« Windowsマシンを組み立てた。 | トップページ | 11.04にアップグレードした。 »

ブラザーのMyMIOを買ったのでUbuntuで動かしてみた。

ブラザーのMyMIOという複合機がありまして。
FAX、スキャナ、プリンタ、コピー、写真印刷が可能です。

買ったのはこれ。
BROTHER MyMio A4インクジェットFAX複合機 デジタル子機2台 MFC-J850DWN

Linux対応を謳ってたんですが。
ドライバページ見てたら、i386しかないようだったので、避けてたんですよね。
んでも。
インストール手順みたら、そもそもアーキテクチャとか、無視してインストールせよ、と書いてあったり。(笑)
なので、64bit版でも問題なく動作するようです。

電話回線が死んでるので、FAX機能は試してないんですが、これはUbuntu用にefaxとやらのドライバが提供されているようなので、まあ、回線が復帰次第、ちと試してみましょうか、とね。
#どこに送るか、とか問題があったり。(笑)

ちなみに。
無線LANのクライアント機能があるので、無線FAXの機能とともに、デカイのは、どこに置いてもいい、ってのが魅力的です。
んで、実際にワタクシはリビングの方に本体を置きました。
まあ、ほとんどFAXもコピーも家族が使用するので、その方がよかろう、と。
そもそも、今回の震災で、FAXが(落下して)壊れたので、その買い替えですし。
今まではワタクシの部屋に置いてあったので、それなりに面倒だったというか。
いちいち、これ送っといて、とか、これコピー取ってとか。
#ま、操作もできないので仕方ない。意外にMP610は不親切というかね。

そんで、まあ、本来のプリンタとしての使い方は考えてなかったんですが。
MP610があるし。コレのほうが使い勝手がよいので。

んでも。
まあ、つなげそうってことになれば、繋いでみたくなるのが人情で。(笑)
結論から言えば、プリント、スキャンともに問題ありませんでした。

ネットワークプリンタとしてもきちんと認識しますし、サイトの設定手順通りに行うことで、xsaneのクライアントとしても動作し、GIMPからスキャン画像の取り込みが可能です。
これは、つまり、スキャナの共有が可能ってことで、意外にうれしい誤算。
#ま、たぶん使わないと思うけどな、誰も。

まあ、WindowsPCを組み立てたので、そちらをメインのプリントサーバとして、印刷の方は運用しようかと思ってますけど。
スキャンがネットワーク越しにきちんと出来たのは意外だったなぁ。
ま、これで払い下げPCへのスキャナどうするかな、と想ってたのが解消しました。

4色インクなので、写真印刷とかは、MP610の方がよかろうと思ってますが、タッチパネルから簡単操作で、単体で使用できるので、あまりPCが得意でない家族が使うには、結構向いてるかも知れませんね。
ビジネス機じゃないので、シートフィーダーが付いてませんが、ま、ご家庭でFAXする際には、何枚も送るなんてこともないでしょうし、これはこれでいいでしょ、と。

技術が進歩しているのか、Linuxが進歩しているのか。
これでMP610が壊れてしまっても、安心といえば安心ですな。(笑)

印刷品質にこだわるとどうかなーと思いますけど、所詮インクジェットと割り切れるなら、案外安価だし、Linuxからフツーに使えることを考えると、オススメかも知れません。

もちろん、Windowsと混在した環境でも使えますしね。

いや、意外。(笑)

|

« Windowsマシンを組み立てた。 | トップページ | 11.04にアップグレードした。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/51528802

この記事へのトラックバック一覧です: ブラザーのMyMIOを買ったのでUbuntuで動かしてみた。:

« Windowsマシンを組み立てた。 | トップページ | 11.04にアップグレードした。 »