« はじまりは、いつも冗談。 | トップページ | シャッターアイランドを観た。 »

これWindowsでも同じようなネタがありますけどね。

ASCII.jp:~師範、キーボードやターミナルは苦手です!~|行っとけ! Ubuntu道場!

ミズノ:キーボード操作の方が速い、ってこともしばしばありますからね。もちろん「キーボード使わないのは二流だ」みたいな寝言はどこかに置いといてもらう必要はありますが。

hito:武器の一つとしては持って置いた方がいいよねー、と。キーボード恐怖症、みたいなこともありえるので、無理に勧めるものではないですし。

道場が道場に見えるという点で、良エントリではないか、と。
特に引用した部分、強調したいですね。
特にhitoさんの「武器のひとつとして持って置いたほうがいい」は間違いなく事実でもありますし。

場合によっては、アプリのバグでメニューバーが表示されない、なんてことがあっても、キーボードショートカットをある程度覚えておけば、「何も出来ない」なんてことがなくなります。

で、今回の道場で指南されてるキーボードショートカットは、どれも「覚えておいて損はない」類のもので、かつ「Windowsでも使える」モノも多いので、マジで熟読しといてもいいと思います。

まあ、いくつか知らんのもありましたし。(笑)

なるほど、と思ったのが、「キーボード配列がタコな場合でも使える」EnterとかESCとかですかね。
これ、確かに一部ネトブとか、ノートPCとかで、悲惨な場合もあるので、アプリが対応しているかどうかは微妙ですが、「どうしても他人のノートPCで作業しなければならない場合」などに有効ではないか、と思います。
#ま、アプリ対応が期待出来るのであれば。

このノリでEmacsとかVimとかやってくれないかなぁ。
正直、軽量なエディタの入門とか、需要はあるんと思うんだけどね。
以前にもちらとあったけど、入門というよりは紹介に近い内容だったので。
「こういう場面では、こう使う」的な。
あと画面が出てから、まず何をする、的な「使うため」の文書として、堅苦しくなく解説してもらうといいと思うんですよね。
まあ、Emacsは以前に使ってたから、ある程度解るんですが、Vimが全滅しているので。ワタクシの場合。

まあ、エディタの宗教論争から外れたこういう場で、ひとつのUbuntuの使い方、アプリケーションの使い方の入門的に、扱ってくれてもいいかな、というのは思います。

久しぶりに、真剣に読みましたな。(笑)

|

« はじまりは、いつも冗談。 | トップページ | シャッターアイランドを観た。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

確かに役に立ちますね。ショートカットは一覧で見せられても「はい、そうですか」みたいな感じになって、覚えられません。この記事のように「こんなときに便利」とか、「これだけは覚えて損はない」みたいな書き方の方が、説得力があります。私の場合、これまで知らなかったAlt+Spaceは役立ちそうです。

投稿: 松本 | 2011年1月13日 (木) 20時21分

こういう良記事で毎度進んでくれるといいんですが。
やはり編集Sさんが主導の弟子の立場を取ったものが良エントリになってるように思われますね。
こうしたいんだけど、Ubuntuの場合はどうやったらいいの?的なHowToに絞ると結構、読み応えが出てくるのではないか、と。

投稿: かおりん | 2011年1月13日 (木) 20時28分

仕事柄、10代と接することが多いのですが、彼らに言わせるとコマンドを叩いてソフトのインストールをしなければならないOSは論外だという気がします。コンテンツを如何に楽しむかということが重要であるので、市販のBDがすんなり見れないLinuxには移れないと言ってました。

投稿: とおりすがりのもの | 2011年1月14日 (金) 21時32分

BDは見れないでしょうな、いまんとこ。
つか、なぜPCでBDを見る必要があるのかがちと謎ですが。(^^;
#素直にプレイヤーで見ればよいような。

まあ、Linuxでは、アプリケーションのインストールにコマンドを叩くのは、もはや前時代的ではありますけどね。
Ubuntuにも、ソフトウェアセンターとかありますし。
別にコマンドを叩く必要はないでしょう。
よほど、サーバ的用途でもない限りは。

まあ、件のBDやらDVDの問題はありますが。
#法的にも問題になりそうで。

普通にネット端末として使う分には、Linuxでも困らないとは思いますけどね。

投稿: かおりん | 2011年1月14日 (金) 21時45分

さすがに中高生でパソコン・ブルーレイプレイヤー・地デジテレビを自分の部屋に
別の機器として持っているのは少ないと思いますよ。

彼らと話をした中での推測なんですが、メディアの供給形態が10年ほど前にCD・VHSからDVDに変わったように、
「今はDVDからBDに変わる時期にある。ただBDを見るだけならPS3でも十分だ、だけど、メディアのバックアップを
採るには、パソコンは不可欠、さらに画質を落とさないためにはBD-Rが要る」と考えているようなんです。

で、オンデマンドやyoutubeの不正ダウンロードで十分じゃないかという声もあるのですが、それらの画質ってどの
程度なんでしょうか?
私自身は画質の違いがよく解らないのですし、彼らがもっている機器の性能に左右される部分があるのでしょうが
「フルで提供されるとは限らないので、きちんと写らないこともある」と言ってましたわ

おまけに私の自宅が光通信の適用外地域なので、ようつべごときでも中断することがあります。

ジョブズのおっちゃんは、「BDを絶対のっけねえ、ネット配信で十分じゃ」と言ったらしいですが、現状ではBDに
行くような気がします。


投稿: とおりすがりのもの | 2011年1月15日 (土) 16時22分

まあ、不正ダウンロードに関しては、不正なので言及しませんが。
どうも私的複製も今後違法になりそうな気配があるので、その辺BD-Rに落とす、のもナンセンスになりそうな気もしますが。
#「バックアップ」は便宜上の言葉で、たぶん、不正コピーをしたいんですよね?その彼らは。

ま、その手のお固い話は置いといて、ってところで。

BDにしても、フルHDのモノとHDのもので違うでしょうし、ソースがそもそもSD画質だった場合には、BDでも意味ないわけで。
さらに、HD画質のもの(720p)をフルHD(1080p)のTVに出力する場合には、アップコンバートが行われるので、そこでのアップコンバートの性能も問題になります。
個人的には、今まで見た中ではPS3がダントツでキレイとは思いますが。

それらの再生環境を整えた上で、かつソースがフルHDで、云々ということであれば、YouTubeのHD画質はフルHDではないため、フルHDのBDと比較するならば劣化している、と言えるかも知れませんね。
同様に、現状、オンラインの映像ソースはHD画質のものが多いようなので、「画質にこだわる」なら、BDの方がよいかも知れません。
ただ、彼ら中学生ですか?が、「画質にこだわれるほどの機材」を持っているとも思えないので、言ってるだけ、なんじゃないんですかね?(^^;
自室に42インチ程度の液晶かプラズマを持っていて、それなりの再生機材で再生すれば結構違うと思いますが…。
例えば24インチ程度のTVに…となるとどうなのかな、と。

まあ、参考までに経験的には、Linuxでの話ですがPC上でHD画質のものをフルHDにビデオカードの機能を使ってアップコンバートするよりは、PS3でアップコンバートした方が、圧倒的にキレイですね。
アプコンがPS3の機能の中ではうりのひとつらしいですし。

それとインフラの問題ですが、光がないなら、現状SD画質でもオンデマンドは厳しいんじゃないかな、というのがこれまで段階的に上がってきた感想ですが、ADSLでも速度がきちんと出ているなら大丈夫なんですかね?

まあ、ジョブズの言うことは主にUSでの話なので、日本ではまた別の選択もあるかも知れませんが…。
とはいえ。USB3.0くらいの転送レートがないとBDドライブとかも厳しいような気がしますね。
USB2.0程度だと、転送レートの方で頭打ちになるかも知れません。

MacTVの画質は見たことないんですが、例えば42インチのフルHDの出力に対して、HD画質の映像ソースを十分にキレイに見せられるだけのアップコンバータが仕込まれているんですかねぇ。

投稿: かおりん | 2011年1月15日 (土) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/50575915

この記事へのトラックバック一覧です: これWindowsでも同じようなネタがありますけどね。:

« はじまりは、いつも冗談。 | トップページ | シャッターアイランドを観た。 »