« Lispをdisる替え歌(フルバージョン) | トップページ | トイラジのヘリが面白い。 »

妄想と女帝とワタクシ

女帝 Advent Calendar 2011というものがあり、なんか切れ目が出来てしまうので、どなたか、と請われていたので、参加してみました。
そもそも、このatndというモノに参加するのも初めてであり、ちと勝手の解らないところがあるので、手順など間違いがあるやも知れませんが、ご容赦のほどを。

そもそも、女帝の存在を知ったのは、Twitter上で、時折見かける「特定の人物」を指しているらしいコトバの中に「女帝」があったわけで、女帝?という軽い疑問がワタクシの中に生まれておりました。
#ワタクシのTLには、他に特定の人物を指す単語として「しまぱん」などもあります。

さて、女帝というからには、何かを支配しているに違いない、などと妄想していたのですが、此辺、直接お会いしたこともなく、Twitterでも、あまり絡むことがないため、事実関係は不明です。
むしろ、支配されたい方々の方が多いような印象ですが、ご本人も女帝の称号を受け入れられているようですし、もしかしたら、なんらかの支配が、すでに行われており、日本のTwitterの中で、女帝による治世が始まっているのかも知れません。

という妄想は日々「女帝」に関するツィートを目にする度に膨らんでいき、漠然とした女帝像がワタクシの中に構築されて行きます。
これは、ほぼ文字情報しかないTwitterなどのコミュニケーションの特徴でもあると思いますけど。
また、何度かコンタクトを試み、幾つか為人を探るようなポストを行なってみたのですが、その反応から察するに、わりとどこにでもいる女性なのかな、と、ちょっとイメージ像を描き直したりしてたんですが。

そこでついに、「女帝PV」なるものの存在が明らかになります。
実際には、fluxflexというWebサービスの宣伝動画なんですが。
この最初の15秒部分に出てくる女性が「女帝」であると知り、また隨分イメージが違ったなぁ、というのが正直な感想でした。
PVの「女帝」は、愛くるしく、可愛らしい印象の女性であり、「ゆるふわ」な感じなのだな、とワタクシの妄想は、どんどん修正されて行きます。

実際に、女帝の活動は幅広く行われているようで、各種勉強会への参加、このAdvent Calendarなど、ネットとリアルで縦横無尽に活動されているようで、「ははぁ、あのゆるふわな印象のワリには快活な女性なのだな」などと、より妄想を膨らませていた訳です。

通常のポストを見ている限り、礼儀正しく、世間で言う常識をわきまえた、いわゆる「レディ」と言っていい方であると思われます。
おそらく、各種イベントでも、そのように振舞われているのだろうな、と思うのですが。

「荒らぶる女帝のポーズ」などもあるようで、もしかしたら、過去のイベントで荒ぶったことがあるのかも知れませんが、まあ、人間生きていればそんなことはよくあることで、常に善人面で、罵倒されてもニコニコしている方がおかしいので、怒る時は怒る、荒ぶる時は荒らぶる方が、より人間らしいと思いますけど。
#とはいえ、「荒らぶる女帝のポーズ」が実在しているなら見てみたい気はする。

その後、特に進展もなく、絡みもなく(こちらがイベントに参加する性質ではないので、絡むネタもない)、日々流れるツィートのひとつとしてしか見てなかったんですが。
#ま、そんでも適当にツッコミ入れてましたけど。

ある時、妄想に関して、女帝が言及しているのを見て、その妄想を見てみたい、とリプライを入れたところ、あるアカウントを教えて頂きました。
まあ、女帝botらしいんですけどね。

主に、夢に見た内容などをポストするbotのようで。
この夢の内容が、なかなかに面白い。
#ちょっと軽率な書き方ではありますが。

ワタクシの、女帝に対する妄想、イメージは一変しました。(笑)
まあ、悪く変わったわけではなく、強い興味の対象に変わったといいますか。
これはリアルでもぜひ会ってみたいなぁ、と強く思うようになりましたね。
おそらくはリアルで会っても、最初の妄想から外れた言動は得られないような気はしていますが、本質に僅かでも触れられれば、という思いはないでもないです。
ま、無理でしょうけどね。

人は、己の本質をさらけ出すことを、潔しとしない、とワタクシは考えておりますし、よほど気を許した間柄でも、本質を見せる、というのはなかなかないと思っています。
怒り、が一番、その人の本質が出やすいか、と思って、怒らせるようなことをすることもありますが、まあ、あまり性質がよくないので、最近はあまりやってません。
#特にSNSでは。
#会社で若いのを下に付けられた場合には、やることもありますけどね。

リアルで、仕事の場合には、自分の身近に存在する人間には、かなり細かく探りを入れます。
どんな人物で、どんな嗜好なのか。
どんな話し方をすれば理解を得られるのか。腑に落とさせることが出来るのか。
その方法が解るだけでも、コミュニケーションに掛かる労力は圧倒的に減らせますし、また無駄が少なく、相手に対しても気持ちよく仕事をして貰うことができるので。
#「仕事は楽しく!」がワタクシのポリシーでもあります。

そんでまあ、話は一変しますが。
先日から「未来日記」なるアニメを見ておりまして。
これ、結構面白いんですね。
最初、タイトルから、なんか「中学生日記」的なものを想像していて、日常ドタバタアニメかなーと思っていたので、良い意味で期待を裏切られました。
何しろ、ヒロインのゆのちゃんが可愛くてよいです。
一言で説明してしまうと、「ヤンデレ」アニメなんですけどね。
見所はそこだけ、なので、ヤンデレに興味がないひとには、つまらないかも知れません。
#ヤンデレに興味があるひとってのも珍しいか。
原作はマンガらしいので、アニメ化されたということはトータルで見ても出来がよい、ということかと思います。

そんで。
未来日記を見てた時に、たまたま女帝のポストを見つけて。
「女帝がヤンデレだったら萌える」
みたいなポストをしたら「ヤンデレですが…」と。

なんだと!と思いましたけど。(笑)

どうヤンデレなのか、問い詰めたい気もしましたが、おそらくは、それは、対象にならないと解らないと思いますし、どのようなアクションが行われるのか、ご本人にも想像出来ないのではないか、と思っていますが。
#過去に事例があるなら、話は別ですが。
その後、「対象者以外には、ヤンデレることはない」ときっぱり言い切ってましたし。
だったら対象になってみたいものだ、と思わないでもないですが、リアルヤンデレの怖さ、そのものは、今のところワタクシの妄想でも捉えきれないところがあり、迂濶に踏み込むと、生命のキケンもあるのかも知れません。

Twitter上でも、リアルでも、ほぼ関係ない状態の上、ピンポイントで嗜好をくすぐる女帝に、ワタクシの妄想は暴走気味になりつつあるのですが、果たして、ワタクシの妄想は、正しいのか否か。
確かめたい気もしますし、確かめてしまうと、そこで妄想が終わってしまう可能性もあり、それもツマラナイ。

などと日々葛藤しているわけですが、現時点での、女帝とワタクシの関係なんぞ、ないに等しいので、今後も妄想だけが暴走していくのだろうなぁ、と思っております。(笑)

とまあ、こんな感じでいいんでしょうかね?

|

« Lispをdisる替え歌(フルバージョン) | トップページ | トイラジのヘリが面白い。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/53462809

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想と女帝とワタクシ:

« Lispをdisる替え歌(フルバージョン) | トップページ | トイラジのヘリが面白い。 »