« PSP用動画をUbuntu10.10で作る。 | トップページ | PyCharmなるIDEを使ってみる。 »

「頑張る」と「努力」の違い

ま、ワタクシの個人的な定義です。
辞書的な意味では、どちらも大差ないかな、と思うんですが。
ちと辞書をひいてみると。

「がんばる」の検索結果 - Yahoo!辞書

1 困難にめげないで我慢してやり抜く。「一致団結して―・る」2 自分の考え・意志をどこまでも通そうと ...


「努力」の検索結果 - Yahoo!辞書

[名](スル)ある目的のために力を尽くして励むこと。「―が実る」「たゆまず―する」「―家」


辞書的にも違いはあるようで。(笑)

だとすると、辞書通りの意味かな。
ワタクシの考えも。
「頑張る」のは、いわゆる根性論、精神論だと思ってるんですね。なので、これは、なんらかの目的達成のためには、あまり意味がないと思ってます。
よく新人なんかが、「頑張ります!」と言うので、「頑張らなくていいよ、疲れるから」とか言うんですが。(笑)
#言われた方はきょとんとしてますけどね。

一方で、「努力」は、方法論だと思ってるんですね。根性や精神は、あまり関係ない。きちんと目標、目的を設定し、そのための手段を定め、それを淡々とこなしていく。
努力しても報われないことはありますが、努力した結果が何も残らないことはないとワタクシは考えています。
ただ、頑張った結果は、何も残らない場合があると思ってるんですね。
なぜかというと精神論なので、方法が間違ってる可能性があるからです。
やってることが的外れであれば、目標が達成出来るはずもない。
力のかけかたが空回りしていれば、単に心身が磨り減るだけで、何も残らない場合が多いと思うんです。
もとより、「困難にめげないで、我慢してやり抜く」なんてことは、精神的にも肉体的にも苦痛なわけですよ。頑張らないで済むなら、その方が絶対にいい。
なので、頑張らなくていいよ、と。
そうワタクシは考えています。
その代わり、努力してくれ、と。
新人が「頑張ります!」と言った場合には、そのように言うことが多いですね。(笑)
まあ、9割方理解されてないみたいですけど。

ワタクシ個人は、というと。
まず頑張りません。(笑)
まあ、特に仕事では。(爆)

一方で、「今できてないこと」を中長期的目標と短期的な目標に分けて考えて、「出来るようになる」努力はします。
具体的には、仕事の中の課題であったり、作業効率アップの手段であったり、将来を見据えた先行投資的な時間の使い方であったり。
#まあ、その中には、自分の知らない言語を使ってみる、というのもありますが。

まあ、ある程度言語的なスキルが身についてしまうとありがちな「実現できることを優先して考えるクセ」を排除して「ユーザーの立場に立ったモノの考え」ってのが、現実の課題ではありますが。(^^;

エンジニアには比較的多いんじゃないかと思うんですが。
「まず技術ありき」な考え方ですね。「これは実現出来る。これは困難。」と最初に技術的側面から切り分けてしまって、「良い物」を作る際に、「簡単に出来ること」を選択してしまう、という問題です。
果たして、それがエンドユーザーにとって使いやすい物、目的を達成できるものであるか、という視点は持ってないわけではないのですが、それが一番に来ない。
まあ、ちと問題として大きめな問題なので、かなり意識してやってる「つもり」ではいるんですが、それでもやはり「技術」が先に来てしまう。
むしろ、技術力のない若いのの方が、その辺、ユーザーよりの考え方になっていて、実現困難な方法をさらっと言ってのけたりします。
一瞬、「おいおい」と思うことも多いのですが、「よりより手段を提供」するのがエンジニアであるならば、それを実現するのが困難であることは、もとより当然なわけで、「エンジニアの都合で作られた物」は、使いにくいのです。
#そら技術的な問題が優先されたら、使い易いものであるはずはなく。
実現不可能なことは不可能なのですが「困難」なものは、努力で回避できると思うんですね。
まあ、ソフトウェアであり、仕事の場合には「費用対効果」も考えなければならないので、最終的な決断はユーザーに委ねることになりますが。

ま、例によってちと脇道にそれましたが。(笑)

なので、「頑張る」ことと「努力」することは、大きく異なる、とワタクシは思っています。
単に目標設定の違いとか、そのようなことではなく、もう完全にモノが違う。
頑張っても、心身を傷めつけるだけ、とワタクシは考えてるので、「頑張らなくていいよ」と言うし、自分では頑張りません。
無意味なので。

頑張ってる、と自分では考えてるひとで、なかなか目標が達成できないひとは、力の掛けるとこ、力の掛け方が間違ってないか、手段、方法論を見直してみてはどうかな、とワタクシは思います。

まあ、頑張っても、あんましいいことないです。(笑)

|

« PSP用動画をUbuntu10.10で作る。 | トップページ | PyCharmなるIDEを使ってみる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/50203826

この記事へのトラックバック一覧です: 「頑張る」と「努力」の違い:

« PSP用動画をUbuntu10.10で作る。 | トップページ | PyCharmなるIDEを使ってみる。 »