« ATOKがTwitterクライアントを出した。 | トップページ | NetBeansのメモリ使用量を減らす。PyCharmにも有効。 »

まあ、ワタクシなりの検討結果を。

正しいLinuxディストリビューションを選ぶための5つのヒント - IT業界を生き抜く秘密10箇条 - ZDNet Japan

Linuxを新しく使い始める人に対して、わたしはこれまで何度も、正しいディストリビューションを選択することの重要性を強調してきた。別のOSから移行しようとするときには、自分のニーズに合ったディストリビューションを選ぶことは、成功へのもっとも重要な鍵だ。

Jackの記事は、常にネタだと思っているので今回もネタだろうと思ってたら、案外まともなことが書いてあったので、スルーしようかなーと思ったんですが、ワタクシなりにJackの用意した問いに回答してみようかな、とか。

1.Linuxで何をするつもりかを決める
重要です。まあ、てかそもそもPCで何をしたいですか、が重要なんですが。
PCは道具に過ぎませんし、その上で動くOSは、目的を達成したいなら、なんでもいいわけです。
で、ワタクシの場合は「PCで出来ることはなんでもしたい」わけですね。
そんなの目的じゃないじゃん、とも言えるかも知れませんが、PCヲタなんてそんなもんです。
「PCで出来ることを出来る限り安価に」がポイントでしょうか。
なので、別にLinuxでなくてもいいんですが。

つかさ、ディストリビューションで出来ることに違いはそんなにないと思うのよ。
別にデスクトップ用のディストリビューション選んだから、サーバ用のパッケージ入れられないとかないし。
デフォルトがどうか、って問題だけなんだけどね。
まあ、実は一番大きいのはデフォルトがどうなってるか、なので、この問いそのものは正しいんだけども。

ディストリビューションを選ぶ、以前に、そもそもPCで何をしたいですか、ってのは重要な話で。
結果、Linuxじゃダメかも知れないし、そもそもMacじゃないとダメかも知れないんですよ。
単にiTunesを使いたいだけ、ならLinuxとか論外で、Windowsでも厳しいって話になるので。

まあ、一番最初のポイントであることは間違いないですな。

用意された回答の種類から選ぶなら、ワタクシの場合は「デスクトップ用途」ですかね。

2.安定性か最先端のどちらが重要かを選ぶ
まあ、確かにこれも重要な問題なんだけど、後半、ちと矛盾したっぽい話が出てたりしますが。
基本、Linuxの最先端は、本当に最先端で、下手すりゃ動かない、ってことを知っとく必要はあると思うんですね。
もう動かないものがコミットされてたりする。
#ある環境では動くのかも知れないけど。
で、安定性ってのは、バージョンがかなり古くて、新しいハードに対応してない可能性もあり、古いハードで十分に枯れた機材であれば、安定性を求めたディストリビューションを使うという選択も可能ですが、最新PCに安定性を求めたディストリビューションを選択すると、「デバイスが認識されない」という最悪の事態に陥ることがあります。
まあ、ぶっちゃけ、ここは覚悟を決めて「最先端」しか手がない、とワタクシは思うんですがね。

3.どんなデスクトップが好みかを検討する
まあ、これもデフォルトが何か、って話で。
で、検討するって言ってもねぇ、ってのが正直なところ。
どういうのがあって、それぞれどういう特徴がありますか?ってのは、調べても結構解らないわけで、これはもう使ってみるしかないでしょ、ってのが正直なところ。
Windowsから流れてきたんなら、GNOMEの方がしっくり来ると思うんですが、ワタクシ的には。
まあ、カスタマイズ前提ならKDEの方が見た目は似てますけど。

で、ぶっちゃけ、この二つ以外の選択肢は、今のところない、と考えた方がいいと思うんですよね。
もう他はGNOMEやKDEとは機能的に比較にならず、「あれ?どうすればいいの?」が非常に多い。
なので、どんなのが好み?ってよりも、まずは1,2で選択したディストリビューションのデフォルトできちんと使ってみようよ、ってのが勧め方のような気がしますが。
ま、ワタクシはGNOME派なので、GNOMEで。(笑)

4.どの種類のパッケージマネージャを使いたいかを決める
うん。選べないから。(笑)
さあ、これからLinuxを使おうってひとが、じゃあ、どのパッケージマネージャを使おう!なんて考えられるはずもなく。
無理。選べません。
まあ、せいぜいがとこ、LiveCDを使って、パッケージのインストールをしてみて、どれが自分に解り易いか調べてみようよ、程度の話になると思うんですけどね。
こんないろんなパッケージシステムの名前並べられたって、選べないって。(爆)

5.リリース周期に注意する
これ、ぶっちゃけ2で選択しちゃってるので、今更なんじゃね?とか思ったり。
最先端のものはリリース周期が短いし、安定性を重視するものはリリース周期は必然的に長くなるもので。
安定性を求めつつ、リリース周期の短い物、とか望んでもないし。
ない。ないよ。

ボーナスヒント:コミュニティについて検討する
まあ、これは重要かもね。
解らないときに、質問しやすそうなコミュニティかどうか、ってのは重要かも知れない。
全部自分で調べてやるんだ、って覚悟を持っていたとしても、どうしても聞かないと解らないことってやっぱりあるので、とっつきやすいコミュニティかどうかは重要かも知れませんな。
予め、コミュニティを調べてといて、そっからディストリ選ぶのもありかも知れませんねぇ。
案外個人でちんまりやってるとこの方が活発で親切だったりする可能性もあったりするし。

ま、ワタクシの場合は、別にこれらの質問に答えた結果、Ubuntuになったわけではありませんが。(笑)

とはいえ。
これ以外にも、そのディストリが、Linux界隈でどんだけメジャーですか、ってのも実は考慮した方がいいと思うんだよね。
例えば、今はFedora、Ubuntu、SUSEが3大ディストリだと思うんですが、他のディストリを選んだ場合、マイナーなアプリケーションでリポジトリにない場合、どうやってインストールすれば?って問題が出てきたりするわけで。
で、これがメジャーなディストリだと、パッケージが予め用意されてたりするんですよ。
なので、別に自分で野良ビルドしてパッケージ作んなくても簡単にアプリ導入出来たりするので。
自分がPCで何をしたいですか、から始まる、どんなアプリケーションを使いたいですか、の部分で、予め、それらの「最新版」が導入しやすいディストリビューションを選んどいたほうが、後々面倒がなくていいような気がします。

Jackの質問に、ワタクシが何か付け加えるとしたら、その点ですかね。
まず、何をやりたいか。
で、そのやりたいことを実現出来るアプリケーションは何か。
それは、どのディストリビューションに対して、提供されているのか、逆の言い方をすれば、そのアプリケーションの開発者は、どのディストリビューションを使っているのか、ってのがポイントになったりするんじゃないかな、とか。

よほどの自信があっても、お試し以外で、マイナーなディストリをメインにしない方がよい、とワタクシは思いますけどね。

|

« ATOKがTwitterクライアントを出した。 | トップページ | NetBeansのメモリ使用量を減らす。PyCharmにも有効。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>どんなデスクトップが好みか
そうですね。大抵は、GNOMEでいいんじゃないんですか。それで重ければ、XFCEに変えられますし、XFCEなら、GNOMEから、移っても違和感が少ないです。

>今はFedora、Ubuntu、SUSEが3大ディストリだと思うんですが
そうなんですか。今は、UbuntuとFedoraの2強時代だと思ってました。SUSEは、検索エンジンや大型書店で情報を探すにしてもDebian級に、探しにくいです。

極端な話、ブラウザとメディアプレイヤーとオフィスソフトがあればいいなら、初心者にも使いやすいからUbuntuで十分でしょう。Ubuntuに飽きたら、他を試してもいいかもしれません。

投稿: hk | 2011年1月22日 (土) 01時11分

SUSEは、一応Novell提供の「サポートのあるLinux」のひとつですからね。(笑)
それの無料版がOpenSUSEというだけの話で。
FedoraがRedHatの無料版というか実験版と考えると、やはりSUSEも強いでしょう。

投稿: かおりん | 2011年1月22日 (土) 05時10分

デスクトップ環境は今後大きく変わる可能性があるし、使っているうちにカスタマイズして原型をとどめなくなったりもするんで、やっぱりかおりんさんが書いておられるように1と2でしょうね。あと、ボーナスの「コミュニティ」に関しては、実際に必要が生じるまではわからないような気もしますね。
> 別のOSから移行しようとするとき
じゃなくて、Ubuntuユーザーが別のディストリビューションに乗り換えようとするときなんかは(tminさんみたく)重要なポイントだと思いますけど。そういうことでいえば日本語情報って言うのも、こちらローカルなユーザーにとっては重要かも、ですね。VineとかCentOSなんかが割と日本で根強いのも、そういう事情かと。最近はそうでもないんでしょうかね。
ところで、Jackの翻訳って、いつも同じ人が担当してるんですかね。いつもながら「?」なんですけど。

投稿: 松本 | 2011年1月22日 (土) 09時41分

まあ、コミユニティの問題は英語が読めない、書けないだと深刻ではないかと。
聞くに聞けないと詰みますし。

翻訳、微妙なんですか。
原文は読んだことないので、案外翻訳で捻じ曲げらてるとこもあるかも知れませんね。

投稿: かおりん | 2011年1月22日 (土) 12時40分

1.普通に重要ですね。デスクトップ用であればWindowシステムがなければだめだろうし、サーバー用であればWindowシステムなしでも大丈夫みたいな。Ubuntu StudioみたいにサウンドシステムをPulseAudioではなくJackベースにするといった特定用途への作り込みとか。

2. 5.用途次第

3. 普通はGNOME、KDE、Xfce4、LXDEのどれかになるだろうけど、同じGNOMEベースでもSUSEではSUSEメニューだったりMintはMintメニューだったり、各ディストリでデフォルトでインストールされているアプリの違いでGNOMEだからどのディストリでも一緒というわけでもないのが悩みどころ。

4. パッケージマネージャー含むシステム管理ツールかな。YaST使いたければSUSE、Mandriva Control CenterがよければMandriva/PCLinuxOSになるでしょうし。まあ使ってみけりゃわからないってのが正直な感想だが意外と重要ポイントかも。

6. デフォルトの日本語環境と日本語での情報量
7. 非公式レポジトリを含む総パッケージ数
8. 初心者向きか上級者向きか
9. 軽いか重いか。古いPC再利用するならともかく最近のPCならあんまり関係ないか。

投稿: | 2011年2月 4日 (金) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/50648324

この記事へのトラックバック一覧です: まあ、ワタクシなりの検討結果を。:

« ATOKがTwitterクライアントを出した。 | トップページ | NetBeansのメモリ使用量を減らす。PyCharmにも有効。 »