« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

リリースノートはちゃんと読みましょう。orz

リリースノート(英語)を斜め読みして、10.04だったファイルサーバを12.04にアップグレードしてログインできなくなりました。orz

日本語訳みたら、7月以降推奨とのこと。
ま、先日の話なんですが。

リリースノートはしっかり読みましょう。苦笑

いつもは日本語訳が出てから、変更点をきちんと確認してから、アップグレードしてるんですけどね。
まあ、魔が差したんでしょう。
11.10からのアップグレードは特に問題なく行けたので、安心してしまったというのもあります。

その上、アップデートマネージャには、12.04へのアップグレード可能とか出てなかったし。
そのため、強制的にアップグレードを敢行したので、完全に自己責任で、Ubuntuの問題ではありません。
#厳密にはUbuntuの問題かもしれないけど、「するな、しない方がいいですよ」と警告されているのに、実施したのは自己責任。

結果、クリーンインストール。
この時、/homeもフォーマットして、クリーンな状態にしないと、結局ログイン出来ませんでした。

10.04から、どうしてもアップグレードしたい場合には、覚悟を決めてバックアップを取り、必要なデータのみを戻すようにすれば、まあ、設定もすべて飛びますが、本当にクリーンな状態で使えるので、ある意味よいのかも知れません。
#ダメだろ。

んでまあ、心が折れかけましたが、ファイルサーバは、使えないとマジ困るので、そこは頑張って12.04にしたわけですが。
Sambaが繋がらなくて、えらい時間を食いました。
結論から言えば、パーティションをマウントするディレクトリのオーナーが、外から接続するユーザーと異なっていると、どうも正常に接続出来なかったらしく。
ちょっとこの辺、相関関係をイマイチよく理解してないので、smb.confの設定次第で回避出来る可能性は高いのかも知れません。

ま、今後を考えると、この辺はもう少し突っ込んで押さえておくべきか、という気はしてますけど。
家庭内LANで運用する分には、変な共有フォルダに家族がアクセス出来ないので、むしろいいか、とかいう感じで。(笑)

何事も経験、つーのはいいんだけど、「気がついたら動いてました」的なオチはちょっと勘弁願いたいところ。
Sambaに関しては、もうちょいと知識付けないとあかんかも知れんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWが始まりましたが。

GW、始まりました。
9連休です。羨ましがられそうですが。(笑)

ま、すでに二日目にはいったわけですが、一日目は、無為に過ごしております。
Ubuntuのクリーンインストールとか。苦笑
#ま、やらんわけにも…ってそんなの自由か。

今まで10.04で運用していたサーバ群(個人で群を持ってるのも如何なものか、と最近思い始めている。)も、今回12.04にしてしまおうと思っております。

64bit版は更新の通知が来てたんですが32bit版は来てなかったので、-dオプションで無理矢理更新中。
ま、β2状態かも知れないけど、アップデートを頻繁に行えば問題ないでしょ。

つー感じのけだるいGWとなりそうな気配であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ubuntu 12.04をクリーンインストール

昨日、徹夜で、Ubuntu12.04をクリーンインストールしました。
アップグレードしなかったのは、起動ドライブにしていたSSDを2基掛けでRAID0にしたかったからで。
特にトラブルがあったとか、そんな理由ではありません。
#今回は。

RAID導入なので、alternate CDでインストール。
#なお、前回もLVMに入れたので、同じくalternate使用。

インストールはすごく簡単に終わるしRAID0の設定も超簡単。
BIOSのFakeRAID並の手間でRAID化できます。
RAIDのボリュームつかパーティション選ぶだけ。

というわけで、クリーンインストールは、すごく簡単に、かつ短時間で終わったんですが。
#実はGrubインストールを間違えて2回やったのは秘密だ。

大変だったのはそこからで。苦笑
思ってたよりたくさんアプリインストールしてたんですねぇ。
以前はバックアップからインストールアプリの復帰を一発でやってたんですが、今回は、ちょいと綺麗にしようと思って、必要なものを必要になったらインストール、って感じにしたんですよね。
なので、ルーチン作業から、比較的よくやる作業までを適当に操作しながら、パッケージインストールを進めてまして。

結果徹夜になったんですけど。(爆)

ついでに、PPAがあるものはPPA設定しながらーとかしてたもんで。
とりあえず、11.10で作った環境とほぼ同等のところまではきたかな、と。

Unityの方も進化してたようですけど、NVIDIAのTwinViewだと、ちょっと使いにくい部分があったのと、もう少しGNOME-Shellを使い込んで見たかったので、GNOME-Shell環境で構築してますけど。

んで。
GNOME3.4になりきってないとこはPPAの方から持って来たり。
とかそういうことをやってるせいか、ちょっとまだ不安定なところがあるのかなぁ、って印象はありますねぇ。
なんか、いろいろ落ちたりしてるので。たいていは起動直後に。
ま、例によって、1か月くらいは待った方が幸せになれるかも知れません。
#家族端末は待つ予定ですが。

ああ、そういやプリンタ関係まだ入れてないわ。
やっとかないと…

そいで。
近日中にパッケージは公開しますが、みくつべ♪、みくかべ♪は11.10用のリポジトリからインストールして貰えば、そのまま12.04でも動作します。
今回、動作確認遅れたのと、クリーンインストールとかやってたんで、PPAの準備が間に合いませんでした。苦笑
あ、萌えセットアップはプリマスには有効です。
また、萌え時計も動作してますね。>12.04

萌え時計はPPAの方にパッケージ置いてもいいかも知れんなぁ。
ちょっと考えておこう。

というわけで、いろいろありましたが、ワタクシは元気です。
#全然関係ねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DELLのノートPCが届いた。

先日注文したDELLのINSPIRON15が届きました。
意外に早かったなー。一週間だし。

んで、Windows7の初期化して。
以前Vistaマシンで半日食われた、みたいなブログエントリ見たんですがー。
Windows7になってその辺改善されたのか、そもそもPCが高速なのか。
30分足らずで終わりました。

その後、まかふぃーアンインストールして、MSのウィルスチェッカ入れて。
GoogleIMEをインストールして、終了、みたいな。(笑)
つか、それ以上やることないんだもの。

会社でもWindows7になったので、使い込みのポイントというか、設定すべき場所はすでに解ってるので、その辺ちょいちょいと設定して、家庭内LANに接続出来ることを確認して。
ファイルサーバの動画も問題なく再生できたし。
あとはー…
気になるなら最新ドライバ入れる、くらいですか。
まあ、特に問題ないようなので、ちょいとこのまま使う予定ですけど。

しかし。
安物というか、廉価モデルだから仕方ないのかも知れないんですが。
質感がチープでアレ。(笑)
もう少しどうにか出来なかったのか、DELL。

キーボード周りは、まあ悪くないにしても、液晶の周りというか、フチが、いかにもプラスちっくな梨子地加工とかどうよ?みたいな。

ろくに調べずに買ったワタクシもアレなんですがー。

とまあ、外観に若干不満は残りましたが、トラックパッドも一応マルチタッチ対応してるし、光沢液晶がちょっとナニだったりしますが、性能的には、期待以上の性能でした。
HDDとか、5400RPMだからなーとか思ってたんですが、さほど遅いと思うようなこともなく。
むしろ、静かでいいかな、とか。

まあ、OS起動時とか、さすがに遅さを感じないでもないですが、ほら、Windowsだし。(笑)
Ubuntuとかと比較するほうが間違ってるくらいで。
#OSXも起動速いけど。
基本、電源つけっぱなしのサスペンドで使うので、OS再起動とかしない限り、起動が遅くてアレなんてこともないので、これも困らんしなぁ。
あ、マルチタッチ時のスクロールが、OSXつか、MacBookAirと逆な上に、動きがぎこちないのは如何なものか、と思わないでもないですが、持ち歩くわけじゃないので、マウスつないで使えば済む話なので。

ちょっと個人的なプログラム開発に使うのに買ったんですけど。
DB使うわけじゃないし、メモリも4GBで十分かなーとかね。
64bit版Windowsなんで、8GBくらいにしてもいいかなーとは思ってるんですけど。
ちょっと値段調べて、かな。

まあ、片付けられるデスクトップと思えば、さほど邪魔になるもんじゃなし、特に問題もないのはいいことなんですけどね。

しかしまぁ、つくづく。
OSXにせよ、Windowsにせよ、よくできてるというか。
弄るとこないよなーってのが正直なところで。
OS弄って遊ぶ、みたいなひとには、もうWindowsとかツマラナクて仕方ないんじゃないのかなぁ。
標準で十分使いやすくなってるし。
#ま、それなりのスペック要求しますけどね。

Windows8も楽しみではありますが、せっかくのWindows7なので、しばらくは、これはこのままで。
使う、しかないOSってのは、ある意味というか、OSの姿として正しいと思うんですけど、やっぱり自宅で趣味で弄るPCのOSとして、Windowsはツマランなぁ。苦笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

FLIP-FLAP

マンガなんですが。

アフタヌーン連載時、単行本出たら買おうと思ってて、すっかり忘れてました。(笑)
在庫あってよかったです。

珍しい「ピンボール」マンガですな。
知らん技つーか、そもそも、ピンボールって、こんな熱いゲームなんだっけ?と思わず思った作品でした。

まあ、絵柄、内容、ともに好みが分れる部分ではありますがー

個人的には、この作品は気に入ってます。
#このあとの連載はなんだかなーだったけど。

今時、ピンボールの台も見なくなりましたけど、見かけたらやってみたくなるような作品です。
どぞ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@niftyさん、ちょっとアレなんですけど。

なんか、マイニフティを開いてみたら、こんな通知が。

使われてなかったサービスなんかなー、などと思いつつも、個人的には大変こまった事態になったなーと。

複数PC使ってて、かつ全部で同じブラウザ使ってる訳じゃないし、ブックマークの共有なんかも実は出来てなかったりするので、このマイニフティは非常に便利に使ってたんですが。
個人ポータルサイトとして。
iGoogleほどの自由度はないにしても、用意されたガジェットでさほど不足もなく、基本メールチェック、ブックマーク、ブログ管理の日常のルーチンはこれで完了出来る、というもので、ぶっちゃけ、どこにいても日常的なことは、このマイニフティから行えたんですが。

それがいきなり終了ときたもんだ。

その他にも先日、Webのフィルタリングサービスのプロキシ版が終了したり、あまり人気のないサービスから順次終了していくのかな、と思ったり。
Webフィルタリングサービスに関しては、実際に使用していたので、「なに終了しとんじゃい!」と文句を言ったんですが。
#当然、お詫びのメールが来ただけで、代替の提案などありませんでしたが。
#Linuxだったんで、困っただけ、というのが正直なところで、Windows、Macなら代替サービスが提供されておりました。

まあ、会員数も多く、ストレージの容量やメンテナンスなど、掛かる費用を考えると、人気のないサービス、他に代替があるサービスは@niftyで行う必要のないもの、と判断されたのかも知れませんけど。
#そういや@niftyのビデオアップロードサービスも終了してたな。

まあ、こんだけたくさんのWebサービスが競合状態にあり、場合によってはセキュリティ的な問題を抱えてしまったり、公開サービスがクラッキングされる可能性なども考えると、やむを得ない対応なのかも知れませんが。

とはいえ、個人ポータルサイトを統合しちゃって、使いにくくすることないでしょうよ、と。
@niftyのトップページとの統合は問題ありません。
サービスの劣化つーか、今まで使えていた機能が使えなくなるのが問題なのです。
具体的には、個人のブックマーク保持と時刻表ですかね。
#時刻表はクッキーに保持されてる情報から、一応別ページで見ることは出来るが、手間が増えている。

あと、RSSリーダー機能がなくなるのか。
エクスポートして他の使ってね♡って書いてあったけど。
#♡はついてませんでしたが。

ぶっちゃけ、iGoogleが、もっと使いやすければ、@niftyのサービスに依存することもなかったんですが、Googleってのは、こう、いつだってユーザーに使いにくいように改変していくとしか思えないところがあり。
#Googleブックマークなんてインポート機能とかないし。
#そもそもGoogleブックマークも、そろそろ終了しそうなサービスのような気がする。

ワタクシのような使用の仕方がレアケースなのかも知れませんけど。
ビジホのロビーに設置してあるPCで、ちょいとメールチェックとか。
そんな用途には便利な機能だったんですがね。>@niftyのマイニフティ

なんか便利な個人ポータルサイトのサービスを探さんとならんなぁ。
いや、正直、このサービス終了はマジでツライわ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

DELLのノートPCを勝った。

買ったのはこれ
なんかキャンペーン中らしくて、i5搭載、HDD500GBにして、5万円切りで、送料無料。
Windows7もついてるし。

実際Windows端末として使う予定なんですが。
例によってサブマシン。
ちょっとどうしてもWindowsが必要な場面が出てきてしまって、手持ちのVistaマシンでもいいかなーと思ってたんですけど。
移動可能なノートPCの方が、後々便利かな、とか。
まあ、この値段なら、2年もってくれれば、特に文句ないし。

一応ネットにつなげて使うんで、MSのウィルスチェッカとか入れて使いましょうかね。
なお、まだ届いてないです。(笑)
注文しただけ。

デスクトップのi3の性能を見る限り、普通の人の普通の用途には、i5でもオーバースペックかなーなんて思ったりしたので、ノートPCのSandyBridgeのi5なら用途的にも十分かなーとか。

物理2コア、HTで4コアに見えんのね。
そんでもCore2の4コアよりは速いんだろうな、これ。
TurboBoost付いてるし。

IvyBridge目の前にして、なんで今頃、なんて向きもあるかと思いますけど。
IvyBridge出ちゃったら、そっちが欲しくなるだろうし、しばらく安くならないだろうし。
モデル末期で、キャンペーン中でもなかったら買わなかったとは思います。
この辺、見極めが難しいところ。(笑)
#早まったかな、と思わないでもない。今年Windows8も出るし。

んで。
仕様もよく見ずにHDDの容量だけ変更して買ったわけですがー(笑)
15インチディスプレイだから、今時、フルHDかと思ったらWXGAなんですね。苦笑
もうちょい解像度は欲しかったかなー。
ま、どうしてもって場合には、メインディスプレイに接続して、デュアルで使うしかないですかね。
HDMIケーブルもあるし、そのための出力もあるみたいなので。

メイン環境はうぶんつってのは、今後も変わらないと思いますけど。
どうしてもWindowsが必要な場面があるってのは、なんとかならんもんかな。
#Macでもいいのかも知れんけどなー。

ま、事情やら都合やら。苦笑

しかし。
i5搭載A4ノートが5万切りとか。
安くなったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局Docky使った。

ランチャに関して、メインはGLX-Dockで決まりなんですが、Unityランチャの代わりになるようなものを探してたんですけど。

Dockyが良さげ、という話を聞いてインストール。
まあ、多少不満はないでもないですが、十分Unityランチャの代わりにはなるのかな、と。
パネルモードにして、メインディスプレイの左側に立ててます。

Dockyのいい点は、配置がわりと自由なことでしょうか。
サブディスプレイの右側に立てる、なんて真似も出来ますし。

それ以外だと、GLX-Dockを超える点はないかなぁ。
ま、併用してるんでアレですけど。

これで、GNOME-Shell拡張とDockyによって、ほぼ擬似Unity環境は出来上がりですかね。
ランチャ一つとっても、結構いろいろな特徴があり、どれがベスト、というのがないのがツライ。(笑)
#個人的には、DockBarXがベストだったんだけど。動かないし。

GNOME-Shellの方がUnityよりメモリ消費が少ないようだし、まあ、このまましばらく行くかな、と。

12.04でもGNOME-Shellメインになるかなーと思ってます。
基本GNOME(つかGTK)派なので。

ただ家族用のはどうしたもんかなーと。
もちろん、出てすぐに切り替えるつもりはないんですけどね。
一月くらい経ってからかなぁ。

Unityをそのまま使わせるのが、今後もUbuntuを使っていくならベターな気もするし。
ちと悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィンクみくを更新

ツマラナイDAのウィンクみくですが、GNOME-Shellにしたら、正常動作しなくなったので、実装仕様を変更しました。

最新版はこちら

タイトルバーとか、表示されなくなったので、起動後、任意の位置に移動したい場合には、Alt+左クリックで移動してください。

なんか、この影響、みくつべ♪とか萌え時計にも出てるんですよねー。
まあ、あっちの2つは、タイトルバーが出てても、さほど問題ないので、一旦放置しますけど。

GNOME-ShellとUnityで、イベントの発生の仕方が違うとか、ちょっと変。
WM同じなのに。
DEで、その辺違うもんなのか、Unityの時は偶然うまく行っていたのか。
12.04環境のUnityで確認の必要があるかも知れませんね。
---------- 2012/04/14 追記 ----------
環境によってはAlt+左クリックがウィンドウの移動に割り当てられてない場合があるようです。
12.04β2のUnityでは、Alt+F7でウィンドウの移動になるようですので、みくをクリック後、Alt+F7で移動モードに遷移し、移動させてみてください。

仮想環境だけかな?

| | コメント (16) | トラックバック (0)

GNOME-Shell拡張

ここんとこ、GNOME-Shellを弄り回してましたが、今のところ、下記のShell拡張をインストールしたところで、落ち着いた感じです。

  • Alternative Status Menu
  • Applications Menu
  • Auto Move Windows
  • Dock
  • Frippery Move Clock
  • Native Window Placement
  • Places Status Indicator
  • Removable Drive Menu
  • Status Icon Fixer
  • User Themes
  • Window Icon List
  • gnome-shell-classic-systray
  • noa11y
  • windowNavigator

まあ、お好みもあろうとは思いますけど。
Synapticから入れられるものもありますし、こちらから入れられるものもありますし、適当に好みのものを入れてみればよいかと。

ま、ご参考ってところですかね。

それと、なぜかGNOME-ShellでAlt+Tabが効かなくなってたので、ちょいと調べてみたんですが、キーボードショートカットが無効になってます。

システム設定のキーボードから、キーボードショートカットのナビゲーション→アプリケーションを切り替えるにTabを設定することで、通常の動作になりますので、なんだかなぁ、と思ってた方はお試しください。

ランチャに関しては、やっぱり、ちょっとなんだかなぁ、って感じなんですよねー。
Dockyがいいって話も聞いたので、ちょいと試してみますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GNOME-Shell続編

これまで頑にUnityを使い続けてきて、他の環境を試してなかったので、GNOME-Shellを使い込んでみました。
結論から言えば、Unityと大差ないです。(笑)

これはもう、好みの問題としか。
ワタクシとしては、Unityのランチャ、Windows7のタスクバー的機能を持ったランチャが非常にお気に入りでしたので、これと同等の機能のものがあればいいな、と思って探したのですが、イマイチ、ピンと来るものがないのが事実。

ま、今後も探して行きますし、おそらく、そう遠くない未来、見つかると思ってますけど。(笑)

この辺は、以前から使い続けているCairo-Dock(GLX-Dock)との併用で乗り切るつもりではいますが。

ただまあ、GNOME-Shellの方が優秀かなぁ、と思える点もあって。
画面の専有面積というか、余計なものが少ない、というのはあるのかな、とか。
基本、デスクトップとアプリケーションメニューは切り離されていて、モード切り替えのような動作になってますし。
常に出ているのは、上部のパネルというか、通知領域だけ、みたいなものですし。
この辺、シンプルなデスクトップが好きなひとには向きかも知れません。
#ワタクシは派手目な方が好みですが〜

それで、久しぶりにアイコンテーマなども変更し、見た目にも違うシェルってのを意識するようにして見ました。(笑)

んで。
半日弄ってたわけですが、好みの問題はあるとはいえ、やはりデフォルトでは、御世辞にも使い易いとは言えないな、と。

この辺意見の分れるところかとは思いますが。
Linuxのデスクトップって、カスタマイズしてなんぼ、的な印象が強く、実際、デフォルトで使ってるひとがどれだけいるのかなーと思ったりします。
GNOME-ShellもExtensionで、結構な拡張が可能だし、Unity向けのIndicatorも使えたりして、拡張性は十分だし、カスタマイズの面白さもあるんですが、この手が面倒な向きには、「なんだこれ?」になりかねないな、と。
#そもそもそういう層がLinux使うのか?ってのは置いとくとして。

それでもUbuntuは頑張ってる方だと思いますが。
Unityはデフォルトでも、さほど気にならない使い勝手だったし。

とはいえ。
Windows、OSXと比較すると、デフォルトの使いやすさ、ってのは見劣りするのは事実で。
ある意味、「これで使え!」って押し付けがあってもいいと思うんですよ、OSXのように。
#でも、「これで使え!」が使いにくいと無意味だけど。

慣れちゃえばそういうもん、って割り切りはあってもいいと思うんですよね。
まあ、そういう観点だと、今のGNOME-Shellって、カスタマイズがGUIで出来ないとか、結構、情報集めてカスタムするので、「これで使え!」になってるのかも知れませんけど。

まあ、元々GNOME派だし、しばらくこれで使うのも悪くないかな、という程度にはカスタマイズが進みました。
つまり、やり直しはしたくない、ってことでもあります。(爆)

バックアップは取って置かないとねぇ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GNOME-Shellを試す。

12.04目前となって、今更感満載ですが、Unityを一時使用中止し、GNOME-Shellを使用することにしてみました。

まあ、理由はいくつかあるのですが、まず第一に、12.04β2を仮想環境にインストールしてみた結果、11.10より安定感は増してる感じはするものの、特に機能的に欲しい機能があるわけじゃないこと。

次にGNOME3.4がリリースされて、これも遠からずPPAで提供されること。
最後に、使ったことないんで、試してみるかー。

くらいですかね。

んで。

これ、GNOME-Shell-Extensionってのが結構あって、拡張可能になってます。
リポジトリにも結構あるんですが、こんなサイトがあって、ここから、気に入ったExtensionをインストール可能です。

ワタクシもいくつか試行錯誤中ですが、とりあえず、リポジトリにあるものは基本全部入れてしまって、gnome-tweak-toolでON/OFF切り替えて使うのが良いのかな、と思ったりしました。

気に入らなければ、アンインストールするのもよいでしょうし。
とりあえず、Places Status Indicator、Alternative Status Menu、Applications Menu辺りは入れておいた方が便利かと思います。

それと、Unity用のインジケーターにも普通に対応しているようで、底面のパネルにインジケーターとして表示されます。
この辺、互換性は意識されているようですね。

まあ、ランチャ関係がイマイチなところがあるので、アレなんですが、しばらくは、GNOME-Shellを使ってみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »