« iPad活用法 | トップページ | Linux初心者に教えたい基本10箇条? »

細雪-マンガ版-鹿島麻耶

どうも、ムカシの名作をマンガで読もう、みたな企画があるようで。
谷崎潤一郎の「細雪」を鹿島麻耶さんが、マンガにしていらしたので、購入してみました。

まあ、別に谷崎は好きでも何でもないんですが。(笑)
純文の大家ではありますし、晩年の作品など、ミステリ風のものもあり、まあ、いろいろと多才なひとだったのかな、とは思いましたが。

読後の感想ですが。
鹿島さんらしい仕上がりになってるなー、ってのが正直なところ。
原作付きなので、味わいみたいなところが失われてるかな、とも思ったんですが、そんなこともなく。
原作好きのひとには、意見が別れるところではあると思いますが、キャラクターの表情や目線、コマ割りなどから、原作の持つ行間の雰囲気を引き出そうとしてるのはよく解りました。(笑)
#笑うところじゃねぇ、という話もあるが。

いずれにせよ、非常に「純文の読後」の感じが伝わるマンガだと思います。
当時の純文なんて、今も読んでる人がどのくらいいるかは解りませんが、ラノベ全盛のこの時代、ムカシのラノベだった純文学を、マンガという読みやすい形で現代に蘇らせようという試みは評価すべきかな、と思わないでもないですね。

漱石や谷崎、三島、川端などなど。
あれらの作品は、今でこそ文章が読みづらく感じますが、当時はあれで読みやすい方だったんだとワタクシは思っています。
#なんとなく、その雰囲気は法律の本、例えば六法全書とか読むと解ってもらえるような気がします。

なので、時代と共に、文章そのものが変わってきているので、現在では純文のテーマや文章はなんとなく敬遠されてるだけで、読みやすい形にリライトしてみると、案外内容的には面白いものは多いと思っています。
#ま、今風に書き直すと、川端のみずうみとか、なんかとんでもないシロモノになりそうな気がしますが。

そういった試みの中の一環で、マンガ化という手法もアリとワタクシは考えておりますし、この鹿島麻耶さんの「細雪」は、「純文らしさ」をちゃんと表していると、ワタクシは感じました。

まあ、個人の感想ですし、そもそも谷崎にこだわりがないので、特にそう感じるのかも知れませんけど。(笑)
漱石の虞美人草でやってくれないかなぁ。>鹿島麻耶さん

この細雪の雰囲気なら、虞美人草、かなりハマると思うんですけどね。
ストーリー的にも、結構ラストの急展開は、最近のひとにも受け入れられるものがあると思いますし。
#文章で読むと比叡山を下りられないひとが多くてなぁ。

まあ、お勧めです。
純文はちょっとな、ってひとにも気軽に手に取れる一冊かと。

|

« iPad活用法 | トップページ | Linux初心者に教えたい基本10箇条? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/53042209

この記事へのトラックバック一覧です: 細雪-マンガ版-鹿島麻耶:

« iPad活用法 | トップページ | Linux初心者に教えたい基本10箇条? »