« スマートフォンに対する疑問 | トップページ | ひかりTVを導入した。 »

Waylandに関して話がされていた。

ASCII.jp:~師範、Ubuntuは今後どうなるんですか?~|行っとけ! Ubuntu道場!

瀬尾浩史:で、Waylandの話をするぺン……。

個人的には、Ubuntuの今後、って点では一番注目しているのがWayland対応なんですが。
GNOME、Qt共に、最近のバージョンアップでバックエンドの切り替えに対応したそうなので、Waylandそのものが形になれば、対応は早いのかも知れません。
#ま、GNOMEつーよりはGTKなんだろうな、たぶん。

で、道場の方でも解説されてますが、Waylandって何?って部分が気になるひともいるのかも知れませんが。

シンプルに言ってしまえば、現状のX Windowシステムと置き換わるもの、ということになります。
Xは、まあ、歴史的経緯もあって、現代では、結構無駄な構成をしています。
#ま、それなりに便利な場面もないではない。

結果として、その無駄な部分のために、例えばWindowsなどと比べると、描画性能が出ない、とか、アプリケーションが複雑になる、とか、テストがしんどいとか、開発者への負担が大きい部分があるわけです。
#開発者の負担が大きいと、バグが増えるし、なかなか直らない。

X Windowのムダな部分というのが、実は、当時としては画期的だったのかも知れませんが、クライアントサーバの形式を取ってるということでしょうか。
まあ、この形式のおかげで、ある程度カプセル化可能になり、同時に描画デバイスの隠蔽にも成功しているわけですが。
そういうメリットもあったわけですが、現実には「通信している」わけで。
Xプロトコル、という通信上の約束事で、アプリケーションというXクライアントから、Xサーバに対して「このように描画してね」と依頼が出るわけです。
で、Xサーバは、その指示に従って、描画処理をする、と。

これ、何が便利だったか、というと、遥か昔、サーバマシン上でアプリケーションを動作させて、プアなクライアントでは、描画処理や入力だけを行う、という、本当にクライアントサーバ形式でアプリケーションを動かしてた時代には、コアなビジネスロジックをサーバで高速に動作させ、UIの部分のみをクライアントで処理をすることで、クライアントの負荷を下げ、UIも快適に動作させよう、という狙いがあったわけで。

ところが。
現代に於いては、この「クライアントがプア」な時代はWindowsのおかげで終わってしまっているわけです。
#ま、古いマシンはプアだけど、Xプロトコルのメリット活かせるほどじゃないし、そもそもサーバ上でアプリ動かさんでしょ、今時。

まあ、仮にアプリケーションをサーバで動かして、GUIをクライアントって方式だと、今時はブラウザを使ってWebアプリケーションにするのが一般的じゃないかと思いますし。

なので、Xプロトコル自体、時代遅れになってるし、途中に通信を解読するレイヤが入ってるため、ダイレクトにドライバが画面描画したり、キーやマウスの動きを取得して、動作を反映するためにワンクッション置いてるのが現状なわけです。
#ま、これも実際は今時のPCだと、どれほど性能に影響してるかは解からんけどね。

で、この辺を見直して、よりダイレクトにグラフィックや入力デバイスにアクセス出来るようにしましょうよ、ってのがWaylandなわけですね。

そんじゃあ、これまでのアプリはどうなるのよ?って指摘はごもっともなんですが。
ここは、Waylandも考えられていて、WindowsのWOWのようにX互換レイヤを持つわけです。
なので、従来のXプロトコルもサポートしつつ、新しいWayland用APIを使用して書かれたアプリケーションは高速かつシンプルに実装出来るようになる、はず、というわけですね。

まあ、実際には、このWaylandの上にはGTKなりQtなりのGUI Toolkit、およびCompizなどのDEが載るわけで、それらのAPIを使ってる従来のアプリケーションには、大きな影響はない、はず、なんですが。
#ま、その辺、まだWaylandが具体的な姿を見せてないので、想像でしかないのが痛いところ。つかまあ、互換性を犠牲にするとエライことになるので、その辺は慎重に行われると思うんですが。

んで。
そもそも、なんでそんな古いX Windowなんてシステムを何年もメンテしてきたのよ?って疑問はあると思うんですが。
これ、すんげぇ巨大なシステムなんですよ。GUIを一手に担ってるわけで。
ちょっとづつ変えてく、なんて真似が出来ない。そもそもXプロトコルという規約の上に乗っかってるシステムだし。
その従来のルールを破壊してまで、置き換える必要があるのか?ってのが、大方の見方だったと思うんですね。
実際、性能の劣化は、今時のPCでは無視出来るレベルだし、これまでの資産を活かせば、アプリケーションの実装も、それほど困難じゃない。
ここはオープンソースのいいところだと思います。
車輪の再開発はしなくて済むという。

ところが。
道場でも触れられてますが。
今後のUbuntuを見据えると、バグNo1だったか0だったかを潰すためには、Windowsを駆逐しないとならないわけで。
最近のタブレット端末などは、Androidが主流ですが、Windows8なんかを見ると、Windowsは、タブレット端末も視野に入れてMetroUIを構築してるわけです。
これに対抗していくとなると、X Windowってのは、あまりに巨大なシステムなため、そもそもメモリの小さいタブレット端末や携帯電話には向かない。
#ま、X Windowのサブセットを作ってしまって、携帯に載せてたようですが。

そこで、カノニカルのシャトルワースさんは考えました。
「Xを使わなければいいじゃないか」と。
#ま、英断と言っていいとは思いますが。
まあ、元々Ubuntuでもタブレット端末を視野に入れてたわけで、専用ハードを作るわけには行かない以上、少なくともWindowsに対抗出来る手段は持ってないとマズイわけです。シャトルワースさん的に。
なので、いきなり脚光を浴びたのがWaylandなわけですな。
これ、いきなり出てきたものではなくて、構想そのものは随分前からあったみたいなんですが、ある意味、必要性がないため放置されてたような代物っぽいんですが。
#ちと詳細は知らんのですけど。
Xのムダを省き、Windowシステムそのものをコンパクトに収めることが出来る上、X Widndow互換レイヤを持つことも可能、と。
御題目だけ見れば、シャトルワースさんの求めるモノに丸ハマリなわけです。
で、恐らくはカノニカルのリソースもある程度投入して、Waylandの開発を進めてる最中だと思うんですが。
今は、ようやくWayland用デモプログラムが動作するようになった、という状態のようで、Wayland自体のパッケージも存在するんですが、まあ、まだ実用レベルではなさそうです。
道場の方を見る限りでは、14.xでサポート予定、とのことのようですが…
個人的見解では、2015年くらいまで掛かるんじゃないのかな、というところでしょうか。
まあ、この辺、リソースの割き具合にも依るんですが、GUI ToolkitやDEの絡みもありますので、単純にWaylandが出来ました、さあ、実用化だっ!って訳には行かないと思ってます。

とはいえ、これ(X Window)、Linuxだけじゃなく、UNIXなんかでも使われてるシステムですので、実現されれば、OSSや、UNIXなんかでも劇的な変化として歴史に刻まれると思うんですが。
いやまあ、実現はするのか。シャトルワースさんだし。(笑)
問題はいつ頃、ってだけで。
ただまあ、2014年に予定してる、ってんだから、やってくるかも知れんなぁ、カノニカルは。(つかシャトルワースさんは。

ドライバ周りを大幅に書き換えなければならないようだと、かなり大変ですが、そこは、おそらくほとんど手を入れずに済むんじゃないか、と思ってるので、案外、きちんと2年後対応してくるかも知れません。

個人的には、このWayland対応によって、各種グラボのドライバのネイティブな機能がAPI経由でラクに使えるようになるんじゃないか、ってのを期待してるんですがね。
まあ、Xプロトコルも拡張されてるんでしょうけど、やはりリアルタイムレンダリングなど、OpenGL、OpenCL辺りのAPIが高速化されれば、結構、Linux辺りも面白いプログラムが出てくるんじゃないかな、と。
#ゲームとかね。

まあ、この業界で2年つーと、かなり長い時間ではありますが、人にとっての2年は、そんなに長い時間でもないので、ちょいと腰を据えて、行く末を見守りたいと思ってます。

頑張れ、シャトルワースさんっ!!

|

« スマートフォンに対する疑問 | トップページ | ひかりTVを導入した。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まとめ乙ー!
ん? これって確かKMSを使うからLinux専用じゃなかったっけ・・・?
って、KMS使うのはUnityか。

これ読む限りあんまりまだ進んでないのかねぇ。大きなトピックがないだけで着々と進んでいるとは思うけれど。

GnomeやらKDEが動いたってなると一気に進みそうだけどねー。
Fedoraも移行検討中だし、楽しみにしておくかね。

投稿: こで@なごみ大明神 | 2012年1月14日 (土) 14時20分

Fedoraは位置づけとしてはRHELのテスト版だから、全体として、X廃止の方向に進むなら右倣え、ってことじゃないかと思うんだよね。
積極的にWaylandにシフトする理由がないというか。
別にRHELはデスクトップ市場狙ってないし。
#今後解からんけど。

だから、リソースもRHELは、この辺には割いてないんじゃないかな、たぶん。
なので、カノニカルさん、頑張ってー!くらいのスタンスなんじゃないかと。

たぶん、だけど、グラボのドライバのレイヤとWayland本体のAPI整備が進めば、移植は一気に進むと思ってるんだけど…。
肝心のAPI整備が進んでないんじゃないかという予測。
要は、QtやGNOMEで使える最大公約数的なモノにしたいと考えてると思うんだけど、その辺の取りまとめが進んでないんジャマイカ、と。

この辺、OSSとはいえ、政治的側面もありそうだし、なんか難航しそうな気配。
まあ、シャトルワースさんが一気にカネばらまいて「オレの言う通りにしろーっ!」とか強権発動すれば解からんけど。(笑)

投稿: かおりん | 2012年1月14日 (土) 15時48分

Ubuntu 13.04が新しいディスプレイサーバーMirをひっさげてリリースされてました。
えっ、Waylandは??? この辺何がどうなっているのかさっぱりです。
Xを変更するのは既定路線としてもいったいどこへ向かって進んでいくのか・・・

投稿: tueda | 2013年4月26日 (金) 15時14分

13.04から搭載でしたっけ。>Mir
アップデートで入るだろうし、使ってみますかね。
Wayland、1.0もリリースされて、そのまま取り込まれるのかなーと思ってたんですが、違いましたねー。
さて、どうなることやら。
しなもんよりもマシなら、そのまま使いますが、いまのところ、しなもんが一番動画再生環境としては適してる感じなんですよね。
しかし、独自ディスプレイサーバか。
スマートフォンも視野に入れた取り組みなんだとは思いますが、どうなるんでしょうねぇ。

投稿: かおりん | 2013年4月26日 (金) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/53730265

この記事へのトラックバック一覧です: Waylandに関して話がされていた。:

« スマートフォンに対する疑問 | トップページ | ひかりTVを導入した。 »