« 安くなるのはいいことだ。 | トップページ | キーボードを新調した。 »

ちと悩んだが、結局LibraOfficeを入れた。

MacBookAir側でも、多少のオフィスワーク的なことは出来るべきか、と思い、純正品を購入しようと思ったんですが。
8800円。安い。ワープロと表計算とプレゼンテーションがついてこの値段。
ダウンロード販売というか、AppStoreで購入すると、1700x3となって、もっとお得。
で、これ、MS-Officeとの互換性もある(と謳っている)らしいので、これでいいかなーと思ったんですが。

基本的には会社の仕事は持ち帰らない上に、自宅で作成しているドキュメントはOOo→LibraOfficeに変わってしまったので、ここで、iWorkを導入するメリットってなんだろう、と改めて考えてしまいました。

iWorkをAppStoreで導入すると、アップデートなどは自動化されます。(というかUpdate Manager使った感じになる)
これは大きなメリットだと思うんですが。

ドキュメントの互換性がないのは、ちと痛いかも、と思いまして。
SugarSyncで一応同期を取るようにしたので、まあ、LibraOfficeでいいかな、と。

久しぶりに有料アプリの出来の良さ、とか堪能してみたかった気もしたんですが。
それよりは、使い勝手の方を重視ってことで。
#iWorkもLibraOfficeの形式、あるいはLibraOfficeがiWorkの形式に対応してるかも知れんけど。
#ま、いずれもMS-Office形式でやり取りする手もある。

ちと実際にMBAで使ってみた感じ、まあ、悪く無さげだったので、しばらくはこれでしのいで、どうにもよろしくないようなら、iWorkの導入検討って感じですかねぇ。

そんないろいろ使うつもりはなかったんですが、いざ運用を始めてみると、母艦とのドキュメントの同期は必須だなぁ、的な。

んで、某ASCIIのMac雑誌の編集者が、DropBoxではなくSugarSyncを推していたので、Linuxからは使いにくいことを承知で、そっちを入れてます。(笑)
#なんでもSugarSyncの方がコピーをローカルにもたないのでよいとかなんとか。

あと、自動起動するアプリってどこで設定するんだろう、と思ってたら、アカウントから設定するんですね。
この辺、知らんかったので、しばらく困ってたんですが、謎がひとつ解けました。
#ぐぐれよ、という話もある。

まあ、こうして、ひとつひとつ解って行くのもOSで遊ぶ楽しみのひとつではあるので、OKではあるんですが。

MBA本体にApple税を払っているので、なるべくアプリは、OSS系で揃えたいもんですけど。

|

« 安くなるのはいいことだ。 | トップページ | キーボードを新調した。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私がMacユーザーだった頃はOpenOfficeはMacでは動かず、NeoOfficeを使っていました。
http://www.neooffice.org/

いまでもこれは存在するようで、よりMacにネイティブなアプリを目指しているようです。試してみられては?

投稿: 松本 | 2011年9月 9日 (金) 21時18分

んー情報ありがとうございます。
ただ、結局用途が、メインマシンで編集中のものを出張時に持ち歩いて、帰って来たら書き戻す、ってのがメインなので、統一した方がいいかな、という結論なので。
とはいえ、せっかくのオススメなので、後ほど試してみます。
それこそ出張中に。(笑)

投稿: かおりん | 2011年9月 9日 (金) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/52682338

この記事へのトラックバック一覧です: ちと悩んだが、結局LibraOfficeを入れた。:

« 安くなるのはいいことだ。 | トップページ | キーボードを新調した。 »