« PPAにmikutterを復帰 | トップページ | iPad活用法 »

まあ、Unity導入後のUbuntuはOSXにそっくりだからねぇ。

Ubuntu は、貧乏人のための OS X になりうるか? - Part 1 - japan.internet.com

今回の記事における私の目的は、Ubuntu や OS X をけなすことでも、持ち上げることでもない。今後数回に渡り、Ubuntu が既存のハードウェアを利用しながら OS X の機能のいくつかをエミュレートし、OS X の代替機能を提供できることを検証していきたいと考えている。

松本さんからネタが投下されたので。(笑)

Part1ってことで、AppStoreとソフトウェアセンターが比較されてますが、これ、11.10になって、劇的に似ました。(笑)

ワタクシ自身は、ずっとUbuntuを使ってきてて、今年になって、初めてIntelMacを購入し、OSXに触り始めたにわかですが、改めてOSX触ってみて、「ああ、これをUbuntuは目指してんのね」と思いました。
まあ、OSXは、非常に優れたGUIを持っていますし、MacOSの頃から受け継がれた伝統のGUIを洗練しながら進化してきたものですので、真似をするならアリかとは思います。
このままUbuntuが進化していけば、プアマンズOSXになり得る可能性は十分にあると思います。
#しかも、本家よりも柔軟性のあるOSに。

ワタクシとしては、さほどPCに興味のない、ネットくらいしかしないんだよねー的な人にはMacはいいんじゃないかと思っています。
ノートならMacBookPro、デスクトップならiMac。
いずれも、同スペックのWindowsPCよりは高価だったりしますが、「掛かる手間」を考えた場合、特にAppleStoreから購入する場合、初期の労力がまったく違ってくる、と考えています。
AppleがハードとOSの両方を提供している強みでしょう。

一方で、Ubuntuの場合には、やはりインストールの手間が掛かりますし、元記事で触れてるように「大部分のハード」で動作しますが「動かないハード」も存在するんですよね。
#意外にUbuntuは重いし。

まあ、連載ということなので、経過を見守ってもいいんですが、ワタクシは、この記事の中で、「Macintosh」という単語が使われていたので、結構ダメなんじゃないかと思っています。エントリ自体。
今、Appleで売っているハードはMacです。Macintoshではなくなっているのです。
Appleのサイトで確認してみてください。(笑)
そんなことも知らない元記事筆者が、きちんとOSXを把握しているのか、ちょっと疑問です。
まゆにつばつけて読んだ方がいいかも知れませんね。(笑)

|

« PPAにmikutterを復帰 | トップページ | iPad活用法 »

Ubuntu」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

> 今、Appleで売っているハードはMacです。Macintoshではなくなっているのです。

目のつけどころがSharp …

投稿: 松本 | 2011年10月18日 (火) 20時14分

PCヲタですので。(笑)

投稿: かおりん | 2011年10月18日 (火) 21時01分

今年からLinuxを選択者(10人)を教えているという話をしたかもしれません。
校内でも好奇心はあるが、変わり者のカテゴリとみなされている子が
揃ってきました。
その彼らですら「呪文」を唱えなければならないとか、フリーでもWindow版と
同じものがあり、ちょっとバイトをすればハードがOS(win7)込みで買えないことは
ないので、あえてLinuxにする必然性は乏しいのではないかと言っています。

ubnutuをインストール際に、DVDを突っ込んで日本語環境や、ダウンロードする
環境を自動的に設定することができないと、なかなか世間受けは難しいというのが
今のところの彼らの意見にありました。

考えて見るに、Windowsがここまで来たのは、DOSのソフトに比べると見栄え良く
生産性が上がったように感じさせ、判らない時には聞ける「お友達」や雑誌等の
影響は大きかったように思います。

雑誌等はこれからは難しいかも知れませんが、普及の鍵は「お友達」ではないかと。

投稿: ねこあたま | 2011年10月18日 (火) 21時50分

Windows普及の鍵は「プリインストール」だと思います。
OSXも同じといえば同じですが。
ムカシのPCはOSはインストールするもの、でしたが、Windows95が出始めた頃から、プリインストールPCが当たり前になりました。
PCの家電化です。

普及の鍵は、メーカーとのタイアップだと思います。
ただ、使いこなす、ということを考えるのならば、「お友達」かも知れませんが。
いずれにせよ、Ubuntuですら、「ただ使う」のにも苦労する場合があるのは事実です。
その点、Windows、OSXは、現時点では「ただ使う」だけなら、特に困らないものに仕上がっています。

モノの差も大きいとは思いますね。
安定性なども含めて。

投稿: かおりん | 2011年10月18日 (火) 22時07分

いつ頃まであったのかは忘れましたが、MSOfficeがVer5からインストールすると
画面右側にラウンチャーが付いてきました。メーカー製のパソコン(特にホームユース)にも
いろいろなラウンチャーが付いてきた記憶があります。

当時はWin3.0~win95の頃だったので重宝しましたが、unityを見るとその頃の操作に
先祖返りした気がします。

普段から使うソフトは限られている事を考えれば、階層から探すより予め
ラウンチャに登録するやり方の方が良いですから、これはこれでありと見ています。

投稿: ねこあたま | 2011年11月15日 (火) 21時16分

一時使ってたこともありましたが、使い勝手が今一つで使うのをやめてしまいましたね。>Officeのランチャ
今は、やはりWindows7のタスクバーが一番使い易いんじゃないかと。

投稿: かおりん | 2011年11月16日 (水) 05時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/53024516

この記事へのトラックバック一覧です: まあ、Unity導入後のUbuntuはOSXにそっくりだからねぇ。:

« PPAにmikutterを復帰 | トップページ | iPad活用法 »