神話ですな。(笑)

それと、どこ情報は…(笑)
だってねぇ。ワタクシの職場でLinux使ってるのなんて、ワタクシひとりですよ?(爆)

投稿: かおりん | 2010年12月18日 (土) 10時48分

20年前、50人の職場でしたが、職場で購入されたパソコン1台に対して、個人で所有し職場に置いている3人、
自宅にはパソコンがあるが、職場では職場のパソコンを利用している:10人、職場のワープロ専用機を
使いながら、自分のワープロを使っているが20人、のこりは自分のワープロと同じものを職場に置いたり
持ち帰ったりしていました(自家用車OKの仕事場でしたから)

その頃はパソコンよりもワープロ専用機の方が実用的でしたが、それが劇的に変わったのが95以降でしょうか。
何がよかったのかといえば、「基本的な使い方」をする限りINIファイルやAUTOEXEC.BATやCONFIG.SYSを
イジらなくて済んだことです。

おまけにインストーラ付きのWindowsソフトに対して、いくら只とはいえ、ubuntuインストールセンター以外の
アプリは端末を叩く必要があったり、64bit版においてデフォで入っているOpenofficeは英語版を修正するために
端末を叩くのは、「普通の人」には「やってられんわ」の世界です。

投稿: とおりすがりのもの | 2010年12月19日 (日) 20時46分

いやまあ、ご指摘の通りかと思います。(^^;
Ubuntuを使ってる身ではありますが。

特にPCに詳しいわけでもない人間が、Linuxを使うためには、身近にメンテナンス出来るひとが必須だと思います。
そのくらい、まだ「敷居は高い」ですよね。
「これ〜したいんだけど」にすぐ回答できるひとがいる、って場合なら、実用的にはなってきました。
まあ、果たしてそれを「実用的」というかどうかは疑問ですがね。(笑)

投稿: かおりん | 2010年12月19日 (日) 21時24分

>自分でデバイスドライバを書かなくてはならない
書いた覚えはないが、ドライバのコンパイルをしなければならない場面もありますなぁ、まあ一部の特殊なものを除けばハードのサポートは良くなってきているので動かないということは少なくなっていますが。

>ゲームがないのでLinuxは成功しない
エロゲより最近はネトゲかな。ハンゲームやROなどがソフトウェアセンターや外部レポジトリ経由でインストールできれば状況は変わるはず(無理ですが)。
>こんだけプログラムが開発しやすい環境があるのに
活用のためのTipsとかぶりますが情報の差も大きいかなと。VSとDirectXでゲームプログラミングな本はいっぱいありますがAnjutaとGTK+とOpenGL、SDLでゲームプログラミングな本はみたことがないですし

>Linuxのデスクトップは難しくて使いにくい
単純に慣れの問題かと。WindowsでもXP->7で最初は違和感感じるだろうし。ただhome以外を弄ろうとすると権限やらディストリの作法やらでとたんにややこしくなりますね。SUSEはYaST、Mandorava、PCLOSではMCCでGUIでシステム関連の設定を集中管理する方向ですが端末のお世話になることが多い。

>Linuxにはアプリケーションが少ない
ウェブ、メール、音楽聞いたり動画見たりとか日常用途では困ることはほとんどなくなりました、むしろGNOMEやKDEデスクトップ環境で一括インストールされるものはMS謹製より使いやすいものが多いような気がする。が、選択肢が少ないというはどうしょうもないですな。エディタでも百種類の中からと数千種類の中からとではどうしても後者に分がありますし、あとニッチなアプリとプロ用アプリ。

>買ってきて最初から入ってるOSと「インストールしないと使えないOS」では、最初から勝負にならんのではないか
その通り。雑誌形態のGIMP解説本でWindowsとMacだけでUnixに全然触れられていないのは複雑な気分。

投稿: ykoba | 2010年12月22日 (水) 00時34分

>ウェブ、メール、音楽聞いたり動画見たりとか日常用途では困ることはほとんどなくなりました、むしろGNOMEやKDEデスクトップ環境で一括インストールされるものはMS謹製より使いやすいものが多いような気がする。が、選択肢が少ないというはどうしょうもないですな。エディタでも百種類の中からと数千種類の中からとではどうしても後者に分がありますし、あとニッチなアプリとプロ用アプリ。

少ない、は少なくない、の誤字ですがね。w
プロ用はありませんなぁ。>Linux
まあ、プロ用はいいと思うんですよ、この際。
ご家庭にどんだけ浸透するか、なんで。

で、問題にしているのは、数千のアプリを「どう使うか」のTipsが非常に情報として少ない。
アプリの使い方はあっても、「これをするためには」ってアプローチの情報が少ないんですよね、Linuxの場合。アプリの特定を最初に行わなければならないのに、その情報がない。
これが現在のLinuxの敷居の高さでもあると思います。
動画再生にしても、まあ、いくつかありますけど、定番がMplayer系として、じゃあWMV再生すんのに何すればいいの、って情報はありますが、「定番がMplayer」って情報がない。
#一例ですけどね。
この辺は、ユーザー側、まあ、我々のようなブログを書いてる側が、情報発信していかないと、難しいんだろうな、と思ってますけど。(^^;

投稿: かおりん | 2010年12月22日 (水) 03時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/50327615

この記事へのトラックバック一覧です: あたってることもあるし、外してるとこもあると思う。:

« ぼちぼち方向転換が必要かもなぁ。 | トップページ | ちと毛色を変えて。 »