« こんなのあったんだ。知らなかった。ConkyWizard | トップページ | つーわけで、みくっぽいアイコンにしてみた。 »

最新ハードとLinuxの相性の悪さ

まあ、Ubuntuとはいえ。
Linuxには違いがないわけで。

ここんとこ、物欲全開で、ちょっとビョーキな感じなんですが。
x6系チップのフィックス版発売のニュースについ、SandyBridgeのi7に手を出してしまいました。(^^;

んでこれが。

UbuntuのGenericカーネルなら動作します。なんの問題もない、とまではいいませんが、まあ、普通に動いてます。
コア数も8で認識しますし。
#きちんと実コア4、HT8として認識します。すげぇ。(笑)

しかし。
なぜか、自前ビルドのカーネルが動かない。orz
要らんドライバとか外して自前ビルドしてたんですが。
#起動速度の関係とか。

nvidiaドライバがカーネルに組み込まれてないってか、ドライバが見つからないってエラーになってしまうんですよね。
DKMSで組み込みが行われてるはずなんですが…。
#少なくともインストール時にDKMSは成功しているように見える。

まあ、理由が解らない(というか調べてない)のは気色悪いんですが、とりあえず動いてるからよし、としとこうかと。

それと、各種情報を取得するlm_sensorsもチップが新しすぎて対応してません。
これはパッチの当たったモジュールがネットに転がってたので、それを入れて対応してます。
また、CoreTempですが、どうも正しい値を返してないように見えます。
#低すぎるんじゃないかと…

ぶっちゃけ、LGA775とか以上のCore iシリーズは、まだ避けた方が無難なのかなーと思った次第。
まあ、それも1366とかなら、もう一年以上経つので問題ないと思いますし、今回のi7が正常に認識されてるのも、そのためとは思うんですが。

とにかく情報がない。(^^;
回収騒ぎのせいもあるでしょうし。

こんなところで、最新ハードとLinuxの相性の悪さを久しぶりに思い知った次第です。

まあ、CPUパッケージも変わるので、今回はケースのエアフローを見直す意味でも、CPUクーラーも新しいのにしました。
サイズのってのは同じなんですが。
無限弐ってやつです。サイドフロー形式のもので。
まあ、TDP150Wまで対応ってことなので、OCしても行けるだろう、と。(笑)

んで。
まあ、常用はどうかな、と思いましたが、フツーに4.6GHzで動画エンコードまえ行けてしまいました。(笑)
4.4GHzでもちとどうかな、と思ったので(温度的に)、4.2GHzで運用にしてますが。

しかし。
OCした状態でも、基本クロックは変動するようで、普段は1.6GHzになってます。
相変わらず、IntelのCPUは仕事をしない。
まあ、性能的に問題があるわけじゃないし、Core2Duoの時から比べると、クロックの上がるレスポンスが速くなってるようなので、実用レベルでは何の問題もない感じですけど。

んで。
8スレッドで動画エンコードすると、2時間のDVDが、10分程度でmpeg4に落とせます。
こら速い。(笑)
ま、メモリもDDR3になってるし、FSB形式じゃなくってるのも大きいんでしょうが。

まあ、これで、とりあえず、ディスプレイも含めて、スペック的には現行のiMacを超えました。(笑)
あとは、MaxOSXが動けば、メインマシンはiMacです(中身は)!と言えるわけですが、動かないんですけどね。
#*BSD動かして、NetxSTEP風の画面にすれば、似るかも知れないけど。

つかね。
今、iMac買ったらダメです。新型MacBookとかならいいかも知れんし、AirはCore2だから関係ないけど。
Core iのモデルは、近日中にSandyBridgeのモノに切り替わるでしょうから。
それを待った方がいいと思われます、個人的には。
まあ、PCなんて欲しい時が買い時なんで、3割程度の性能差なんぞ気にならんわ!という向きには、関係ない話ですが。

つーわけで、8スレッド認識してる画面と、動画再生時の負荷が解るスクリーンショットでも。(笑)

送信者 Blog

画像をダウンロードして、実寸をお楽しみください。(爆)

|

« こんなのあったんだ。知らなかった。ConkyWizard | トップページ | つーわけで、みくっぽいアイコンにしてみた。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Nextですか。どこで見たか忘れましたが、ソフトウエアが先行しすぎてハードがおっつかない典型例だった気がします。

ハードにソフトが追いつかないのはある意味普通の状態なんでしょうが、商品スパンが短くなるとタイトな問題かも
知れませんね。

投稿: とおりすがりのもの | 2011年3月10日 (木) 09時19分

たしかi7発売数日後に、i7のlm_sensorsの件は2ちゃんねる自作板(ubuntu関係)か、Linux板のスレのどこかにに対処法が書かれてあった様に記憶しています。chromeの機能拡張「 2chRevival 」を使用しないと探せないかもしれませんが。。。

投稿: おせっかいマン | 2011年3月10日 (木) 10時00分

>とおりすがりのものさん
Nextは、ジョブズの理想を体現できなかったハードの典型ですね。
ソフトでやりたかったことを、ハード性能がまったく追いつかずに実現できなかった。
ジョブズの理想は、Nextの時代では実現できなかったということです。
今、MacOSXという形で、それが実現されてますけど。(笑)

>おせっかいマンさん
本文中でも触れてますが、lm_sensors向けのモジュールが検索で引っかかりましたので、それをビルドして入れてます。
正しい数値が返って来てるかどうかは微妙なんですが、一応データは取れてるんですよね。

まあ、この辺は、次のUbuntuバージョンで解消されると思ってますが。

投稿: かおりん | 2011年3月10日 (木) 10時58分

とりあえずMac4Lin入れてみては、と言ってみる。

投稿: とおりすがり | 2011年3月10日 (木) 12時18分

重要なのは外見ではないのでー(笑)
*BSDベースなとこが大事かな、とか。

投稿: かおりん | 2011年3月10日 (木) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/51077227

この記事へのトラックバック一覧です: 最新ハードとLinuxの相性の悪さ:

« こんなのあったんだ。知らなかった。ConkyWizard | トップページ | つーわけで、みくっぽいアイコンにしてみた。 »