« 萌えせっとあっぷを11.04に対応した。 | トップページ | MP610が死んでしまった。 »

Unityにも慣れた。

新UIとはいえ、さほどクセのあるものでもなく、わりとすんなり慣れてしまいました。
クリーンインストールしてれば、もっと慣れるのは早かったかも知れません。

なにしろ、Unityの設定をリセットしてから、ようやく正常に全機能が使えるようになったっぽいので。
#特にタスクスイッチ。

それと、ソースを探したんですが、ちと見当たらなかったので、うろ覚えの話になるのですが、Unityでは、2Dの描画にもCompizを使ってるっぽいので、GPUが貧弱だと、画面描画が遅いなどの問題があるような話もあったりしますが。

幸い、ワタクシの環境は無駄に強力なGPUを搭載しているので、別に問題はなく、むしろ高速になっていてもいいはずだ、くらいのところなので、違和感はまったくありませんでした。

Unityが使えない、使いにくい、という問題の多くは、「これまでと大きく異なるメニュー操作」にあると思っているのですが、そもそもメニュー操作を多用しないワタクシには影響があるはずもなく。
#メニューは右クリックメニューは多用しますが。
ほとんどをツールバーや右クリックメニューで済ませているため、この部分も影響はありません。
また、従来GNOMEパネルに配置してあった、WindowsXPのようなタスクバーっぽいものも、むしろWindows7的に使えるUnityランチャの方が好ましいため、これもまた欠点にはならず、タスクスイッチはむしろしやすくなったと思っています。
#つか、そもそもあのアプレット削除してDockBarX使ってたからな。

ネットを徘徊すると、Unityの問題というよりも、Compizや、ビデオドライバの問題で、デュアルディスプレイの場合に問題が起きてる場合もあるようですが、これらは問題にぶち当たった方々の努力により、解決方法が提示されていたりしますし、ぼちぼちとノウハウも貯まってるようなので、地味にググると、案外ぶち当たってる問題は解決済みだったりするかも知れません。
幸い、ワタクシは、そういうハード周りの問題には「いまのところ」あたってないため、NVIDIAのTwinViewでわりと快適に使えています。

それと、元々GNOMEパネルには強く依存しておらず、ランチャにはCairo-Dock、DAとしてScreenletsを多様していたため、従来のGNOME環境と比較して、操作感が大きく変わったところもなく、むしろ、メリットを享受出来る形になったのも、慣れるために幸いしたかも知れません。

結構メニューが変わったので使いにくいかも、と思ってたんですが、システム設定はログアウトなどを行うインジケーターに含まれていますし、以外にアクセスは悪くありません。
#結構、その辺のツールを使うので、これはむしろアクセスが楽になったかも。

あと、いくつか、GNOMEアプレットを使っていましたが、探してみると、結構インジケーターとして実装されているものもあるようで、PPAなどになってたりします。
これも、インジケーターでググると割とヒットします。

今は、むしろ標準から外したものもあったりしてますけど。(笑)

まあ、なので、現在Unityパネルがデットスペースっぽくなってますが、比較的近い将来、この辺のインジケーターも増えてきて、デットスペースではなくなることが期待できます。

この辺、ちと実装方法など調べてみたのですが、APIがきちんと用意されていて、GNOMEアプレットよりも作り易い形になってるみたいなので、案外、ぽこぽこと出てくる可能性は高いと思います。
冗談っぽいものから、本格ツールまで。

GNOMEメニューというかメインメニューも、あまりつかってなかったし、その辺の影響も少ないです。
まあ、ちと「場所」メニューがなくなったのは、痛い気もしますが、これもデスクトップをアクティブにしてしまえば、Unityパネルからアクセス出来るわけで、事実上の不便はないわけです。

とまあ、見た目の問題以外は、実際の操作感、それらに関しては、まるで不便がないどころか、むしろ機能的には、標準的なGNOMEよりも、現在のワタクシの要望には合っているので、このままUnityを使いたいと思ってますけどね。

ま、マシンパワーが不足してると、ちょっと重いってのはあるようなので、その辺はちと割り引いて考えて貰った方がいいかも知れませんが。(^^;
#ノートPCとかではツライ可能性も。

今のところ「Unityだから不便」ってのは感じてないってのがほんとのところです。
Unityだから便利なった、ってのはあっても。

ま、前回も書きましたが、新しいUIですので、一度、頭をリセットして、「楽しむ」くらいの気持ちがないなら、素直にClasscGNOMEで使っていた方が幸せになれるかも知れません。

Ubuntuとはいえ、Linuxなので、この辺、そんな親切ではありませんからね。(笑)

いずれにせよ、ワタクシのニーズには、Unityは合っていた、というのは言えるかも知れません。
まだ、Compizとか設定詰めてないところもあるので、その辺の相性は少し気になるところですが。(笑)
ま、どうにかなるでしょ。

|

« 萌えせっとあっぷを11.04に対応した。 | トップページ | MP610が死んでしまった。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/51679631

この記事へのトラックバック一覧です: Unityにも慣れた。:

« 萌えせっとあっぷを11.04に対応した。 | トップページ | MP610が死んでしまった。 »