« 情弱ですいません。rsyncによるバックアップ | トップページ | GNOME-Shell続編 »

GNOME-Shellを試す。

12.04目前となって、今更感満載ですが、Unityを一時使用中止し、GNOME-Shellを使用することにしてみました。

まあ、理由はいくつかあるのですが、まず第一に、12.04β2を仮想環境にインストールしてみた結果、11.10より安定感は増してる感じはするものの、特に機能的に欲しい機能があるわけじゃないこと。

次にGNOME3.4がリリースされて、これも遠からずPPAで提供されること。
最後に、使ったことないんで、試してみるかー。

くらいですかね。

んで。

これ、GNOME-Shell-Extensionってのが結構あって、拡張可能になってます。
リポジトリにも結構あるんですが、こんなサイトがあって、ここから、気に入ったExtensionをインストール可能です。

ワタクシもいくつか試行錯誤中ですが、とりあえず、リポジトリにあるものは基本全部入れてしまって、gnome-tweak-toolでON/OFF切り替えて使うのが良いのかな、と思ったりしました。

気に入らなければ、アンインストールするのもよいでしょうし。
とりあえず、Places Status Indicator、Alternative Status Menu、Applications Menu辺りは入れておいた方が便利かと思います。

それと、Unity用のインジケーターにも普通に対応しているようで、底面のパネルにインジケーターとして表示されます。
この辺、互換性は意識されているようですね。

まあ、ランチャ関係がイマイチなところがあるので、アレなんですが、しばらくは、GNOME-Shellを使ってみようかと思います。

|

« 情弱ですいません。rsyncによるバックアップ | トップページ | GNOME-Shell続編 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/54418377

この記事へのトラックバック一覧です: GNOME-Shellを試す。:

« 情弱ですいません。rsyncによるバックアップ | トップページ | GNOME-Shell続編 »