« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

今年も終わりますなぁ。

思えば、今年は水難が多かったな〜という印象で。
津波食らってみたり。苦笑

実は、先日、洗濯機用の蛇口がダメになっていて、DIYで蛇口買ってきて交換とかしてたりしてたんですけど。
洗濯機のホースのコネクタを蛇口の方にきつくネジ止めしてしまったせいで、穴が空いてたようで。ダダ漏れというほどではないんですが、普通に漏れてたんですよね。

その他、クビになってみたり、まあ、色々ありましたけど。
#仕事については、まだなんとも、な部分が大きいですけど。

今、生きてるし、まあ、いっかー、とかね。(笑)

死んでからでは何も出来ないので生きているうちに色々とやっとく方がいいのかな、と思わないでもないですな。
震災後だと。

近隣の復興や、JRなどなど、これから震災復興に関しては問題は山積されているんでしょうが、ワタクシ自身は、復旧はしてしまったので、今後、周囲がどう変わって行くか、次第で、また動きも変わりそうな気がしますが。

いずれにせよ、震災を、ある意味無事に乗り越えて、今生きてるし、結果、ネットを通じて友人も出来ましたし、色々と吹っ切れたものもありますし、全体に見て+で終わるのかな、とは思いますけど。
#まだ、終わってないしね。>今年
#最後まで気は抜けない。抜きたいけど。(笑)

また別にまとめを書くかも知れませんが、本年は、一旦これでブログも終了ですかね。

随分ペースは落としましたし、PVも減りましたけど。(笑)

このまま、このブログは続けて行くと思うんで、来年もよろしくお願いいたします。

ちょいと気が早いですが、よいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Solaris11をインストールしてみた。

Hachulog: Solaris 11でmikutter用ruby環境を構築する

pkgsrcがうまくいかずぐぬぬしていたので、気をとり直してmikutterを動かしてみることにした。

上記エントリは、メモ的な。
元々、バックアップサーバ用になんか一台、と思っていたんですが、zfsを使ってみたかったので、Solarisをインストールしてみました。
開発者用であれば無料使用可、ということなので、そのうちなんか作るかも知れません。
一応、Python2.6はあるようだし、GNOME2も動いてるので。

みくった~♪も動くらしいので、案外デスクトップ用途で使うのも面白いのかなーなどと考えても見ましたけど。
ネトブに入れてみるのはアリかも知れないなぁ。
#ATOMの遅さに耐えかねてMacBookAirを買ったわけですけど。

標準のリポジトリにATOKが入っていたり、DEとしてGNOME2が採用されていたり、意外にも、って感じだったんですけどね。

残念なことに、Z68マザーを使用して構築したんですが、ディスプレイというかXがそれをきちんと認識してくれなくて、VESAでしか動作しません、ワタクシの環境では。orz

この辺解決するなら、結構いいのかも知れないなーとか。
まあ、マトモなUnixなわけで。(笑)

肝心のzfsに関しては、管理もラクなようだし、ディスクの追加とかも簡単なようなので、しばらくはこれで様子見でしょうか。

しかしまぁ…。
これで8台目ですよ。(爆)
あまりパーツで組んだとは言え。
一応、約6TBのバックアップ領域を確保出来たので、まあ、しばらくは大丈夫かな。
今はHDDもまだ高いので、この辺、安定してきたら、もう3TB追加の予定です。
9TBもあれば、しばらくは困らんでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トイラジのヘリが面白い。

送別会で、こんなのを貰ったんですが。

これ、意外にちゃんとヘリコプターで、操作も難しく面白いです。
壊れにくいし。
#とかいいつつ、すでにブレードを一枚壊したのは秘密だ。(笑)

価格もお手頃だし、ちょっとラジコンヘリで遊んでみたいなーってひとには、オススメな商品かと思います。

車のラジコンとかの経験があれば、コツをつかめば、結構自由に飛ばせるようになるかも知れません。
感覚が、車に似てるので。

ホバリングの練習してたんですが、これがなかなか。
思うように停止してくれませんね。苦笑

まあ、それでも、ワタクシが子供の頃に憧れたラジコンヘリが、この値段で、しかも、こんな簡単に飛ばせるようになったとは、時代の流れというか技術の進歩というか、すごく感じますね。

風のない日に、ちょっとした公園みたいなところで、飛ばしてみたいですねぇ。
体育館とか。

ラジコンと書きましたが、実際には赤外線操作のようです。
金属ボディで、結構高級感もありますし、ホビーとしては、結構行けるんじゃないでしょうかね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妄想と女帝とワタクシ

女帝 Advent Calendar 2011というものがあり、なんか切れ目が出来てしまうので、どなたか、と請われていたので、参加してみました。
そもそも、このatndというモノに参加するのも初めてであり、ちと勝手の解らないところがあるので、手順など間違いがあるやも知れませんが、ご容赦のほどを。

そもそも、女帝の存在を知ったのは、Twitter上で、時折見かける「特定の人物」を指しているらしいコトバの中に「女帝」があったわけで、女帝?という軽い疑問がワタクシの中に生まれておりました。
#ワタクシのTLには、他に特定の人物を指す単語として「しまぱん」などもあります。

さて、女帝というからには、何かを支配しているに違いない、などと妄想していたのですが、此辺、直接お会いしたこともなく、Twitterでも、あまり絡むことがないため、事実関係は不明です。
むしろ、支配されたい方々の方が多いような印象ですが、ご本人も女帝の称号を受け入れられているようですし、もしかしたら、なんらかの支配が、すでに行われており、日本のTwitterの中で、女帝による治世が始まっているのかも知れません。

という妄想は日々「女帝」に関するツィートを目にする度に膨らんでいき、漠然とした女帝像がワタクシの中に構築されて行きます。
これは、ほぼ文字情報しかないTwitterなどのコミュニケーションの特徴でもあると思いますけど。
また、何度かコンタクトを試み、幾つか為人を探るようなポストを行なってみたのですが、その反応から察するに、わりとどこにでもいる女性なのかな、と、ちょっとイメージ像を描き直したりしてたんですが。

そこでついに、「女帝PV」なるものの存在が明らかになります。
実際には、fluxflexというWebサービスの宣伝動画なんですが。
この最初の15秒部分に出てくる女性が「女帝」であると知り、また隨分イメージが違ったなぁ、というのが正直な感想でした。
PVの「女帝」は、愛くるしく、可愛らしい印象の女性であり、「ゆるふわ」な感じなのだな、とワタクシの妄想は、どんどん修正されて行きます。

実際に、女帝の活動は幅広く行われているようで、各種勉強会への参加、このAdvent Calendarなど、ネットとリアルで縦横無尽に活動されているようで、「ははぁ、あのゆるふわな印象のワリには快活な女性なのだな」などと、より妄想を膨らませていた訳です。

通常のポストを見ている限り、礼儀正しく、世間で言う常識をわきまえた、いわゆる「レディ」と言っていい方であると思われます。
おそらく、各種イベントでも、そのように振舞われているのだろうな、と思うのですが。

「荒らぶる女帝のポーズ」などもあるようで、もしかしたら、過去のイベントで荒ぶったことがあるのかも知れませんが、まあ、人間生きていればそんなことはよくあることで、常に善人面で、罵倒されてもニコニコしている方がおかしいので、怒る時は怒る、荒ぶる時は荒らぶる方が、より人間らしいと思いますけど。
#とはいえ、「荒らぶる女帝のポーズ」が実在しているなら見てみたい気はする。

その後、特に進展もなく、絡みもなく(こちらがイベントに参加する性質ではないので、絡むネタもない)、日々流れるツィートのひとつとしてしか見てなかったんですが。
#ま、そんでも適当にツッコミ入れてましたけど。

ある時、妄想に関して、女帝が言及しているのを見て、その妄想を見てみたい、とリプライを入れたところ、あるアカウントを教えて頂きました。
まあ、女帝botらしいんですけどね。

主に、夢に見た内容などをポストするbotのようで。
この夢の内容が、なかなかに面白い。
#ちょっと軽率な書き方ではありますが。

ワタクシの、女帝に対する妄想、イメージは一変しました。(笑)
まあ、悪く変わったわけではなく、強い興味の対象に変わったといいますか。
これはリアルでもぜひ会ってみたいなぁ、と強く思うようになりましたね。
おそらくはリアルで会っても、最初の妄想から外れた言動は得られないような気はしていますが、本質に僅かでも触れられれば、という思いはないでもないです。
ま、無理でしょうけどね。

人は、己の本質をさらけ出すことを、潔しとしない、とワタクシは考えておりますし、よほど気を許した間柄でも、本質を見せる、というのはなかなかないと思っています。
怒り、が一番、その人の本質が出やすいか、と思って、怒らせるようなことをすることもありますが、まあ、あまり性質がよくないので、最近はあまりやってません。
#特にSNSでは。
#会社で若いのを下に付けられた場合には、やることもありますけどね。

リアルで、仕事の場合には、自分の身近に存在する人間には、かなり細かく探りを入れます。
どんな人物で、どんな嗜好なのか。
どんな話し方をすれば理解を得られるのか。腑に落とさせることが出来るのか。
その方法が解るだけでも、コミュニケーションに掛かる労力は圧倒的に減らせますし、また無駄が少なく、相手に対しても気持ちよく仕事をして貰うことができるので。
#「仕事は楽しく!」がワタクシのポリシーでもあります。

そんでまあ、話は一変しますが。
先日から「未来日記」なるアニメを見ておりまして。
これ、結構面白いんですね。
最初、タイトルから、なんか「中学生日記」的なものを想像していて、日常ドタバタアニメかなーと思っていたので、良い意味で期待を裏切られました。
何しろ、ヒロインのゆのちゃんが可愛くてよいです。
一言で説明してしまうと、「ヤンデレ」アニメなんですけどね。
見所はそこだけ、なので、ヤンデレに興味がないひとには、つまらないかも知れません。
#ヤンデレに興味があるひとってのも珍しいか。
原作はマンガらしいので、アニメ化されたということはトータルで見ても出来がよい、ということかと思います。

そんで。
未来日記を見てた時に、たまたま女帝のポストを見つけて。
「女帝がヤンデレだったら萌える」
みたいなポストをしたら「ヤンデレですが…」と。

なんだと!と思いましたけど。(笑)

どうヤンデレなのか、問い詰めたい気もしましたが、おそらくは、それは、対象にならないと解らないと思いますし、どのようなアクションが行われるのか、ご本人にも想像出来ないのではないか、と思っていますが。
#過去に事例があるなら、話は別ですが。
その後、「対象者以外には、ヤンデレることはない」ときっぱり言い切ってましたし。
だったら対象になってみたいものだ、と思わないでもないですが、リアルヤンデレの怖さ、そのものは、今のところワタクシの妄想でも捉えきれないところがあり、迂濶に踏み込むと、生命のキケンもあるのかも知れません。

Twitter上でも、リアルでも、ほぼ関係ない状態の上、ピンポイントで嗜好をくすぐる女帝に、ワタクシの妄想は暴走気味になりつつあるのですが、果たして、ワタクシの妄想は、正しいのか否か。
確かめたい気もしますし、確かめてしまうと、そこで妄想が終わってしまう可能性もあり、それもツマラナイ。

などと日々葛藤しているわけですが、現時点での、女帝とワタクシの関係なんぞ、ないに等しいので、今後も妄想だけが暴走していくのだろうなぁ、と思っております。(笑)

とまあ、こんな感じでいいんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lispをdisる替え歌(フルバージョン)

※中島みゆき「悪女」の節で

まりこのへ〜やで〜Lispをか〜いて〜♪
仕事をし〜ているふ〜りを、続け〜てきたけれ〜ど♪
あのコもわ〜りと〜忙しいよ〜ぉで〜♪
そうそうつ〜きあわせて〜も、いられな〜い♪

Lispじゃな〜けりゃ〜、仕事もお〜そい〜♪
そもそもLispで〜しご〜とが〜発注されるわけもな〜い♪

帰れるあ〜ての〜前の会社も〜♪
社長がに〜げたまま〜ね、「現在この電話は使われておりません」

Lisp~をやるなら仕事はおよしよ、お金にならなす〜ぎ〜♪
隠しておいた言葉がポロリこぼれてしまう
「仕事欲しい…」

Lisp〜をやるなら「ハッカーと画家」で洗脳されて〜か〜ら〜♪
涙ぽろぽろぽろぽろ流れて枯れ〜てか〜ら〜♪

※他意はありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みくんちゅ♪に壁紙追加した。

久しぶりに、みくんちゅ♪に壁紙追加。
友人のJOYRIDEさんに描いてもらいました。
元絵は、こちらでも参照出来るようです。
※基本、18禁の作家さんなので、そのつもりで開いてください。

んで、それから作成したのがこれ。

他の方のとは違った、ちょいと色っぽいみくって感じですかね。
壁紙にするなら、もう少し地味目の方がいいのかな〜とも思ったんですが。
ま、今回はこんなもので。

あ、今回からフルHDで作成することにしました。>壁紙
どうも主流は16:9みたいだし。

…みくつべ♪の改造も進めないとなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mozcのビルドでハマった。

Mozcのバージョンが新しくなっていたので、早速ビルドしてたんですが、ビルドエラーでビルド出来ないまま、昨晩寝てしまったんですが。

思い切って、元のフォルダを削除して、手順通りに、最初から取得しなおしてビルドしたら正常にビルド可能でした。

なんだったんだ一体。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »