« 震災時の近所の様子を撮影していた。 | トップページ | 庭の白木蓮が咲いた。 »

野外風呂に入ってきた-避難所生活で思うこと-

えー、自衛隊の提供してくれた野外風呂とやらに入ってきました。(笑)
なんつぅか、自衛隊って、こんな設備まで持ってるんですねぇ。
まあ、単なるでかいビニールのブルーシートの桶みたいなもんに、どういう設備かは解りませんが、常時お湯を入れてるだけ、って仕組みみたいですが。
30人が一度に入れるという代物で。
たぶん、隊員の方もこれを使ってるんだと思いますが。

もちろん無料で、自力で行けばいつでも入れるし、避難所からは定期バスが出ているので、それを利用することも可能と。
当初はお年寄りと子供優先だったんですが、最近オープンになったようで。
夜11時までやってるというのもありがたい。
#ま、ぎりぎりに行くのは、隊員の方々にも迷惑になりそうなのでアレですが。

いずれにせよ、水が自由にならない被災地の暮らしで、これは非常にありがたい。
まあ、毎日とは言わないまでも、これで度々風呂に入ることが出来るようになったわけで。
ま、シャワーがないとか贅沢を言えばキリがないんですが。(^^;
そんでも、入れるだけマシというか、身体を温められるだけ、かなり気分も違います。
結構、避難所と自宅往復で汗をかくし、自宅の片付けで泥まみれになるので、風呂はありがたいんですよね、正直なところ。

んで。
避難所暮らしも長くなると思うのが。
人間って何にでも慣れてしまうよな、ということ。
ついでに、良くも悪くも向上心があるよな、ということ。

避難所の生活は決して快適ではないし、楽でもないんですが、それに慣れてしまう。
慣れてくると、今度は欲が出てくる。
まあ、つまり不平不満が出てくるわけです。
もちろん、慣れただけではなく、ストレスにより、感情を制御出来なくなってるってのもあるでしょうし、前述の向上心により、もっともっと良くしたい、という気持ちもあると思うのです。

例えば食事とか。
例えば支援物資とか。

洗濯も出来ないので、自然衣類なんかも着たままになるので、支援物資の下着や靴下なんかはありがたいんですよ。
あとは大きめの防寒着とかね。
んでも、古着で、なんか小じゃれたのとか散見されるわけで。
スタッフの方が愚痴ってましたけど。
「捨てるわけにもいかないしな〜」

ま、本音の部分だろうな、と。
別のボランティアスタッフと話をしているのを小耳に挟んだので、大っぴらに言ってることではないと思うし。

一方で。
「支援物資を貰うこと」に「慣れて」しまってるのかな、と思ったのも事実で。
人間、慣れてしまうと、当然だと思うようになるものだとワタクシは考えるのです。
なので、「当然のこと」に対しては「感謝の気持ち」は持ちにくい。

また、食事に関しても、盛が少ないだと多いだの、それなりに陰でぶつぶつとやってるわけです。
まあ、ある意味極限状態での集団生活ですし、長くなって来ているので、相当なストレスも溜まってるわけですが、最初の数日は、みな感謝をしてたんですよね。
その状況を見ているので、なぜ、その頃の気持ちを忘れてしまっているのか、と思うわけです。

感謝の気持ちを持たないと、ああいう集団生活は厳しいものになります。
わがままはもちろん通用しませんし、譲り合い、他人への(見せかけでもよいから)感謝の行動。
これらをキチンと行っていかないと破綻するのです。
で、破綻したとしても、他に行き場所がないのが避難所生活なんですが。
その辺、慣れてしまうと忘れてしまうようで。

要求ばかりが募ってしまって、ボランティアの方々に当り散らすご老人なんかも散見されます。
ボランティアの方々の責任じゃないところで、当り散らされても困ると思うのですが、その辺、もう考えの中にないんでしょうね。
そうされるのが当然、と考えてるのだと思うので。

んで。
この辺、OSSの構図にも丸ハマりだなぁ、とかね。
最初は感謝して使ってるけど、だんだんそれが当たり前になって。
使ってるアプリに不満があると、すぐにぶつぶつ文句言うようになって。
自分じゃ何もしないのに、「何かしてもらうのが当然」って考えになっちゃうひとって多いじゃないですか。

最近よく目にしたのがTwitterクライアント関係ですけど。
例えば非公式RTの仕様を変更したとか。
#個人的には非公式RTの是非論には興味はまるでありませんけど。

ひとは何にでも慣れてしまうんだなぁ、と、その時も思いましたけど。
今回も、強く思いましたね。

慣れるのは悪いことじゃないと思うんですが、慣れた結果、感謝の気持ちを失ってしまうのは、ボランティアに対して、失礼ではないか、と思うわけです。

これは、被災地ボランティアでもOSS開発者でも同じことで。
どちらもある意味、自分のためにやってると思うんですね。>ボランティア
別に、特定の誰か、特に文句を言って来るひとのためにやってるわけじゃないと思うんですよ。
それなのに、まるで「自分のためにボランティアが存在する」かのような振る舞いは、如何なものか、とワタクシは思うのですが。

例えば、提案の形で、具体的な実現可能な方法で意見を述べるのなら、どちらの場合でも受け入れられると思うんですが、最終的に感情的な暴言に終始する場合が散見されるので、あれではなぁ、と思うんですよね。

人間、慣れと向上心は必要かと思いますが、同時に「感謝の気持ち」も忘れちゃいけないんじゃないのかな、と思いました。

ワタクシですか?
感謝してますよ?自衛隊とか、地域のボランティアとか。
友人とかね。
ネット上の友人にも。
いろいろと支えられていますし。
もちろん、OSSの製作者の方々にも感謝していますとも。(笑)
一応、ワタクシ自身も製作者ですし。(爆)

|

« 震災時の近所の様子を撮影していた。 | トップページ | 庭の白木蓮が咲いた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全然被災していないのにこんなことをいうのはほんっと、申し訳ないんですが、今回の震災にはひどく参りました。心理的なダメージをここまで被るとは思いもよりませんでした。うつになるかと思いましたよ。実際、軽い心身症みたいなのが出てしまいましたし。
それで、最近ようやく立ち直れる気になってきたのは、被災地からの生の声に触れてからなんですよね。あれだけひどい目に合ってそれでもみんなちゃんとしてるのに、全然カスリもしなかった自分が落ち込んでるのはおかしいよねって、そんなふうに思えるようになったんですね。そういう意味で、かおりんさんのブログには助けられています。うん、ほんと、支えてもらってます。こういうのは、一方通行じゃないんだって、そんなふうに思うんですよね。

ここにきて、改めてWebの力に気づかされている気がします。Webの向こう側にいる人間の力というか…

投稿: 松本 | 2011年3月28日 (月) 20時59分

ワタクシのところは、幸い、近隣でも被害が少ないので、わりとのんびりですけどね。
まあ、水が出ないのは困りモノなんですが。
あと、ひかり回線か。(笑)

Twitterなんか見てても、結構被災地じゃないひとが妙なムードになってるのは感じてましたけども。

むしろ、こんな時だからこそ、騒げるひとは騒いじゃっていいと思うんですよね。
飲みに行くのも結構、旅行も然り。

変な自粛ムードは一掃して、楽しい雰囲気を作って欲しいと思うんですが。

松本さんの方の事情は解りませんが、ワタクシは元気ですので、ご心配なく。(笑)
むしろ避難所生活で、健康を取り戻しつつあります。(爆)
#食いもん粗食で、肉体労働の日々なんで。

むしろ気になるのは原発ですかねぇ。
とりあえず仕事のない家族は兄のところに疎開させましたが〜。

ま、ワタクシはあまり頑張ってないので、いつも通りといえばいつも通りなんですが。

震災は、終わりました。
これからは、復興です。
いつまでも震災を引き摺って、自粛やら不謹慎やらいう期間は終わったんですよ。
もう、被災地では復興が始まってます。

だから、松本さんも、家族と楽しんでください。
そうして、楽しんだことが、結果的に被災地のためになるんだと、ワタクシは思います。
#特に使ったお金が。(笑)

投稿: かおりん | 2011年3月28日 (月) 21時45分

通りすがりでコメントさせていただきます。
読んでいる人のことを思って大丈夫だというコメントを書いておられるのかはわかりませんが、被災していない僕にとってすごく助けられます。
何かしてあげなければいけないんだけど、そこまでの気合がない・・募金ぐらいでしょうか。
「震災は、終わりました。これからは、復興です」被災された方が書いたこの言葉を見て、んー言葉が浮かばんw
あなたのような方がいればなんとなくどうにかなるような気がします。あんまりがんばらないで下さいね。
被災された方のことを思うことしかできませんが、笑い話にできるよう復興してください。

投稿: あきぴこ | 2011年3月29日 (火) 17時26分

肉親、友人を亡くされた方を思うと、ちと、という気持ちもないではないですが、重要なのは、やはり生きているひとだと思っています。
まさに「笑い話」に出来るように、復興すればいい、ワタクシはそう考えています。
いろいろあります。

でも、10年経てば、笑い話になればいいな、と。

だから、あきぴこさんも生きることを楽しんでください。今を楽しむことで、未来が生まれます。
ツマラナイこと、落ち込んでいても、やはり何も生まないのです。

楽しいことをしましょう。
面白いことをしましょう。

それが、我々被災地、被災者のためにもなります。

へんな自粛ムードや落ち込んだ気分は吹き飛ばして、ぱーっと遊んでください。(笑)

投稿: かおりん | 2011年3月29日 (火) 18時41分

わかった
土曜日ぱーっと遊びに行くよ
多分文横
おそらく保護者付き

投稿: omiya | 2011年3月29日 (火) 21時09分

いつこっち来んの?今週いっぱい休みとなったんだけど。

投稿: かおりん | 2011年3月30日 (水) 02時13分

金曜22時ころこっち出る。
上手くいけば、早朝3時位にはつく。
必要な物あれば連絡くれ。

投稿: omiya | 2011年3月31日 (木) 12時30分

特に必要なものはないな。せいぜい不足しているのはタバコくらい?
ケントの3mgとか。

土曜日AMつぅか、昼前後に伺いますわ。
どこに車止めればいいかとか相談しに。

投稿: かおりん | 2011年4月 1日 (金) 06時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/51240569

この記事へのトラックバック一覧です: 野外風呂に入ってきた-避難所生活で思うこと-:

« 震災時の近所の様子を撮影していた。 | トップページ | 庭の白木蓮が咲いた。 »