« 液晶モニターに傷が。 | トップページ | 震災時の近所の様子を撮影していた。 »

東日本大震災の思い出。

ま、忘れないうちに、ちと書いとこうかな、とかね。

発生日の3/11は、普通に、会社で仕事してまして。
本当は、翌日も休日出勤の予定だったんですが。

3時過ぎ、でしたかねぇ。3時前?ちと細かい情報は覚えてないんですが。
突然、あちこちで携帯が鳴り始めて。
緊急地震速報だったわけですが。

みんな、あれ?てな顔をしているうちに、地震が来ました。
最初に、縦揺れ、次に横揺れだったと思います。
ワタクシは、ビルの11Fにいたので、横揺れは、かなりのものだったと思いますが。
実際、オフィスの机のものは、PC含め、すべて落下しました。
蛍光灯が割れるんじゃないか、と心配してるワタクシに、部下が「かおりんさん!机の下!」とか叫んだので、慌てて、机の下に潜りましたね。

それでも、揺れる揺れる。
結構、頑丈に固定されてるはずの机がずれましたから。
床のパネルは剥がれるし。

実際に揺れてた時間は、数分に感じましたが、実時間はどのくらいだったんですかね。
まあ、いずれ、まとめられたサイトでも見れば解るんでしょうが。

とにかく、次にデカイのが来るとアウトってんで、避難が始まりました。
オフィスの近くに、わりと大きめの公園があるので、そこに避難して。
フロアごとの点呼を取った後、まずは解散となりました。

その時点では、まあ、これで終わりだろ、と思ってたんです。(笑)
ああ、宮城県沖地震がとうとう来たか、と。
まあ、倒壊したビルはないし、火災の発生もない。
一部、窓ガラスが割れたビルと、壁が剥がれたビルがありましたけど。
けが人は、少なくともオフィス内にはいませんでしたし。

ワタクシ、たまたま、その日は車で出勤してましたので、帰る方向が同じひとを誘って、普通に帰るつもりでした。
が。
立体駐車場が、停電で、車が出せない。orz
#その後、出せるようになったのは一週間が経過してからでした。

とはいえ、電車も動いてないだろうし。
#停電だから。
まあ、タクシーを捕まえましょう、と。
こんな事態だから、会社がタクシー代くらい出すよね〜とか、いいながらタクシーを探してました。
運良く客を下ろしたばかりのタクシーを見つけて。
#後に聞いたところ、タクシー捕まえるのも、当日は一苦労だったそうです。ワタクシは運が良かった。

まずは、一番近い部下の家までタクシーで行って、そこからは部下に送ってもらいましょう、ってことで話がついて。
この時点では、津波のことなんて考えてもいませんでしたね。

んで。
無事に部下の家に着くと、別になんも倒壊とかしてないし。
消化器が倒れてたくらいで。

ところが。
その部下の車の中でTVを見てたら。
#見れるようにしてあるみたいで。
仙台空港が津波に呑まれた、とのニュース。
「マジすか」
みたいな。
おいおい、ちょっと待てよ、とか。
まあ、空港自体は海沿いですが。
滑走路が全部呑まれるほどの津波って。

海岸線から6kmまで到達って、あんた。
#ワタクシの家は、海岸線からは10km弱だったんですが。

そんでも。
まあ、そこはそれ。
人間ってのは、都合の悪いことは信じようとしないもので。
たかをくくってました。(笑)
大丈夫でしょ、と。

しかし。
道々、道路は陥没してるわ、割れてるは、橋は落ちてるわ。
通勤に使ってる駅近辺まで来ても、携帯で家族と連絡取れないし。

駅前の通りまで来たとき、かなり唖然としました。
駅前の道が完全に水没してるし、車が流されて、コンテナと接触して道ふさいでるし。
部下の車では入っていけないほどの水深で。

おいおい、マジかよ。

とりあえず、車から下ろしてもらって、歩いて自宅まで帰ろうと思いました。
靴脱いで、靴下脱いで。
裸足で。
しかし、3月とは言え、水は冷たい。
断念しました。あっさり。
なんか、部下がそれを見てたようで、戻って来てくれてまして。(笑)

別のルートを探したんですが、どれも車では無理。

で、最終的に、避難所に送ってもらいました。
そこで家族の姿を探しましたが、なかなか見つからず。
携帯は相変わらず通じなくて。
もう、全キャリアダメ。
#なぜかイモバだけは、コール可能。(笑)

ようやく、母の姿を発見しました。
母の話を聞くと、津波に追いかけられながら、命からがら逃げてきたそうです。
#途中、若いおにいさんに手を引いてもらって、さらに車に乗せてくれたひとがいたようで、無事に避難できた、とのこと。津波に追いつかれた、とか言ってたので。

母の話では、他の家族と一度だけ携帯で連絡がついて、2階に逃げて、無事だ、とのことでしたが。

それでも。
単に回線が混んでるにしては、あまりに繋がらない。
#のちに、そもそも携帯基地局が停電してたらしい、と聞きました。バッテリーで駆動可能になってないんですかね。それとも、海沿いの基地局は津波にやられたのかな?

避難所についたのが、PM8:30頃。
10:00くらいになっても、一度も電話が繋がらない。
まあ、停電しているので、固定電話のひかり電話の方がNGなのは解るんですが。
なぜ携帯が繋がらないのか。

避難所だと、色々と話も聞こえてきます。
すっかり家が倒壊してた、とか。
もう水に呑まれたひとを見た、とか。

んで。
水引いたかなーと思って、10時過ぎに見に行ったんですね。
車は無理でも歩いてなら通れるような道もあったので。
んでも。
全然水は引いてなくて。

仕方ないので、避難所に戻って。

避難所では、遅い晩飯として、炊き出しが行われており、ひとり一個、おにぎりが振舞われてました。
おにぎり喰って。
ストーヴが一台しかないんですよ。広い体育館の中。
寒い。これは、猛烈に寒いわけです。
濡れてるし。(笑)

ま、幸い母が老齢ということもあり、ストーヴの近くに椅子を持ってきて座ってたので、交代で座らせてもらって、なんとか濡れたズボンやら靴下やらは乾かして。
んで、そのままストーヴの近くのゴザに横になったんですが。

寝れないんですよね。寒いし。家は気になるし。
そんでも、少しうとうとしたのかな。

時刻は、AM3:00。
外に出ると、綺麗な星空でした。
まあ、そらそうですよね。全部停電してるんですから。
晴れてたし。

で、ワタクシ、PM10:00頃に見に行った道を、また見に行きました。
以前よりは、確実に水は引いてたんですよ。

「行けんじゃね?」

今思えば、バカな思いつきでした。(爆)

暗いんですよ。
懐中電灯もないし。
灯といえば携帯電話の画面のバックライトだけ。(笑)

それを頼りに、水没してる道を歩いて行ったんです。
家の方向へ。
流された草というか、稲のカタマリみたいなのの上を、濡れないように注意しながら。
んでも。
濡れないなんて無理な話で。(爆)
すぐに、足首まで水に浸かりました。
もう、濡れちゃうと諦めが付くというか。
靴をダメにする覚悟が決まると、それほど困らないというか。(笑)

もうじゃぶじゃぶ歩いて行くわけです。

いや、よくも生きてたもんですが。

途中、流されてきた倒木とか、倒壊した家を乗り越えて。
AM5:00過ぎ。
大分明るくなってきたんで、もう携帯のバックライトを頼りにはしてなかったんですが。
見渡す限りの水の平原。
なんつうか。
もう、水しか見えない。(笑)
ぽつ、ぽつと倒木のカタマリが見えるくらい。
あと、ちょっとだけ家の2階。

もう、完全に自分の居場所を見失いました。
砂漠で迷子になるって、あんな感じなんでしょうね。
自分の位置が解らないんです。
人間、いかに目に頼って、自分の位置を意識しているか、痛感しました。
風景が変わると、もうどこにいるのか解らないんです。

水の平原で迷子。(笑)

けっこう絶望的な状況で。
そんでも、電線だけは見えていたので、それ沿いに歩いて行きました。
少なくとも、電柱は道沿いに立ってるわけで。
しかも、ワタクシの住む住宅地は、線路沿いなので、線路まで出れば、そこから北に進めばいいと解ってたんです。

が。
線路も水没してたんですね、今思えば。(爆)
#たぶん、何個目かに乗り越えた倒木のカタマリが踏切だったと思われる。

結局、線路を大幅に行き過ぎまして。
ようやく、水のない、アスファルトのところにたどり着きました。
見覚えのある道路に、見覚えのない景色。
これは混乱します。(笑)

とはいえ。
それが県道であることは間違いないので、そのまま、県道を北へ。
北に向かえば、コンビニがあることは間違いなく、そのコンビニから西へ向かえば、駅前の通りであることも間違いないので。

で、倒木のカタマリを乗り越えつつ、県道を歩いて行くと、ありました、コンビニが。
外側だけ。
完全に中身は、水に流されて、残っていません。
建物のガワと看板だけ。

それでも。
ようやく、完全に自分の位置を把握しました。
それがだいたい6時ころ。

避難所である小学校を出てから、3時間が経過していました。
いずれにせよ、もう自分の位置さえ把握してしまえば、もう問題はありません。
膝上まで水に浸かって、冷たい、という感覚もなくなってましたし。
#そんでも、よくもまあ、転びもせずに、そこまで歩いたな、という気はしますが。

その後、水も大分引き始め、道の形も解るようになり。
まずは、駅へ向かう道を進みました。

これもまた、倒木のカタマリを乗り越えつつ。

ようやく、駅にたどり着き。
道は完全に水没していたので、線路を歩いて。
線路上にも、大量の倒木が行く手をふさいでましたが、いまさらどうにも出来ないので。(笑)
乗り越えながら、家路を辿りました。

普通なら、15分の道です。
そこを一時間。(笑)

ようやく、家にたどり着いたときには、なんとも言えない気持ちになりましたね。
幸い。
家は残ってました。
水は、ワタクシの腰の高さまで上がったようですが、建物の中には侵入しなかったようで、床下浸水で済んだようです。

まあ、実際に建物を見るまで、倒壊した建物ばかりを見てきたので、三割くらいは、もう家も残ってないかも、と思ってたのは事実です。
家族と連絡を取れないのは、家ごと流されてしまったのかも、と。

しかし、見るまでは、確認するまでは解らない、と考えてたのも事実で。

まあ、あったわけですが。>家

ドアをノックすると、家族が出てきました。
さすがに驚いた顔でしたね。(笑)

まあ、そらそうでしょう。
避難所にいるはずのひとが、ずぶ濡れ、泥まみれで帰ってきたわけですから。(爆)

とにかく。
ワタクシの、4時間にわたる冒険は終わりました。
濡れたスーツを脱ぎ、下着を変えて、寝間着に着替えると、家族にひとこと。
「疲れた。寝る」

リアルマリオ。
もう、2度とやりたくありません。(笑)

しかし。
よく生きてたなあ、ワタクシ。(爆)

|

« 液晶モニターに傷が。 | トップページ | 震災時の近所の様子を撮影していた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごい凄惨な状況だ・・・

投稿: | 2011年3月20日 (日) 22時47分

本当にご無事で何よりです。

投稿: | 2011年3月21日 (月) 00時12分

無事で何より。
にしても、余震続く中、ほんと倒壊した建物の下敷きとかにならなくてよかったです。
生の声ってのはインパクトでかいですね・・・

投稿: こで@なごみ大明神 | 2011年3月21日 (月) 07時29分

明るくなってからなら、もっと安全って
頭では解るんだろうけど、体が言う事聞かなかったんだな

まあ、皆無事で何より

投稿: omiya | 2011年3月21日 (月) 08時58分

つかね、避難所は寒かったんですよ。
もう身体動かしてないと凍えそうなほど。
寒くて寝てられない。

今は改善してますが、しばらく、避難所はそんな状況が続いてました。
電気は自家発電したらしいんですが、灯油がないとか。
ま、避難所暮らしも慣れてしまえば、問題は少ないんですが。
飯は食えるし。
ただ長引くと、疲れが溜まるので、ご老人とか、厳しいんじゃないの?とは思ってるんですが。

投稿: かおりん | 2011年3月21日 (月) 17時22分

雪がほとんどふらないここですら、駐車場の車内で寝るのは辛いですもんね。
さぞ大変だったと思います。


宅急便では、石油は送れないしねえ・・・

投稿: とおりすがりのもの | 2011年3月21日 (月) 20時21分

どなたかもおっしゃられていますが、生の声は本当にインパクトでかいです。かおりんさんの当時の困惑が手に取るように伝わってきます。…いや、現在も困惑継続中なのだろうと思われますが。
でも、とにもかくにも、皆さん御無事で本当に良かったです。こゆきちゃんも大丈夫でしたか?
ちなみに、ワタクシ事ですが我が実家の愛猫は大地震の前日からずっと行方不明です。
確か阪神淡路の時も、当時飼っていた猫がいなくなった記憶が…。
なもんで、尚更こゆきちゃん心配です。

投稿: kintoun | 2011年3月21日 (月) 23時17分

もちろん、こゆきも無事ですよ。
元気というか。変わりないです。(笑)

投稿: かおりん | 2011年3月22日 (火) 02時45分

お疲れ様でした。壮絶ですね。
急な所用で数日、札幌近郊に行っていたのですが、関西同様、北海道もあまりにふつうでした。阪神のときもそうでしたが、被災地とそれ以外の場所の落差にはなんとも言えない気持ちにさせられます。ま、影響がないことはそれはそれでいいことではあるわけですけれど。
これからも大変ですが、お身体に気をつけて。

投稿: 松本 | 2011年3月23日 (水) 09時35分

壮絶な体験ですね。お疲れ様です。
家族も家も無事で、比較的被害が少なくてよかったですね。
地域の復興はまだこれから大変だと思いますが、
早く元の生活に戻れるといいですね。

投稿: TOY | 2011年3月23日 (水) 22時58分

ぼちぼちと復興も進んでいるようで。(笑)
本日電気がつきました。
この分だと、今月中に水道も、なんて考えてしまいます。

まあ、いずれ震災の写真でも、Picasaの方に公開しようかとは思ってますが。

ただ、メディアの報道なんて見てても、「震災は終わった」と感じてますね。
これからは復興だ、と。

各地から支援いただいてたり、仮設住宅が用意されたりと、復興への準備も着々と整っていると思いますが、本当に復興するには、時間がかなりかかると思ってまして。
阪神淡路大震災の時もそうでしたし。
#それよりも範囲は広いからなぁ。

ワタクシの家は、まだマシですが、周りの状況を見てると、これは何年もかかりそうだなぁ、とね。

そのうえ、ワタクシの地域よりも深刻なダメージを受けてる地域も多いわけで。

ま、ぼちぼちとやってくしかないわけですけどね。
つーわけで、ぼちぼちとやってく予定です。(笑)

ご心配をおかけしました。

…どちらかというとウケ狙いのエントリだったんだがなぁ。

投稿: かおりん | 2011年3月24日 (木) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/51173419

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災の思い出。:

« 液晶モニターに傷が。 | トップページ | 震災時の近所の様子を撮影していた。 »