« トイラジのヘリが面白い。 | トップページ | 今年も終わりますなぁ。 »

Solaris11をインストールしてみた。

Hachulog: Solaris 11でmikutter用ruby環境を構築する

pkgsrcがうまくいかずぐぬぬしていたので、気をとり直してmikutterを動かしてみることにした。

上記エントリは、メモ的な。
元々、バックアップサーバ用になんか一台、と思っていたんですが、zfsを使ってみたかったので、Solarisをインストールしてみました。
開発者用であれば無料使用可、ということなので、そのうちなんか作るかも知れません。
一応、Python2.6はあるようだし、GNOME2も動いてるので。

みくった~♪も動くらしいので、案外デスクトップ用途で使うのも面白いのかなーなどと考えても見ましたけど。
ネトブに入れてみるのはアリかも知れないなぁ。
#ATOMの遅さに耐えかねてMacBookAirを買ったわけですけど。

標準のリポジトリにATOKが入っていたり、DEとしてGNOME2が採用されていたり、意外にも、って感じだったんですけどね。

残念なことに、Z68マザーを使用して構築したんですが、ディスプレイというかXがそれをきちんと認識してくれなくて、VESAでしか動作しません、ワタクシの環境では。orz

この辺解決するなら、結構いいのかも知れないなーとか。
まあ、マトモなUnixなわけで。(笑)

肝心のzfsに関しては、管理もラクなようだし、ディスクの追加とかも簡単なようなので、しばらくはこれで様子見でしょうか。

しかしまぁ…。
これで8台目ですよ。(爆)
あまりパーツで組んだとは言え。
一応、約6TBのバックアップ領域を確保出来たので、まあ、しばらくは大丈夫かな。
今はHDDもまだ高いので、この辺、安定してきたら、もう3TB追加の予定です。
9TBもあれば、しばらくは困らんでしょう。

|

« トイラジのヘリが面白い。 | トップページ | 今年も終わりますなぁ。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2年ぐらい前にJarisプロジェクトがありましたね。

一寸期待していたのですがいつの間にかに
尻つぼみになってしまったのが残念というか
なんというか。

投稿: ねこあたま | 2012年1月 3日 (火) 17時50分

一度仮想環境作って、なんだかLinuxとの差異が解からんかったんで、別に要らんかなぁ、と思って放置してたんですが。>Solaris

今回はバックアップ環境構築ということで、zfsが使いたかったので採用してみました。
zfsそのものは簡単に使えますし。
まあ、LinuxでもLVMで同様のことが可能なんですが…
なんとなく。笑

バックアップ環境でしかないので、別に、今後別のOSに変えても構いませんしね。

投稿: かおりん | 2012年1月 3日 (火) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/53554766

この記事へのトラックバック一覧です: Solaris11をインストールしてみた。:

« トイラジのヘリが面白い。 | トップページ | 今年も終わりますなぁ。 »