« Chromeのパッケージが古いままで、更新されていなかった。(笑) | トップページ | 実はUbuntuがクラッシュしていた。(笑) »

言ってることは尤もなんだが。

【レポート】うまくいかないオープンソースコミュニティ、その原因はどこにある? | エンタープライズ | マイコミジャーナル

コミュニティとは人がやりとりする場所だ。人がやり取りするのだから、当然ながら感情はつきもの。オープンソースコミュニティもその例外ではなく、苦痛な場にも楽しい場にもなりうる。Neary氏は最後に、「楽しく、フレンドリーで、安心して、進んで共有できる環境を作ることを目標にしてほしい。そして、フリーソフトウェアならではの素晴らしい成果を得てほしい」と期待を込めた。

まあ、確かにこの記事に書かれている通りの事例が起こっているし、対処法も、この通りなのだが。
で、引用部分は、ある種「理想」であるな、と思って引用したんですけどね。

現実には、困難なことも多いのも事実で。
どこか割りきって、コミュニティに参加しないと、まさにここで紹介されているような事例、というかドツボにはまりかねないな、とは思いましたね。

まあ、ワタクシはOSSコミュニティには参加してないので、具体的な事例は知らないのですが、案外会社内でのプロジェクトにもこんなことが当てはまります。
Face to Faceで話が出来る分、まだOSSプロジェクトよりも社内プロジェクトの方が、「マシ」な部分や、早めに問題に気がつく場合も多いかも知れませんが、遠くネットワーク越しにコミュニケーションを取るしかないような巨大OSSプロジェクトだと、これらの問題は顕著になるかも知れないな、とは思いましたね。

まあ、それでも強力なプロジェクトマネージャーが猛烈に推進していくようなUbuntuのようなプロダクトもあるので、一概に、これらが当てはまるということもないんですが。

逆に言えば、そういうカリスマ的なプロマネがいれば、案外話は早かったりするわけです。

とはいえ。

ほんとに、この記事のような理由で、進まないOSSプロジェクトって多いんだろうなぁ、と思いますね。(^^;

|

« Chromeのパッケージが古いままで、更新されていなかった。(笑) | トップページ | 実はUbuntuがクラッシュしていた。(笑) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/50998836

この記事へのトラックバック一覧です: 言ってることは尤もなんだが。:

« Chromeのパッケージが古いままで、更新されていなかった。(笑) | トップページ | 実はUbuntuがクラッシュしていた。(笑) »