« 言ってることは尤もなんだが。 | トップページ | トリプルディスプレイに敗北orz »

実はUbuntuがクラッシュしていた。(笑)

一昨日の話ですが。
一日、電源入れっぱなしで放置してたら、愛猫がキーボードを踏んで回ったらしく、なんか色々起動されていたのですが。
全部落とすのも面倒なので、そのまま再起動したら、起動しなくなってました。orz

まあ、モノがUbuntuですので、少々格闘の末、復帰できないのが明らかになったので、現状で取れる分だけ、システムファイルのバックアップを取って、再インストールを行いましたが。
ま、再インストールだけなら30分ほど。
環境復帰にちと手間取りましたが。
昨日、カーネルビルド環境も含めて、ようやく復帰した気配。
miniDLNAが起動してなくて、少し焦りましたが、HOMEにパッケージを作っといたのが幸いして、そのままインストールして。
バックアップしていた設定ファイルを戻すことで無事に復帰。

んで。
話は変わるんですが、Mozcが新しくなって、リアルタイム変換とやらの機能が付きました。
これ、何が違うのか非常に解り辛いんですが、入力していくと変換候補のウィンドウにどんどん変換結果が表示される、という物のようです。
確定というか、リアルタイム変換中に確定すると、文節区切りで変換中状態になるので文節の切り直しなどか可能ということのようですな。
…変換候補ウィンドウに変換結果が見えるということに、どれほどの意味があるのか不明な気がしますが…。

まあ、まだ試作機能ということなのでここからユーザーの意見を汲みとってブラッシュアップされていくのでしょう、きっと。
今のところ、こうしたらいいんじゃね?という案が何もないので、放置で様子見ですかね。
見た目的には面白いんですが、Anthyなんかでこまめに分節を区切って確定する癖が付いているひとには、見た目も含めて何が変わったのか全然解らんでしょうな、この機能。(笑)
ATOKなんかに慣れてる人には、案外使いやすい機能かも知れません。
とりあえずこのへんは生暖かい目で見守ることにしましょうか。(笑)

|

« 言ってることは尤もなんだが。 | トップページ | トリプルディスプレイに敗北orz »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

わたしも、個人でちんたら遊んでるにはこれでも良いのですが、
人様にはWin7を勧めてしまいますなあ。

config.sysを書きなおしたとか、コマンドプロンプトで使っていた世代の方なら
ともかく、ある程度の環境復旧なら、端末で呪文を唱えることなしにカーソルと
マウスだけでなんとかなるのは、Win7の強みでしょうか。

投稿: とおりすがりのもの | 2011年3月 4日 (金) 22時00分

まあ、飛ぶとWindowsの方が悲惨ですけどね。(笑)
再インストールだけで、半日は覚悟しないと。
とても平日にやれるようなものでは。(爆)

とはいえ、慣れがないと、Linux関係は使えないのも事実だし。
まあ、ワタクシの人にはWindowsを勧めますね。

投稿: かおりん | 2011年3月 4日 (金) 22時42分

勧める場合はMacですね。Windowsだと自分でもわからないので。
Windowsの復旧は悪夢ですがUbuntuの復旧は、慣れてさえいれば(あとデータさえしっかりしてれば)ほんと楽です。けど、猫で壊れるんですね。昔、像が踏んでも壊れないなんてコマーシャルもありましたが。

投稿: 松本 | 2011年3月 5日 (土) 10時20分

まあ、実際には、/usr/srcを別パーティションに移動したんですが、その際、元からあったのを移動し忘れていたので、ドライバ読み込みDKMSがおかしくなって起動しなくなったんだと思うんですけどね。(笑)

まあ、確信もないので。(^^;

パーティション構成変えるときは要注意ってことで。

投稿: かおりん | 2011年3月 5日 (土) 11時33分

「Linuxで旧式パソコン復活」という記事とかあるじゃないですか。
あれって本当に当てになるんでしょうかね?

確かにサーバ使用とか、オフィスソフト使用だとだと、構わないのですが、
ようつべなんかだと、ハイビジョン化で一昔前と比べて1秒あたりのデータが
増えたコンテンツが多くなっているので、それなりのCPUとGPUがないと
スムーズに動かないと思うのですが・・・

新しい酒(今あるコンテンツ、アプリ)は新しい袋(ハード・OS)に入れるべきだと。

投稿: とおりすがりのもの | 2011年3月 9日 (水) 07時59分

まあ、サポートが切れてしまったOSを「賞味期限切れ」扱いにするなら「復帰する」と言っても間違いではないように思いますが。
ただ、何度か書いてますけど、「Linuxは軽くない」んです。最低限XPが軽快に動作する程度のスペックがないと、LinuxでGNOMEとかKDEとか重いんですよね。
#XFceとかLXDEとか、まあ、軽量DEもありますけども。

復活、というのを「現役復活」と捉えると、まあ、ウソになってしまう部分もありますね、確かに。
動画なんかは、最近重くなる一方だし。

とはいえ、Linuxを入れることで、「なんとか使える」状態にもって行くことも「努力次第」では可能なのも事実です。
まあ、そういう指南なんでしょうね、おそらくは。
ギークの遊び、ってことですか。(笑)

投稿: かおりん | 2011年3月 9日 (水) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/51026770

この記事へのトラックバック一覧です: 実はUbuntuがクラッシュしていた。(笑):

« 言ってることは尤もなんだが。 | トップページ | トリプルディスプレイに敗北orz »